東京都内では、毎日のようにあちらこちらで様々な催し物が行われています。

皆さまも日々の生活の中で、様々なイベントに出かけられることと思います。

参加して満足度の高かったイベントというのは振り返ってみると、会場の内外でテキパキと働いていたイベントスタッフが好印象だったりしなかったでしょうか。

どんな手の込んだ内容の濃いイベントでも、裏方のイベントスタッフの仕事ぶりが良くなければ魅力が半減しますよね。

その仕事ぶりに憧れて今度は自分がイベントを支えてみたいと思うのはとても素晴らしいことです。

そういう方々に少しでもお役にたつよう、今回は東京イベントバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問についてお答えします。

東京イベントバイトにはどんな仕事があるの?

イベントと一口に言っても実に様々です。

日本の首都である東京であればなおさらでしょう。

そこで、東京イベントバイトにはどんな仕事があるかをご紹介します。

遊園地などのアトラクションショー

小さいお子様向けの催し物は遊園地を主体にデパートの屋上やショッピングモールなど至るところで行われます。

司会進行や小さいお子様と一緒になって遊んだり、ゲームなどのアトラクションの説明をしたり、プレゼントを渡したり業務は多岐にわたります。

資材の搬入や搬出などの業務は若い男性スタッフを希望されることが多く、アトラクションなどの司会などは女性スタッフを希望されることが多いです。

コンサートやスポーツ競技

東京では毎日のように大規模なコンサートやスポーツ競技が行われています。

大会場になれば、大人数のスタッフが必要になりますので、複数の派遣会社のスタッフから大量にスタッフが派遣されます。

現場では、いくつかのチームに分かれて体系的に動いていきます。

自分勝手な行動は絶対許されません。

イベントの趣旨に則って、正確に業務を遂行していきます。

学生向けの企業説明会

就職活動をする学生向けの企業説明会は、その企業の社員の動員だけでは足りないため、企業説明会の期間中、イベントスタッフを動員します。

学生向けのイベントということで、学生のエントリーはNGで、ある一定以上の年代のスタッフが配置されます。

学生さんといえども人生の掛かった一大イベントですから、気分を害されないように細心の注意を持って業務にあたらなければなりません。

モーターショーなどの展示会

展示会の催し物の司会進行はもちろんのこと、会場誘導や受付、自動車の洗車、車の移動などの業務になります。

自動車関連のイベントは多く、スタッフに求められるのは自動車免許は必須で、車の運転が得意な人は歓迎され、レギュラーとなる可能性が高いです。

医療系の学会イベント

医療系の学会イベントもイベント会社がイベント進行を請け負います。

お医者様はもちろんのこと、製薬会社の方も多数来場され、イベント主催者には製薬会社の方も大事なお客様です。

業務としては、受付、クローク、場内誘導、セミナー進行補助などの業務があります。

クライアント側の意向としては、学生さんのような若い方よりは、社会人経験のある程度ある年代の方を希望する傾向があります。

ご年配の登録スタッフの方にはおすすめのイベントです。

東京イベントバイト求人でよくある募集内容とは?

イベントのアルバイトはイベントを開催する会社がその都度、必要なアルバイトを募集することもありますが、一般的なのは、イベントの主催会社がイベントに特化した派遣会社にスタッフを依頼するというケースが殆どです。

そのイベント専門の派遣会社がイベントスタッフを常時募集しています。

職種

基本的には、イベントスタッフ派遣会社がクライアントからの依頼人数を自社に登録しているスタッフでまかないきれなかった場合に補充的に求人サイトで募集します。

ネットで応募後、派遣会社のオフィスで面接を受け、登録手続きを行います。

その後は、そのイベントスタッフ派遣会社から仕事情報のメールが送信され、気に入った内容の求人があった場合にエントリーを行います。

案件によってすぐにOKが出る場合と、クライアントに確認を取ってからOKが出る場合とがあります。

東京はイベントの本数も多く、イベントの種類も多いので、幅広い年代の登録スタッフに割と満遍なく仕事が割り振られているようです。

給与相場

給与相場はスタートが1,000円前後の場合が多く、拘束時間が8時間以上だと、残業代の対象になります。

派遣会社によって違ってきますが、勤務日数を重ねていくと、時給が上がっていきます。

ADランクやディレクターランクに上がると更に時給はアップし、収入は安定します。

昇給だけではなく、昇格制度があるのが魅力的です。

勤務時間や休日、残業

仕事の性質上、定時や定休日という概念がなく、イベント単位の勤務体系となり、イベントがない日は休みということになります。

能力が高く、クライアントからのリクエストの多いスタッフは数ヶ月先までスケジュールが埋まるほどの人気ぶりですが、現場のNGが多い人はあまり仕事は入りません。

非常に個人差があります。

福利厚生

福利厚生については、ディレクターランクに昇格すると社会保険や厚生年金に加入出来たり、有休休暇が付与されるイベント会社はあります。

また、知り合いを派遣会社に紹介すると紹介料の支給がある派遣会社もあります。

また、懇親会やバーベキューなどを開催し、会費の何割かを負担してくれる会社もあります。

求められる人物像

イベントというのは、主催者が多大な時間と費用を費やして実現に漕ぎ着けた訳ですから、失敗は許されません。

アルバイトとはいえ、生半可な気持ちでは決して勤まりません。

実際にコストは発生しませんが、そういうリスクを負っている人たちのいる現場で一緒に働くわけですから、コスト意識をしっかり持って無駄のない仕事ができる人が求められます。

イベントスタッフに求められる人物像は、責任感を持って、何ごとも誠実に行ない、ホスピタリティを持ってお客様やクライアントと接することが出来る人です。

東京イベントバイトのおすすめ求人のポイント

東京で開催される数多くのイベントの中からおすすめ求人をご紹介します。

夏休みや冬休み期間中開催されるイベント

イベントはどうしても単発なため、収入が不安定ですが、夏休みや冬休みなどの期間中ずっと開催されるようなイベントですと、シフト勤務のため、日数が確保されることから収入が安定するためおすすめです。

長期間の勤務ですと、クライアントや同僚とも打ち解け、翌年以降にまたリクエストで呼ばれる可能性も高まります。

地方などの泊まりこみのイベント

往復の交通費や宿泊代はもちろんクライアント払いで、食事が三食支給され、出張手当や宿泊手当などが別途支給されるなど、地方に出張する泊まりこみのイベントの仕事はお金をたくさん稼ぎたい人にはおすすめです。

地方に出張するイベントとしては夏フェスや鈴鹿や菅生などで行われる自動車レースなどが挙げられます。

パーティーやディナーショーなどの仕事

基本的にイベントは1日仕事で、学生さんがなかなか勤務に入りづらいのですが、パーティーやディナーショーだと夕方からの勤務が多いため、学生さんにはおすすめです。

但し、夕方からの勤務の場合は、準備のスケジュールもタイトな場合が多く、たくさんの業務を短時間でこなさなければなりません。

拘束時間が一日勤務よりも短いからといって、半日勤務のほうがラクというわけではありません。

東京イベントバイトの仕事についてよくある疑問

ここまででかなりのことをご紹介しましたが、まだまだわからないことだらけな方ばかりかと思います。

ここでは、東京イベントバイトの仕事についてよくある疑問にお答えします。

イベントをお客様と一緒に見たりすることが出来るか?

出来ません。

イベントスタッフは仕事として、きっちりと割り切って仕事に徹しなければいけません。

それが出来なければ、厳しいようですが、イベントスタッフとして失格です。

どうしても、そのイベントを見たければ、やはり、お金を払ってお客さんとして見るべきです。

最も大事なことは主催者側の1人として、来場されるお客様が満足されるようなイベントを提供することに全力を尽くすことで、その心掛けが確かなら、イベントを見たいという発想は生まれないはずです。

エントリーした仕事をキャンセル出来るか?

基本的には出来ません。

例えば、イベントが直前で中止となった場合は、主催会社は莫大な損害請求を被る訳です。

たかがバイトかもしれませんが、やはりプロ意識を持って、一度請け負った仕事は必ずやり遂げるという高い志を持って取り組まねばなりません。

病欠の場合には病院の入院証明や診察証明が必要です。

軽い気持ちでエントリーしないように心掛けて下さい。

たくさんの人が迷惑します。

勤務中、休憩はありますか?

休憩はあります。

イベントによって、休憩回数や休憩時間はマチマチですが、交代で休憩を取らせてくれます。

当然のことながら、イベントの進行が最優先ですから、忙しくなれば休憩回数は少なくなりますので、くれぐれも自分が他の人より休憩回数が少なかったとしても、その不満を現場で言わないように注意して下さい。

通常、どこの現場でも、スタッフが少しでも多く休憩が取れるように気を配っている現場がほとんどなので、そういう不満は絶対に口にしないでください。

イベント会場までの交通費の支給はありますか?

基本的には交通費は出ますが、派遣会社によって、またイベントによって待遇がマチマチで、全額支給もあれば、スタッフ全員一律で同じ金額の支給とか様々です。

全額支給される場合でも、IC運賃で最安運賃が基本です。

また、派遣会社があらかじめ交通経路を調べて、支給する場合もあります。

一日拘束の勤務で、半日のみの出勤は可能ですか?

基本的に出来ません。

アルバイトというよりは、個人事業主というのにイベントスタッフは近いと思います。

イベント運営の一部を請け負うという考え方が求められるので、請け負った仕事に全て自分の都合を調整するくらいの考えがなければ、この仕事は勤まりません。

まれに短時間のイベントの募集がありますが、時間こそ短けれど、その時間の業務を個人事業主として請け負った訳ですから、しっかりと勤めなければいけません。

制服の支給はありますか?

イベントによっては、制服の貸し出しがあります。

また、スーツ着用の仕事もあります。

制服貸し出しのイベントの際は、最後に返却しなければなりませんので、丁重に扱わねばなりません。

スーツ着用の場合は、きちんと折り目のついたスーツを着用し、糊付けされたYシャツを着用し、ネクタイはキチンと結んでください。

制服支給の場合でも、下のズボンは黒のチノパンなどTPOに合わせたものでなければならず、Gパンやハーフパンツは厳禁です。

制服を返却の際は、きちんと折り畳んで返却するようにして下さい。

年齢制限はありますか?

原則的に年齢制限はありませんが、イベントによって、適正だとか、相性だとか色々なことが出てきますし、能力や経験という部分でのマッチングというものも出てきます。

クライアント側の要望からの要望だとか、仕事を請け負う派遣会社側の判断も入ってきます。

自身での希望とそれらのことが合致して、ご自身の仕事の方向性が定まっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、東京イベントバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問についてお答えしました。

一見、華やかに見えるイベントスタッフの仕事も実は意外に地味な仕事です。

イベントスタッフにしてみれば、イベント開催日だけの勤務ですが、イベントを主催する側はその何日も前からそのイベントの開催の為にかなりのお金と時間を費やしています。

そのイベントが失敗すれば、その担当者の首が飛ぶだけでなく、その会社が、大きく傾くなんてことも少なくありません。

もちろん、イベントスタッフがそこまで心配する必要もないのですが、そうした背景はしっかりと認識した上で勤務にあたって頂きたいと強く思います。

そういう気持ちで取り組んで頂いて、たくさんの素晴らしいイベントを作りあげ、自分自身を成長させてください。


関連キーワード

イベントバイト求人