税理士補助の求人、と聞いても、何の仕事かよくわからないですよね。

今回は、税理士補助のよくある募集内容、仕事内容、求められる人物像や、税理士補助に関する疑問について説明します。

「税理士補助の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

税理士補助求人でよくある募集内容とは?

税理士補助求人とは、税理士に代わって顧客を訪問し、税務・会計の指導を行う仕事です。

業界では「監査担当者」と呼ばれ、この名称で求人を出すこともあります。

それでは、監査担当者のよくある募集内容をご紹介します。

給与相場

月給15万円~30万円ほどになります。

未経験者は15万円ほどからのスタートが多いです。

経験者や税理士試験の科目合格者の場合、初任給が優遇される場合があります。

税理士試験とは、会計と税法の合計11科目のうち5科目の合格で、最終合格となる仕組みです。

そして、1~数科目のみ合格した場合、その成果は生涯有効になることに特徴があります。

そのため、社会人でも目指しやすい資格の一つとされ、税理士試験の科目合格者という人が、税理士事務所の求人に応募するケースもよくあるのです。

勤務時間や休日、残業

会計事務所や税理士事務所は、通常時と繁忙期との差が激しいことが特徴です。

勤務時間は、午前9時から午後6時など通常の会社と同じですが、繁忙期は残業が多くなります。

繁忙期は、1月、3月、5月、12月で、これに加え、自分が担当する法人の決算期が加わるイメージです。

特に3月の個人の確定申告と5月の確定申告(3月決算法人の確定申告)は、休日もGWも返上で働く事務所が多いでしょう。

福利厚生

会計事務所や税理士事務所について、特別な福利厚生はありません。

会計事務所や税理士事務所は、個人事業が多いため、社会保険の加入は、従業員の数によります。

勤務場所

会計事務所や税理士事務所を拠点に、監査担当者は顧客の監査が中心です。

事務所内で会計ソフトの入力作業などを行う日もあります。

求められる人物像

監査担当者に求められる人物像についてご紹介します。

コミュニケーション能力が高い人

監査担当者に最も求められるスキルです。

監査担当者の訪問先は、中小企業の経営者が多く、忙しくて話を聞いてもらえない日もあれば、悩みを抱えて相談されることもあります。

相手がどんな状態でも、相手に合わせて話ができる、その中で必要なことを伝えられるコミュニケーション能力の高さが求められるのです。

報告ができる人

あくまで監査担当者は税理士補助で、所長である税理士の業務代行者です。

いかにその税理士の理念にそった顧客対応ができ、税理士から信頼されるかは、非常に重要になります。

例えば、税務判断が必要な部分は、税理士に報告することが必要ですが、自分で判断できなければ、いつまでも一人前の代行者とは認められません。

よって、報告の前には、自分で入念に書籍を読み、自分の見解をもった上での報告が基本となります。

この関係が非常に難しく、また、所長税理士とうまくつきあえるかの境目にもなるのです。

勉強することが苦にならない人

監査担当者は、税務や会計の知識はもちろん、社会保険や、国の補助金の制度など、経営に役立つあらゆる知識を身に付けておかなければ、顧客の役には立てません。

そのため、常に新しい社会制度を勉強しておかなければならず、本を読んだり、セミナーに参加したり、専門誌を購読する時間を惜しんではならないのです。

現行制度が変われば、いち早く勉強し、一瞬で先輩を抜く、というのが若手の監査担当者に求められる気概でもあります。

体力のある人

監査担当者は、繁忙期になると、夕方まで通常の外回りをこなした後に事務所に戻り、夜は膨大な帳簿に目を通し、決算の準備を行います。

そのため、繁忙期は体力がなければ、業務に耐えられないため、日ごろから運動する人も多いです。

必要なスキルや資格、経験

出来れば持っていた方がよいのが、日商簿記2級です。

資格がなくても勤務は可能ですが、簿記をもとに作成した決算書が理解できないと、経営者と話ができないため、理解は必要になります。

日商簿記2~3級を採用基準にする事務所も多いです。

また、税理士科目合格者は給与面で優遇されることが多くなります。

内容にもよりますが、会社の経理担当の経験なども活かせるでしょう。

「税理士補助の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

税理士補助の仕事内容

おおまかな仕事内容

監査担当者の仕事内容は、

  • 顧客の監査訪問
  • 記帳代行
  • 決算と確定申告

が主な日常業務になります。

顧客の監査訪問とは、担当に割り当てられた顧客先を訪問し、税務や会計の指導を行うことが目的です。

記帳代行とは、経理の代行と言えばイメージがしやすいと思います。

会計事務所や税理士事務所では、税務顧問のオプションとして、日々の帳簿の作成作業を、専門スタッフが代行するサービスを提供しています。

これが記帳代行です。

監査担当者が記帳代行を行うこともあれば、パートスタッフや外注業者などが記帳代行を行う事務所もあります。

決算と確定申告とは、担当に割り当てられた顧客の決算期に、決算書の作成と確定申告書の作成を行う業務です。

税理士補助はどういう役割を求められる?

本来、顧客先には、資格をもった税理士が訪問して指導すべきところですが、それでは大変なので、税理士の指導を受けた代理スタッフが、訪問しているというのが監査担当者です。

そのため、税理士の理念に沿った顧客対応を理解した上で、顧客と向き合うことが必要になりますし、税務判断が必要な部分は、必ず税理士に報告し、了解を得ることが必要です。

税理士補助について気になる疑問

税理士事務所の仕事についての疑問を解決します。

税理士事務所と会計事務所って違うの?

同じです。

どちらの看板を下げても構いません。

ただし税理士法人となるには、2名以上の税理士が必要です。

応募方法は?

特に決まりはありません。

求人要綱に書かれた内容に沿って応募すれば大丈夫です。

訪問前に、一度ホームページくらいは見ておいた方がよいでしょう。

よく所長の理念が掲載されています。