応募者が集まりやすい求人広告の作り方、求職者の立場でどうやって求人情報を見極めていけばよいか、ここでは主に2つの視点から、求人方法のノウハウを提供したいと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

応募者や人材が集まりやすい求人方法や媒体のポイント

ポイント1:募集する職種名が具体的で魅力的か

空前の売り手市場の中、現状様々な求人サイトに数多くの求人案件が溢れています。

求人を探す人がまずチェックするのが、その求人の「件名」です。

実例を挙げてみます。

たとえば、検索をしているときに、「営業職」という職種名の求人案件を見つけてすぐにクリックしてみようと思うでしょうか。

なかなかクリックという行動までは至らないのではないでしょうか。

一方で、「年間休日130日、個人営業の経験が生きる書籍の営業職」となっていたらどうでしょうか。

単純に職種名を書かれるだけの案件よりはずっと、クリックしたくなると思いませんか。

具体的に記載するときの工夫点としては、具体的な数字などを盛り込んだり、求職者のメリットになるような内容をシンプルに表現すると効果的です。

例)

  • 年間休日●日の販売職
  • 有給休暇の取得率:●% 働きやすさがウリの施工管理
  • 平均年収●万円 やったぶんだけ稼げる営業職

など。

よく「上位5%の人だけがやっている、日々の習慣」というような記事を見かけますよね?

ついついクリックしてしまったという人も多いのではないでしょうか。

数字でデータを示されると人はクリックしたくなるものです。

ポイント2:求人情報はメリットとデメリットを具体的に書く

さあ、実際に求人情報の中身を見てもらったら、次は求人内容をしっかり確認してもらい応募につなげなければなりません。

求人広告を見る人が注目するのは主に以下の3点です。

①仕事内容は自分に合っているか

これは一番重要ですが、具体的に誰とどんな内容の仕事をするのかを記載することが重要です。

どんな規模の組織なのか?年齢層はどうか?一日の流れはどのようになっているか?

②給与等条件はどうか、納得感があるか

昇給はどれくらいの頻度か、年齢による年収モデルなども提示できるとよりイメージを持ってもらいやすいでしょう。

③入社後のイメージを持てるか

①②にも繋がる内容ですが、入社した後にどんな生活が待っているかをイメージできることが重要です。

前向きな転職にしろ、そうでないにしろ、求職者は大きな覚悟を持って臨んでおり、失敗は避けたいと考えているはずです。

入社後のイメージを描ける求人情報は安心感を与えるともに応募障壁も少ないものになるでしょう。

ポイント3:効果状況に応じて随時原稿の修正を

実際に求人広告を掲載する際、多くの企業様がやりがちなのが、原稿を公開してしまったら、あとは待ちの姿勢になってしまうこと。

当然業者の営業からアドバイスがあってしかるべきなんですが、的確なアドバイスをもらえるかどうかは営業の良しあしによってしまうところがあります。

そうであれば、どんどん試行錯誤を繰り返して自社にノウハウを蓄積していきましょう。

求人方法や媒体にはどんな種類があるの?

一番有名なのは、リクナビNEXTやマイナビ転職ですが、最近よく耳にするのは、「仕事探しはindeed」で有名なindeed、「バイト探しはタウンワーク」で有名なタウンワークあたりかもしれませんね。

上にもあげたindeedは検索エンジンで上位に表示されやすい上に、無料で求人を掲載することができるので、採用活動はしたいけど、費用をかけられないという企業にはうってつけのサービスと言えます。

求人の方法については、上に記載した求人広告をはじめ、採用が決まったら費用を支払う人材紹介、国の機関であるハローワークの利用、最近多くの企業が力を入れ始めたリファーラル(社員による紹介を活用した採用活動)など多岐に渡っております。

それぞれメリットデメリットがありますので、色々と試してみるのが良いと思います。

求人広告の募集でよくある施設や事業形態のパターン

飲食業や不動産業をはじめとしたサービス業

労働時間が長かったり、ノルマが厳しく成果を挙げるのが難しい飲食業や不動産業は、常に求人募集をかけている企業が多いことが特徴です。

いずれも人の入れ替わりが激しいので、常時求人広告を出しておかないといけない事情があります。

特に景気が良く、事務職などの求人も多く出ている場合、応募が人気職種に流れる傾向があるので、ますますサービス業では採用しにくい状況が生まれてしまいます。

求人広告の募集でよくある職種

営業職

日々大小さまざまな企業が、営業職の求人を行っております。

営業職は、企業に売り上げと利益をもたらすいわばなくてはならないポジションです。

好景気の時には、さらに売り上げをあげるために、不景気の時には、不況を乗り切り売り上げを拡大するために頼りにされるお仕事です。

ITエンジニア

いつのまにかスマホはとても身近な存在になり、生活になくてはならないツールになりました。

スマホではインターネットやショッピング、音楽、動画等様々なサービスを利用することができますが、ウェブ上で利用できるサービスをプログラミングという作業を通じて開発をし、世に出していくのがエンジニアのお仕事。

常に求人倍率の高いお仕事で、世の中で圧倒的に足りていないのがこの仕事。

施工管理

2020年には東京オリンピックを控えており、企業の設備投資も数年前から積極的になっています。

建造物を作るためには、実際に工事をする人たちも不可欠ですが、とりわけ重要な役割を果たすのが、工事が納期通りに正しく行われていくかを管理する施工管理のポジション。

専門性が高く、ニーズがたくさんあるので、年齢を問わずに企業が獲得競争に鎬を削るお仕事です。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

応募者や人材が集まりやすい募集内容とは?

「きつそうな仕事だな?」「自分にできるかな?」と求職者が不安に感じてしまうと、つい応募を躊躇してしまうものです。

求人企業の意向に反するかもしれませんが、できる限り仕事の負担は小さいことをアピールする内容や、採用ターゲットの幅が広い求人(年齢不問、ブランクOK)には人が集まりやすい傾向があります。

各項目ごとのポイントも見ていきたいと思います。

給与や時給

競合企業の求人内容をいくつかピックアップして、相場を把握しておくことが重要です。

求職者は、転職サイトを利用する際、最低年収を設定してから検索する人が多いので、あまり低すぎるとそもそも検索から漏れてしまい見てももらえないという状態に陥る可能性があります。

勤務時間や休日、残業

これはできる限り正直に書いたほうがいいです。

残業が多いなら残業が具体的に何時間くらいあるのか。

実際に年間休日は何日なのか?

大変な仕事であるならば、デメリットは素直に白状し、メリットがどれくらいあるかをアピールしたほうが、求職者に信頼されやすい求人になります。

福利厚生

誰にでも人気がある福利厚生と言えば、住宅手当が挙げられますが、福利厚生というのは、採用するターゲットごとに異なるものなので、自社で採用したい人がどういう人なのかを具体的に見極めることが一番大事です。

たとえば、地方から上京してくる学生には住宅手当は魅力的だと思いますが、実家から通う学生にしてみたら、住宅手当というのはあまり必要ないかもしれません。

とはいえ、福利厚生というのは企業が社員を大切にしているかどうかをアピールできる場でもあるので、できる限りユニークな制度を用意するのも一つの手です。

他にも、フリマアプリで人気のメルカリさんは、社員の子供が認可外保育園に入園した場合、費用を全額負担する制度があります。

また、IT系の会社に多いですが、仮眠室を充実させることも、社員の健康面を維持する大事な制度になるかもしれません。

私見になりますが、つみたてNISAやIDECOなど長期型投資商品が若者に人気を集める時代になってきたことを考慮すると、社員の資産形成を助けるような福利厚生は人気を博す可能性が高いと言えるかもしれません。

勤務場所

勤務場所は、自宅から近いことが重要な指標だったりしますが、比較的郊外より都市部、現場店舗などより本部スタッフの方が好まれる傾向にあります。

利便性を求める人が多いことや、事務仕事を希望する人が多いことを表しているといえるでしょう。

元求人広告会社の営業がおすすめする求人の見分け方

少し時間はかかってしまいますが、希望する職種の情報を複数の媒体にまたがってチェックすることをお勧めします。

求人広告の作り方には特徴があって、募集先企業の社員が自力で作成しているものもあれば、しっかりライターが取材をして書いているものもあります。

単純に給与など数字の情報だけを見ると、企業の中身を見落としてしまうことがあるので、具体的な情報がたくさん書かれているかを注意しながら比較するようにしましょう。

複数の媒体に常に掲載されている求人には要注意

具体的な業界を挙げると、不動産や保険業界などになりますが、年中求人を掲載しているということは、業績拡大もありますが、退職していく人も常にいるということ。

自分にあった求人の選び方や注意点

自分は働くうえで何を一番大切にしたいのかを十分に比較検討することが大事です。

欲しいものはお金なのか、時間なのか。

スキルや経験を積むためなら多少の自己犠牲もいとわないのか。

とにかくアフターファイブを充実させて趣味に力を入れたいのかどうか。

よく自問自答することが重要だと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員

社会保険等が充実した状態で仕事をしたいという方には、やはり正社員での勤務をおすすめします。

契約社員、派遣社員

拘束時間が明らかなので、どうしてもかなえたい夢がある方などにはおすすめの雇用形態です。

業務委託(フリーランス)

エンジニアや営業職など高い専門性とスキルがあれば、会社に属さないほうが稼げてしまうことは往々にしてあります。

【選び方②】職種から探す

どうしてもやりたくないのなら致し方ないですが、できる限り過去にやっていた職種で転職を考えることが合理的です。

営業の経験がある方なら営業を、エンジニアの経験がある方はエンジニアを。

そのほうが結局は選択肢が多く、条件の良い働き口を見つけられるでしょう。

「今でしょ」で有名な林修先生が面白いことを言っていました。

やりたいけどできないことよりもできるけどやりたくないことのほうが優先順位が高く、成功もしやすいと言っていました。

彼は予備校に入社した当初は数学の講師を希望していたそうです。

しかし、動画で授業を見たところ、とてもかなわないと悟ったそう。

一方で現代文の動画を見たところ、これなら楽勝で勝てると思ったそうです。

つまり競争相手が少なくて、自分の得意分野が活きるほうが、成功の確率が高くなるといえそうです。

【選び方③】会社の業態から考える

これも基本的には職種と同じ考え方になります。

自分が属したことのある業態のほうが、業界の知識も豊富にあるので、仕事はしやすくなります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

特に給与については、モデル年収や昇給の頻度等具体的に数字で示されているかは、チェックしておいたほうがいいでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

どこで働くかは価値観が色濃く反映される部分ですが、私自身は「職住近接」がおすすめです。

ライフステージの変化(結婚、出産、親の介護)で理想の暮らしは変わりうる可能性がありますが、東京で10年営業をやってみて感じたことは、家の近くで働いたほうが、結果時間を有効に活用でき、睡眠時間の確保にもつながり健やかな生活を手にすることができると思います。

仮に働きたい会社の家賃相場が高い場合は、住宅手当等の補助があるかどうかは見ておいたほうがいいです。

あとは、自分は通勤時間をどれくらい許容できるか。

これはしっかり考えたほうがいいポイントです。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

たとえば、アパレルや車などの好みが分かれる分野において仕事を探す場合ですが、これは、その企業の企業理念に本当に共感できるかは一度振り返ったほうがいいと思います。

たとえば、スターバックスの雰囲気や商品が好きだったとしても、サービスを提供する側、つまり働く側に回ると、働きやすさが重要なので、企業の考え方やともに働く仲間のほうが大切になります。

また、たとえばブランドの中でも高級消費財=ハンドバッグを作っているブランドへの就職を考える場合、そのブランドだから好きなのか、それともハンドバッグという機能が好きなのか?これも良く考えておいたほうがいいです。

注意点

転職活動をする際には、とかく自分の好きな職種で働こうと考えてしまいがちですが、今まで自分がやってきたことを踏まえて、得意分野を活かせる職種のほうが充実した仕事生活になりやすいことでしょう。

仕事探しには、4つのパターンがあります。

  • ①同業界同職種
  • ②同業界異職種
  • ③異業界同職種
  • ④異業界異職種

です。

私が個人的におすすめするのは、①と③です。

①は現在勤務している先の欠点を補えるような職場探しがポイントになるでしょう。

③は、今いる業界よりもその職種が必要とされているかどうか、活躍しやすいかどうかの見極めが重要になります。

たとえば、人材や金融業界では新規の営業活動が日々当たり前のように行われていますが、メーカーや商社等既存の取引先との付き合いが中心になる業界もあります。

どこの業界でも新規開拓の営業力は重宝されますので、人材系→商社という異業界同職種の転職も、理にかなったものになる可能性は高まるでしょう。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

募集する企業に求められる3つのスタンス

  • ①具体的に情報提供をする
  • ②デメリットも正直に伝える
  • ③常に求人情報を修正しブラッシュアップをしていく

仕事を探す求職者が押さえるべき2つのスタンス

  • ①仕事に求める優先順位が何なのかしっかり整理しておく
  • ②求人情報をいくつか比較検討する

以上です。

求職者と企業のミスマッチをなくしていくことは、直接的に個人の幸せを実現することに

繋がります。

また、適材適所が叶っていけば、経済の発展にも寄与すると思いますので、求人活動も転職活動も慎重に丁寧に行っていきたいものですね。


関連キーワード

求人

求人に関するコラム

求人情報はココを見て!元求人広告営業が教える「募集内容の建前と本音」と注意点

大変な就職活動をして仕事が決まった!と喜んだのはいいけれど、いざ働き始めたら、思っていたのと違うと感じた経験はありませんか?特に、求人誌や転職サイトで探した仕事の勤務条件が、応募当時の内容と違う!と違和感を感じ、結局は辞めてしまったという経験をした人も多くいるのではないでしょうか?最近では、そんな状況を指した「求人詐欺」という言葉も聞かれるようになりました。求職者としては、やっと見つけた仕事を辞め、また新しく仕事を探し始めなければならないのも大変ですよね。できることなら就職の失敗はしたくない!というのが、みなさんの本音だと思います。そんな方のために、この記事では、求人情報に書いてある条件の建前

求人は探し方を少し変えるだけで自分にピッタリなものが見つかる!元求人広告営業が教えるその方法とは?

仕事を探す時には、どんな探し方をされてますか?フリーペーパーを見て探している。転職サイトを利用して探している。でも、なかなかいい応募先が見つからないという経験はありませんか?そんな時、一つだけの媒体で探したりしてはいないでしょうか。雇用形態によって利用する媒体を変えてみることで、ピッタリの求人に出会えることもあります。また、転職、求職の理由ははっきりしていますか?他にも、自己分析はしっかりと出来ますか?いい応募先が見つからない理由は複数あります。自分に当てはあるものがあれば、解決策を参考にしてみてください。今、仕事を探している人、これから転職を考えている人には、自分に合った仕事先を探すためのヒ