仕事を探す時には、どんな探し方をされてますか?

フリーペーパーを見て探している。

転職サイトを利用して探している。

でも、なかなかいい応募先が見つからないという経験はありませんか?

そんな時、一つだけの媒体で探したりしてはいないでしょうか。

雇用形態によって利用する媒体を変えてみることで、ピッタリの求人に出会えることもあります。

また、転職、求職の理由ははっきりしていますか?他にも、自己分析はしっかりと出来ますか?

いい応募先が見つからない理由は複数あります。

自分に当てはあるものがあれば、解決策を参考にしてみてください。

今、仕事を探している人、これから転職を考えている人には、自分に合った仕事先を探すためのヒントになるかもしれません。

これだ!と思う求人がなかなか見つからない その原因と改善方法とは?

仕事先を探す理由は人それぞれだと思います。

とにかくお金が必要だから仕事を探している、キャリアアップを目指しているなど様々でしょう。

でも仕事を探そうと思って、フリーペーパーや転職サイトを見てもこれだ!と思う求人がない、なかなか働きたいと思う所がないという経験はありませんか?

その原因と考えられるのは、何でしょうか?

その原因を探り改善することで、仕事探しが今よりもスムーズにいくと思います。

以下の原因と改善策を参考にして、自分に当てはまるものがあれば活用してみてください。

やりたいことや自分の強みなど、実は自分のことをよく分かっていない

新卒で就職活動するときは、まず自己分析から始めます。

自分の得意なことは何か、長所と短所はどんなところかなど、自分で自分のことを理解していきます。

それが志望動機になったり、自分に合う職種は何なのかが分かったりするようになると思います。

転職する場合も同じだと言えます。

上記に書いたように、自分が何をやりたいかが決まっていないと、一番仕事を見つけにくいと思います。

例えば、お給料の高さに惹かれて応募しても、実際働いてみると自分に合っていなくて結局辞めてしまうというパターンにもなりかねないこともあります。

また、自分の強みもしっかり分析してないと、体を動かすことが大好きなのに事務仕事や工場仕事など、あまり体を動かさない仕事に就いてしまったり、人と接することが苦手なのに接客業に就いてしまったりとミスマッチが起こります。

このようなことにならないためにも、事前に自己分析することは、仕事探しをする上でも就職先で働くためにも、とても重要になってきます。

改善方法

改善策は簡単です。

自己分析からまず始めましょう。

自分のやりたいことは何か、自分の強みは何か、自分の短所は何かを考えてみましょう。

それを見つけた上で仕事をもう一度探してください。

ただ、「やりたいこと」と「やれること」は違います。

いきなりハードルを上げずに、「やれることの中のやりたいこと」をまずはみつけることから始めるといいと思います。

その上で将来の夢や将来設計があれば、その夢を目指すためにはどこでどのように働けばいいかが分かると思います。

また、自己分析にすることによって、上記にも書いたように志望動機が簡単に書けるようになったりもします。

わざわざ志望動機を考え直さなくてもいい場合もあるでしょう。

やっと仕事に就けたとしてもミスマッチが起こらないように、しっかりと自分のことを分析することが改善策と言えるでしょう。

無意識のうちに、完璧な条件を求めてしまっている

勤務条件に完璧を求めすぎていませんか?

理想が高すぎると、なかなか仕事先は見つかりません。

お給料の面、休日の日数、残業の時間など。

全て自分の思い通りになるところは、正直ありません。

まず、給料に関して言えば、確かに働くならば1円でも多く稼ぎたいと思うと思います。

同じ条件なら給料が高いほうを選ぶでしょう。

ただ、自分の能力や経験に合った妥協点を見つけましょう。

次に休日の日数です。

こちらも休みが多いほうがいいのは確かです。

しかし、会社やお店によって休日日数は変わってきます。

最低限の休日数があるかを確認して、そこも妥協が必要です。

そんな勤務条件の面ばかりを気にして理想が高くなりすぎる傾向がある人は、どうしてもいい所が見つからないということになりかねません。

改善方法

条件に完璧を求めず、どこかで妥協点を見つけましょう。

まずは、勤務条件の中で優先順位を考えてみるといいでしょう。

給料の金額、休日の日数、福利厚生面など、自分で順位を付けてください。

優先順位をつけたら、その条件に照らし合わせて仕事を探してみると、いいところが見つかると思います。

給料はそこそこだけど、福利厚生がしっかりしている会社や、給料は高いが残業が多くある仕事など、完璧を求めていたときよりも、色々な仕事、会社が見つかると思います。

自分の理想を全て叶える仕事先はそうそうありません。

自分の能力と経験、持っている資格なども一緒に考えて仕事を探してみてください。

「とにかく今の環境を変えたい」など、転職や求職の目的が、そもそも曖昧

今の職場に不満があり違う所に転職したい、お金を稼ぎたいからただ仕事に就きたいなどの理由で仕事を探している人も多いでしょう。

このような曖昧な理由で仕事を探しても、もちろん仕事先はあると思います。

でも、結局何がいいのか分からずにどの仕事も同じように見えてきて、自分に合う仕事が見つからないことも多いと言えます。

また偶然決まった就職先が自分に合っていて、長く働き続けられそうな良い会社だということもあるとは思います。

しかし、曖昧な理由で仕事先を探したとしても、結局また同じような理由で仕事を辞めることになりかねないときの方が多い気がします。

せっかく大変な就職活動をするのであれば、長く働き続けるところを探すことをおすすめします。

改善方法

転職、求職する曖昧な理由をはっきりとさせましょう。

「今の職場に不満がある」という理由で転職を考えているのなら、どこが不満なのかを考えてみましょう。

「環境を変えたい」と思っているならどのような環境で働きたいかを考えましょう。

このようにはっきりした理由がなければ、同じことを繰り返すことになります。

給料が少ない→少しでもお給料が高い職場を探す、休日が少ない→休みがしっかり取れる所を探す、残業が多すぎる→残業が少ない所を探すなど、しっかりと転職を考える原因を把握しておきましょう。

次に、ただお金のために仕事に就きたいと考えている場合でも同じことが言えます。

最近は、人材不足で仕事が沢山ある状況と言えます。

しかし、自分が出来る仕事、自分に合った仕事を見つけないとすぐに辞めてしまうことにもなりかねません。

何のためにお金が必要なのかという理由があれば、少ししんどい仕事も続けられる理由になると思います。

そもそも転職が必要か?

少しでも条件がいい所をさがしているが、いいところがない。

何となくいつも仕事探してしている、常に今の仕事を辞めたいとしか考えていないなど、こんな姿勢では、なかなかピンと来る求人はないと思います。

改善方法

そもそも転職探し自体が本当に必要かを考えましょう。

どの仕事でも嫌な時、辛い時はあります。

そこを乗り越えられるかも仕事のうちのひとつです。

明確なプラスの理由が出来た時に、もう一度転職を考えるといい転職先が見つかると思います。

元求人広告営業が教える、自分にピッタリな求人に出会える探し方

求人誌や求人サイトで希望条件に合うものを探し、複数の求人を比較してみる

自分が働きたいと思う職種や業種が見つかれば、他にも同じような求人がないか探してみましょう。

少しでも給料が高かったり、待遇面の条件がよかったりするところがあるかもしれません。

また、条件はほとんど一緒でも職場の雰囲気は会社によって違います。

職場の雰囲気で決めるのも一つだと思います。

その際に求人を探す媒体をフリーペーパーの一つのみ、というわけではなく、他の媒体でも探してみましょう。

他の媒体には載っていない求人を見つけることが出来るかもしれません。

転職情報サイトから自分で探す

転職サイトは自分がやりたい職種や希望の条件などを絞って検索することが出来ます。

例えば、家の近くで働きたい時は、勤務地で検索出来ます。

事務職で働きたい場合は職種から検索が可能です。

もちろん、複数の条件を絞って検索することも出来ます。

また、転職サイトはいろんな会社が運営しています。

こちらも一つの転職サイトだけではなく、色んな転職サイトを使って求人を探してみてください。

転職サイトの特徴としては、他にもネットでそのまま応募出来るというメリットがあります。

自分で応募の電話をしなくていいという所も、求職者にはかなり嬉しいところだと思います。

とても効率よく、手軽に仕事探しが出来ると言えるので、仕事探しでは必ず利用したい媒体です。

転職エージェントを利用し相談にのってもらう

仕事探しをする上で、自己分析することはとても大事だと言ってきましたが、実はその自己分析が一番難しかったりします。

自分に合う仕事は何なのか分からないというときに相談に乗ってくれるのが転職エージェントです。

ネットから無料で登録ができます。

担当者が付き、今までのキャリアや資格の確認、面談などを行います。

その上で、履歴書や職務経歴書の書き方アドバイス、自分に合いそうな会社の紹介から面接の日程の設定までやってくれます。

就職活動の面倒なことから、ひとりだと悩んでしまうようなことまで、相談に乗ってもらえます。

ただ、少し壁が高いと感じることもあるかもしれません。

でも無料で転職のアドバイスが貰えるので、是非利用してください。

また転職エージェントに非公開求人というものも存在します。

求人サイトなどでなかなかピンと来る求人がない場合でも、非公開求人から自分に合う条件の会社を紹介してもらえることもあるかもしれません。

ただメリットばかりではないことも理解が必要です。

担当者によっては、あまり知識がない人だったり、ただただ会社をどんどん薦めてくるだけで、フォローがない担当者も中にはいます。

また人対人なので相性もあります。

転職エージェントも一つだけではなく、大きい所から中小的なところまであります。

色々登録して、信頼出来る担当を探してみてください。

もう一つのデメリットは、自分で仕事探しをするよりも、とても時間がかかることです。

登録から転職エージェントの担当との面談など何もかもに時間がかかります。

急いで仕事を探している人は、自分自身で仕事を探しながら平行で利用するといいでしょう。

人材派遣会社なら、派遣社員から正社員になるチャンスも

派遣会社を有効に活用することもいいでしょう。

人材派遣で働く場合は正社員または契約社員として働くという定義で覚えておくといいと思います。

アルバイトの派遣はスポット派遣で1日のみなど短期のお仕事になります。

人材派遣は3種類に分かれます。

一般労働者派遣と特定労働者派遣と紹介予定派遣です。

特定労働者派遣は、派遣会社の正社員となって派遣先に正社員として派遣されることです。

紹介予定派遣は、正社員として派遣先に紹介されることです。

一般労働者派遣はよく言われる派遣のことで、契約期間があり、その契約期間が終わるとお仕事も終わりということになります。

ただ、この一般労働派遣でも契約期間が終了後に正社員になれるチャンスもあります。

派遣でのメリットはある程度仕事を経験したり、職場の雰囲気を理解した上で正社員になれるということです。

色々な職場や職種を経験する中で、自分に合う会社を探すことが可能です。

また、就職活動で時間をかけるよりも、大げさに言えば登録した次の日から仕事に就けるということもあります。

他にも一般に正社員の就職活動をするよりも、正社員になる道が近いこともあります。

自分のスキルや経験を活かすなら派遣会社を利用しましょう。

ハローワークを利用する

ハローワークでは、雇用形態から業界や業種が様々な仕事を探すことが出来ます。

また、国の機関なので掲載が無料です。

そのため、フリーペーパーや転職サイトに掲載されていない企業やお店が載っていることもあります。

こちらも地元密着性が高いので、地元で仕事を探したいと思っている人にはおすすめです。

地元の中小企業が多く載っているとも言われています。

応募の際は、一番初めにハローワークの担当者が企業に電話してくれ、そこで面接の日を段取りしてくれます。

ハローワークの紹介ということで、少し気楽に面接に臨めるかもしれません。

他にも、ハローワークには職業訓練というものがあります。

無料で資格やスキルを身に着けることが出来る制度です。

こちらを受けたあとはハローワークから仕事を斡旋してもらえる制度もあります。

ただ、この職業訓練を利用するためには、条件が必要になります。

詳しく知りたい人はハローワークに問い合わせてみてください。

ハローワークを利用する時は、こちらの記事を参考に!

希望する企業や店舗があるなら公式サイトをチェック

自分の中で働きたい企業や店舗があるならば、そのホームページなどをこまめにチェックすることもいいでしょう。

緊急性はないものの、常時人員は募集しているという場合は、自社のホームページに求人を掲載している場合が多くあります。

自宅周辺で探したいなら、地元のフリーペーパーも大切な情報源

フリーペーパーは地元密着性が高い特徴があります。

無料で配布されており、駅やコンビニ、街中にラックが設置されているので気軽に手に取ることもできます。

また、アルバイトや派遣のお仕事が中心で掲載されていますが、社員募集もあります。

業界、業種も様々です。

仕事を探す上で、欠かせない媒体だと思います。

地元のフリーペーパーは仕事探しのものですが、新しいお店を発見出来るという使い方も実はあるんです。

仕事探しをしながら、新しいお店のチェックが出来る、一石二鳥の媒体です。

求職中であることを周囲に話して人脈をうまく利用するのも、ひとつの手

仕事を探す中で、一番有効的に就職できる方法がコネ=紹介だと思います。

あらかじめ紹介してもらう企業やお店の情報もしっかりと把握出来ますし、知り合いの紹介だとよほどの事がない限りは不採用にはならないと思います。

しかし、その反面、一度就職すると紹介してもらった人のことも考えると中々辞めづらいということも考えておかなくてはいけなくなります。

パートやアルバイトなら、働いてみたいお店などに求人の張り紙がないかをチェック

求人費にお金をかけられないという所は店頭に求人の張り紙をしているところもあります。

自分が働いてみたいと思うお店があれば、お店に行くときやお店の前を通る時に張り紙がないかこまめにチェックしておきましょう。

また、随時募集しているという形で張り紙をしているところもあります。

直接働きたいお店や企業に電話で問い合わせしてみる

求人サイトやフリーペーパーや店頭にも張り紙を出してない場合でも、どうしてもここで働きたいというお店や企業画ある場合は、直接電話で問い合わせしてみるのもいいと思います。

お店や企業側からすると求人を出していないにも関わらず、問い合わせをしてきてくれるということは熱意があると、とても好印象を持ちます。

こういう方法があることも参考にしてみてください。

折り込みチラシや新聞の求人欄も活用する

最近ではフリーペーパーやネットなどが普及していて、あまり馴染みがないかもしれませんが、新聞の折り込みチラシに求人があったり新聞にも求人の欄があったりします。

折り込みチラシも新聞の求人欄も地元密着性が高いと考えられます。

新聞を自宅で取っていないと見ることは不可能ではありますが、意外な求人が載っている可能性もあるので、機会があれば見てみるのもいいと思います。

求人を出している側は、どんなことを考えているの?

求人を出している側の本音も気になりますよね?

求人広告に○○と表記しているが、実際はどう考えているの?

世間一般には、こう聞くけど、実際にはどう考えているの?

というのを、実際に取材もしていた元求人広告の営業からの目線で解説したいと思います。

「人物重視」とは言うけれど、どこまで本音?

人を採用する際に一番重要視するのは、その人の人柄です。

求人広告を出しているからには、採用する人によって給料や待遇を変えるわけにはいけません。

そうなると、同じ条件で採用するなら少しでも、いい人を採用したいと思うのが採用する側の意見です。

ただ、人物重視と言えど、職場の雰囲気や職種によっての人物重視の基準が変わってくると思います。

仕事内容や職場の雰囲気に、どれだけその人が合いそうかを採用担当者は面接で見ると思います。

ただ、しっかりした受け答えや返事が出来るかは共通して大切なことになってきます。

ここは最低限のマナーですので、必ず気を付けましょう。

まったくの未経験者を、経験者よりも採用したいと思わせる条件はどんなこと?

経験者と未経験者を比べると、もちろん経験者の方を採用したくなるものです。

一から教えるよりも、ある程度知識があったほうが採用する側とすれば教える時間も手間も省けます。

そうだとしたら、未経験者は圧倒的に不利になってしまいますよね。

しかし、未経験者でも優遇してもらえる場合が、もちろんあります。

まずは面接の時の印象が大切です。

ハキハキと受け答えができることが重要です。

次にやる気です。

自分の考えをしっかりと伝え、やる気を見せれば、伸びしろがあると判断してもらえます。

経験者は、すでに持っているある程度の知識が不利になることもあります。

知識があることによって、どうしても前の色が抜けなく柔軟に意見を聞けない時もあります。

そういう時は未経験者の方が有利となるでしょう。

以上の2点を気を付ければ、経験者よりも採用してもらえることもあるでしょう。

「年齢不問」て本当?

求人広告に年齢制限を表記することは「雇用対策法」によって基本は禁止されています。

長期勤続からキャリア形成を図るためや、定年退職の年齢から考えて定年退職以下の年齢を募集する場合など例外もありますが、求人側が応募や採用で年齢制限を設けることは禁止されています。

しかし、求人している企業やお店側からしたらある程度若い人が欲しいと思っている事が多いかもしれません。

もちろん、そんな会社やお店ばかりではありません。

ある程度経験が必要だと思っている所もあります。

ただ若い人の方が、体力はあるし、長く働き続けてもらえる可能性があるので、年齢不問と言いながらもある程度、年齢をみることは企業やお店側の本音です。

「資格がない経験者」と「資格がある未経験者」、採用するならどっち?

「資格がない経験者」と「資格のある未経験者」どちらを採用するかというと、業界や職種によるかもしれません。

持っている資格が必ず必要になってくる業界や職種もあります。

例えば「危険物取扱者」です。

ガソリンスタンドで働く際に役に立つ資格です。

また、ガソリンスタンドを営業するために必ず在中で1人は危険物の資格を持った人が居なくてはなりません。

その場合、「資格がある未経験者」の方が優遇されるでしょう。

未経験でも資格を持っているだけで、少しは知識があると判断されるからです。

ただ、ある程度の勤務経験がないと資格取得が出来ないという資格もあります。

介護職の様々な資格は実務経験を積まないと、資格取得どころか受験資格さえもらえない場合があります。

その場合、「資格がない経験者」が優遇されるでしょう。

結論を言えば、その業界、その職種、採用の緊急性で「資格がない経験者」か「資格がある未経験者」のどちらかを採用するかの判断になると思います。

男性と女性、どちらを採用しようと考えている?

こちらも年齢と同じように、求人広告を出す際に性別を制限することは「男女雇用機会均等法」によって基本禁止されています。

ただ、風紀上の理由や防犯上の理由、芸能分野においては性別を限定することができます。

では、求人している企業やお店側が男性と女性のどちらを採用したいのかを、応募する側が見分けるポイントは?と疑問になります。

もちろん企業やお店側も男性が欲しいのに女性ばかりが応募してきても困ります。

こういう場合は、求人広告の欄に「男性活躍中!」と表記している場合があります。

もちろん逆のパターンもあります。

女性が欲しい時は「女性活躍中!」という表記があると思います。

また、ファミレスでは「主婦(夫)歓迎!」という表記が見られることもあります。

こちらも表記上、性別限定が出来ないのでこういう表記になってますが、主婦を採用したいと考えていると思っていいと思います。

どちらの性別を採用しようとしているか知りたいときは参考にしてみてください。

応募する会社や店舗を決める際に気を付けるポイント

応募先の方針や理念に共感できるか

応募するお店や企業の方針、理念に共感出来るかどうかは重要です。

自分と就職先が全く違う考えだと、なかなか職場に馴染めずに、どんなに頑張ったとしてもゆくゆくは辞めざるを得なくなる場合もあるかもしれません。

勤務条件は納得できるものか

給料の面であったり、待遇の条件であったりが納得できるかは重要です。

実際働き始めたあとに、応募時の求人内容と違うと分かったというミスマッチをなくすためにも、応募する際から勤務条件をしっかり確認しておきましょう。

ただ、自分が理想とする勤務条件を全て満たすお店や企業はなかなかありません。

妥協できるポイントも考えておく必要があります。

「こんなふうに働きたい」などの希望は叶えられそうか

働く上で「こんなふうに働きたい」というビジョンはあると思います。

また働いていく上で明確なビジョンが出来てくるときもあります。

例えば、昇進は出来るのか、資格取得支援はあるのか、昇給はあるのかなど働き続けることによって、自分が「こうなりたい」というビジョンがあれば、面接の時にその希望を叶えられる職場かどうかもしっかり確認しておきましょう。

職場の雰囲気などは、自分に合いそうか

職場の雰囲気はとても大事です。

人間関係が原因で仕事を辞めて行く人も少なくありません。

転職サイトでは職員の平均年齢が載っていたり、職場の写真が載っていたりします。

それを参考にすることをおすすめします。

同じ年代の人は働いているか、男女比はどんなものかを見るのも大事なことですね。

ただ、情報だけでは100%職場の雰囲気が分かるわけではありません。

実際働いてみてから見える部分もあると思います。

ある程度は我慢する部分も必要になることは、どこの職場でもあると思います。

長期で働き続けられそうか

結局は長期で働き続けられそうかという判断も必要になると思います。

何度も言いますが、せっかく働くならば一つの職場で長期に働く事をおすすめします。

長く働き続けることで、キャリアや経験も積めます。

昇給や昇進のチャンスも増えてきます。

ころころ転職をしている人は、次の就職の面接の際にもあまりいい印象を与えません。

以上のことを考えれば、やはり一つの所で長く働き続けるほうがメリットがあると考えられると思います。

やむを得ず仕事を辞めてしまうこともあるとは思いますが、応募する際に、少しでも長く働き続けられそうという考えをもって応募して欲しいと思います。

私はこんなふうにして、自分に合う求人を見つけました!

私は求人広告の営業をした経験から、働きたいと思う職種の雇用形態別に使う媒体を変えて仕事探しをしていました。

また、応募しようとしている職種はどんなものなのかというのも、ある程度の理解はありましたが、しっかりと分析をしてから仕事探しをしました。

せっかく働くのだったら少しでも長く働き続けたいと思っていたので、自分が無理せず働けるところはどこか、自分に合う職種は何かを考えました。

その上で、フリーペーパーや転職サイト、ハローワークなど色々な媒体を利用して自分に合う仕事を探しました。

まとめ

就職活動は色々と本当に大変です。

仕事探しから始まり、履歴書・経歴書の作成、企業分析から面接まで、一つ一つが本当に面倒で大変です。

しかし、仕事が人生を左右すると言っても過言でないくらい重要なものです。

1日のほとんどを職場で過ごすと思ったら自分が働きたい!と思うような職場がいいですよね?その仕事探しに、この記事が少しでも役に立てばと思います。

仕事探しをしていくうちに自分は何がしたいのか、自分には何の職種が合っているのか、徐々に分かるようになってくると思います。

その分析なくしては就職活動が上手く行かないときもあるでしょう。

また、なかなか自分が思うような応募先が見つからないこともあると思いますが、色々な情報を利用して少しでも自分に合った仕事先が見つかるようにと思います。


関連キーワード

求人