ここでは、横浜のアルバイトでやって良かった仕事を紹介し、またそのメリットやそこで身に付いた力も紹介していきます!

大学生活が横浜になった人や、横浜でこれからアルバイトをしようと考えている人に少しでも参考になれたら幸いです。

またこれから初めてアルバイトをする人にも覚えておいてほしい心構えも載せたので、まだアルバイト自体未経験の人はそちらも読んでみてください。

それではどうぞ、ご覧ください!

横浜ってどんな街?

横浜の街は神奈川県の中で最も人が多いと言える街でしょう。

横浜の街には数多くの仕事がありますが、中でも飲食店が多いように感じます。

実際に横浜駅の周りは飲食店や居酒屋が数多く軒を連ねています。

他にもビルの中にはクリニックや商社などが入っているところや、大学受験や中学高校受験用の予備校や塾が並んでいるところもあります。

都内と変わらず、夜になると横浜駅中心は居酒屋やネオン街がきらめくところが特徴ですが、少し横浜駅から離れると住宅街が広がっているので閑静な住宅街に早変わりします。

つまり、横浜は賑やかなところと閑静な住宅街がわかりやすく混在した街なのです。

また横浜は都内とのアクセスもよく、湘南新宿ラインや東横線、東海道線、京浜東北線、京浜急行線などの電車が都内にいける手段として有名です。

横浜はカップルのデートスポットとして有名なみなとみらいがあり、カップルがデートしやすいようなスポットも数多く存在し、そこでもアルバイトを募集しています。

さらに横浜には高校や大学も多く存在しているので、横浜の賑やかな場所は学生でいっぱいなんて日もあります。

そして近年、横浜は大きなタワーマンションが各地で建てられており地域開発も進んでいます。

そのため住宅街も増えてきており、家族向けのショッピングモールや生活に目を向けたお店も増えてきています。

そうした進化をしつづける横浜にどんなアルバイトがあるのか…。

正直なんでもあります。

ありすぎて選べないほどかもしれません。

横浜のアルバイトでやってて良かった4つの仕事とは?

横浜も都内と同じようにアルバイトが可能な仕事は数多くあります。

その中でも私が横浜で行なっていたアルバイトは5つほどあるのですが、そのアルバイトはどれも良い経験をさせてもらえたアルバイトでした。

その中でも特に良かったと思える4つのアルバイトを紹介します!

横浜のアルバイトでやってて良かった仕事1:レストランのキッチン

アルバイトで定番なのが飲食店やファミレスの店員ですよね?

高校生や大学生のアルバイトデビューにはもってこいの始めやすいアルバイトです。

私も16歳のころからレストランのキッチン業務をさせてもらっていたのですが、ファミレスなどと違ったのが、1つ1つの料理に仕込みという手順があったことです。

ファミレスのキッチンだとレンジで加熱して提供するものもあるでしょうし、ハンバーグに使う肉などもあらかじめ、形が作られていて冷凍されているものが、店に届いているというところも多いはずです。

ただ、私が働いていたところは肉一つにしても仕込みを施して提供するというものでした。

なので、食材の不備があるともうその料理は出せないという状況になってしまうので、16歳の私にとってはかなり厳しいアルバイト先でした。

それでも店の先輩や上司との関係はかなり良好だったので、4年間続けることができました。

仕込みを最初から行うレストランで働けたおかげで、若いうちから料理へのこだわりがついて、人にもごちそうできるレベルにまでなれたので、経験してよかったと思える仕事です。

ちなみに時給は1200円ほどでしたが、これはあくまで私が働いていたところの時給なので、よくあるレストランのキッチンの時給は950円~1000円が平均でしょう。

その仕事のメリットとは?

レストランのキッチンで働いていることのメリットとして挙げられるのは、まず料理を覚えることができるところです。

料理を作れるようになると人にご馳走したくなりますし、そこで美味しいという言葉が聞こえれば、もっと頑張ろうというモチベーションにも変わります。

そして、これに関しては店によって違うのですが、その店の賄いが食べられるという点です。

私はほぼ毎日のように働いていたので、毎日夕飯は賄いでした。

賄い食べることで夕飯代も浮きますし、何よりレストランの料理が食べられるという優越感が得られます。

そこの仕事で身に付いた力とは?

身に付いた力として挙げられるのは、調理力、コミュニケーション能力、多重課題に対する優先順位を正確に早くつけられる能力です。

調理力はアルバイトをやめて数年経ちますが、いまだに役に立ちます。

コミュニケーション能力も、レストランのキッチンには大事でしたし、身に着けることができました。

仕事上、会話をしないとミスにつながるオーダーもありました。

むしろ積極的にコミュニケーションをとれと言われて働いていました。

そして多重課題に対する優先順位を正確に早くつけられる能力は、社会人になっても必ず必要とされます。

何を優先して、先回りできることはないか、今はなにに集中するべきなのかを考えて料理をすることは、料理を提供するうえでは欠かせませんでした。

横浜のアルバイトでやってて良かった仕事2:スポーツジムのインストラクター

スポーツジムのインストラクターはアルバイトでもできるのか?

という疑問を持っている人が多いのですが、正直なことをいうとやる気さえあれば誰でもできます。

ただ飲食店と違うのは、スポーツジムのインストラクターは、飲食店より人の命にかかわる仕事だということです。

利用者は一見トレーニングをしているだけに思えるのですが、いつどこで怪我をしてもおかしくない環境であることに変わりはないのです。

特にプールに関しては、いつ心臓発作が起きて溺れてしまう人が出るかわからない状況なので、監視は細心の注意を払う必要があります。

また、怪我をしないためのトレーニングの方法や利用者の個別性やニーズに合わせたトレーニングを提供する仕事でもあるので、日々勉強が必要です。

ちなみに時給は1000円からのスタートでしたが、社内試験などがありそれに受かると+100円ずつ上がっていたので最終的には1300円まで上がっていました。

ただこの時給も店舗によっては差があるので、募集要項をしっかり見ることが大事です。

その仕事のメリットとは?

前述した内容を見ると本当にやっててよかったの?と聞かれてしまう気がしますが、大変そうな仕事にこそメリットは多いものです。

まず、スポーツジムの利用は料金を払わなくても利用できたので、無料で筋肉をつけることができました。

また、理学療法士や看護師などの医療系に進む人にとっては体の構造をインプットし、さらに利用者にアウトプットできるので、将来への学びの場にもなります。

さらに、利用者の人とコミュニケーションを取ることで色々な年代の話を聞くことができます。

その中でも将来のコネにつながる話なんかもあったので、かなりのメリットです。

そこの仕事で身に付いた力とは?

身に付いた力として挙げられるのは、人にわかりやすく伝える能力、初対面の人とも緊張せずに話せる能力、筋力です。

スポーツジムのインストラクターにはトレーニングを指導するという仕事や、トレーニングやスポーツジム自体が初めてという人に色々なことを説明する機会があります。

そういう利用者にどうやってわかりやすく、かつやる気が出るような説明ができるかはインストラクターの腕次第です。

その腕を上げれば、他のアルバイトや就職をしたあとも必ず役に立つでしょう。

また、初対面の人と話すときにも緊張しなくなります。

仕事だからできると思っていてもなかなか話は弾みません。

ましてやインストラクターはあなたと話したいからきていると言われてなんぼのところがあります。

それだけその人の利用回数も増えて健康の維持にもつながります。

なので、初対面でインストラクター側が緊張していては、その緊張は利用者に伝わり、次回以降利用しづらくなります。

どうすれば緊張せずに話せるかをしっかりと研修させてもらったおかげで、いまでは初対面でも普通にかつ不快にさせないような会話の仕方ができるようになりました。

筋力に関しては、前述したとおりスポーツジムを使うことができる場所もあるので、自然と筋力はつきます。

利用者にお手本のような筋力をつけるのもインストラクターとしての使命です。

横浜のアルバイトでやってて良かった仕事3:コールセンターのアルバイト

コールセンターのアルバイトは電話で営業するスタイルと、受信専用のスタイルと分かれます。

スタイルによって時給も変わってきますし業務内容も変わりますが、私が働いていたアルバイト先は受信専用の仲介業者のコールセンターでした。

コールセンターは正直面白いのか、やりがいなどはあるのか不安なままの採用だったのですが、働いてみるとかなり良い経験をさせてもらったと今でも感じています。

受信専用のコールセンターにも色々な業種があるのですが、私が働いていたところは迅速な対応が必要な場面もあり、協力店や作業員とのコミュニケーションが必要な内容でした。

時給は1研修終了後から1000円スタートで、時間帯によってもらえる時給が変わっていました。

その仕事のメリットとは?

あくまで受信専用のコールセンターにのみ通じることなのですが、顧客から電話が鳴らないと仕事は始まらないので、それまでの時間はなにをしていても自由でした。

しかもその暇な時間もしっかりと時給に換算されていたので、5時間働いて電話対応した件数は2件という日も良くありました。

また、電話とパソコンを使用して仕事をするので、パソコンに詳しくなるというメリットもありました。

そこの仕事で身に付いた力とは?

受信専用のコールセンターで身に付いた力は情報処理能力、情報分析能力、クレーム対応力が挙げられます。

受信専用のコールセンターは、電話で顧客の置かれている状況や要望を聞き取りながら、その情報を同時にパソコンに打ち込み整理する仕事が求められます。

耳と手を同時に使うことは慣れないと難しいので、経験がものをいいますが慣れてしまえば誰でも身に付けられる力です。

また得た情報を分析してどんな対応が一番最良かを選ぶ能力も経験を積むと求められていきます。

この能力も経験次第で身に付けられるので積極的につかみに行くことをおすすめします。

就職しても役に立つ能力ですよ。

さらに、クレームに対する力もつきます。

たとえ電話越しでも顧客からの怒鳴り声やクレームには驚いてしまいます。

ただ、これも経験を積むことでどういう対応をすればその場をおさめることができるかがわかってくるようになります。

実際に横浜のコールセンター求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

横浜のアルバイトでやってて良かった仕事4:配送業の流し作業

配送業の流し作業ってなに?と思う人もいるでしょう。

極論をいうと、力仕事です。

この仕事は派遣のアルバイトで経験したのですが、派遣の仕事だからつまらない単純作業をやらされて終わるんだろうなという印象でした。

ただ働いてみて印象はガラッと変わりました!

最初は知らない人ばかりで緊張するのですが、周りも派遣アルバイトは初めてという人が多いです。

作業も一から丁寧に教えてくれますし、わからないことがあれば巡回している社員に聞けば瞬時に解決できます。

作業内容も難しいことはなく単純作業です。

その仕事のメリットとは?

メリットとして挙げられるのは給与の良さです。

派遣先によるのですが、すぐにお金が必要な場合は派遣のバイトをすれば即日に振り込まれる仕事先もあります。

もしその派遣の仕事を継続したい場合は、登録している会社に頼んで優先的に紹介してくれるところもあります。(ただし、自分の希望だけではなく派遣先の評価も加味されるので確実に優先されるわけではありません。派遣先がNOをだせば紹介すらされない場合があります。)

またシフト制ではないので、自分の入りたいときに希望をだすことも可能なので、プライベートと仕事の両立がシフト制のアルバイトよりは楽です。

そこの仕事で身に付いた力とは?

私が働いていた作業はいわゆる流し作業という仕事なので、荷物を決められたところに持っていくという力仕事でした。

なので身に付いたのは筋力と効率を考える力です。

いかに少ない体動で荷物を箱運ぶかがかなり重要になってくるので、頭を使います。

また、重たい荷物も中にはあるのでその荷物を持ち上げる筋力もともにつきます。

スポーツジムのインストラクターをやっていたこともありそこまで苦労はしませんでしたが、筋力に自信がない人は少し苦労するかもしれません…。

以上が横浜でやってて良かったアルバイトの紹介でした!

ここからは横浜のアルバイトがどんな人におすすめなのかを紹介していきます!

横浜のアルバイトはこんな人におすすめです!

ここからはどんな人が横浜のアルバイトに適していておすすめなのかを紹介します。

基本的にアルバイトは専門的な仕事ではない限り誰にでも適した仕事なのですが、横浜のアルバイトという部分に焦点を当てて紹介していきますね!

横浜のアルバイトがおすすめな人1:横浜に住んでいる人

これは当然と言えば当然なのですが…。

アルバイト先までの距離が遠いと行きたくないと思ってしまいますよね。

これはどこに住んでいても言えることですが、アルバイト先は家から20分以内のところにしましょう。

しかも、横浜であれば都内にあるアルバイトのほとんどがそろっているのでわざわざ都内に出る必要はありませんよ。

横浜のアルバイトがおすすめな人2:大学や高校が横浜にある人

大学が横浜にあってアルバイト先は都内にあるという人は多いです。

住んでいる場所にもよりますが、いくら交通費が出るといっても家から大学までの間にアルバイト先がないと、アルバイト先までの交通費がかかります。

中には交通費が出ないアルバイト先もあるので、高校や大学が横浜にある人は家からの定期券内でアルバイトをすることをすすめます。

これから初めてアルバイトをしようとしている人へ

ここからは初めてアルバイトをしようとしている人に少しでも長くそのアルバイトを続けてほしいという思いと、やってて良かったとやめたときに思ってもらえるようにアルバイトにおける心構えを紹介します。

アルバイトでもお金をもらって働くということを忘れずに

アルバイトだからそんな真剣にやらなくてもいいと考えは捨てましょう。

確かにアルバイトは残業をする必要もないですし、労働基準を超える働き方をする必要はありません。

ただ、アルバイトでもあなたはその店や会社の一員であることに変わりはありません。

いつかは就職をして社員になるときが訪れます。

アルバイトはその社員になるための一つの勉強だと思って仕事をしてみてください。

仕事を楽しんで

仕事は一生懸命やることはもちろん大事ですが、楽しむことを忘れてしまっては続きません。

やめてしまいたくなります。

何か一つでも構わないので、必ず楽しいと思えることを見つけてそれにおもう存分情熱を注いでみてください。

ただ、学生の方は学業は優先してくださいね。

アルバイト仲間は大事に

アルバイトの仲間は本当に大事にしましょう。

私も今はもうアルバイトとして働いてはいませんが、先ほど紹介したアルバイトで知り合った仲間といまだに遊びに行ったりご飯を食べたりと交流があります。

アルバイトには色々な年代の人がいるので、そのような年代の人たちと関わるのは学校ではなかなか難しいものです…。

アルバイトだからこそ、交流できる環境なのでぜひ有効に活用しましょう!

アルバイトでも無断で休むのはNG

アルバイトでよくあるのが突然出勤しなくなる、いわゆるブッチと呼ばれるものです。

働いている場所を無断で休んだり、一言も告げずに勝手にやめるのは、アルバイトでもやってはいけないことです。

ただ、よく無断で休んだり来なくなる人が多いのも現状です…。

癖になっちゃうのでやめましょうね。

給料は使いすぎないように

アルバイトを始めて1か月経つと給料がでます。

もらったことのない額のお金が入ってくることがうれしくてついつい使いすぎてしまうこともあるかと思いますが、もしあなたが大学生なら、給料の半分は貯金に回しましょう。

いつか訪れる就職活動のためにです。

就職活動は交通費がかなりかかります。

数百社も面接を受ける人は交通費が一番ネックになります。

また就職してから一人暮らしや寮生活を始めるにしてもある程度自分の貯蓄があったほうが、新生活に余裕が生まれます。

アルバイトをしすぎないように

アルバイトをしてはいけない理由はたくさんあるのですが、大きく分け2つあります!

まずは学業がおろそかになってしまいます。

特に夜遅くまで働くアルバイトを選んだり、24時間営業のお店で働く場合は体調を崩しやすくなったり次の日のコンディションは最悪でしょう。

そうなるとせっかく大学で学んでいる意味がどんどん薄れてしまいます…。

もう一つは税金の問題です。

簡潔に言うと学生は年間103万を超える給料をもらわないほうが良いです。

両親に迷惑がかかってしまうということだけ覚えててください!

好きなことをアルバイトにしよう

私のように、働いてみてその仕事が好きになるパターンもありますが、もし何か好きなことや得意なことがあってそれを活かしたいと考えている人がいれば、ぜひその得意なことや好きなことをアルバイトととして選んでみてください。

その方がアルバイトを続けるモチベーションにもなりますし、きっと楽しんでアルバイトをすることができます。

もし今は特に好きなことも得意なこともなくて、アルバイトに活かせないと思う人はいろんなアルバイトを経験してみてください。

自分に合った仕事や作業を探す時間があるのも学生の特権です。

守るべきルールはしっかり守れば、合わないときにやめてもいいでしょう。

以上が、これから初めてアルバイトをしようと考えている人に向けた心構えでした。

近年、アルバイトが社員のような扱いをされているニュースなどを見かけることがありますが、一生懸命やることと無茶をすることは違います。

もし体を崩すほど苦しければ自分をまず第一に考えてあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでが横浜のアルバイトの紹介と、初めてアルバイトをする人に向けた心構えでした!

この記事を読んであなたが横浜でアルバイトを始めてくれたら幸いですし、横浜じゃなくても私が紹介したアルバイトのジャンルに挑戦してみようと考えてくれたらとてもうれしく思います。

あなたにとってアルバイトが良い思い出や人生の教訓になってくれることを願っています。


関連キーワード

横浜バイト求人