ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。

コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。

横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!

コールセンターの仕事はどんな仕事?

コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。

どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間がかかるので、時間の効率化を図るためにスタッフ同士で協力して業務を行うことが多いです。

人が足りない場合はすべて1人で行いますが、あまりそのようなことはないでしょう。

横浜のコールセンター求人のおすすめ募集内容の特徴

横浜のコールセンターの求人でおすすめしたい募集内容の特徴を紹介します。

意外とおすすめしたい募集内容は多いんです!

シフトにかなり融通が利く

私の働いていたところはどにかくアルバイトと社員の数が多く、それぞれのブースにアルバイト6人、社員1人のような感じでグループ分けがされていました。

そのため、急なシフト変更でも仕事として回らないということは全くありませんでした。

しかし、人数が少ないコールセンターの場合は融通が利きません。

ただ、コールセンター業務で人数が少ないところはあまりないでしょう。

夜間帯の時給が高い

居酒屋のアルバイトのように夜中まで仕事ができるアルバイトとくらべると、コールセンターの時給は高くないうちにはいるのですが、夜中の居酒屋は眠かったり、体力がもたなかったり、生活リズムが崩れたりとあまり良いことはありません。

一方コールセンターの場合、だいたい24時終わりが多いので、職場近く住んでいる人がし最後まで働くことができます。

24時まで働くと時給は平日昼間の時給よりも250円ほど高くなるところが多いです。

そのぶんコールセンター内の人数も少なく、電話もほぼ1人で対応しないといけないことになるなりますが…。

福利厚生がある!

アルバイトの求人で福利厚生があるところはなかなか無いのですが、私が働いていたアルバイト先はコンビニのワゴン販売が休憩室にあり、昼間の混みあったコンビニにわざわざ出かける必要がないという特典がありました。

またコーヒー飲み放題など、アルバイトにとって出費にかさむところが完備されていてすごく居心地が良かったです。

横浜のコールセンター求人の給与相場

横浜のコールセンターの求人の給与相場がどれくらいなのか紹介します!

横浜だけではなく、都内のコールセンターの給与も同じくらいなのですが、時給1000円スタートがオーソドックスです。

夜遅くまでアルバイトが可能なところは時間に分けて時給アップをしているところもあります。

私の働いていたアルバイト先は主婦もいたので、早い時間に出勤ができた場合も時給があがるという制度を取り入れ、学生のアルバイトだけ稼げるような環境にはしていませんでした。

さらに、成約件数やシフトの入り具合で簡単に昇給できたこともコールセンターの良いところでしょう。

時給が上がるということはそれだけモチベーションも保てますし、やりがいにもつながりますよね!

横浜のコールセンター求人で人気なエリア

横浜のコールセンター求人はたくさんありますが、いったいどこら辺が人気のエリアなのでしようか?

みなとみらい・桜木町エリア

ん?働きにいくのに神奈川のデートスポット?会社なんてどこにあるの?と疑問思う人は少なくありません。

実はみなとみらいや桜木町エリアにはコールセンターの会社が数多く存在しているんです。

また、仕事終わりにみなとみらいで買い物をして帰ったり、そのまま彼氏や彼女とデートなんてこともできちゃいます!

横浜駅エリア

横浜駅エリアの利点はなんといってもアクセスの良さでしょう。

都内からでも渋谷から東急東横線で直通で通えますし、横浜駅はJR,京急、東急線、相鉄線といくつもの鉄道が走っているので交通の便を気にする人にはおすすめです。

また、横浜エリアにも買い物スポットはあり、夜ご飯を食べて帰るにも最適な場所なので、通勤するのが楽しくなっちゃいますね!

菊名、新横浜エリア

菊名や新横浜エリアも交通の便は悪くありません。

都内にでかけるには横浜エリアに比べると劣りますが、横浜近辺に住んでいる人にとっては菊名や新横浜エリアが通いにくいということはあまりないでしょう。

横浜のコールセンター求人で人気な会社とは?

横浜のコールセンターの求人はたくさんありますが、実際人気な会社はどこになるのでしょうか?

BEST株式会社

横浜エリアにある海外風のCAFEを意識したオフィスで働ける〝完全受信専用〟のコールセンターです。

まず、完全受信専用なので営業をしなくて良いということになりますね。

それに、アルバイトには優しい髪型や服装の自由さもありますし、時給や昇給の条件などの設定も明確なのです!

求人にもオフィスの様子などを載せているので、安心して応募できるいま注目の人気会社です!

求人では、40人の大量募集をしているので、今がチャンスかもしれませんよ!?

株式会社さくらインベスト

横浜の関内駅に新しく支店として設立されたのが株式会社さくらインベストです。

ここが人気の理由はなんといっても時給の高さです。

時給がなんと1700円!

アルバイトの中でもトップクラスに高い…。

また就業時間も20時までとかなり優しいところです。

大学生でも授業のない午前中など短い時間で働いても時給のおかげで、かなりの月給になるでしょう。

また関内も横浜エリアに近くアクセスも悪くないので、かなりおすすめですし、人気です!

株式会社保険見直し本舗 横浜オフィス

この会社は保険の見直しを案内するコールセンターなのですが、営業というよりは見直しをメインにしています。

電話の相手は個人ではなく、すでに契約をしている法人なので安心して話ができます。(個人の客の場合は話がわからなかったりスムーズに話が進まないなどでトラブルが起きる可能性があります。)

また、求人には保険の知識がなくても安心して始められる研修制度があるので、安心ですね。

このご時世、保険のことはなにかと知っておいた方が良いという言う時代になりました。

今後の自分のためにもここで保険を学びつつ仕事をしていくのも良いことかもしれませんね!

求人の選び方のコツやポイント!

求人の選び方のコツやポイントを紹介します。

コールセンターの求人はかなり多いので、どれを選んでいいのか悩むところですよね…。

実際に入ってみて「失敗した!」なんて思わないように、しっかりと選び方のコツやポイントを覚えておきましょう。

完全受信専用と書かれていたら迷わずに応募!

まず、コツとして1つあげられるのは「完全受信専用」と求人にかかれているかです。

営業などの含めたコールセンターの仕事をしたいのであれば話は別なのですが、営業などをしたくないと考える人は、完全受信専用のアルバイトを選んだほうがよいです。

研修制度が充実しているか

2つ目は研修制度が充実しているかどうかです。

初めてコールセンターでアルバイトをする人はしっかりとした研修があるかどうかはかなり大事です。

いきなり研修もそこそこにして「じゃあ慣れてみよう」なんて扱いをされてしまうとかなり緊張しますし、研修の内容が充分に発揮されません。

実際に私は「習うより慣れろだから」と研修を30分くらいしたら、いきなり電話にでることになりかなり困惑しました(笑)

自分にあった横浜のコールセンター求人の選び方や注意点

自分にあった横浜のコールセンターの求人の選び方や注意点を紹介します。

まず、どのようなコールセンターで自分が働けるのか。

働きたいと思っているのか、興味があるのかを明確にしおきましょう。

前述していますが、コールセンターの種類はかなり多いので、希望を明確にしているだけでも違いますよ!

雇用形態から探す

雇用形態はしっかりと選ぶ必要があります。

正社員として働きたいのか、契約社員として期間を決めて働くのか、はたまたアルバイトとして働くのかというのでは、条件や給与がかなり違います。

どちらにしろお金を稼ぐということには変わりはないのですが、今後の自分の人生を左右しかねない選択なので、雇用形態の希望の軸だけは明確な理由とぶれない軸を持ちましょう。

新規立ち上げなどの場所はメリットとデメリットの両方存在する

新規立ち上げのコールセンターは一見よさそうに見えますよね。

確かにそこで採用された人たちはほぼ0からのスタートなので、自分たちでこの会社を作っていくんだという気持ちになれます。

また色々な提案やアイディアが採用されやすいという点もあります。

しかし、なにかトラブルが起きたときに対応できる人が少なかったり、知識が0スタート同士の職場なので、わからないことがあってもなかなか解決しづらいというデメリットも存在します。

自分たちで職場を新しくつくっていくんだという気概があれば、こちらは向いているかもしれませんね!

夜勤の仕事があるのかどうか

夜勤の仕事としてコールセンターで働きたいと考えている人もいるかと思います。

コールセンターの大半は24時間体制となっていますが、その多くは協力店や夜勤専門店に情報提供し、転送してもらっている状態です。

そのためコールセンターの仕事は23時か24時で終わるところが多いのが現状になります。

ただ、中には夜勤が可能なアルバイトを募集しているところもあるので、もし夜勤で稼ぎたいと考えている方は募集要項を確認し、面接でもその意を伝えましょう。

給与形態、事業内容、会社HPが明確になっているか

給与形態や事業内容を見る人は多いのですが、実際に会社のHPまで飛んで調べる人はどれくらいいるのでしょう?

おそらく、ほとんどの人がそこまで調べたりはしないでしょう。

しかし、たかがアルバイトでも採用されればその会社の一従業員として働くわけなので、企業理念などはしっかりと確認しておいた方が良いです。

面接でももしかしたら「当社のHPは見ていただけましたか?」と聞かれることだってあります。

その時に「やばい、見ていない…」なんてことにならないようにチラッとでもいいので見ておきましょうね!

職種から探す

どのような職種のコールセンターで働きたいか?

この希望を持っていることは採用後の働くモチベーションの維持に関わってきます。

そのため、中途半端な動機や希望だけだと続かないかもしれません。

自分はどういう職種のコールセンターに興味があってその職種のコールセンターで働くことができたらどうしていきたいのかを明確にしておきましょう。

それが採用後の自分の中長期的な目標や仕事を続ける明確な理由になります。

会社の業態から考える

業態も職種と同じように自分がどういう業態のもとで働きたいと考えているのかを明確にしておく必要があります。

なぜなら業態の希望をもつことで、職種と同じく採用後の働くモチベーションの維持につながるからです。

給与や雇用条件から考える

自分の就職先を決めるにあたり、給与と雇用条件を確認しない人はいないでしょう。

特に給与は賞与の回数とどれくらいもらえるのか?

というところは明確にかかれてることはあまりないので、しっかり人事に確認しておきましょう!

給与も、前の職場より低いところだと生活に支障がでてしまうので、正社員でもなるべくなら入職前に交渉してみるのも手です。

まとめ

以上が横浜のコールセンターの求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場の解説でした。

コールセンターは職種によって働き方が様々です。

行なっている仕事内容や種類が違うので今回紹介したことがすべてあてはまるわけではありませんが、コールセンター選びに失敗しないためにはこんなことも考えるのかと思っていただければ幸いです。

しかも今回は人気のコールセンターをいくつか載せているので、その会社に募集をしてみるというのもコールセンターデビューをする1つの手段でしょう!

コールセンターの仕事があなたにとって働きやすく、楽しめる仕事でありますように。


関連キーワード

コールセンター求人