本記事では受信専用のコールセンターのアルバイトのメリットや、そこで身に付く力を紹介します。

学生のアルバイトの王道と言えば飲食店やカフェの店員、居酒屋などですよね。

実はコールセンターのアルバイトも学生を募集しているんですよ。

知っていましたか?

またコールセンターのアルバイトは社会人になると活かせるメリットもあるので、隠れた穴場アルバイトなんです!

少し興味湧いてきましたか?

それではどんなメリットがあってどんな力が身に付くのかご紹介させていただきます。

私はこんなところで受信専用のコールセンターのアルバイトをやりました

私の働いていた受信専用のコールセンターのアルバイトは、生活のあらゆるトラブルを解決するために作業員とお客さんを仲介する職場でした。

他にも受信専用のコールセンターには種類がありますが、実際にお客さんのトラブルを直に聞き、解決にいたるまでの一端を担う職場は珍しいでしょう。

受信専用のコールセンターのアルバイトの給与は?

受信専用のコールセンターのアルバイトの時給はおよそ1000円スタートなところが多いです。

時給1000円はあまり魅力に感じないかもしれませんが、常に電話にで続けているわけではないので、暇な時間があります。

いや、むしろ暇な時間の方が多かったかもしれません……。

その間も時給は発生するので飲食店よりは楽に感じました。

受信専用のコールセンターのアルバイトのメリット・よかったこととは?

前述しましたが、実は受信専用のコールセンターのアルバイトはメリットが多いんです。

このメリットを紹介したら、きっと好奇心旺盛な人は受信専用のコールセンターのアルバイトに募集したくなりますよ!

学生だけではなく、色々な世代、境遇の人と関われる

今、あなたがやっているアルバイトや、今までやってきたアルバイトに主婦、夢を追いかけているバンドマン、シングルマザー、留学をしたくてお金をためている高校生はいましたか?

コールセンターの仕事は飲食店と同じで、誰もが初心者としてスタートしますが、世代はバラバラなことが多いです。

人数が多いのでシフトが自由に組める

コールセンターのアルバイトは大きな会社であれば、50人くらいのアルバイトが在籍しているところがあります。

私のところは60人規模の大きい職場だったので、シフトの自由がかなり効きました。

シフトの申請も、半月ごとの申請だったということもあり、シフトがより自由に思えた理由の一つでしょう。

また、就職活動や急な体調悪化で休まないといけなくなった場合も、勤務人数が多ければ会社に迷惑をかけることもほぼありません。

職場によって、暇なときは自由時間としているところがある

コールセンターの職場はずっと電話が鳴っているわけではありません。

食事の時間や夜遅くになると電話が鳴る頻度はだいぶ少なくなります。

その時間は働いている人数も減るのですが、それでも暇な時は暇です。

その時間を何をするかは会社によっては違いますが、私のところは勉強をしている人や、ネットサーフィンをしている人、スタッフ同士で会話をしている人など様々でした。

しかし、電話が鳴れば素早く電話に出ることを忘れてはいけません。

服装、髪型などが比較的自由である

私の働いている職場はバンドマンなどがいたので、出勤日に会うたびに髪の色が変わっていました。

もちろん、服装や髪型の規定が厳しい所もあるのでしょうが、接客をする相手は電話越しなので、言葉遣いなどが極端に変でなければ大丈夫でしょう。

受信専用のコールセンターのアルバイトでやりがいを感じたこと

コールセンターのアルバイトはかなり職種が広いです。

そのため自分、電話対応した案件が50万~100万の儲けになることもあります。

アルバイトでこんな大がかりな案件を任せられることはなかなか経験できることではありません。

そのため、もしその案件が成立し作業も実際に滞りなく行われた場合は会社にとってはかなりの利益になります。

もちろん案件を担当したアルバイトにもインセンティブが入ることもあります。

そのような時にやりがいを感じるでしょう。

受信専用のコールセンターのアルバイトで身についたこんなスキル

コールセンターのアルバイトは意外と社会に出ると役に立つスキルがあります。

どんなスキルなのかは以下をどうぞ!

電話対応スキル

コールセンターなので電話対応が一番の業務になります。

また、仲介が業務の主となる職場だと、上司や協力店に電話をかけることがよくあるので、社会人になっても使える電話対応スキルが身に付きます。

どの会社も新入社員には電話の対応スキルを研修で教える時代なので、同期よりも少しリードできますよ!

PCスキル

飲食店やカフェでは身に付きづらいスキルが、PCスキルです。

コールセンターはPCに情報を入力して必要時メールにて情報を共有したり、情報共有サイトに情報を残すこともあります。

また電話で内容を耳で聞きながらその情報をPCに打ち込むという能力も身に付きます。

これは意外と慣れが必要なスキルなので、社会にでて身に付けておいて良かったと必ず思いますよ!

受信専用のコールセンターのアルバイトをやっている中で嬉しかった瞬間

どんなバイトでも嬉しかった瞬間というものはあるものです。

コールセンターのアルバイトの場合、どんな嬉しいことがあるのでしょうか?

インセンティブがもらえたとき

私の職場ではインセンティブ制度があり、案件制約の件数や高額の案件を成約にもっていくとインセンティブがもらえました。

そのような制度を導入していない職場もあるのですが、時間給とは別にちょっとしたボーナスが支給されるのはやはり嬉しいですね!

何件もの案件を同時にさばけたとき

コールセンターのアルバイトに慣れてくると、PC入力作業中に電話対応をしないといけなくなる時があります。

急な案件ではない限り、2~3件を抱えることは普通になってきます。

そのような時にミスなくさばけると嬉しいですね。

受信専用のコールセンターのアルバイトはこんな人におすすめです!

コールセンターのアルバイトはどんなに人におすすめなのでしょうか?

正直誰にでもおすすめしたいアルバイトなのですが、特に現状こんな人にはおすすめしたいという点で紹介します。

アルバイトでお金を稼ぎたい人

稼ぎたくない人はいないとは思いますが、コールセンターのアルバイトの人数は多いに越したことはないです。

なので、今日は多すぎるから入れないということはあまりないでしょう。

たくさん稼ぎたいという人にはコールセンターがおすすめです。

力仕事などはちょっと苦手だと思っている人

飲食店などは力仕事がないわけではありません。

しかし、コールセンターは、力仕事はほとんどないでしょう。

私の職場は在庫の整理などがあり、男というのもあり力仕事を少し任されたりもしましたが、本当にたまにだったので気になりませんでした。

まとめ

以上が受信専用のコールセンターのアルバイトのメリットや、そこで身に付く力の紹介でした。

あまり受信専用のコーセンターのアルバイトは知られていないことが多いのですが、もし求人サイトなどで見つけたら応募だけでもしてみてください!

きっと予想以上に楽しいアルバイトですよ!