コールセンターの人間関係について今回は詳しくご紹介していきます。

コールセンターの仕事で、悩みを抱えて辛い思いをしているという話をとてもよく見聞きします。

悩みというのは様々ですが、コールセンターでは一体どのような悩みが多いのでしょうか。

今回は実際に私が悩んだことや、コールセンターの悩みについてお話しさせていただきます。

悩み解決の参考にしていただければ幸いです。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「コールセンター」の仕事例をチェック

コールセンターのよくある5つの悩み

言葉遣いが難しい

コールセンターでは丁寧な言葉遣いが必要になりますが、実際にお客様と会話していると難しく感じる場面が多々あります。

かしこまった話し方をしようとすると間違った日本語になってしまったり、同じ言葉でも、あるお客様は問題なく受け入れてくれたが別のお客様にはご指摘を受けるということもあります。

例えば相槌に関して「はい」ではなく「ええ」と多用していたスタッフがいたのですが、普段は何の問題もなかったもののあるお客様から「失礼だ」とご指摘をいただいたことがありました。

また正しい言葉遣いが分からなかったり、分かってはいるものの咄嗟に普段のクセが出てしまうということはどうしても発生してしまいます。

お客様を不快にさせてしまったり、上司から指摘されることもあるので、なかなか難しいと悩む人は多いようです。

覚えることが多い

センターの業務内容によっては、専門的な知識が沢山必要になる場合があります。

事前に研修を受けていても覚えきれないことが沢山ありますし、だからといって間違った内容をお客様へ案内してしまうことは絶対に避けなくてはなりません。

私はそういったプレッシャーから、覚えている内容であっても100%の自信が持てない時は念のためにお客様に少しだけ時間を頂き、確認してから案内をすることがとても多くありました。

マニュアルを見ながら対応できるので暗記に自信がない人でも問題はありませんが、やはり確認する時間は最小限に抑えられた方が、お客様をお待たせせずに済みます。

このように、働いているスタッフは少しでも知識を増やそうと努力しますが、その分悩むことも多くなってしまいます。

スピーディーな対応が必要

コールセンターの仕事は、電話での接客になります。

電話での接客も対面での接客も共通して、なるべくお客様をお待たせせず、スピーディーな対応をすることが求められます。

ただ、電話の場合は少し特殊で、お互いの表情や様子が分かりません。

確認や調べもののために保留をしている間、お客様からはこちらの様子が全く分からないので、実際に待たされている時間よりも長く感じてしまいます。

このことから保留時間がセンターによって決められている場合も多く、それがプレッシャーになる人も多いようです。

また電話が終わった後に話した内容などをパソコンに打ち込む作業がある場合も、なるべく早く次のお客様対応に入れるようにと、ここでもスピードが求められます。

皆さんもお客様側の立場で経験があるかもしれませんが、コールセンターに電話をした際、オペレーターに繋がるまでに長時間待たされるとそれがストレスになることがあるでしょう。

会話を始める段階でお客様がそういった不満を抱えていては、いくら良い対応ができたとしてもお客様の満足度を上げることは難しくなります。

このように常にスピードを意識している状態が続けばスタッフも疲れてしまい、それで悩んでしまうことも多くあります。

クレーム対応

こちらはどのようなサービス内容のセンターに勤めるかで差がありますが、クレーム対応が多いセンターもあります。

そもそもクレームを言うためにかけてきているお客様もいらっしゃいますし、対応中に何かのきっかけでご不満に変わってしまうというケースもあります。

クレームの内容には自分に責任がある場合とそうでない場合がありますが、どちらであっても「怒られる」ということに精神的な疲労はついて回ります。

中でも「理不尽に怒られることに耐えられない」と悩んでしまうことがとても多くあり、コールセンターでの仕事は好きだけどクレーム対応だけはどうしても辛いという理由で、別のコールセンターへ転職・異動を希望する人もいらっしゃいます。

人間関係

コールセンターでは大量募集などで在籍スタッフが多いということがよくあり、人数が多い分様々なタイプの人が働いています。

明るい性格の人もいれば内気な人もおり、沢山の人が集まっているため人間関係の悩みが生じてしまうのは自然なことかもしれませんね。

特に女性が多いセンターですと、既にグループができていたり、いつの間にか気まずくなってしまうなど、まさに学校のよう。

こういった人間関係の悩みを抱える人が、コールセンターでは多いようです。

コールセンターの仕事に興味はあるけど、自分に向いてるか心配な人はこちらから相談してみると良いでしょう。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターの人間関係でよくある3つの悩み

前述の通り、コールセンターはまるで学校のような環境であったり、女性が多い環境であるなど、人間関係で悩んでしまう人が多い職場でもあります。

ここではコールセンターの人間関係でよくある悩みを更に掘り下げ、エピソードも交えて紹介します!

もちろんセンターによって様々ですので、必ずしもコールセンターの全てがこういう環境というわけではなく、これらはあくまで一例です。

グループ派閥やグループ内での喧嘩

人数が多い職場ではグループになっていることが多く、勤務開始前や休憩時間などに雑談している光景をよく目にします。

しかしあるグループからいつも一緒だったAさんだけが外れていて、なんとなく気まずそうな雰囲気になっているということがありました。

あまり詳しくは聞きませんでしたが、Aさん曰く少しすれ違いがあって面倒になってしまったとのこと。

その後Aさんは別の人と仲良くなり、センターを辞めてしまうことはありませんでしたが、気まずい期間は「会いたくないな」「行きたくないな」と悩んでいたようです。

今回例に挙げた状況以外にも、「実はあの人があまり好きじゃない」「あの人が苦手」「あのグループとは合わない」などの声もよく耳にしました。

このように人数が多いと、その分何か問題が起こってしまう確率も上がってしまうのはやむを得ません。

どこかのグループに属することで生じてしまう悩みというのも多いのではないでしょうか。

担当してくれる先輩と気が合わない

新人の頃は先輩スタッフがお客様との会話を聞いて指導してくれる、「モニタリング」という制度を取り入れているコールセンターが多くあります。

先輩スタッフが日替わりで担当してくれるのですが、やはり穏やかな人や少しキツい人など様々な人がいます。

まだ仕事にも職場の環境にも慣れない頃はお客様との会話だけでもいっぱいいっぱいなのに、更に「先輩に怒られるかも」というプレッシャーは辛いですよね。

シフトでその日の担当者をチェックした際、キツい先輩に当たった人は「今日は〇〇さんだから憂欝・・・」などと落ち込んでいるのをよく見かけました。

逆にビシビシと指導してくれる方が自分に合っていると感じている人にとっては、穏やかで指摘の少ない先輩に当たった際「〇〇さんは優しいけど、あまり積極的に教えてくれない」と不安がっていたこともあり、必ずしもキツい先輩だけが嫌がられるというわけでもないようです。

マンツーマンでの指導というのはとても緊張するものなので、自分に合わないタイプの人が担当になるということを悩んでしまう人は多いです。

モニタリングに関しては基本的に期間限定のものではありますが、その期間というのが「新人の頃」ですので、ここで心が折れてしまってはその後続けていく自信もなくなってしまう、とても重要な期間であるように思います。

上司がイライラしている

お客様との対応で分からないことがあった際、SVやリーダーに質問しなくてはならない場合がありますが、タイミングによっては上司がイライラしている時もあります。

そのタイミングで質問するのは気が引けますし、できれば自分で調べて解決したいとも思いますが、内容によってはお客様を待たせ過ぎてしまう恐れがあり、結局は上司に頼らざるを得ないのが現実です。

更に、ちょっとしたことでも確認が必要だというスタッフもいますが、そういった人に対して「いちいち訊いてくるな」という態度で当たりが強いなど、不満の声が多く上がっている上司もいました。

嫌な顔をされたり溜息をつかれたり、そんな上司の顔色をうかがうようで嫌になってしまうケースもあり、質問することも憂鬱だという人もいました。

人間関係で悩んでいる人は、今の職場が自分に合っているかこちらから相談してみると良いでしょう。何か解決作が出てくるかもしれません。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どうやって悩みを解決してるの?

上記のような内容はほんの一例にはなりますが、悩みを抱えて働いている人は本当に多いです。

時には出勤時間が近づくとお腹が痛くなってきたり前日の夜から憂欝になってしまったり、人間関係の悩みは精神的にとても辛い状況を作り出してしまいます。

「辞めてしまう」というのも、最終的ではありますが大きな解決策です。

しかし様々な理由からすぐに辞めることが難しい場合もありますので、ここでは人間関係で悩んだ時の解決策をいくつか紹介します!

あまり深く関わりすぎない

グループに属したり特別深く関わりすぎると、どうしても人間関係での悩みが発生しやすくなります。

かと言って無愛想に振る舞うというのも、これはこれで問題が発生してしまうでしょうから、挨拶程度の軽いコミュニケーションは取りつつそれ以上の踏み込んだ関係は極力作らないというのも一つの方法ではないでしょうか。

人数が多い場合、必ずしも在籍スタッフの全員がどこかしらのグループに属しているというわけではありません。

休憩中に一人でランチへ出掛けたり、休憩室で携帯を見ながらゆっくり寛いでいる人も多いです。

全員が全員の様子を把握しているわけではないので、こういった一人の時間を過ごしている人が特別目立ってしまうような環境ではありません。

もちろんみんなでワイワイする方が好きだという人は、積極的にコミュニケーションを取るのも良いと思います。

しかし、そういうことが苦手であったり、なるべくトラブルを避けたいという場合には、あまり人と深く関わりすぎないことで回避できるケースもあるのではないでしょうか。

仕事だと割り切る

これができれば苦労しないと思われる人もいるかもしれませんが、人は思い込むことで気持ちを強く保てる場合があります。

実際に私はその方法で乗り越えた経験があります。

例えば職場での人間関係で疲れているなら、そのことはまずあまり考えないようにします。

最初は無理にでも別のことへ意識を持っていきます。

目の前の仕事にだけ集中したり、今日の出勤ではいくら稼げるか、その稼いだ分で何をするかなど、悩んでいることとは全く別方向に意識を向けます。

「好きなものを買う」「美味しいものを食べる」「生活費にあてて少しでも暮らしを楽にする」など人によって様々だとは思いますが、悩みとは関係のないポジティブな発想を繰り返すことで、いつの間にかそれが定着して心が軽くなる場合があります。

働く以上は人間関係も大切にしていきたいという場合には努力も必要になるかもしれませんが、もし気持ちが落ち込んでいるのであれば、自分は何のために働いているのかを思い出し、そのための職場の一つに過ぎないと割り切ることも気持ちを軽くする方法の一つです。

少し俯瞰して客観的に考える

例えば「上司の機嫌が悪くて質問しにくい」などの場合、その機嫌の悪さを自分に向けられることで落ち込んでしまうかもしれませんが、一度冷静になって客観的に考えてみてください。

「忙しくていっぱいいっぱいなのかもしれない」「質問が多くて疲れているのかもしれない」など、上司も一人の人間なのでイライラしている原因を自分なりに考えてみます。

実は意外と「パートナーと喧嘩した」など、プライベートな内容だったりするかもしれませんね。

それらが正解かどうかは重要ではありません。

「上司と部下」や「怒る立場と怒られる立場」という関係性から少し離れて考えてみると案外冷静になれる場合があり、少しのことであれば気にならずに済むかもしれません。

もちろんどういう原因があってもそれらをスタッフにぶつけて良いという理由にはなりませんが、人間ですから不器用な上司も沢山います。

「受け入れる」とまでは言いませんが、少し客観的に見てみることで、自分が楽になり救われるといったケースもあるでしょう。

これらを踏まえた上で、コールセンターの仕事で頑張っていきたいと思った人はこちらから求人を出してもらうと良いでしょう。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

皆さんの周りではこんなことありませんか?

私がコールセンターに勤めた際は、座学研修から始まり、先輩の電話応対を隣で聞かせてもらう聞きモニタリング、逆に自分の電話応対を先輩に聞いてもらうモニタリング、晴れてGOサインが出てからの一人立ちと、いくつかの段階を経て一人前になりました。

研修は長く難しい・・・、モニタリングはプレッシャーで緊張する、一人立ち直後は不安で自信がないなど、各段階において様々な悩みがありました。

私は学ぶことやどんどんスキルアップしていくことが嫌いではなかったというのと、この仕事が自分に向いているような気がしていたため、なんとか頑張って一人前になることができました。

ただ、同期として一緒に入社した仲間が、どんどんギブアップして辞めていってしまうのです。

研修中に一人、二人、モニタリングが始まるとまた一人、二人と、みるみる内に同期が辞めていってしまい、最終的には十人以上いたはずの同期が、私を含めてたった二人になっていました。

たまたま出勤が合えば「私ここを辞めるんだ」と事前に話を聞くこともありましたが、なかなか会わない人だと気付けばいなくなっているという状態でした。

どちらにしても同期がどんどん辞めていってしまうということは、とても心細く不安な気持ちです。

わずかな期間しか一緒に働いていないので友達とまで言える関係にはなっていませんでしたが、一つ一つの壁を一緒に乗り越えてきた戦友のようだと勝手に感じていたため、本当に心細くなったことを今でも覚えています。

「悩んだ結果辞めてしまった」「もう辞めようと思っている」という人も沢山いると思いますが、私のように「なんとか頑張ってみたけれど、仲間を見送る形になってしまい不安を覚えた」という立場の人もいるのではないでしょうか。

どちらの立場であっても、悩みを抱えたり、勇気を出して決断したりと様々な状況で頑張っているのだと思います。

仕事のことで悩んだ時は、こちらで話を聞いてもらうと気持ちが楽になるかもしれませんよ。

まとめ

今回はコールセンターで働く上での悩み、その中でも特に「人間関係の悩み」について少し掘り下げて紹介しました。

センターによって環境は様々だと思いますので、「私も同じ経験がある!」と思った人や、「こんな事は私の職場では起こらない」と思った人もいるのではないでしょうか。

また、ここに列挙したこと以外の悩みを抱えている人もきっと多いと思います。

解決策が見つかれば、頑張って続けてみることもコールセンターの仕事の貴重な経験になるでしょう。

ただ精神的な疲れというのは、無理を続けることで大変大きな問題へと発展してしまう恐れもあります。

頑張ることができないぐらいに悩んでいるのであれば、思い切って辞めてしまうというのも大切な決断の一つです。

辞めた人も、辞めずに続けている人も、皆さんがより良い環境で働ければと願っています!

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →




コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

コールセンターで男性におすすめな仕事内容とその特徴。働きやすさや待遇など!

コールセンターが男性にとてもおすすめの職業なのは、いったいなぜでしょうか?多くの方がコールセンターと聞けば電話対応しかしないイメージかと思います。しかし、実際はその電話の顧客によってやり方も違えば給料も大幅に変わってきたりします。また、シフト制のところが多いので休みも自由に組むことができたりなど、高収入で融通が利くという働きやすい仕事であることは間違いないかもしれません。それでは、具体的な仕事内容や特徴までしっかりとご紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容大きく分けて二つあります。①インバウンドいわゆる受付業務です。ジャパネットたかたさんなんかを思い浮かべるとイメージし

バイトならコールセンターがオススメな8個の理由。現役コールセンターの管理者の立場で紹介

アルバイトを探す時に気になるのは時給や通いやすさでしょうか。加えて、せっかく働くなら社会人になって役立つスキルも身につけたいですよね。実はコールセンターでのアルバイトでは、役立つスキルを身につけながらしっかり稼ぐことができ、しかも服装や勤務時間の融通が利くなどメリットだらけなのです。現役コールセンター管理者の視点から、アルバイトにおすすめのポイントをご紹介します。コールセンターはどんな仕事?コールセンターの仕事は、主にインバウンドとアウトバウンドに分けられます。二つの仕事の違いと、特徴をご紹介します。インバウンドお客様からのお問い合わせを受け付ける仕事です。例えば通販の注文受付や、会員専用のお

コールセンターの面接でチェックされるポイントとは?現役コールセンターの管理者が面接対策や採用されやすい人の特徴を解説

コールセンターのイメージというと、制服を着た女性がヘッドセットを付けてパソコンに向かっているなど、よくCMなどで見かける場面が思い浮かぶかもしれません。普段は目に見えない分、職場の雰囲気が分かりづらいですよね。コールセンターは時給が高く時間の融通がききやすそう、働いてみたいと思っても、イメージがわかないとチャレンジしづらいかもしれません。ここでは、コールセンターでの面接でチェックされやすいポイントと、採用されやすい人についてご紹介します。雇用形態も豊富なコールセンターですが、特にアルバイトや派遣で働きたいという方には読んでいただきたい内容です。コールセンター求人の種類についてコールセンターの求

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌市内には様々な仕事がありますが、せっかく働くなら時給が高くて稼ぎやすい仕事が良いですよね。他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くてオススメなのがコールセンターです。ここではコールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は他の大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも時給1,000円以上とされていることが多いため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が自由コールセン

コールセンターで働くメリットとは?3年働いた私が7個のメリットを紹介

コールセンターでの業務というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。恐らく、お客様から寄せられた困りごとの手助けをして感謝される一方、クレームの処理が多くてストレスが溜まりそうといったイメージが一般的だと思われます。それ以外にも、いつ電話がかかってきて何を言われるか分からないから怖い、電話は苦手だといった印象を持つ方も多いでしょう。ここでは、コールセンターにはどんな業務があり実際にどのような心構えでお客様の対応をするのか、またコールセンターで働くことのメリットや、実際の業務が向く人はどんなタイプが多いのか、ご紹介していきます。コールセンターの大まかな仕事内容とは?コールセンターの仕事内容は

コールセンターのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、コールセンターと言われてどのような仕事が思い浮かぶでしょうか。電話対応、クレーム処理、アドバイス、開拓営業など、様々な仕事が思い浮かぶと思います。確かに、コールセンターと言いましても、導入している企業の考え方によってコールセンターで行う業務は様々になります。ですが、一つ間違いなく言えることがあります。実はコールセンターはかなり自己成長できる仕事なのです。では、今からコールセンターのやりがいを語っていきたいと思います。コールセンターってどんな仕事?コールセンターとは電話対応業務専門窓口のことです。仕事としては、お客様から商品やサービスの問い合わせがあれば、電話での疑問解消を行います。

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMでよくある場面ではないでしょうか。しかし実際に皆さんが電話をかけた時最初に対応するオペレーターは、派遣社員やアルバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターでよくある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターが対応している最中でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合も

コールセンター管理求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職の求人選びの参考に!

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。とは言え、オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、当然のことながらオペレーターを管理、育成を担当する業務があります。しかし、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージが沸きづらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば勤怠の管理をしたり業務知識を身につけてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターはお客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そ

受信コールセンターアルバイトのメリットや、そこで身につく力とは?

本記事では受信専用のコールセンターのアルバイトのメリットや、そこで身につく力を紹介します。学生のアルバイトの王道と言えば、飲食店やカフェの店員、居酒屋などですよね。実はコールセンターのアルバイトでも学生を募集しているんですよ。知っていましたか?またコールセンターのアルバイトは社会人になると活かせるメリットもあり、隠れた穴場アルバイトなんです!少し興味が湧いてきたでしょうか。それではどんなメリットがあって、どんな力が身につくのかご紹介させていただきます。私はこんなところで受信専用のコールセンターのアルバイトをやりました私の働いていた受信専用のコールセンターのアルバイトは、生活のあらゆるトラブルを

コールセンターの仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

ここではコールセンターの仕事が辛い…と感じる五つの瞬間とその乗り越え方を解説します。どんな仕事でも辛いと感じることはありますよね。辛いと感じる瞬間や乗り越え方は人それぞれ違いますが、その中でもおすすめな乗り越え方を紹介します。少しでもコールセンターの仕事を長く続けられる対処法を見つけるお手伝いができれば幸いです!コールセンターって大変なの??コールセンターの仕事の種類によって忙しさや大変さは違います。しかしどの種類のコールセンターにも共通しているのは、電話が鳴りやまない時はかなり忙しいということです。コールセンターは他にもPC入力をしながら電話を受けるという業務が主なので、電話が鳴りやまないと

コールセンターバイトがおすすな5個の理由とは?働きやすい会社の特徴や待遇を解説します

皆さんはコールセンターで働いてみたいと思ったことはありますか?アルバイトを探しているとコールセンターの求人情報というのは必ずと言って良いほど出てきますよね。しかし、コールセンターと言うとクレーム処理の印象が強いせいか、アルバイトの候補からは外されてしまうことが多いようです。確かに中にはクレーム案件もありますが、全体の数で言うとほんの少しです。これからコールセンターバイトがおすすめな理由をご紹介させていただきますので、是非とも興味を持っていただいたりアルバイトとして働くきっかけになってくれたらと思います。コールセンターのアルバイトはどんな仕事?コールセンターの仕事は基本的に電話対応の仕事です。企

コールセンターの時給はどれくらい?相場感や私が働いていた時の例、時給を上げるための方法など紹介します

コールセンターの時給は、コンビニやその他販売業等の時給と比較すれば高い傾向にあります。それだけコールセンターは大変な仕事ですし、音声だけでお客様に納得してもらうわけですから、話術や会話の組み立て方など技術も必要になってきます。それでもやはり、仕事内容以上に高時給というのは一つの大きな魅力です。この記事ではコールセンターの時給について私の経験を基にご紹介していこうと思います。コールセンターの時給の相場はどのくらい?コールセンターの時給は900円~1,200円くらいが相場です。コールセンターと一口に言ってもその種類は数多くあるため、時給には幅が出てきます。時給で1,000円以上稼げるのであれば充分

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?おすすめ求人のポイントもご紹介!

コールセンターの職種や業種について詳しくご紹介していきたいと思います。一般的には、通販などで電話対応をしているイメージが強いかと思いますが、コールセンターでの仕事は、実は様々な種類の仕事があります。また、報酬も業務内容によっては、高いものが多いので、求人募集を見る際に確認すべきポイントもしっかり解説していきたいと思います。今回は経験者の意見を元にご紹介させていただきますので、これを読んで自分に向いているのかを見極め、ぜひ仕事探しに役立てていただければと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です

福岡コールセンター求人の特徴や、人気な会社・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

福岡でコールセンターの求人に目が留まった方は働く前にこの記事をぜひご覧ください。コールセンターは時給が高いと言われ、求人数が多い人気の職種の一つなので、求人情報が気になっている方が多いのもわかります。今回は、そんな福岡のコールセンターバイトは、実際にはどのような業務なのかや、時給の相場や高額なワケについても解説します。求人を上手に選んで人気な企業で働いてみましょう。コールセンターの仕事はどんな仕事?オペレーターの仕事は、架電(アウトバウンド)と受電(インバウンド)の大きく二つに分かれます。アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。インバウンドのお仕事は、お客様から

コールセンターアウトバウンド求人の時給や募集内容・仕事内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コールセンターの中でも、お客様への発信業務がメインとなるアウトバウンドと呼ばれる仕事のご紹介です。仕事の概要や特徴から、職場の選び方、メリット・デメリットなどを実際に勤務した経験を基に紹介させていただきます。この記事をしっかりと読み、素敵な仕事に巡り合えることを祈っています。コールセンターアウトバウンドはどんな仕事?コールセンターと一口に言っても、実は二種類あるのをご存知でしょうか?大きく分けて、インバウンドとアウトバウンドと呼ばれる二種類です。インバウンドはお客様や相手方からの電話を受ける仕事です。アウトバウンドはそれとは逆に、こちらからお客様や取引先などに電話を発信する仕事を指します。コー

コールセンターの仕事がブラックと感じた瞬間とやりがいを感じた瞬間。両方お話しします!

コールセンターについて調べると、必ずと言って良いほど出てくるのが「ブラックバイト」というワードです。「コールセンターの仕事はキツい」「ブラックバイトの代表だ」「離職率が高い」など、コールセンターに関するネガティブな情報というのはとても多く溢れています。これから働いてみたいと考えている人にとっては、とても重要で気になることばかりですよね。今回は経験者として私自身が感じたことや周りの意見などを参考に、コールセンターの仕事がブラックだと言われる様々な要因をまとめてみました!また、ネガティブなことだけでなく、この仕事で感じることのできる「やりがい」についてもまとめてみましたので、良い部分も悪い部分も参

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、様々な求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多く、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒だという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人やこれから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセ

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめの募集内容の特徴や、人気の会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の一つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類が沢山ありますが、共通して挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人で全てこなそうとするとかなり時間がかかるので、時間の

コールセンターの給料はどのくらい?インセンティブは関係ある?給料の決まり方をご紹介!

電話で様々な問い合わせに対応したり、逆に電話を指定先にかけたりするコールセンターの仕事は、求人が多い仕事の一つです。精神的な負担が大きく、スタッフの入れ替わりが激しいため、ということもあるかもしれません。そのため、給料も他の仕事に比べ高めに設定されていることが多いです。この記事では、コールセンターの給料や相場について詳しく紹介します。コールセンターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員としてコールセンターに新卒入社した場合の給料は、会社や地方により違いはあるものの年収300万円~400万円程度の給料が平均的であるようです。正社員で転職した場合正社員でコールセンターに転職した場

コールセンター辞めたい…と言う人の7個のよくある理由とそれの対策とは?

高時給で求人掲載数も多い、コールセンターの仕事。時給が高く待遇も良さそうなのに、何故常に人を募集しているのか?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。その理由はズバリ離職率が高く、人の入れ替わりが激しいから。つまり、一旦勤めてもあまり長続きせず辞めてしまう人が多いということなのです。何故なのでしょうか?この記事では、コールセンターの仕事内容に加え、辞めたくなる理由と対策をご紹介します。コールセンターの仕事環境とは?一般的にコールセンターの仕事は、様々な問い合わせなどへの電話対応をする「インバウンド」と呼ばれる職種と、こちらから指定リスト先などに電話をかけ調査やサービスの提案などをする「アウト

コールセンターの仕事が辛いと感じるのはなぜ?私や私の周りもが感じているつらく感じる原因はコレ

コールセンターで働いていて、辛いと感じた経験はありませんか?私自身その経験がありますし、周りでもそういった声をよく耳にしました。また働いている中で、比較的短期間で辞めてしまう人も沢山いました。同期が10人ぐらいいたはずなのに、残っているのはたった2人だけ、ということも珍しくありません。高時給で一見メリットが多く魅力的に感じるコールセンターでの仕事ですが、なぜ沢山の人が辛いと感じるのでしょうか。ここでは私の体験談や、多くの人が辛いと感じた様々なエピソードを紹介していきます!私がコールセンターの仕事に就いたきっかけ私がコールセンターで働こうと思ったきっかけはいくつかあります。未経験でも採用してもら

受信コールセンター求人でよくある募集内容をご紹介!求人探しの参考にご覧下さい!

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されるでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人と言えます。今回は受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは一般的に時給が高いのです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので、気軽に始められるアルバイトです!この記事が皆様のお役に立つことを祈って書かせて頂きましたので、どうぞご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容受信専用のコールセ

消費者金融コールセンター求人の種類は?募集内容やおすすめ求人のポイント教えます!

消費者金融コールセンターの求人に目が留まった方はぜひこの記事で具体的な業務について知っておきましょう。大量募集も多く、時給や月給が良いのでついつい気になってしまいがちな消費者金融のコールセンター求人。しかし、給与が良い分どの様なことをするのか気になりますよね。この記事では、そんな求人の募集内容やおすすめポイント、具体的な業務についてをお教えしちゃいます。様々な疑問に対する答えなど、しっかりご紹介しますので、必見です。消費者金融のコールセンター求人のおおまかな仕事内容消費者金融のコールセンターには、大まかに分けると以下のような仕事があります。会社での役割も確認してみてください。おおまかな仕事内容

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

受信コールセンターバイトとは具体的にどうゆうことをするのかご存知ですか?この記事ではコールセンターの受信専用アルバイト求人について紹介していきます。まずは「受信専用」というコールセンター業務がどういうものなのか、内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。コールセンターのバイト内容を理解してぜひ募集に応募してみてはいかがでしょうか?受信専用のコールセンターアルバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客様に電話をかけること

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などの仕事をしていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょう。いずれにしても転職は力が要ることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、コールセンターのオペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐にわたるので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一口に言っても、仕事の案件は様々です。

コールセンターの契約社員求人でよくある募集内容をご紹介!正社員との違いも教えます!

コールセンターでの働き方としては、正社員や契約社員などとしてフルタイムでがっつり稼ぐ、またはパートやアルバイトとして自分の都合に合わせて働くという選択肢があります。今回は、契約社員としてある程度の期間仕事をしたいと考えている方に、コールセンターの契約社員求人についてご紹介したいと思います。コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は大きく分けると2種類あります。カスタマーセンターや受注などのお客様からの問い合わせに対応する「インバウンド」業務、営業やアンケートなど、企業からお客様に発信する「アウトバウンド」と呼ばれる業務です。コールセンターの契約社員の大まかな仕事内容基本的に求めら

東京のコールセンター求人のよくある募集内容と給料や人気の場所とは?

首都圏に住んでいる方でしたら、仕事を探す際に都内を検討されることも多いかもしれません。案件の多さ、給料の高さが大きなメリットと言えるでしょう。特にコールセンターをはじめとするオフィスワークに関しては、案件の多さはダントツです。今回は東京のコールセンター求人に絞って詳細等をご紹介したいと思います。コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターには大きく分けると2種類あります。お客様からの受信業務を行う「インバウンド」と呼ばれるもの、営業やリサーチのために架電する「アウトバウンド」と呼ばれるものです。東京のコールセンター求人でよくある募集内容とは?では実際に求人に出ている仕事の案件にはどのような

通販コールセンター求人の募集内容は?未経験でも大丈夫?気になる疑問にもお答えします!

コールセンターの仕事の中でも人気の業種に、通販サイトのコールセンターがあります。自分が顧客として通販を利用されたことがある方なら、仕事内容を少しイメージしやすいかもしれません。今回は、この通販のコールセンター求人でよくある仕事内容について紹介したいと思います。通販コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容主な仕事は通販サイトの商品の受注業務を行うことです。インターネットでの注文が増えてきているとは言え、電話で商品の注文を行うことは現在も通販での買い物のメジャーな方法だからです。更に、カスタマーサポートとしてお客様の問い合わせに対応するものがあります。例えば、化粧品の場合には美容相談を

コールセンターは男も出来る!その理由と男性が働きやすいコールセンターの3個の特徴

男だけどコールセンターでお仕事をしてみたい!という方もいらっしゃるかと思います。コールセンターといえば女性といったイメージがありますが、ご安心ください。コールセンターにとって、男性はとても重要な役割を担っています。女性が主体として働いているので応募を踏みとどまったり、給料は良いけど電話応対が難しそうだからコールセンターの応募はやめておこう、そう思われている方も多いのではないでしょうか?電話対応は相手の顔は見えないので通常の接客とは違う意味で男性でもコールセンターで働けるのです!その理由など詳しくご紹介していきたいと思います。コールセンターの仕事はどんな仕事?まず最初にコールセンターとはどんなお

新潟コールセンター求人で人気の会社・エリアや年収相場を解説します

この記事では、新潟のコールセンター求人でよくある募集内容や人気の会社・エリアなどを紹介します。コールセンターはとても大切なお仕事です。商品を買っていただいたり利用していただいた人の「声」を直接聞いて対応する「顧客との大事な接点」だからです。この記事を読んでその大事さを感じていただき、新潟のコールセンターで働くことに興味を持ってもらえたらと思います。新潟のコールセンター求人はどんな仕事?会社にもよりますが、仕事内容・役割としては大きく分けて二つあります。まず一つ目が「お客様相談センター」としての役割です。お客様相談センターは、お客様から企業に対して、提供する商品・サービスの意見・苦情・相談などを

コールセンターがおすすめな働き先と言える6個の理由。向いているのはこんな人!

アルバイトを探そうと思った時に多くの求人で目を引くコールセンター求人。時給の良さや待遇の良さも魅力です。一方で、仕事内容が難しそう、クレーム対応が大変でキツそうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、コールセンターで働くことは、メリットも沢山あるのです。コールセンターがオススメな理由について、魅力や内容などまとめました。オススメのコールセンター!その仕事はどんな仕事?コールセンターとは顧客への電話対応業務を一括で対応する部門、事業所のことです。ここではインバウンド業務、つまりお客様からかかってきた電話に対応する業務を主にご紹介します。身近でイメージしやすいものだと、通信

コールセンターアルバイトに向いてる人の特徴は?慣れるまでが大変?働く前にチェック!

コールセンターの仕事は一般的なオフィスワークよりも2割~3割程度、高時給の場合が多く、魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。お客様からの様々な質問に対応するのが大変そう、クレーム対応が辛そうといったイメージもありますが、本当のところはどうなのでしょうか。実際の仕事内容や、向いている人、身につくスキルについてまとめました。コールセンターの仕事はどんな仕事?顧客への電話対応業務を行う仕事です。一般消費者向けのサービス業やメーカー、通信販売などを行う企業が自社でコールセンターを設置する場合と、コールセンター専門の企業に委託する場合があります。採用の際にはコールセンター業務の経験者が優遇される

コールセンター仕事内容5個の業務と、向いている人・向いていない人の特徴

今回は、これからコールセンターのお仕事を探される方に、役立つ情報をお伝えできたらと思います。世の中には様々な種類の仕事がありますので、どんな職種が自分に向いているのか、またどの業種なら続けていくことができそうか?など悩まれるかもしれません。そんな中で、人と話すことが好きという方にはコールセンターでのお仕事をオススメいたします。また、人の役に立つことが好きという方にも向いているかと思います。大きく分けてインバウンド(受信系のお仕事)とアウトバウンド(発信系のお仕事)があるコールセンターの中にも、大きく分けるとインバウンド系のお仕事とアウトバウンド系の2種類のタイプがあります。それぞれの特徴を以下

コールセンター派遣求人の選び方や考慮すべきことを紹介します

コールセンターの派遣を探しているなら一度読んでみてください!コールセンターの仕事に興味があるけど、多すぎてどの求人を選んでいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。それにコールセンターの仕事は派遣の募集が多いイメージですよね。皆さん意外かもしれませんが、派遣からでもステップアップできるんです。ここではコールセンターの派遣求人の選び方や、考慮すべきことなどを紹介したいと思います。コールセンターってどんな仕事?コールセンターの仕事とは、電話での受付対応、案内、営業のお仕事です。インターネットの接続など不明な点を電話で問い合わせたことはありませんか?また、商品の案内のような営業、宣伝の電話