今回は、これからコールセンターのお仕事を探される方に、役立つ情報をお伝えできたらと思います。

一言で仕事と言っても様々な種類がありますので、どんな職種が自分に向いているのか、また、どの業種なら続けていくことができそうか?など、いろいろ悩まれるかもしれません。

そんな中で、人と話すことが好きという方には、コールセンターでのお仕事をお勧めいたします。

また、人の役に立つことが好きという方にも向いているかと思います。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大きくインバウンド(受信系のお仕事)とアウトバウンド(発信系のお仕事)がある

コールセンターの中にも、大きく分けるとインバウンド系のお仕事とアウトバウンド系の2種類のタイプがあります。

それぞれの特徴を以下にまとめてみたいと思います。

インバウンド(受信系)のお仕事内容

こちらは、主にお客様からの問い合わせ等に対応する仕事になります。

インバウンドの場合、お客様のタイミングでの入電ですので、最初の頃は、電話が鳴るだけで、うまく対応できるのだろうかと、ドキドキします。

ですが、これは最初は誰でも経験するもので、少しずつ業務に慣れて、関連した事柄の知識が増えていくうちに落ち着いて対応できるようになります。

では、インバウンドについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.カスタマーサポート

こちらの業務は、主に、ある製品を使っていて、使用方法が分からない、また不具合が生じた場合などに、お客様が問い合わせを行う部署です。

お客様からの問い合わせに回答したり、場合によっては、他部署につないだりすることもあります。

メールの場合や電話の場合もある。

問い合わせの種類は、電話でのお問い合わせ、メールでの問い合わせ対応があります。

メールでの問い合わせは24時間いつでも可能ですので、便利で手軽という点から、問い合わせが多いのは事実です。

しかし、緊急な場合ですぐに回答がほしい方や、メールでのやり取りのでは返答が行ったり来たりで、時間がかかってしまい面倒という方もいらっしゃいます。

また、年配の方は特に電話の方が分かりやすいという方が多いです。

そのため、電話での問い合わせの需要は、常にあるのが現状です。

また、電話で問い合わせをされる方の中には、上手に表現できずにぶっきらぼうに感じてしまったり、何を伝えようとされているか分かりづらい方もおられます。

そのため、業務に慣れてきたら、こちらのほうから質問などをして、お客様の気持ちや考えを引き出したり、想像力を働かせながら対応すると、問い合わせにスムーズに対応できると思います。

対応内容例1:商品の使い方

「この美容液はどのタイミングで使うと効果的ですか?」「サプリメントを飲むのに一番いいタイミングはいつですか?」など、お客様は購入した商品の使い方を尋ねてくることがあります。

扱っている商品によっては、お客様から商品の名前をしっかり確認し、間違った案内とならないように、注意することが必要です。

会社から支給されているマニュアルがある場合は、そちらを参考にしたり、または、オンライン上で商品を調べての回答となります。

もし、調べることに時間がかかってしまい、長時間お待たせしてしまいそうな場合には、電話をいったんお切りし、「確認し、折り返させていただてもよろしいでしょうか」という対応をしたほうが良い場合もあります。

対応内容例2:ECなどの注文の問い合わせ

多くの方が利用しているECサイトでのお買い物。

それに伴い、ECサイトでの問い合わせ対応の仕事は多くなっています。

「何日か前に注文したのに、確認メールが届きません」「商品の注文をしたんですけど、キャンセルまたは、変更してもらえませんか」「いつ頃商品は届きますか」など、多くの問い合わせを受けます。

ECサイトから注文される方の多くは、注文後、すぐに商品が届くのを楽しみにされているので、納期確認の問い合わせは多いです。

サイトによっては、扱っている商品が多岐にわたるので、どの商品なのかを確認することに、慣れるまで時間がかかることもあります。

2.テクニカルサポート

こちらは、おもに電化製品などを扱う会社が開設している窓口で、操作方法などをお伝えするものです。

PCなどは、設定が複雑であることや、使い方が難しい場合も多いため、ほぼテクニカルサポートの窓口を用意しています。

業種柄、PCやスマートフォンなどの知識が求められますので、家電やPCが好きな方に向いているかと思います。

ただ、問い合わせをされる方は、操作が苦手という方も多いので、説明する時に、かみ砕いて、分かりやすくお伝え出来るような工夫も必要です。

ただ、業務を開始するにあたり、多くの会社はレクチャーの時間を取って教えてくれるので、知識がないからとあきらめなくても大丈夫です。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アウトバウンド(発信系)のお仕事内容

インバウンドとの大きな違いは、こちらのタイミングで電話をするというところです。

インバウンドは、いつ電話が入電するのか予測がつきませんが、アウトバウンドは、自分のタイミングで、言うことを整理して、架電することができます。

そのため、架電先の方からすると、タイミングが悪かったり、アポもないのに、と冷たくあしらわれてしまうことが多いのも事実です。

その場合には、都合が悪いところ、電話をしてしまったことを詫びて、改めることが最善です。

最初の頃は、電話越しで怒られると、自信をなくしてしまい、泣きそうな気持ちになることがあるかもしれません。

でも、相手の方はあなたのことを怒っているわけではないということを忘れないでください。

消極的な面を書いてしまいましたが、優しい対応の方や何度か架電しているうちに、応じてくださる方もいらっしゃいます。

その時は本当にやりがいを感じることができます。

3.電話営業(クレジットカードやインターネット回線など)

企業や法人の方向けに、お勧めのプランなどをご案内するものです。

アウトバウンド全体について言えることですが、相手の方としては、予期せぬ時に電話で話を聞くことになります。

そのため、意識したいことは、ゆっくり、丁寧に、短めな文章でお伝えすることです。

そうでないと、なんの話なのかさっぱり分からず、不快な気持ちにさせてしまうことがあります。

緊張したり焦ったりしてしまうと、誰でも早口になりがちですが、意識してゆっくり話すことが大切です。

4.テレアポ(テレフォンアポインター)

こちらは、電話にて面会や訪問の約束を行うことです。

大抵の場合、会社から架電先のリストが渡され、そのリストに沿って電話をしていきます。

この仕事の目的は、アポイントメントを取るだけですので、実際に会ったり、交渉したりするのは、専門の方になります。

上記の営業でも触れましたが、やはり、ゆっくり、はっきり話すことが必要になってきます。

また、企業は、メリットを確信して紹介しているものですから、電話をする側も、メリットをよく理解し、積極的にお伝えすることができたら、相手の方にも伝わります。

5.テレマーケティング

営業やテレアポとの違いが分かりづらいものがテレマーケティングかと思います。

大きな違いは、お客様の新規開拓というよりは、すでに自社の商品を使用されている方、または何らかのサービスを受けている方へ、お礼であったり、商品を使用されてその後はいかがですか?などの聞き取りを行い、適宜、プラスして商品の紹介を行ったりします。

すでに、自社とのつながりが何かしらある方ですので、架電しやすいというメリットがあります。

また、最近では、相手の企業様などに資料をお送りし、その後で架電するという業務もテレマーケティングの中に含まれるようです。

どういう業種でカスタマーサポートのお仕事があるの?

インバウンド系のお仕事の場合

お客様窓口として、企業の商品やサービスに対しての問い合わせに対応しています。

そのため、お客様に商品やサービスを提供している会社には、ほぼカスタマーサポートがあります。

ECサイト

商品を購入した方からの、納期や内容確認の問い合わせがあります。

また、商品購入前に、どのような商品なのか、サイズはどうかなどの問い合わせが入ることがあります。

そのほか、実店舗がある場合、同じ割引サービスは適用されるのかなど、問い合わせの種類は多岐に及びます。

インターネットサービス全般

契約プランの変更、または変更などの各種手続き、または解約に関しても、対応を行います。

また、それぞれのプランの違い等も質問されることがあります。

カタログ通販会社

注文前に、商品カタログを見ている方から、商品について尋ねられることがあります。

また、どの商品がお勧めかという相談もあります。

また、多くの会社は会員様特典として、様々な施策を行っておりますので、それらについての問い合わせもあります。

他にもお客様がいる会社は一通り需要がある

以上は、代表的なものですが、お客様がいる企業の場合、お客様からの問い合わせに対応できるように、電話やメールにて対応窓口を持っています。

お仕事を検討するにあたり、応募先の企業が、お客様にどんなサービスを提供しているのか、またどういうものを販売しているのか等を確認すると、業務内容のおおよその検討がつけられるかと思います。

アウトバウンド系のお仕事の場合

やはり、お客様にサービスを提供している以上、お客様からの問い合わせに対応する必要があります。

以前に案内したサービスについて、後日、お客様から問い合わせがくる場合もありますし、サービスを利用された後に問い合わせがくる可能性もあります。

その場合には、アウトバウンドとは別に、インバウンドにて対応する部署があります。

営業活動がある全ての会社

営業を受けた結果、サービスや商品に関心を持たれた場合、また、実際に使用されてから、不明点に関する質問や問い合わせが入ることがあります。

テレマーケティングを行っている調査会社

お客様との関係がある場合、商品やサービスへの問い合わせ対応は必要です。

お客様から信頼を得るのは、サービスの提供だけでなく、その後のサポートが必要です。

そのため、ほとんどの企業でカスタマーサポートを設けています。

カスタマーサポートの求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

入社時には様々な研修もあるので安心!

コールセンターの対応は、覚えることがたくさん!!と不安に思われるかもしれません。

しかし、入社時には、心構えや業務の知識を学べるように、様々な研修が用意されていますので、それらの研修を活用すれば大丈夫です。

業務研修

こちらは、座学会と呼ばれることもあります。

当然ながら、インバウンドにしてもアウトバウンドにしても、今回の業務の目的、お客様とお話しする上での必要な情報、または目標として目指すことなどのレクチャーがあります。

研修を担当してくださるのは、すでに現場にて仕事を行っているリーダーの方や先輩たちです。

ここで大切なことは、もし分からないことや聞きたいことがあったら、質問をするということです。

せっかく教えてもらえる機会ですので、積極的に参加すれば、自分が仕事をする上でプラスになります。

また、想像力を働かせながら研修を聞くと、実践の場でお客様と会話をする時に、想像力を働かせつつ会話をする助けにもなります。

マナー研修

コールセンターの仕事は、相手に顔が見えません。

そのため、声のトーンや、どのように話すかがとても重要になってきます。

そのため、話し方の講座がある場合もあります。

また、特に多いのが、敬語の使い方を学べる研修です。

私も何度か参加させていただいたことがありますが、知らないうちに誤った敬語を使ってしまっているということもありますので、これらは特に活用したいものです。

セキュリティ研修

コールセンターは、お客様の個人情報に触れる機会がとても多い職場です。

そのため、個人情報の取り扱いに関する研修は必ずあります。

業務上、知り得た情報の管理の仕方は、この研修で学んだことが役立ちます。

他にも会社によって様々な研修などの制度が!

そのほかにも、各種、業務上必要な研修が都度、行われます。

ぜひ、積極的に参加して、活用されてください。

以上が、コールセンターでの業務や研修の基本的なものになります。

コールセンターのお仕事で気になる疑問

実際に働くにあたってのよく聞かれる質問についても、まとめてみたいと思います。

クレームは多いの?

クレームについては、扱う仕事の内容にもよるかと思います。

ただ、実際、インバウンドであっても、アウトバウンドであっても、クレームの対応は必須と言っても過言ではありません。

電話は、お客様の声を直接聞く場なので、避けることはできません。

ただ、クレームを増やすのも、減らすのも私たち次第というところは大きいです。

やはり、こちらが一方的な対応をすると、お客様の感情を害してしまうことがあります。

しかし、その時に、お客様の気持ちに寄り添うような言葉をかけることによって、クレームを減らすっことは可能です。

ノルマは厳しいの?

こちらも、業種によるかと思います。

ただ、私が今まで働いていたところでは、無理なノルマはありませんでした。

アウトバウンドの仕事では、ノルマという言葉ではなく、目標という言葉で架電数が設定されている場合もあります。

どういう人が働いているの?

実に様々な方が働いています。

例えば、劇団員として仕事をされている方、また執筆活動をされている方など、ほかの仕事と掛け持ちでコールセンターの仕事をされている方は多いです。

また、学生や主婦の方など、バラエティーに富んだメンバーと仕事を一緒にすることができます。

人間関係は良いの?

基本的にコールセンターは個人ごとの仕事ですが、案件によっては、チームとして仕事をするものがあります。

私が今まで働いたコールセンターでは、分からないことはリーダーがすぐに対応してくれたり、一緒に問題を解決してくれて親しみやすかったです。

特に、同期がいる場合には、助け合ったり、励ましあったりしながら仕事ができ、心強いものでした。

働き方はさまざま!

コールセンターとはいっても、最近では、勤務スタイルの幅が広がってきています。

コールセンターに出社するパターンも

最も多い勤務形態としては、会社に出社しての勤務です。

朝礼から始まり、その日の仕事の確認をしてから業務を始めます。

勤務の特性を考えると、内容を覚え、一人立ちできるようになるまでは、時間が必要なことも多いので、ある程度の期間、勤務できる方には特に向いているかと思います。

在宅でできるパターンも

最近は、インターネットの普及に伴い、在宅でも仕事ができる案件が多くあります。

特に、子育てや介護の必要などがあり、外出が難しい方などからの需要は大きいです。

分からないことは、チャットシステムなどを使い、会社の方と相談しながら進められます。

今後もこのような働き方は増えていくと思われます。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターで、あなたに合った求人がみつかりますように(まとめ)

コールセンターでの仕事について、お分かりいただけましたでしょうか。

お仕事を探す上での参考になりましたら幸いです。

あなたの状況にあった求人がみつかりますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌でには、様々な仕事がありますが、せっかく働くなら、時給が高くて、稼ぎやすい方がいいですよね。そこで、他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くておすすめなのが、コールセンターです。ここでは、コールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は、大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて、時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも、1000円以上で設定されている場合もあるため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMで良くある場面ではないでしょうか。しかし、実際には、皆さんが電話をかけて最初に対応するオペレーターは、派遣やバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターで良くある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターの対応でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合もあります。メイン

コールセンター管理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。しかし、当然オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、オペレーターを管理、育成する業務があります。でも、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージがわきずらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば、勤怠の管理をしたり、業務知識を身に付けてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターは、お客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そのオペレーターを

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?経験者が教えます

今回はコールセンターの職種について経験を元に紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です。大きく分けると、積極的に発信をするアウトバウンドの業務と、お客さんからの問い合わせを受け付けるインバウンドの業務と二つに分けられます。コールセンターは会社でどういう役割を求められる?これはコールセンターにどういう役割を持たせているかによって役割は大きく異なってきます。目的別に細かく見ていきたいと思います。コールセンターの役割は、大きく二つに分けられると言いました。その中でもいくつかの目的が

福岡コールセンター求人の特徴や、人気な会社・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

コールセンターの仕事は全般的に時給が高いと言われています。また求人数の多いので人気の職種の1つです。今回は、福岡のコールセンターはなぜ時給が高いのか、実際にはどのような仕事をするのか解説いたします、コールセンターの仕事はどんな仕事?大きく分けて、受電(インバウンド)と架電(アウトバウンド)の2つに分かれます。アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。インバウンドのお仕事は、お客様からのお問合せや申し込みの受付の対応を行うものです。ここからは、実際にどのように仕事を進めていくものなのか詳しくご紹介します。コールセンターの仕事内容とは?アウトバウンド(架電):サービス

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、いろいろな求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多いので、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒に感じているという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人や、これから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事は

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間

受信コールセンター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されますでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人です。今回は、受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは場所や内容によっては時給が高い所があるんです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので気軽に始められるアルバイトです!この記事が、皆様のお役に立てることを祈りながら書かせて頂きましたので、是非ご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では受信専用のコールセンターのアルバイト求人について紹介していきます。まずは受信専用のコールセンターがどういう仕事なのか、業務内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。受信専用のコールセンターバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客に電話をかけることはほとんどありません。営業電話をかけることはしないので、お客からの電話を待ちます。業務内容によってマニュアルがあり、そのマニュアルを基本に対応していきます。受信コ

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などを行っていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょうか。いずれにしても、転職は力がいることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、オペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐に渡るので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一言に言っても、仕事の案件は様々です。企業が提供している


コールセンター求人に関するコラム

コールセンター男性におすすめな仕事内容とその特徴。働きやすさや待遇など!

今回は、コールセンターで男性におすすめの仕事とその特徴を紹介していきます。コールセンターのおおまかな仕事内容大きく分けて2つあります。①インバウンドいわゆる受付業務です。ジャパネットたかたさんなんかを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。お申し込みなどの電話を待って受付業務をするのがインバウンドの仕事の1つです。そのほかにも、修理受付や問い合わせ受付など、お客様からの連絡を待つのが、インバウンドのコールセンターのお仕事です。②アウトバウンドアウトバウンドは、インバウンドの反対で、コールセンター側からの発信業務となります。分かりやすいのは、テレアポ業務です。法人や個人のお客様先へ電話をし

バイトならコールセンターがオススメな8個の理由。現役コールセンターの管理者の立場で紹介

アルバイトを探すとき、気になるのは時給や通いやすさでしょうか。でも、せっかく働くなら、社会人になって役立つスキルも身に付けたいですよね。実は、コールセンターでのアルバイトでは、役立つスキルを身に付けながら、しっかり稼ぐことができ、服装や勤務時間の融通がきくなど、メリットがたくさんあります。現役コールセンター管理者の視点から、アルバイトにおすすめのポイントをご紹介します。コールセンターはどんな仕事?コールセンターの仕事は、主にインバウンドとアウトバウンドに分けられます。2つの仕事の違いと、特徴をご紹介します。インバウンドお客様からのお問い合わせを受け付けする仕事です。例えば通販の注文受付や、会員

コールセンターの面接でチェックされるポイントとは?現役コールセンターの管理者が面接対策や採用されやすい人の特徴を解説

コールセンターのイメージは、制服を着た女性がヘッドセットを付けてパソコンに向かっている、CMなどで見かける場面かもしれません。普段は目に見えない分、職場の雰囲気がわかりずらいですよね。そのため、時給が高かったり、時間の融通がききやすいため、働いてみたいと思っても、チャレンジしずらいかもしれません。ここでは、コールセンターでの面接でチェックされやすいポイントと、採用されやすい人についてご紹介します。コールセンター求人の種類についてコールセンターの求人には、主に2つの種類があります。インバウンドお客様のお電話をうける仕事です。皆さんがフリーダイヤルに電話をするとつながる窓口で、お客様の対応をします

コールセンターで働くメリットとは?3年働いた私が7個のメリットを紹介

コールセンターでの業務というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。おそらく、お客様から寄せられた困りごとの手助けをして感謝される一方、クレームの処理が多くてストレスが溜まりそうといったイメージが一般的だと思われます。それ以外にも、いつ電話がかかってきて何を言われるか分からないから怖い、電話は苦手だ、といった印象を持つ方も多いでしょう。ここでは、コールセンターにはどんな業務があり、実際にどのような心構えでお客様の対応をするのか。またコールセンターで働くことのメリットや、実際の業務が向く人はどんなタイプが多いのか、紹介していきます。コールセンターの大まかな仕事内容とは?コールセンターの仕事内

コールセンターのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、コールセンターと言われてどのような仕事が思い浮かぶでしょうか。電話対応、クレーム処理、アドバイス、開拓営業など、いろいろな仕事が思い浮かぶと思います。確かにコールセンターと言いましても、導入している企業の考え方によってコールセンターで行う業務は様々になります。ですが、一つ間違いなく言えることがあります。実はコールセンターはかなり自己成長できる仕事なのです。では、今からコールセンターのやりがいを語っていきたいと思います。コールセンターってどんな仕事?コールセンターとは電話対応業務専門窓口のことです。仕事としてはお客様から商品やサービスの問い合わせがあれば、電話での疑問解消を行います。