アルバイトを探すとき、気になるのは時給や通いやすさでしょうか。

でも、せっかく働くなら、社会人になって役立つスキルも身に付けたいですよね。

実は、コールセンターでのアルバイトでは、役立つスキルを身に付けながら、しっかり稼ぐことができ、服装や勤務時間の融通がきくなど、メリットがたくさんあります。

現役コールセンター管理者の視点から、アルバイトにおすすめのポイントをご紹介します。

コールセンターはどんな仕事?

コールセンターの仕事は、主にインバウンドとアウトバウンドに分けられます。

2つの仕事の違いと、特徴をご紹介します。

インバウンド

お客様からのお問い合わせを受け付けする仕事です。

例えば通販の注文受付や、会員専用のお問い合わせ窓口などがあります。

決められたマニュアルがありますので、マニュアル通りに対応すれば、それほど難しくはありません。

わからない時には、近くにいる管理者に相談することができます。

仕事の内容にもよりますが、マニュアルがあるとはいえ、どのような問い合わせにも対応できるよう、ある程度の専門知識を身に付ける必要があります。

インバウンドの場合、研修時間が長めに設定されている場合も多いので、初心者でも一人立ちまでしっかりとサポートしてもらえます。

アウトバウンド

お客様へ電話をかける仕事です。

例えばインターネット回線の切り替え案内などは、皆さんもかかってきたことがあるかもしれません。

こちらも決められたマニュアルがありますので、難しくはありません。

セールスの場合は、多少売り込んでいくトークスキルが必要になりますが、初心者でも管理者がしっかりとサポートしてくれますので、安心です。

誤解されがちですが、アウトバウンドは必ずしもセールスが仕事ではありません。

中には、会員に現在の状況を確認するだけの仕事などもありますので、セールスに抵抗がある場合には、予め仕事の内容を確認しましょう。

バイトならコールセンターがおすすすめな理由

コールセンターでバイトをすると、様々なメリットがあります。

特におすすめのポイントをご紹介します。

時給が良い

コールセンターは、他の業種に比べると、高めの時給が設定されている場合が多いです。

電話での仕事に苦手意識を持っている方もいると思いますが、ある程度のスキルを身に付ければかなり稼ぐことができますので、お金を貯めたい方におすすめです。

特に、繁忙期に募集される短期の仕事は、かなり高い時給が設定されている場合もあります。

学生なら、冬休みや夏休みなどに集中して働けば、効率的に稼ぐことができます。

コールセンターの給料は、こちらの記事を参考に!

シフト&服装・髪型自由

コールセンターでは、期日までに希望を出せば、シフトはかなり融通をきかせてくれます。

ただし、定休のあるコールセンターでは、希望休みの回数が決まっている場合もありますので、曜日に関わらず働きたい場合には、定休のない求人を選びましょう。

また、対面の接客業と違い、服装や髪型が自由なことも特徴です。

あまりにも華美な場合には、注意を受ける場合もありますが、大学生が夏休みに髪を染めたりする程度は基本的には問題ありません。

制服などを準備する必要がないのも、良い点です。

自分らしいファッションを楽しみながら、仕事をすることができます。

コミュニケーション能力が身につく

コールセンターでの仕事は、電話での接客となるため、対面の接客に比べてより高度なコミュニケーション能力を身に付けることができます。

実は、対面の接客では、お客様の表情などから自然と情報を得ることができるのです。

そのため、見た目の様子から接客態度を変えることができます。

しかし、電話での接客では、声や話し方から全てを読み取る必要があります。

お客様との会話をどのように進めるかが重要になるため、視覚に頼らないコミュニケーション能力を身に付けることができます。

また、お客様もオペレーターの感情を声だけで判断しようとします。

感謝やお詫びの気持ちを声だけで表現する技術を身に付けると、対面で接客をするときには、より豊かな感情を表現することができるようになります。

社会経験になる

コールセンターは非常に多くのオペレーターが仕事をしています。

そのため、様々な世代の人と関わることができます。

学校などでは、なかなか関わることのできない世代とも一緒に仕事をする中で、社会経験を積むことができます。

また、できる仕事が増えてくると、一人の仕事の重要性も理解することができるでしょう。

仕事を任されることの喜びも知ることができます。

メンタルが鍛えられる

コールセンターで働くことのデメリットというと、クレーム対応と考える人が多いのではないでしょうか。

実際、多い少ないはあるものの、クレームがないコールセンター というのはなかなかありません。

顔が見えない分、横柄な態度をとるお客様は、一定数いるのです。

クレーム対応は、長く働いていても嫌なものですが、数をこなすうちにメンタルも鍛えられますし、対応の仕方も身につきます。

対面でクレームを言われることに比べると、直接危害を加えられる心配もありませんので、管理者と相談して対応すれば、問題を解決することができます。

クレームを言われ慣れることよりも、クレーム対応をした後に、上手く気持ちを切り替える方法を身に付けることができます。

就職に役立つ

コールセンターで身に付けたスキルは、一般企業で働く場合にも役立ちます。

特に、事務系の仕事を目指している方にとって、電話対応ができるというのは、とても強みになると思います。

また、ビジネスに適した話し方が身につきますので、どの企業の面接に行っても、誰よりも丁寧に話すことができるでしょう。

コールセンター では、長く働いていたり、普段の仕事ぶりが認められると、バイトリーダーのような、オペレーターのサポートをする立場にしてもらえることもあります。

人に指示を出すこと、新人を育成することなど、社会人として必要なスキルを学ぶことができるので、就職ではアピールポイントにできます。

話し方や敬語などのビジネスマナーが身につく

コールセンターで特に重要なのが、ビジネスに適した話し方ができることです。

お客様は、声と話し方でオペレーターを判断しますので、あまりにもくだけた話し方や幼い話し方だと、頼りなく感じたり、失礼だと感じたりします。

ビジネスに適した話し方でなければ、責任あるオペレーターとして認めてもらうことは難しいでしょう。

でも、最初からビジネスに適した話し方をするのは難しいですよね。

そこで、コールセンターでは、敬語の研修を行ったり、定期的に電話対応をチェックして、できていない部分を指導してくれます。

自分でも成長を感じられると、一層仕事が楽しくなります。

マニュアルがしっかりしているので安心

コールセンターは、どのオペレーターが対応しても同じように答えられるように、マニュアルがきっちりと整備されています。

しかも、電話越しの対応なので、目の前にマニュアルを開きながら案内をすることができます。

必ずしも、難しい内容を全て覚える必要がなく安心です。

コールセンターのバイトが向いているのはこんな人

コールセンターの仕事は、マニュアルもありますし、誰でもできるようになっています。

中でも、向いている人の特徴をご紹介します。

喜怒哀楽を表現するのが上手い人

電話越しの仕事なので、声や話し方だけで気持ちを表現する必要があります。

特にお礼やお詫びをお伝えするときには、大げさに表現しなければいけません。

普段から、喜怒哀楽を表現するのが上手な方が、スムーズに対応できます。

ただ、普段は喜怒哀楽を表現するのが上手ではない人が、向いていないというわけではありません。

電話での対応の間だけ、きちんと表現ができていれば問題ありません。

むしろ、喜怒哀楽の表現を身に付けたい人も、チャレンジしてみると良いと思います。

ゆっくり落ち着いて話せる人

コールセンターでは、もちろん管理者がサポートをしてくれますが、常に横についていてくれるわけではありません。

普段の電話は、一人で対応する必要があります。

そのため、どんなお客様からの電話でも、落ち着いて話せる人の方が向いているでしょう。

イレギュラーなことにすぐに慌ててしまう人は、知識量を増やしておいたり、マニュアルを自分が見やすいように整理したり、慌てないように工夫する必要があります。

稼ぎたい人

コールセンターは、他の仕事に比べて時給が高いため、稼ぎたい人に向いています。

特に、繁忙期にはかなりシフトを入れてもらえる場合もあります。

しかも、座り仕事で体力的にも余裕を持つことができます。

また、決められた時間だけ働いて、残業もあまりないので、ダブルワークにも向いています。

昼間はコールセンター、夜は夜間のバイトをして、お金をためている人も少なくありません。

目標に向けてお金を貯めたい人には非常におすすめの仕事です。

柔軟に考えられる人

電話をかけてくるお客様は、必ずしもわかりやすく説明してくれるわけではありません。

お客様が話すワードから、電話をしてきた本当の目的を探る必要があります。

言われたことだけをやろうとすると、実際の目的に合わずに、怒らせてしまう場合もあります。

話の内容を決めつけずに、柔軟に考えられる方が、向いていると言えます。

メンタルが強い人

おすすめの理由でもご紹介しましたが、コールセンターでは、クレーム対応がつきものです。

お客様に理不尽に怒られてしまうこともあるため、ある程度メンタルが強い方が、長く続けていけるでしょう。

もちろん、何かあれば管理者が助けてくれますので、オペレーターとして働く限りは、火に油を注ぐよな対応をしねければ、問題ありません。

あとは、自分を強く責めたり、クレームについて思い悩まずに、上手な切り替え方法を身に付ければ、多少メンタルが弱くても大丈夫です。

ロジカルに考えられる人

コールセンターでの案内は、どこに根拠があるのか、どのマニュアルを見て対応したのかが重要です。

基本的に、自分の裁量で何かを決めることはできませんので、ロジカルに考えられる人の方が向いています。

逆に言うと、決められた道筋に沿って案内ができればいいので、しっかりとマニュアル通りに対応できるほうが、評価されます。

オリジナリティを持って仕事をすることが苦手な人にも、向いていると言えます。

バイトの働き方も色々ある

コールセンターでのバイトと言っても、働き方は色々とあります。

ここでは、特に多いものをご紹介します。

短期バイト・単発バイト

決められた期間だけ、または数日だけ働く方法です。

例えば繁忙期の間だけ、本当に忙しい1週間だけといった形で働きます。

短期・単発バイトの特徴は、時給が高いことです。

長期休みや旅行など、先の予定のために稼ぎたい人におすすめです。

また、短い研修期間で仕事をしなければいけないため、比較的仕事の難易度が低くなります。

コールセンター初心者でも、チャレンジしやすいでしょう。

ただし、繁忙期に募集していることがほとんどなので、非常に忙しいことは覚悟しておかなければいけません。

また、最初に取り決めた期間は、しっかりと働く必要がありますので、突発的に予定が入らないように、調整が必要です。

空いた時間に長期的にバイト

期間を決めずに働く方法です。

コールセンターは、他の仕事に比べて時給が高いため、安定して収入を得ることができます。

また、長く働くことで業務の知識が付きますので、多少難しい内容でも、一人で対応できるようになります。

ただし、業務の内容によっては、繁閑の差が非常に大きい場合もあります。

閑散期にはシフトが減ったりする場合もありますので、事前に確認しておく方が良いでしょう。

多くの場合、繁忙期に短期・単発バイトを募集して働く人の人数を調整しますので、閑散期に全く仕事がなくなるということはありませんが、思っていたよりも収入が少なくなる場合はあります。

まとめ

コールセンターの仕事内容を紹介しましたが、いかがでしたか?

コールセンターの仕事は、時給が高い分きついとか、クレームが多くて大変という印象を持っている方もいるかもしれません。

しかし、デメリット以上にメリットがあるため、長く続けている人が多い仕事です。

特に話好きな方、しっかりと稼ぎたい方は、ぜひ挑戦してみてください。


関連キーワード

コールセンター求人