コールセンターの仕事は、一般的なオフィスワークよりも2~3割程度、高時給の場合が多く、魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

お客様からの様々な質問に対応するが大変そう、クレーム対応がつらそう、といったイメージもありますが、本当のところはどうなのでしょうか。

実際の仕事内容や、向いている人、身につくスキルについて、まとめました。

コールセンターの仕事はどんな仕事?

顧客への電話対応業務を行う仕事です。

一般消費者向けの、サービス業やメーカー、通信販売などを行う企業が、自社でコールセンターを設置する場合と、コールセンター専門の企業に委託する場合があります。

採用の際には、コールセンター業務の経験者が優遇される場合もありますが、慢性的な人材不足のため、「未経験者大歓迎」としている募集も多くあります。

老若男女に門戸が開かれていますので、シニア層にも人気の業種です。

受電(インバウンド)

顧客から来る電話を対応する受信業務を「インバウンド業務」といいます。

「業務知識」と呼ばれる、業務に関する知識を数十時間かけて、しっかりと研修を行う場合が多いです。

分厚いマニュアルを渡され、それを基にお客様からの多種多様なご質問に回答し、その内容を専用画面に入力する、という業務です。

発信(アウトバウンド)

新規顧客開拓や、リピート顧客へのプッシュ営業のために電話を発信する業務を「アウトバウンド業務」といいます。

研修は、数時間といった短期間の場合が多く、スクリプト(応答の流れ)を記載したマニュアルに沿って、顧客に架電する業務です。

受電と発信、時給は同じ?

一般的には、発信業務の方が、高時給の場合が多いです。

新規開拓を目的としたアウトバウンド業務の場合、獲得した受注数に応じて、インセンティブがもらえることもあります。

コールセンターでバイトをするメリット

コールセンターでバイトするメリットとしては、ビジネスの基本、電話対応やビジネスマナーが身につくことです。

お客様の「困りごと」を対応するインバウンド業務の場合、お客様からの「ありがとう」が素直に嬉しかったりします。

人に役立つ仕事、としてやりがいを感じる方も多いようです。

お客様と直接対面する接客業とオフィスでの事務作業の中間に位置する仕事、と考えてもいいでしょう。

接客業に興味がある方が、経験を積む目的で、コールセンターに勤務する、というパターンもあります。

未経験でも研修制度がしっかりしているから安心

長年コールセンターに勤めている経験者もいれば、コールセンター初心者、という人もいます。

数十時間の業務知識の座学研修を経て、ロールプレイ研修(お客様役と、オペレーター役に分かれての応答練習)を行った後に、受信デビューとしている場合が多く、初心者でも問題なく業務に対応できるまで、きっちり研修を行ってくれるので安心です。

電話で回答したり、ヒアリングした内容を専用画面に入力するのも業務の1つとなっている場合、専用画面の使い方も研修で教えてくれます。

しかも、研修中も時給が出るところも、プラスポイントですね。

ただし、研修中は、時給50円引きなどの場合もありますから、事前に確認しましょう。

研修の最終段階では、業務知識のテストを行い、合格点に達しなければ、追試や追加研修を行う場合もあります。

電話応対についても、ロールプレイや、実際の顧客とのやり取りの内容を点数化し、合格基準を設けていることもあります。

基準に達するまで、受信デビューをさせてもらえない場合もあり、なかなか合格できないとつらいかもしれませんが、研修を行った管理者も「自分の教え方が悪かったのでは」と責任を感じてしまうこともあるようです。

研修中の不明点は、都度確認し、受信デビュー前にクリアにしておくことが、自分と管理者双方のメリットとなると心得ましょう。

研修は、数十人単位で行われる場合が多いですが、その研修を一緒に受けた人達とは「同期」として、研修期間の最後には、仲間意識が生まれてきます。

研修後、実際の業務が始まってからも、悩みや愚痴を気軽に言い合ったり、シフトを合わせて食事に行ったりと、いい人間関係が築けることも。

普段の生活では知り会わない、年代やライフスタイルの全く異なる人と知り会えるのも、刺激になって楽しいという方もいます。

時間の融通が効く

自己申請のシフトを採用しているコールセンターがほとんどです。

夕方しか勤務できない学生やダブルワークの方、また、日中の早い時間しか勤務できない、子育て中の方まで、自分のライフスタイルにあった勤務時間、曜日でシフトの申請が可能な場合が多いです。

ただし、管理者は、業務日や曜日によって、必要人員を入れてシフトを組んでいるため、欠勤(当日朝の欠勤連絡)は、避けた方がいいです。

高時給

一般的なオフィスワークよりも、2~3割程度高時給ですので、短時間で稼ぎたい人にはお勧めです。

中には、24時間体制のコールセンターの夜勤業務で、高時給を稼ぐ人も。

夜勤の場合は、交代で仮眠の時間を設けている場合もあります。

髪型・服装が自由

お客様と直接対面はせず、電話での業務になりますので、髪型や服装は自由です。

サンダルや、露出の高い服は禁止している場合もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

クレームが多いかどうかは、顧客層による

一言にコールセンターと言っても、業務内容は様々です。

扱っている商品やサービスによって、顧客層が異なります。

特に受信の場合、顧客層、つまり「誰から電話がかかってくるか」で変わってきます。

例えば、高齢の女性が多くする通販サイトの場合、どういった問い合わせが多いか、家電の修理窓口だと、どういった問い合わせが多いか、など、顧客層を考えることで、予め業務内容を想像することはできます。

しかし、顧客からのクレームが多いセンターだと、管理者とオペレーターの結束が固く、コミュニケーション豊富というメリットもあります。

また、クレームを言ってくるお客様をうまく、押さえられるようになることで、やりがいを感じる方もいます。

オフィスワークだから体力的に疲れない

コールセンターのオペレーター業務は、電話とPCが置いてあるデスクの前に座って行う業務ですので、体力的に自信の無い方でも安心です。

トイレ休憩は、その都度、管理者に申告しなければならない場合も多いですが、トイレ休憩を制限するセンターは少ないので、心配な方は、予め確認しましょう。

お昼休憩は時間が指定される場合がほとんど

一般的なオフィスワークだと、お昼は12時から13時、という場合がほとんどです。

コールセンターの場合は、12時から13時までは、顧客からの電話が多く入る、忙しい時間となる場合が多いため、お昼休憩は、13時からなど、少し遅めに設定されている場合が多いようです。

また、分散してお昼を取るために、毎日異なった時間を、お昼休憩として、指定される場合もあります。

お昼時間の変更に体が慣れるまでは、少し大変かもしれませんが、体はうまく順応してくれますよ。

慣れればマニュアルを見なくても話せるようになる

研修を受けた直後は、本当にお客様の質問に答えられるのだろうか、と誰もが不安になるものですが、1か月もすると、慣れてきてスムーズに対応できるようになります。

万が一、電話中に不明点があっても、管理者に挙手すると親切に教えてくれますので、大丈夫です。

分厚いマニュアルを全て暗記する必要はありませんし、暗記することは不可能です。

自分でわかりやすいようにインデックスを付けたりし、「どこに何が書いてあるか」を把握しておくことで、調べながらでも回答するようにすることが重要です。

また、業務によっては、「オンラインマニュアル」が完備されている場合もあり、PC画面上の、専用画面で必要事項を検索すると、回答方法にヒットするように整備されていることもあります。

トークスキルが身につく

オペレーター業務を経験すると、ビジネストークが自然と身に付きます。

また、自分では気づかないような口癖(「えっと」「あの」など)を、指摘され治すことができ、次第に「プロのトーク」に近づくことができます。

応対品質は定期的にチェックされている

定期的に管理者がモニタリング(録音した応答内容を確認)し、応対内容についてフィードバックされることがあります。

業務によっては、応対品質を点数化し、合格点も設けている場合もありますので、応対一件一件を大切に、対応することが重要です。

どんな人に向いている?

コールセンターの業務に向いている人は、どんな人でしょうか?インバウンド、アウトバウンドをわけてご紹介します。

受電(インバウンド)に向いている人

お客様のお困りごとを一緒に解決する事が好きな人

電話をかけてくるお客様は、基本的に「何か困っていることがある方」。

その困りごとを親身になって解決するのがコールセンターオペレーターのお仕事です。

お困りごとをうまく解決できたとき、お客様自身も気づいていない困りごとを先回りして気づいてあげることができたとき、そんなときにやりがいを感じられる人が向いているといえるでしょう。

徐々にスキルアップを目指したい人

老若男女問わず、スキルに優れた人を認め、時給アップや、ランクアップを設定しているセンターがほとんど。

頑張り甲斐のある職場と言えるでしょう。

実際にはお客様と対面することは無いですが、声を通しての接客業ともいえる、オペレーター業務。

接客スキルを身に着けたい人にも向いています。

発信(アウトバウンド)に向いている人

月ごとのノルマを達成する事にやりがいを感じる人

自分のトーク次第で、実績があがっていく達成感が好きな人には向いています。

受信の場合は、うまく対応できても、直接的なインセンティブは無い場合がほとんどですが、アウトバウンドの場合は、自分の対応スキルが成果に直接結びついてきます。

成果を上げることに喜びを感じる方には向いています。

理不尽な事があっても気持ちを切り替えられる人

お客様に、理不尽に電話を切られたり、怒られたりする場合もあるでしょう。

そんな場合にも、電話を切ったらすぐ、切り替えられる人、こんな方はアウトバウンド業務に向いているといえます。

コールセンターで働く前に気をつけておくポイント

コールセンターで働く前に気を付けておくべきポイントを以下に書きます。

ストレスが溜まりやすい

他のオフィスワークよりも、時給がいいのは、ストレスの多い職場とされているからです。

やはり、受電、発信ともに理不尽なお客様(クレーム)にあたってしまう場合もあります。

たとえ、クレームを述べるお客様を対応してもすぐに切り替えて、次の受信(発信)に向かえる方は、コールセンターに向いているといえるでしょう。

初めは受電から始めた方がいい!

受電業務の方が、マニュアルが完備されていることが多く、管理者数も多く配置されているので、初心者は受電から始めたほうがいいでしょう。

受電での業務知識を得てから、同部署の発信業務に配属される場合もあります。

部署異動の希望は、本人の意思を確認してくれる場合がほとんどですので、希望ははっきり伝えることが大切です。

出勤ごとに席が変わるところもあるので一人で黙々と仕事をする場合もある

センター全体でシフト管理されており、毎日座席が変わる場合もありますので、1人でPCと電話に向かう、という状況もあります。

基本的には、自分と電話の先のお客様との一対一の対応が業務の中心です。

チームで仕事をすることに慣れている方は、最初は少し戸惑うかもしれません。

相手の顔が見えない仕事なので少しの言葉のミスがクレームになる事もある

電話での応対は、顔が見えないだけに、ちょっとしたミスや、言葉尻でクレームにつながることもあります。

ただ、あくまでクレームを言っているのは、電話の先のお客様。

飛び出してくるわけではない、と割り切ることも必要です。

もちろん、こちらのミスであれば、誠意をこめてお詫びをするのは当然です。

結局、コールセンターの向き不向きはやって見ないとわからない!慣れたらやりがいのあるお仕事です。

コールセンター業界は、慢性的に人材不足ですので、様々な求人があります。

探してみると自分のライフスタイルにあった求人が見つかりますよ。

ちょっとでも気になる求人を見つけたら、あたって砕けろ、の気持ちでチャレンジしてみましょう。

自分の努力や気持ちの持ち方次第で、やりがいのある仕事になります。

人の出入りの多いと言われるコールセンター業界ですが、実際には、コールセンター業界の様々な業務を渡り歩いている、という猛者も多いのも事実です。

一度入ってしまうと、他の業務も経験してみたくなる、そんな魅力のある業界ともいえます。

自分にあった、業務を探して、コールセンター業界への一歩を踏み出すつもりで、チャレンジするのもいいでしょう。


関連キーワード

コールセンター求人

コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌でには、様々な仕事がありますが、せっかく働くなら、時給が高くて、稼ぎやすい方がいいですよね。そこで、他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くておすすめなのが、コールセンターです。ここでは、コールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は、大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて、時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも、1000円以上で設定されている場合もあるため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMで良くある場面ではないでしょうか。しかし、実際には、皆さんが電話をかけて最初に対応するオペレーターは、派遣やバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターで良くある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターの対応でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合もあります。メイン

コールセンター管理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。しかし、当然オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、オペレーターを管理、育成する業務があります。でも、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージがわきずらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば、勤怠の管理をしたり、業務知識を身に付けてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターは、お客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そのオペレーターを

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?経験者が教えます

今回はコールセンターの職種について経験を元に紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です。大きく分けると、積極的に発信をするアウトバウンドの業務と、お客さんからの問い合わせを受け付けるインバウンドの業務と二つに分けられます。コールセンターは会社でどういう役割を求められる?これはコールセンターにどういう役割を持たせているかによって役割は大きく異なってきます。目的別に細かく見ていきたいと思います。コールセンターの役割は、大きく二つに分けられると言いました。その中でもいくつかの目的が

福岡コールセンター求人の特徴や、人気な会社・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

コールセンターの仕事は全般的に時給が高いと言われています。また求人数の多いので人気の職種の1つです。今回は、福岡のコールセンターはなぜ時給が高いのか、実際にはどのような仕事をするのか解説いたします、コールセンターの仕事はどんな仕事?大きく分けて、受電(インバウンド)と架電(アウトバウンド)の2つに分かれます。アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。インバウンドのお仕事は、お客様からのお問合せや申し込みの受付の対応を行うものです。ここからは、実際にどのように仕事を進めていくものなのか詳しくご紹介します。コールセンターの仕事内容とは?アウトバウンド(架電):サービス

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、いろいろな求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多いので、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒に感じているという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人や、これから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事は

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間

受信コールセンター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されますでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人です。今回は、受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは場所や内容によっては時給が高い所があるんです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので気軽に始められるアルバイトです!この記事が、皆様のお役に立てることを祈りながら書かせて頂きましたので、是非ご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では受信専用のコールセンターのアルバイト求人について紹介していきます。まずは受信専用のコールセンターがどういう仕事なのか、業務内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。受信専用のコールセンターバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客に電話をかけることはほとんどありません。営業電話をかけることはしないので、お客からの電話を待ちます。業務内容によってマニュアルがあり、そのマニュアルを基本に対応していきます。受信コ

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などを行っていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょうか。いずれにしても、転職は力がいることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、オペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐に渡るので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一言に言っても、仕事の案件は様々です。企業が提供している


コールセンター求人に関するコラム

コールセンター男性におすすめな仕事内容とその特徴。働きやすさや待遇など!

今回は、コールセンターで男性におすすめの仕事とその特徴を紹介していきます。コールセンターのおおまかな仕事内容大きく分けて2つあります。①インバウンドいわゆる受付業務です。ジャパネットたかたさんなんかを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。お申し込みなどの電話を待って受付業務をするのがインバウンドの仕事の1つです。そのほかにも、修理受付や問い合わせ受付など、お客様からの連絡を待つのが、インバウンドのコールセンターのお仕事です。②アウトバウンドアウトバウンドは、インバウンドの反対で、コールセンター側からの発信業務となります。分かりやすいのは、テレアポ業務です。法人や個人のお客様先へ電話をし

バイトならコールセンターがオススメな8個の理由。現役コールセンターの管理者の立場で紹介

アルバイトを探すとき、気になるのは時給や通いやすさでしょうか。でも、せっかく働くなら、社会人になって役立つスキルも身に付けたいですよね。実は、コールセンターでのアルバイトでは、役立つスキルを身に付けながら、しっかり稼ぐことができ、服装や勤務時間の融通がきくなど、メリットがたくさんあります。現役コールセンター管理者の視点から、アルバイトにおすすめのポイントをご紹介します。コールセンターはどんな仕事?コールセンターの仕事は、主にインバウンドとアウトバウンドに分けられます。2つの仕事の違いと、特徴をご紹介します。インバウンドお客様からのお問い合わせを受け付けする仕事です。例えば通販の注文受付や、会員

コールセンターの面接でチェックされるポイントとは?現役コールセンターの管理者が面接対策や採用されやすい人の特徴を解説

コールセンターのイメージは、制服を着た女性がヘッドセットを付けてパソコンに向かっている、CMなどで見かける場面かもしれません。普段は目に見えない分、職場の雰囲気がわかりずらいですよね。そのため、時給が高かったり、時間の融通がききやすいため、働いてみたいと思っても、チャレンジしずらいかもしれません。ここでは、コールセンターでの面接でチェックされやすいポイントと、採用されやすい人についてご紹介します。コールセンター求人の種類についてコールセンターの求人には、主に2つの種類があります。インバウンドお客様のお電話をうける仕事です。皆さんがフリーダイヤルに電話をするとつながる窓口で、お客様の対応をします

コールセンターで働くメリットとは?3年働いた私が7個のメリットを紹介

コールセンターでの業務というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。おそらく、お客様から寄せられた困りごとの手助けをして感謝される一方、クレームの処理が多くてストレスが溜まりそうといったイメージが一般的だと思われます。それ以外にも、いつ電話がかかってきて何を言われるか分からないから怖い、電話は苦手だ、といった印象を持つ方も多いでしょう。ここでは、コールセンターにはどんな業務があり、実際にどのような心構えでお客様の対応をするのか。またコールセンターで働くことのメリットや、実際の業務が向く人はどんなタイプが多いのか、紹介していきます。コールセンターの大まかな仕事内容とは?コールセンターの仕事内

コールセンターのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、コールセンターと言われてどのような仕事が思い浮かぶでしょうか。電話対応、クレーム処理、アドバイス、開拓営業など、いろいろな仕事が思い浮かぶと思います。確かにコールセンターと言いましても、導入している企業の考え方によってコールセンターで行う業務は様々になります。ですが、一つ間違いなく言えることがあります。実はコールセンターはかなり自己成長できる仕事なのです。では、今からコールセンターのやりがいを語っていきたいと思います。コールセンターってどんな仕事?コールセンターとは電話対応業務専門窓口のことです。仕事としてはお客様から商品やサービスの問い合わせがあれば、電話での疑問解消を行います。