電話で様々な問い合わせに対応したり、逆に電話を指定先にかけたりする、コールセンターの仕事は、よく求人が出ている仕事の一つです。

精神的な負担が大きく、スタッフの入れ替わりが激しいため、ということもあるかもしれません。

そのため、時給や給料も他の仕事に比べ高めに設定されていることが多いです。

この記事では、コールセンターの給料や相場について詳しく紹介します。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正社員の新卒入社した場合の給料は、会社や地方により違いはありますが年収300~400万程度の給料が平均的のようです。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合の給料も、同じく年収300~400万程度が平均的です。

また、電話対応をするオペレーターではなく、その管理をするマネージャー職での採用であれば、責任能力やマネジメント能力も求められるため、年収400~600万円程度となっています。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの場合は、時給での求人が多いです。

派遣会社からの募集も多いです。

こちらも会社や地方により差がありますが、1200円~1800円くらいの時給が平均的のようです。

電話が多く、処理する業務量が多い会社ほど、時給も高く設定されています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

しっかりした会社であれば、年間3カ月+αの賞与が一般的に支給されます。

昇給

通常の電話対応について、問題なくこなせていると判断された場合や、特にお客様からの評判がよいと評価されたりした場合、定期的な昇給がある場合があります。

また、チームリーダーやマネージャーに昇格した際にも昇給があります。

給与が高い人は何が違うの?

同じ仕事内容でも、給与が高いスタッフもいます。

そこにはどんな違いがあるのでしょうか?

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スキル

人間性やコミュニケーション能力が重要視されます。

お客様が気持ちよく感じられるような対応が毎回できているか、ということが評価されます。

役職

チームリーダーとして、そのチームの業務を取りまとめる役割になると、多少の給料アップがあります。

また、十分に経験を積み、という、オペレーターを管理し、相談役となるSV(スーパーバイザー)の役職に就くと給料もかなりアップします。

新人研修を行い、オペレーターを育てるトレーナーという役職もあります。

こちらも就任すると給料アップが見込めます。

勤続年数

離職率の高い、コールセンターの仕事ですから、勤続年数の長いスタッフはやはり評価されます。

定期的に給料の見直しなどがあり、年に1回や半年に1回のペースで時給アップがある会社もあります。

地域

やはり関東近辺のコールセンターの業務は、業務量が多いことなどから給与が高めに設定されています。

時給は平均1200円~1800円くらいです。

それに比べ、地方でのコールセンターの求人は時給1000円~1500円が平均的のようです。

コールセンターの給料の決まり方

コミュニケーション能力の高さが評価される

コールセンターの仕事は、いかに気持ちよく会話を進めていくかです。

そのためには高いコミュニケーション能力が必要になります。

会話のきっかけから、そのお客様が何を求めているのかを読み取り、的確な答えを用意し伝えることが求められます。

電話の内容は音声録音されているところも多く、定期的にランダムで音声データを管理者が聞き、そのオペレーターの能力を判断することで昇給など、給料が決定するところもあるようです。

インセンティブがある会社も

まれに、インセンティブが発生する会社もあります。

その電話がきっかけで会社のサービスの契約につながった場合、1契約あたり〇〇円というインセンティブが発生するというようなことです。

その他、解約受付のコールセンターで解約を阻止した場合に、解約阻止件数がインセンティブになったり、月間の成績をまとめた際の成績上位者にインセンティブがあるというパターンもあります。

インセンティブがある会社の場合は、通常の給与+インセンティブが実際の給料になります。

コールセンターで給料をあげるためにやるべき4個のこと

せっかく精神的にも負担のあるコールセンターで働くのですから、できるだけ給料を上げる努力をしたいですよね。

ここでは、そのためにやるべき方法をご紹介します。

積極的に話しかけコミュニケーションの機会を増やす

とにかく色々な人と話す機会を増やすことです。

気の合う友達はもちろん、あまり普段コミュニケーションを取らないご近所さんや、よく行く店で見かけるけど挨拶くらいしかしない、という知り合いにも積極的に話しかけて会話を楽しんでみることです。

この年代の人はこんな考え方をしているのか…など、コールセンターでの業務にも役立つ会話のきっかけが見つかるはずです。

顧客の満足度を高める

コールセンターでは、問い合わせをしたお客様の満足度や対応できる幅の広さでその評価が上がり、給料アップにつながることがあります。

電話をしてきた相手の求めるものを、会話の中で正確に理解し、その求める答えを適切に提示することで顧客の満足度が上がります。

「あなたに対応してもらえてよかったわ」「次もあなたを指名するわ」などの言葉が聞ければ、かなり満足度が高かったことがわかります。

自分が相手の立場だったらどんな答えを求めているかを意識して対応することが重要です。

専門的な役職に就く

オペレーターとしてスタートした後、スキルを磨き、リーダーシップや責任能力が必要な管理・相談役であるSV(スーパーバイザー)や、専門的な知識を身につけ新人研修を担当するトレーナーに就任するなど、さらにレベルアップした職種へチャレンジすることも給料を上げる近道です。

インセンティブがある場合、意識的に取りに行く

インセンティブがある場合は、それを普段の業務から意識して件数を取るよう努力することです。

契約に結びつけるため、または解約を阻止するためにどんな会話のテクニックが必要か、どんな情報を知らせることが重要かなど、自分でも担当者に確認したり勉強することが件数につながります。

インセンティブが多くとれれば給料も上がります。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

コールセンターの求人は多数募集されていますが、給料をアップさせるための仕事選びにはコツがあります。

求人情報の見極め方をご紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

シンプルに給与相場が今より高い仕事を選ぶことが給料アップにつながります。

月給の場合に時給換算するなどして、今の条件ときちんと比較することも必要です。

賞与や昇給制度をチェック

求人情報をくまなくチェックし、賞与があるのか、どんなタイミングや条件で昇給があるのかをきちんとチェックしましょう。

残業代はちゃんと出る?

残業代が出ないところも多くあります。

きちんと出るのかどうか、事前に確認することが重要です。

交通費や福利厚生は?

派遣などで働く場合は交通費が出ないことがほとんどですが、その他の場合交通費が支給されるかどうかもチェックが必要です。

福利厚生についても会社によって様々です。

自分にとって有利な項目があるかどうかを確認しておきましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

1年後に時給が50円アップ

筆者の場合、派遣会社からの派遣で、映像サービスを提供する会社のコールセンターで働いていました。

サービス内容についての問い合わせや、加入する際の手続きなどについて詳しく説明するなど、サービス内容について詳しく理解していること、正確に対応できていることが求められました。

勤務態度や対応件数の多さなどが評価され、1年後には時給が50円アップしました。

インセンティブは無かったが…

筆者の勤務していた会社の体制では、インセンティブはありませんでした。

しかし、電話対応の中でより単価の高いサービスを進めて実際に契約につながった時、他のサービスも追加で進めて追加加入につながった時などは、「非常に良い対応の例」として、定期的に行われていたミーティングの席で担当者の名前と合わせて紹介されました。

自身の対応が褒められるとモチベーションも上がりましたし、そんな対応が日頃から多くできているかは、給与評価や定期的な昇給にもつながっていたように感じています。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

コールセンターの仕事には様々な雇用形態があります。

正社員での採用であれば、もちろん月給も高いですし、福利厚生も充実し安定感があります。

年収300~400万円が平均的で、SV(スーパーバイザー)などの上級職になれば、年収400~600万円も可能です。

派遣になると、時給1200円程度が平均的、月給に換算すると約19~20万円というところです。

契約社員になると、時給は平均1400円程度に上がり、月給も約22~23万円程度になります。

アルバイトの場合も時給1200円が平均的。

毎日フルタイムで入ればある程度の月給が見込めます。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

やはり安定感は抜群。

賞与もあり、年収は他の雇用形態と比べ高いです。

しかし、その分責任も求められます。

深刻なクレームの対応や、最終的な問題解決ができるまでの業務を求められますし、残業もある程度覚悟しないといけないでしょう。

派遣

高時給での求人が多く、派遣コーディネーターが勤務先との間に入るので、何か要望があったりする時もコーディネーターに伝えることで解決しやすいです。

しかし、派遣契約は期間が決まっていることも多く、本人の希望に反して契約を終了される可能性もあります。

契約社員

正社員ほどの責任を求められることもなく、ある程度安定した月給が見込めるのが良い点。

しかし、契約年数が決まっていたり、会社都合で次の年の契約更新がされないこともあり、同じく本人の希望に反して契約を終了される可能性も。

アルバイト

自分の希望する時間帯で、他職種に比べ高時給で働けるのが良い点。

しかし、業務内容は正社員と同じことも多く、アルバイトにも関わらず難しい業務内容をこなすことを求められることもあります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

様々な雇用形態があるコールセンターの仕事ですが、それぞれにおすすめポイントがあります。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

正社員

何といっても安定感は抜群。

賞与や昇給も見込めるので、ある程度稼ぎたいという方にはやはり正社員が向いています。

社会的な信用もあるので、住宅ローンを組みたい、と考える方にも正社員がおススメ。

ただ、待遇に比例して仕事の責任も大きくなるため、大きな仕事ほどやりがいを感じるという方にはぴったりの雇用形態です。

また、SV(スーパーバイザー)やトレーナーなどの上級職は基本的に正社員が採用されるため、キャリアアップを目指す方も正社員で働くのがよさそうです。

契約社員

正社員ほどではないですが、給与も安定しそれなりに稼ぐことができる雇用形態です。

正社員ほど会社にしばられたくないという方にも向いています。

契約社員から正社員登用されることも多いので、正社員になる前にお試し勤務のような感覚で、まずは契約社員として働く、というのも一つの手です。

アルバイト

勤務時間を自分で決めることができ、短時間で効率よく働きたい方に向いている雇用形態です。

他にやりたい仕事がある場合など、ダブルワークをしたい方にもおススメです。

派遣

派遣会社から派遣されるため、会社や組織にあまりしばられない点が魅力です。

派遣コーディネーターが勤務先の担当者との間に入るので、直接言いにくい不満や要望も伝えやすいことがあります。

派遣期間が決まっている会社も多いので、ひとつの勤務先で長く働くのではなく、いくつかの勤務先で働き比べてみたい、という方にもおススメです。

まとめ

高時給で求人も多いコールセンターの仕事ですが、色々な雇用形態があり、給与も勤務実績やインセンティブなどで異なってきます。

求人情報を詳しくチェックし、自分が一番働きやすく高い給与が見込める勤務先を見極めることが重要です。

正社員登用や上級職へのキャリアアップを目指す方にも向いている仕事です。

電話応対のマナーも身に付きますので、興味のある方はトライしてみてはいかがでしょうか?

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

コールセンター求人

コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌でには、様々な仕事がありますが、せっかく働くなら、時給が高くて、稼ぎやすい方がいいですよね。そこで、他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くておすすめなのが、コールセンターです。ここでは、コールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は、大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて、時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも、1000円以上で設定されている場合もあるため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMで良くある場面ではないでしょうか。しかし、実際には、皆さんが電話をかけて最初に対応するオペレーターは、派遣やバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターで良くある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターの対応でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合もあります。メイン

コールセンター管理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。しかし、当然オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、オペレーターを管理、育成する業務があります。でも、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージがわきずらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば、勤怠の管理をしたり、業務知識を身に付けてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターは、お客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そのオペレーターを

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?経験者が教えます

今回はコールセンターの職種について経験を元に紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です。大きく分けると、積極的に発信をするアウトバウンドの業務と、お客さんからの問い合わせを受け付けるインバウンドの業務と二つに分けられます。コールセンターは会社でどういう役割を求められる?これはコールセンターにどういう役割を持たせているかによって役割は大きく異なってきます。目的別に細かく見ていきたいと思います。コールセンターの役割は、大きく二つに分けられると言いました。その中でもいくつかの目的が

福岡コールセンター求人の特徴や、人気な会社・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

コールセンターの仕事は全般的に時給が高いと言われています。また求人数の多いので人気の職種の1つです。今回は、福岡のコールセンターはなぜ時給が高いのか、実際にはどのような仕事をするのか解説いたします、コールセンターの仕事はどんな仕事?大きく分けて、受電(インバウンド)と架電(アウトバウンド)の2つに分かれます。アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。インバウンドのお仕事は、お客様からのお問合せや申し込みの受付の対応を行うものです。ここからは、実際にどのように仕事を進めていくものなのか詳しくご紹介します。コールセンターの仕事内容とは?アウトバウンド(架電):サービス

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、いろいろな求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多いので、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒に感じているという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人や、これから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事は

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間

受信コールセンター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されますでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人です。今回は、受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは場所や内容によっては時給が高い所があるんです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので気軽に始められるアルバイトです!この記事が、皆様のお役に立てることを祈りながら書かせて頂きましたので、是非ご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では受信専用のコールセンターのアルバイト求人について紹介していきます。まずは受信専用のコールセンターがどういう仕事なのか、業務内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。受信専用のコールセンターバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客に電話をかけることはほとんどありません。営業電話をかけることはしないので、お客からの電話を待ちます。業務内容によってマニュアルがあり、そのマニュアルを基本に対応していきます。受信コ

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などを行っていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょうか。いずれにしても、転職は力がいることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、オペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐に渡るので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一言に言っても、仕事の案件は様々です。企業が提供している


コールセンター求人に関するコラム

コールセンター男性におすすめな仕事内容とその特徴。働きやすさや待遇など!

今回は、コールセンターで男性におすすめの仕事とその特徴を紹介していきます。コールセンターのおおまかな仕事内容大きく分けて2つあります。①インバウンドいわゆる受付業務です。ジャパネットたかたさんなんかを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。お申し込みなどの電話を待って受付業務をするのがインバウンドの仕事の1つです。そのほかにも、修理受付や問い合わせ受付など、お客様からの連絡を待つのが、インバウンドのコールセンターのお仕事です。②アウトバウンドアウトバウンドは、インバウンドの反対で、コールセンター側からの発信業務となります。分かりやすいのは、テレアポ業務です。法人や個人のお客様先へ電話をし

バイトならコールセンターがオススメな8個の理由。現役コールセンターの管理者の立場で紹介

アルバイトを探すとき、気になるのは時給や通いやすさでしょうか。でも、せっかく働くなら、社会人になって役立つスキルも身に付けたいですよね。実は、コールセンターでのアルバイトでは、役立つスキルを身に付けながら、しっかり稼ぐことができ、服装や勤務時間の融通がきくなど、メリットがたくさんあります。現役コールセンター管理者の視点から、アルバイトにおすすめのポイントをご紹介します。コールセンターはどんな仕事?コールセンターの仕事は、主にインバウンドとアウトバウンドに分けられます。2つの仕事の違いと、特徴をご紹介します。インバウンドお客様からのお問い合わせを受け付けする仕事です。例えば通販の注文受付や、会員

コールセンターの面接でチェックされるポイントとは?現役コールセンターの管理者が面接対策や採用されやすい人の特徴を解説

コールセンターのイメージは、制服を着た女性がヘッドセットを付けてパソコンに向かっている、CMなどで見かける場面かもしれません。普段は目に見えない分、職場の雰囲気がわかりずらいですよね。そのため、時給が高かったり、時間の融通がききやすいため、働いてみたいと思っても、チャレンジしずらいかもしれません。ここでは、コールセンターでの面接でチェックされやすいポイントと、採用されやすい人についてご紹介します。コールセンター求人の種類についてコールセンターの求人には、主に2つの種類があります。インバウンドお客様のお電話をうける仕事です。皆さんがフリーダイヤルに電話をするとつながる窓口で、お客様の対応をします

コールセンターで働くメリットとは?3年働いた私が7個のメリットを紹介

コールセンターでの業務というと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。おそらく、お客様から寄せられた困りごとの手助けをして感謝される一方、クレームの処理が多くてストレスが溜まりそうといったイメージが一般的だと思われます。それ以外にも、いつ電話がかかってきて何を言われるか分からないから怖い、電話は苦手だ、といった印象を持つ方も多いでしょう。ここでは、コールセンターにはどんな業務があり、実際にどのような心構えでお客様の対応をするのか。またコールセンターで働くことのメリットや、実際の業務が向く人はどんなタイプが多いのか、紹介していきます。コールセンターの大まかな仕事内容とは?コールセンターの仕事内

コールセンターのやりがいとは?経験者の私が感じる4個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

みなさんは、コールセンターと言われてどのような仕事が思い浮かぶでしょうか。電話対応、クレーム処理、アドバイス、開拓営業など、いろいろな仕事が思い浮かぶと思います。確かにコールセンターと言いましても、導入している企業の考え方によってコールセンターで行う業務は様々になります。ですが、一つ間違いなく言えることがあります。実はコールセンターはかなり自己成長できる仕事なのです。では、今からコールセンターのやりがいを語っていきたいと思います。コールセンターってどんな仕事?コールセンターとは電話対応業務専門窓口のことです。仕事としてはお客様から商品やサービスの問い合わせがあれば、電話での疑問解消を行います。