電話で様々な問い合わせに対応したり、逆に電話を指定先にかけたりする、コールセンターの仕事は、よく求人が出ている仕事の一つです。

精神的な負担が大きく、スタッフの入れ替わりが激しいため、ということもあるかもしれません。

そのため、時給や給料も他の仕事に比べ高めに設定されていることが多いです。

この記事では、コールセンターの給料や相場について詳しく紹介します。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正社員の新卒入社した場合の給料は、会社や地方により違いはありますが年収300~400万程度の給料が平均的のようです。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合の給料も、同じく年収300~400万程度が平均的です。

また、電話対応をするオペレーターではなく、その管理をするマネージャー職での採用であれば、責任能力やマネジメント能力も求められるため、年収400~600万円程度となっています。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの場合は、時給での求人が多いです。

派遣会社からの募集も多いです。

こちらも会社や地方により差がありますが、1200円~1800円くらいの時給が平均的のようです。

電話が多く、処理する業務量が多い会社ほど、時給も高く設定されています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

しっかりした会社であれば、年間3カ月+αの賞与が一般的に支給されます。

昇給

通常の電話対応について、問題なくこなせていると判断された場合や、特にお客様からの評判がよいと評価されたりした場合、定期的な昇給がある場合があります。

また、チームリーダーやマネージャーに昇格した際にも昇給があります。

給与が高い人は何が違うの?

同じ仕事内容でも、給与が高いスタッフもいます。

そこにはどんな違いがあるのでしょうか?

スキル

人間性やコミュニケーション能力が重要視されます。

お客様が気持ちよく感じられるような対応が毎回できているか、ということが評価されます。

役職

チームリーダーとして、そのチームの業務を取りまとめる役割になると、多少の給料アップがあります。

また、十分に経験を積み、という、オペレーターを管理し、相談役となるSV(スーパーバイザー)の役職に就くと給料もかなりアップします。

新人研修を行い、オペレーターを育てるトレーナーという役職もあります。

こちらも就任すると給料アップが見込めます。

勤続年数

離職率の高い、コールセンターの仕事ですから、勤続年数の長いスタッフはやはり評価されます。

定期的に給料の見直しなどがあり、年に1回や半年に1回のペースで時給アップがある会社もあります。

地域

やはり関東近辺のコールセンターの業務は、業務量が多いことなどから給与が高めに設定されています。

時給は平均1200円~1800円くらいです。

それに比べ、地方でのコールセンターの求人は時給1000円~1500円が平均的のようです。

コールセンターの給料の決まり方

コミュニケーション能力の高さが評価される

コールセンターの仕事は、いかに気持ちよく会話を進めていくかです。

そのためには高いコミュニケーション能力が必要になります。

会話のきっかけから、そのお客様が何を求めているのかを読み取り、的確な答えを用意し伝えることが求められます。

電話の内容は音声録音されているところも多く、定期的にランダムで音声データを管理者が聞き、そのオペレーターの能力を判断することで昇給など、給料が決定するところもあるようです。

インセンティブがある会社も

まれに、インセンティブが発生する会社もあります。

その電話がきっかけで会社のサービスの契約につながった場合、1契約あたり〇〇円というインセンティブが発生するというようなことです。

その他、解約受付のコールセンターで解約を阻止した場合に、解約阻止件数がインセンティブになったり、月間の成績をまとめた際の成績上位者にインセンティブがあるというパターンもあります。

インセンティブがある会社の場合は、通常の給与+インセンティブが実際の給料になります。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コールセンターで給料をあげるためにやるべき4個のこと

せっかく精神的にも負担のあるコールセンターで働くのですから、できるだけ給料を上げる努力をしたいですよね。

ここでは、そのためにやるべき方法をご紹介します。

積極的に話しかけコミュニケーションの機会を増やす

とにかく色々な人と話す機会を増やすことです。

気の合う友達はもちろん、あまり普段コミュニケーションを取らないご近所さんや、よく行く店で見かけるけど挨拶くらいしかしない、という知り合いにも積極的に話しかけて会話を楽しんでみることです。

この年代の人はこんな考え方をしているのか…など、コールセンターでの業務にも役立つ会話のきっかけが見つかるはずです。

顧客の満足度を高める

コールセンターでは、問い合わせをしたお客様の満足度や対応できる幅の広さでその評価が上がり、給料アップにつながることがあります。

電話をしてきた相手の求めるものを、会話の中で正確に理解し、その求める答えを適切に提示することで顧客の満足度が上がります。

「あなたに対応してもらえてよかったわ」「次もあなたを指名するわ」などの言葉が聞ければ、かなり満足度が高かったことがわかります。

自分が相手の立場だったらどんな答えを求めているかを意識して対応することが重要です。

専門的な役職に就く

オペレーターとしてスタートした後、スキルを磨き、リーダーシップや責任能力が必要な管理・相談役であるSV(スーパーバイザー)や、専門的な知識を身につけ新人研修を担当するトレーナーに就任するなど、さらにレベルアップした職種へチャレンジすることも給料を上げる近道です。

インセンティブがある場合、意識的に取りに行く

インセンティブがある場合は、それを普段の業務から意識して件数を取るよう努力することです。

契約に結びつけるため、または解約を阻止するためにどんな会話のテクニックが必要か、どんな情報を知らせることが重要かなど、自分でも担当者に確認したり勉強することが件数につながります。

インセンティブが多くとれれば給料も上がります。

給料をアップさせるための求人の選び方

コールセンターの求人は多数募集されていますが、給料をアップさせるための仕事選びにはコツがあります。

求人情報の見極め方をご紹介します。

給与相場が今よりも高いところを探そう

シンプルに給与相場が今より高い仕事を選ぶことが給料アップにつながります。

月給の場合に時給換算するなどして、今の条件ときちんと比較することも必要です。

賞与や昇給制度をチェック

求人情報をくまなくチェックし、賞与があるのか、どんなタイミングや条件で昇給があるのかをきちんとチェックしましょう。

残業代はちゃんと出る?

残業代が出ないところも多くあります。

きちんと出るのかどうか、事前に確認することが重要です。

交通費や福利厚生は?

派遣などで働く場合は交通費が出ないことがほとんどですが、その他の場合交通費が支給されるかどうかもチェックが必要です。

福利厚生についても会社によって様々です。

自分にとって有利な項目があるかどうかを確認しておきましょう。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

1年後に時給が50円アップ

筆者の場合、派遣会社からの派遣で、映像サービスを提供する会社のコールセンターで働いていました。

サービス内容についての問い合わせや、加入する際の手続きなどについて詳しく説明するなど、サービス内容について詳しく理解していること、正確に対応できていることが求められました。

勤務態度や対応件数の多さなどが評価され、1年後には時給が50円アップしました。

インセンティブは無かったが…

筆者の勤務していた会社の体制では、インセンティブはありませんでした。

しかし、電話対応の中でより単価の高いサービスを進めて実際に契約につながった時、他のサービスも追加で進めて追加加入につながった時などは、「非常に良い対応の例」として、定期的に行われていたミーティングの席で担当者の名前と合わせて紹介されました。

自身の対応が褒められるとモチベーションも上がりましたし、そんな対応が日頃から多くできているかは、給与評価や定期的な昇給にもつながっていたように感じています。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

コールセンターの仕事には様々な雇用形態があります。

正社員での採用であれば、もちろん月給も高いですし、福利厚生も充実し安定感があります。

年収300~400万円が平均的で、SV(スーパーバイザー)などの上級職になれば、年収400~600万円も可能です。

派遣になると、時給1200円程度が平均的、月給に換算すると約19~20万円というところです。

契約社員になると、時給は平均1400円程度に上がり、月給も約22~23万円程度になります。

アルバイトの場合も時給1200円が平均的。

毎日フルタイムで入ればある程度の月給が見込めます。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

やはり安定感は抜群。

賞与もあり、年収は他の雇用形態と比べ高いです。

しかし、その分責任も求められます。

深刻なクレームの対応や、最終的な問題解決ができるまでの業務を求められますし、残業もある程度覚悟しないといけないでしょう。

派遣

高時給での求人が多く、派遣コーディネーターが勤務先との間に入るので、何か要望があったりする時もコーディネーターに伝えることで解決しやすいです。

しかし、派遣契約は期間が決まっていることも多く、本人の希望に反して契約を終了される可能性もあります。

契約社員

正社員ほどの責任を求められることもなく、ある程度安定した月給が見込めるのが良い点。

しかし、契約年数が決まっていたり、会社都合で次の年の契約更新がされないこともあり、同じく本人の希望に反して契約を終了される可能性も。

アルバイト

自分の希望する時間帯で、他職種に比べ高時給で働けるのが良い点。

しかし、業務内容は正社員と同じことも多く、アルバイトにも関わらず難しい業務内容をこなすことを求められることもあります。

「コールセンターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

この働き方は、こんな人におすすめ!

様々な雇用形態があるコールセンターの仕事ですが、それぞれにおすすめポイントがあります。

正社員

何といっても安定感は抜群。

賞与や昇給も見込めるので、ある程度稼ぎたいという方にはやはり正社員が向いています。

社会的な信用もあるので、住宅ローンを組みたい、と考える方にも正社員がおススメ。

ただ、待遇に比例して仕事の責任も大きくなるため、大きな仕事ほどやりがいを感じるという方にはぴったりの雇用形態です。

また、SV(スーパーバイザー)やトレーナーなどの上級職は基本的に正社員が採用されるため、キャリアアップを目指す方も正社員で働くのがよさそうです。

契約社員

正社員ほどではないですが、給与も安定しそれなりに稼ぐことができる雇用形態です。

正社員ほど会社にしばられたくないという方にも向いています。

契約社員から正社員登用されることも多いので、正社員になる前にお試し勤務のような感覚で、まずは契約社員として働く、というのも一つの手です。

アルバイト

勤務時間を自分で決めることができ、短時間で効率よく働きたい方に向いている雇用形態です。

他にやりたい仕事がある場合など、ダブルワークをしたい方にもおススメです。

派遣

派遣会社から派遣されるため、会社や組織にあまりしばられない点が魅力です。

派遣コーディネーターが勤務先の担当者との間に入るので、直接言いにくい不満や要望も伝えやすいことがあります。

派遣期間が決まっている会社も多いので、ひとつの勤務先で長く働くのではなく、いくつかの勤務先で働き比べてみたい、という方にもおススメです。

まとめ

高時給で求人も多いコールセンターの仕事ですが、色々な雇用形態があり、給与も勤務実績やインセンティブなどで異なってきます。

求人情報を詳しくチェックし、自分が一番働きやすく高い給与が見込める勤務先を見極めることが重要です。

正社員登用や上級職へのキャリアアップを目指す方にも向いている仕事です。

電話応対のマナーも身に付きますので、興味のある方はトライしてみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

コールセンター求人