コールセンターの仕事は全般的に時給が高いと言われています。

また求人数の多いので人気の職種の1つです。

今回は、福岡のコールセンターはなぜ時給が高いのか、実際にはどのような仕事をするのか解説いたします、

コールセンターの仕事はどんな仕事?

大きく分けて、受電(インバウンド)と架電(アウトバウンド)の2つに分かれます。

アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。

インバウンドのお仕事は、お客様からのお問合せや申し込みの受付の対応を行うものです。

ここからは、実際にどのように仕事を進めていくものなのか詳しくご紹介します。

コールセンターの仕事内容とは?

アウトバウンド(架電):サービスの案内、商品の販売、アンケート調査など

誰に電話をする?

法人、個人あて両方あります。

会社の用意したお客様リストに沿ってお客様に電話をかけ、取り扱い商品のご案内をします。

会社によって、すでにお取引のある既顧客や会員様であったり、まったく初めてのお客様であったり、法人相手の場合もあります。

お客様の年代等も案内の内容によりさまざまです。

話す内容は?

基本的にトークスクリプト(会話内容の台本)が用意されていますので、ほとんどスクリプト通りに読みます。

もちろんお客様のお返事はさまざまなので、スクリプト通りに会話が進まない場合もあります。

その場合の返答例、よくある質問への回答例もしっかり用意されているので、安心して会話が進められます。

専門知識などはほとんど必要がない場合が多いです。

話終わったあとは?

その時のお客様との会話内容は、PCの顧客リストの中の所定箇所に、しっかりと記録します。

同じお客様に時間をおいてから再度のご案内をする場合や、お客様からコールバックを受ける場合もありますので、その際には過去の対応履歴を参考にして会話を進められます。

何か困ったら?

お客様に言われた内容に、自分で判断ができない時など会話に困ってしまった場合には、近くにリーダーやスーパーバイザー(オペレーターのまとめ役)がいるので、すぐに質問をすることができます。

インバウンド(受電):サービス内容や使用方法の問い合わせ受付、通販番組の申し込み受付など

誰からの電話を受ける?

会社の商品を使用しているお客様や商品を購入したいお客様からかかってくる電話の対応です。

話す内容は?

基本のトークスクリプト(会話内容の台本)は用意されていますが、お客様の内容により対応は様々です。

PCのシステムを開いて、その中からお客様の問い合わせ情報を探してお答えしていきます。

すべてを自分の知識として記憶しておく必要はありませんが、ある程度の内容や用語の意味などは覚えていないと対応に時間がかかりすぎてしまう場合があります。

話終わったあとは?

お客様からの問い合わせ対応の場合は、問い合わせの内容、お答えした内容をPCにしっかりと残します。

また通信販売の受付の場合は申し込み内容の記録、入金方法、発送先、発送方法など間違いなく正確にインプットしなくてはなりません。

何か困ったら?

インバウンドの場合もすぐ近くにスーパーバイザー(オペレーターのまとめ役)がいるので、安心です。

何かトラブルになりそうな会話の時には、スーパーバイザーが電話内容を一緒に聞いて、回答内容を直接教えてくれるので安心して対応ができます。

コールセンターの仕事のメリット・デメリットは?

メリット

  • 時給の相場が高い
  • 残業がないのでプライベートの時間が守られる
  • 年齢、経歴、学歴が問われない
  • 服装、髪型が自由
  • 導入研修やマニュアルがしっかりしているので誰にでも始められる

アウトバウンドのメリット

  • シフトを希望通りに組みやすい(シフト自己申告制)ところが多い
  • 休暇がとりやすい
  • インバウンドよりも時給が高い
  • 成績によりインセンティブ(成功報酬)が出るところがある

インバウンドのメリット

  • かかってくる電話に対応するので、空き時間があるところもある
  • 24時間好きな時間に就業が可能
  • 自分からかけるプレッシャーがない 

デメリット

  • 仕事が合う、合わないがはっきりしている
  • 他のオペレーターと共同する業務ではないので人間関係が作りにくい
  • 1日中座ったまま電話とPCの操作になるので、肩こりなどになることがある

アウトバウンドのデメリット

  • ある程度トーク術が要求される場合がある
  • 電話の会話のみでの営業をするところは断られて心が折れることがある
  • ノルマがある会社もある
  • ノルマではないが、一定の成績が得られないと契約更新ができないところもある

インバウンドのデメリット

  • クレーム対応をする場合がある 
  • 状況によっては夜中のシフトとなる場合がある。
  • アウトバウンドより時給が低い

コールセンター求人の給与相場

大手の求人広告会社の調査では、2017年のコールセンターの時給相場は、全国平均でアルバイトの場合990円~1,100円、派遣社員で1,200円~1,340円となっています。

エリア別では、首都圏が1,350円、関西、東海地区が1,200円程度、北海道、東北、九州で1,000円~1,050円程度、沖縄で950円程度となっています。

通常のアルバイトの平均時給が首都圏で1,090円、関西、東海地区で1,030円程度、北海道、東北、九州で900円程度ですので、平均で100円以上は時給が高いことになります。

同じコールセンター業務でも、アウトバウンドの時給平均が1,280円程度、インバウンドの平均時給が1,100円程度(2017年7月度首都圏の時給平均)となり、アウトバウンドの方が時給が高い傾向です。

また、アウトバウンドでは仕事の内容によっては成功報酬が出る会社もあります。

コールセンター業務の時給はなぜ高いのか?

時給が高い分、仕事がきついのではないか?

そう考える方も多いかもしれませんが、答えはノー、と言ってよいでしょう。

では、なぜ高いのかというと、「合う、合わない」がはっきりしている、という事が挙げられます。

求人募集時に、特別な資格や技術など、求められるものは特にありません。

そのうえで高時給のため、応募してくる人はかなり多いと言えるでしょう。

ある程度のパソコン入力が出来て、電話で会話するのに困らない敬語ができればほとんど採用されます。

その後、内容によりますが2週間程度の導入研修があり、トレーナーがついて2~3週間のOJTが行われます。

仕事内容が自分に合わないと感じた人は、ここまでの段階で辞めてしまいます。

そのため、慢性的な人材不足が発生するので、比較的に時給が高く設定されているようです。

仕事内容が合えば、定着率は高いです。

用意されたトークスクリプトを読んでいるうちに、だんだん自分の言葉として身についてきますので、慣れてくると自然に話せるようになります。

そうなれば、あとは楽なので「コールセンター業務が自分に合う」と感じた方は長く就業している人が多いです。

また転職する場合も次もコールセンターを選ぶ方が多い様です。

福岡のコールセンター求人の特徴は?

福岡にはコールセンターが多い

全国の時給相場を先ほどご紹介しましたが、コールセンターは業務が電話だけで完結しますので、比較的人件費が抑えられる地域に設置されるケースが多いです。

そのため、九州や北海道には大手企業のコールセンターが集まっています。

コールセンターを専門に紹介している人材派遣会社がある

コールセンターの業務は、企業が直接アルバイトとして雇用する形態と、人材派遣会社を通して派遣社員として雇用する形態があります。

比較的、大企業は派遣社員として雇用するケースが多く、1箇所で100人以上のオペレーターがいるコールセンターも少なくありません。

その人材を安定的に確保するために、コールセンター専門の人材派遣会社が多くあります。

他の業務よりも時給が高いのは同じ

全国の時給相場は地域により差があることは先ほどご説明しました。

例えば首都圏から九州などに引っ越してきて求人を探した事がある方は、給料相場が低いことにショックを受けるかもしれません。

その中でもコールセンター業務では比較的高時給の求人が数多くあります。

最近では1,500円を超える求人もよく目にします。

こんな方には、コールセンターのお仕事がオススメ!

コールセンター業務には特別な技術は必要ありません。

ただ、「人と話すのが好き、」という方にはおススメのお仕事です。

また、シフトや勤務時間の希望が通りやすいので、プライベートを大切にしたい、という方にもおススメです。

時短で働きたいママさん

アウトバウンドのコールセンターはお客様の迷惑にならない時間帯に、電話をかけるので、勤務時間が9時から20時くらいまでの勤務の仕事がほとんどです。

また、こちらから電話をかけるので、常時何人が勤務をしていなければならないという縛りがありません。

時短勤務の方でも歓迎されます。

残業もありませんので、小さいお子さんがいるママさんでも安心してお仕事ができます。

学歴や経歴に関わらず挑戦したい方

最初は派遣社員としてオペレーター業務から始め、そこからスーパーバイザーになり、正社員として管理側に回る方もたくさんいらっしゃいます。

学歴や経歴は問われませんので、高卒の方でも正社員を目指すことも可能です。

肉体的にキツいのは苦手という方

基本的にオフィスから外に出ることはありません。

そのため営業で外回りをしたり、長時間立ちっぱなし、などということはありえません。

コールセンターは隣の人の話し声があまり聞こえすぎないように、広々したオフィスを使用しているところが多いです。

広々とした、きれいなオフィスでのデスクワークですので、肉体的に辛いのは嫌という方にはおススメです。

コールセンター求人で人気な会社の業態

コールセンターといっても、さまざまな業態があります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、いくつかの代表的なコールセンターをご紹介します。

大手テレビ通販番組の受付(インバウンド)

通販番組の放送時間中に電話が集中してかかってきます。

その他の時間はそれほど集中することはありませんので、時間的に余裕がある場合もあります。

時給は1,000円程度です。

人気の理由

大人数を採用しているので、採用確率はとても高いです。

インバウンドはシフトの縛りがきついところが多いですが、人数が多いため比較的希望が通ります。

健康食品の営業(アウトバウンド)

健康食品の紹介をして、販売を行うものです。

営業に自信がある方にはおすすめです。

時給は1,500円程度です。

人気の理由

販売実績に対して、安全歩合制のボーナスが付きます。

完全に自己申告制シフトで、好きな時間で就業が可能です。

電力、ガス等ライフライン契約案内(アウトバウンド)

電気やガスといったライフライン事業への新参入会社の紹介です。

個人宅へもありますが法人への案内が多いです。

時給は1,00円~1,100円程度です。

人気の理由

「電気料金の見直しをしませんか?」という導入の声掛けのみで、詳細の話は社員がしてくれます。

専門知識の習得などの必要がありません。

銀行系サービスの営業(アウトバウンド)

口座を持っている顧客相手に、キャンペーンや金融商品の案内をして銀行店舗への来店を誘致します。

時給は1,300円程度です。

人気の理由

口座を保有している既存顧客に向けての案内なので、まったく知らない相手への架電よりプレッシャーが少ないです。

営業成績によりボーナスが支給されます。

自分にあったコールセンターの求人の選び方のコツとは?!

インターネットで「コールセンター 求人」と検索すると、たくさんの求人情報があることがわかります。

以下に選び方のコツをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態で選ぶ

就業形態がアルバイトのものと派遣社員のものがあります。

派遣社員の方が時給が高めですが、派遣会社への登録時にある程度のパソコンスキルが求められます。

アルバイトは求人会社との直接契約になるので、社員登用の可能性は高くなります。

最初の時給設定は低めですが、定期的な昇給やボーナスなどが設定されているところも多いです。

【選び方②】アウトバウンドかインバウンドかで選ぶ

前の項目で、アウトバウンドとインバウンドの違いをご紹介しました。

アウトバウンドの方が、平均的に時給が高く、シフトも自由になりますが、営業をするプレッシャーがあります。

インバウンドの方が精神的なプレッシャーが少ないですが、時給は低めで、固定シフト制のところも多く土日勤務も比較的多いです。

【選び方③】会社の業態で選ぶ

お買い物が好き、通信機器に詳しいなど、自分の好きなことから業態を選ぶこともおすすめです。

特にアウトバンドで営業するときには、相手からニーズを引き出して、担当の商材の魅力を伝えることが効果的なため、「好き」なものにつながる商材を扱う業態での仕事であれば、取り組みやすいでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件で選ぶ

派遣社員として就業すると、社会保険もしっかり完備されており有給も取得しやすいです。

アルバイトとして就業する場合は、時短勤務でダブルワークが可能なところも多くあります。

給与と雇用条件が自分の期待に合致していれば、少し仕事が辛く感じても乗り越えられるということもあると思います。

まとめ

コールセンター業務について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

よく、コールセンターの仕事はクレーム対応が多くて大変!というイメージを持たれている方が多いようですが、実際にはアルバイトや派遣社員のオペレーターであれば直接クレーム対応をすることは、ほとんどありません。

スーパーバイザーや正社員として対応する際にも、電話越しという点では大きく守られているため、しっかりと対応手順を踏んでいれば、落ち着いて応対できるようになっていきます。

一度やってみると、こんなに働きやすいものなのだ、と長く続けられる方も多い職種です。

ご自分に合った求人を見つけてぜひ挑戦してみてください。


関連キーワード

コールセンター求人

コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌でには、様々な仕事がありますが、せっかく働くなら、時給が高くて、稼ぎやすい方がいいですよね。そこで、他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くておすすめなのが、コールセンターです。ここでは、コールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は、大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて、時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも、1000円以上で設定されている場合もあるため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMで良くある場面ではないでしょうか。しかし、実際には、皆さんが電話をかけて最初に対応するオペレーターは、派遣やバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターで良くある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターの対応でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合もあります。メイン

コールセンター管理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。しかし、当然オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、オペレーターを管理、育成する業務があります。でも、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージがわきずらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば、勤怠の管理をしたり、業務知識を身に付けてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターは、お客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そのオペレーターを

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?経験者が教えます

今回はコールセンターの職種について、経験を元に紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です。大きく分けると、積極的に発信をする「アウトバウンド」の業務と、お客様からの問い合わせを受け付ける「インバウンド」の業務と二つに分けられます。コールセンターは会社でどういう役割を求められる?コールセンターにどういう役割を持たせているかによって、役割は大きく異なってきます。ここからは、目的別に細かく見ていきたいと思います。先に、コールセンターの役割は大きく二つに分けられると述べました。その中

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、いろいろな求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多いので、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒に感じているという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人や、これから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事は

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間

受信コールセンター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されますでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人です。今回は、受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは場所や内容によっては時給が高い所があるんです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので気軽に始められるアルバイトです!この記事が、皆様のお役に立てることを祈りながら書かせて頂きましたので、是非ご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では受信専用のコールセンターのアルバイト求人について紹介していきます。まずは受信専用のコールセンターがどういう仕事なのか、業務内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。受信専用のコールセンターバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客に電話をかけることはほとんどありません。営業電話をかけることはしないので、お客からの電話を待ちます。業務内容によってマニュアルがあり、そのマニュアルを基本に対応していきます。受信コ

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などを行っていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょうか。いずれにしても、転職は力がいることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、オペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐に渡るので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一言に言っても、仕事の案件は様々です。企業が提供している

コールセンターの契約社員求人でよくある募集内容と、求められる責任や働く自由度とは?経験者が解説!

コールセンターでの働き方としては、正社員や契約社員などとしてフルタイムでがっつり稼ぐ、またはパートやアルバイトとして自分の都合に合わせて働くという選択肢があります。今回は、契約社員としてある程度の期間仕事をしたいと考えている方に、コールセンターの契約社員求人についてご紹介したいと思います。コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は大きく分けると2種類あります。カスタマーセンターや受注などのお客様からの問い合わせに対応する「インバウンド」業務、営業やアンケートなど、企業からお客様に発信する「アウトバウンド」と呼ばれる業務です。コールセンターの契約社員の大まかな仕事内容基本的に求めら