コールセンターは時給が高いというイメージがあるかと思います。

確かにイメージ通りコンビニや販売業の時給と比較すれば高いです。

それだけコールセンターは大変な仕事ですし、音声だけでお客様を納得させるわけですから話術や会話の組み立てかたなど技術も必要になってきます。

ですがやはり仕事内容以上に高時給というのは一つの大きな魅力です。

この記事ではコールセンターの時給について私の経験を元にご紹介していこうと思います。

コールセンターの時給の相場はどのくらい?

コールセンターの時給は900円~1200円くらいが相場です。

コールセンターと一言でいってもその種類は数多くあるため、安い時給もあれば高時給もあるのです。

時給で1000円以上稼げるのであれば充分に高時給と言えるでしょう。

コールセンターの時給の決まり方は?

ではコールセンターの時給はどのように決まるのか。

コールセンターに勤めている人のほとんどが時給で働いていますし、当然昇給もあります。

どのように時給が決まって昇給できるのかは各コールセンターによっても異なるとは思いますが、ここは私の経験に基づいてご紹介したいと思います。

スキル

コールセンターでいうスキルとはまずタイピングです。

基本的にコールセンターではお客様との会話の内容をパソコンにログとして残しておくため、お客様と会話をしながら常に記録をしています。

ですからタイピングの早さと正確さはとても重要なポイントです。

そのため、コールセンターでは入社の際、簡単なタイピングテストを実施しているところが多いです。

このテストであまりにも成果が悪いと不採用になってしまいます。

他にも話術です。

コールセンターではより生産性を出すために極力長時間対応を避けるのですが、そのためにも話術が必要になってきます。

いかに話を理解し簡潔に説明するか、どのようにクローズするかが重要です。

当然ながらこのスキルが優れているスタッフほど時給に繋がる評価は良いものになります。

役職

コールセンターでは一般スタッフ以外にも上司だったりがいます。

基本的には一般スタッフ、バックサポート、チームリーダー、スーパーバイザー、マネージャーの順で役職が上がっていきます。

簡単に役職について説明をしますと、バックサポートはまだ見習い期間のオペレーターの後ろについて対応に問題がないか等を確認する役割です。

チームはオペレーターが対応に困ったときや、確認事項をする際の相談を受けたり、対応交代したりします。

スーパーバイザーはリーダーの上の役割です。

もちろん、役職が上がっていけば時給も上がっていくことは間違いないですが、スーパーバイザーまでいかないと大きな時給アップは見込めないかもしれません。

昇給の条件

昇給の条件ですが、これは二つあります。

一つは昇格すること。

役職が上がることですね。

オペレーターからであれば、バックサポートとリーダーを経てスーパーバイザーくらいまで上がれば先程も述べたように時給が大きく変わると思います。

ですがこれは上のポストが空かないことには進まないので、これに期待をするのはあまりオススメできません。

そして二つが契約更新時です。

私が勤めていたコールセンターでは半年に一度契約更新があります。

その際にこれまでの成績やスキル、後は上司からの評価やお客様からの評価、勤続年数などによって時給が上がるというものです。

更新のスパンが半年に一度なので一年を通して二度昇給を狙えると言うことになります。

とは言うもののここでも昇給を狙うにはかなりの成績を納める必要があるので用意ではありません。

コールセンターの時給以外の気になる条件

コールセンターの時給については少しご理解いただけたでしょうか。

月給ではなく時給ですから仮に20円上がったとしたらたった20円等と思わず20円も上がったと喜んでいいでしょう。

一日8時間労働として160円も一日に貰える給料が増えるわけですから。

ここからは、時給以外の部分についてもいくつかご紹介していこうと思います。

時給ばかりに気をとられ福利厚生や待遇の面を見過ごすことがないよう注意してください。

残業代はちゃんと出る?

残業代は出ました。

就業時間を15分過ぎると以後1分単位で残業が出ていました。

コールセンターは基本的に残業の少ない仕事ではあるのですが、就業時間の5分前とかに対応が終わってしまったときは次を取らなければいけないので、それを取ると残業になることも多いです。

クレーマーに出くわしたときは何時間もの残業になることもありますがちゃんと残業代は支給されるので問題ないです。

また少し前に残業代の未払い問題が世間を騒がせたことでより残業代は支給されるようになっています。

ただ残業代の支給は翌々月の給料に支給されるため、頑張って残業した分は少し先にお預けとなります。

企業としても残業代を減らしたいため、就業時間を越えたら極力タイムカードを切って早く退社するよう促していました。

交通費や福利厚生は?

交通費も支給されます。

ただし家と職場の距離が規定よりも近くなければですが。

交通費の支給についてはその通勤手段によって金額が変わっていました。

電車などの公共交通機関であれば全額支給。

車通勤の場合は上限一万円。

自転車の場合は月五千円と規定がありますが支給はされていました。

その他福利厚生についてですが、基本的に週休二日。

入社から半年後には有給付与。

産休や育児休暇。

健康保険など申し分ないくらいに充実した福利厚生でした。

今どき福利厚生が整っていない企業は少ないでしょうし、コールセンターでは男性よりも女性社員のほうが多いため、女性に優しい待遇が設けられているのです。

シフトの希望は通りやすい?

シフトは各チームリーダーによって作成されるのですが、シフトの希望日を申告できる日数が決まっています。

シフトの希望日は最大三日までです。

ただその三日の希望に関してはほとんどと言っていいくらいに通してくれますので計画などは立てやすかったです。

後はチームリーダーがほどよい感じにシフトを作ってくれます。

基本的にコールセンターは定休日がないので祝日やGW、お盆などはあまり関係なくシフトを組まれます。

正月も元旦のみが定休日となっていて三が日は出勤になることもあります。

そのためなかなかまとまった休みを取ることができないため、旅行とか遠出の計画は立てにくいです。

ただ良い成績を納めて表彰されると翌月のシフト希望日が何日か増えたりすることもありました。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

入社二年目 契約更新時

私が最初に給料がアップしたのは入社二年目の契約更新時です。

金額にすると五千円程度でしたが、二年目にしての給料アップはすごいことだったようで、周囲からも祝福されました。

月五千円ですから時給にすると約30円程度ですが頑張った甲斐はあった思いました。

二年目の契約更新の日にスーパーバイザーから契約更新の紙を手渡され微妙に金額が上がっていることに驚いたのを覚えています。

本当に上がるんだという驚きとやっと二年目で早いほうではあるもののやっと上がったという達成感を感じました。

確かに金額で見れば少ないです。

給料アップと聞くとどうしても一万円程度は上がってほしいと言うのが本心でもありましたから。

ですが自分が努力が認められた証拠でもあり、モチベーションが上がることにも繋がりました。

コールセンターで時給を上げるための方法とは?

コールセンターは元々時給が高いだけに給料アップを狙うのは結構大変なことです。

ですが本人の努力次第では早々と給料アップをすることができます。

給料が上がることでモチベーションも上がりますし、稼ぐことの楽しさも分かったりします。

とは言うものの給料アップ難しいです。

ですがやってできないことでもなく、これから給料アップするための方法についてご紹介していくので本気で給料アップを狙うのであれば是非参考にしてみてください。

対応時間を縮める

まずは対応時間です。

対応時間とはお客様と話す対応の時間と終話後にログが書き途中であればそれを書き終える時間の合計が一件分の対応時間となります。

ですからお客様対応に10分、ログに5分だとしたら15分が対応時間になるのです。

この対応時間なにが問題かというと、評価の対象となるからです。

対応時間が早ければそれだけ生産性も多くなり、回転率も上がりますから当然評価はよくなります。

後はどのように対応時間を縮められるかが鍵となっていきます。

まずは対応力。

相手が何を伝えたいのかをしっかりと聞き取り理解することです。

ここができないと正直対応は進みません。

後は解決力とタイピングです。

解決力は正しい知識と判断能力が必要になりますし、タイピングは会話中に書く技術を上げることで終話後にログの時間を削減でき対応時間を縮めることができます。

品質をよくする

給料アップを狙うにはやはり評価が重要になってきます。

コールセンターでの評価は大きく分けて三つあります。

一つが対応時間。

二つが品質。

三つが勤務態度です。

対応時間については一つ前の項目で述べた通りなので、この項目では品質についてご紹介していこうと思います。

まずコールセンターでいう品質とは対応の良さです。

いかに丁寧分かりやすく伝えられているか。

説明に夢中でお客様が置き去りになっていないか。

その他にも口調や声の大きさ、滑舌などが品質の対象となります。

コールセンターではほとんどの会話を自動録音しており評価を決める際、スーパーバイザーなどが過去の対応を聞いて評価をつけていくのです。

他にもオペレーターが対応終了後に品質管理の人間がお客様にすぐ電話をして先程の対応がどうだったかなをランダムに聞いたりするのです。

そうすることでお客様の満足感を確認することができると同時によりリアルな評価がつけられます。

ですが、当然ながら品質をよくすれば対応時間は長くなっていくので、そこはもっと深い技術が必要になってきます。

無遅刻無欠席を続ける

一つ前の項目でも述べたようにここでは評価対象の三つ目である勤務態度はついてご紹介していこうと思います。

これはどこの企業に勤めていようとも共通の事です。

勤務態度がよければそれは直接評価に結び付きます。

例えば無遅刻無欠席やコールセンターはデスクワークですから良い姿勢での対応などでしょうか。

対応時間や品質向上には知識も技術も必要になってきます。

誰でも最初からそんな飛躍することはできず、努力だったり時間が必要になってきます。

ですが勤務態度に関しては入社一年目だろうがベテランだろうが誰にでも気を付けることができ、誰にでも良い評価に繋げることができるのです。

とは言うものの無遅刻無欠席など勤務態度を良くするというのは言葉で言うほど簡単ではありません。

最初は緊張感もあるため真面目にやれますが、少し慣れてくると背筋が曲がったり遅刻したりするようになるものです。

給料アップするためにもまずはすぐに始められる勤務態度から見直して見てはどうでしょう。

表彰を狙う

コールセンターで給料アップを狙うためには表彰を狙うと言う方法もあります。

表彰はしっかりと目に見える形で企業から褒美なり成果を褒めてもらえるので給料アップにも繋がってきます。

ではコールセンターではどのような表彰があるのか。

まずは月間MVPです。

これは一ヶ月間を通して対応時間の平均が最も短かった人に贈られるものです。

コールセンターではオペレーターが対応をしているとリアルタイムで全オペレーターに対応時間を見ることができます。

それによって誰が何分対応しているか等が確認できますし、一日、一ヶ月間単位で過去の対応時間の合計から平均、その対応件数まで見ることができるのです。

他にも品質が良かった人だったりにもいくつか表彰が用意されていて給料アップするにはここを狙うのが一番でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでコールセンターの時給や給料アップする方法などをご紹介してきました。

これはコールセンターに限らず、働く限りは給料アップを狙って頑張ることはいいことです。

お金のために頑張ると言うと少し聞こえは悪いかもしれませんが、給料アップは目標としてはすごく明確で、いいものだと思います。

簡単に上がるものでもないですが日々懸命に働けばきっと上がるはずです。

見てくれている人は必ずいます。


関連キーワード

コールセンター求人