ここではコールセンターの仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方を解説します。

どんな仕事でも辛いと感じることはありますよね。

今回はそんな瞬間とそんな時の乗り越え方は人それぞれ違いますが、その中でもおすすめな乗り越え方などの紹介をして少しでもコールセンターの仕事を長く続けられるような対処法を見つけられるお手伝いができれば幸いです!

コールセンターって大変なの??

コールセンターの仕事の種類によって忙しさや大変さは違います。

しかしどの種類のコールセンターにも共通しているのは、電話が鳴りやまないときはかなり忙しいということです。

コールセンターは他にもPC入力をしながら電話を受けるという業務が主なので、電話が鳴りやまないと案件が重なり、大変になります。

コールセンターの仕事がつらいと感じる5個の瞬間とその乗り越え方とは?

コールセンターの仕事がつらいと感じる瞬間はどんなことがあるのでしょうか?

またその乗り越え方もどんなものがあるのか紹介します!

案件が重なるとき

仲介系の仕事は全国から依頼がくることが多いので、1人が請け負う案件の個数がピーク時で4件ほどになるときもあります。

4件も案件を1人で処理するためには30分以上かかります。

また似たような案件の場合は、情報が混ざってしまう可能性もあります。

そのような場合は細心の注意をはらって情報を整理する必要があります。

その乗り越え方とは?

乗り越え方は経験年数にもよりますが、新人のうちはまず、1件以上の案件をもたないようにすることです。

まずは1つずつ目の前のタスクをしっかりとこなしていくことが大事で、完璧にこなせるようになってきたらスピードを早めて2件以上案件をもてるように成長していきます。

経験年数が多い人の乗り越え方としておすすめなのは、得た情報の中で1番特徴的なものをまずピックアップしておきます。

もし特徴的な情報が見当たらない場合は住所と特徴をつなげて覚えておきます。

いきなりこの乗り越え方をやろうと思っても難しいので、1件の案件のときにも特徴を情報の中から見つけ出して整理することに慣れておくと良いでしょう。

クレーム対応

クレームはどの仕事にもあるのですが、コールセンターは意外とクレームが多い仕事です。

私が経験した仲介の仕事は、現場で作業員が起こしたクレーム案件も仲介会社に連絡がきます。

もちろん仲介の段階のクレームも対応するので、実質2倍のクレームを対応することになるのです。

その乗り越え方とは?

クレーム対応の辛さを乗り越えるのに1番良い方法は自分の案件でない限り〝気にしない〟ことです。

クレームはすでに顧客が怒っているか不満を持った状態です。

そのため最初から怒られることになるのですが、こちらが下手に出る必要は全くありません。

あくまで〝謝る〟のではなく〝顧客の話を聞いて解決策を見出す〟ことが大事です。

謝ってしまうと顧客が少し上手にでてしまい、「サービスしろ」などの発言がみられるようになります。

それは避けないといけないので、必ず何も感じない聞き役に徹しましょう。

PCスキルが備わっていないとつらい

コールセンターには必ず必要とされるのは、PC入力業務です。

ただ今日、スマートフォンの普及によりPCにあまり慣れていないアルバイトや社員が増えてきています。

そのため、PCスキルをまず上達させないと質の高いサービスを提供することは難しいでしょう。

その乗り越え方とは?

乗り越え方として必要なのはまずブラインドタッチができるようになることが重要です。

情報は伝える早さよりも正確性がものを言います。

そのため、まずは遅くても構わないのでキーボードを見ずに文字を打てるように特訓しましょう。

このブラインドタッチができるようになれば自然と他のPCスキルは身についていきます。

またもう1つ、ctrlのボタンをうまく使えるようになりましょう。

キーボードの2つあるボタンなのですが、文章をコピーしたいときや貼り付けたいときなどに良く短縮技として使われます。

いままでマウスの右クリックでコピーや貼り付けをおこなっていた人はぜひこのctrlボタンを覚えてください。

私もアルバイトを始めたころは、全く知らなかったのですが、いまでは右クリックの方が不自然になるくらい使いこなせるようになりました。

協力しようと思ってもなかなかできない

全国展開している仲介業などは複数の協力店や現場社員に連絡を取る必要がります。

その際、1人ですべて連絡を取ろうとすると作業自体の効率化が図れません。

そのため、電話に出ていないスタッフは必ず他のスタッフの情報を見て連絡を取った方が良い所を見つけて先回りをします。

しかし、スタッフ間でコミュニケーションをうまく取らないと同じところに問い合わせをしてしまったりと効率化が図れません。

その乗り越え方とは?

乗り越え方のコツは、まず社員や上司に「ここに問い合わせします」と大きな声で宣言しましょう。

もし当たっている場合や、誰もまだ問い合わせをしていないときはGOサインがでますし、間違っていれば違う指示をくれるはずです。

これに関しては、日ごろのスタッフ同士のコミュニケーションにも関わってくるところなので、地道にコツコツとコミュニケーションと信頼関係を築いていきましょう。

成約にならなくて個人売り上げが伸びなくてつらい

コールセンターは種類によっては成約と売り上げのノルマを課せられるところがあります。

とくに営業系のコールセンターは必ずと言っていいでしょう…。

その場合、成約を取ろうとして焦ってしまったりスタッフ間で競争などの状態になってしまうことがあります。

1人だけ成約が伸び悩んでいるときなどは「自分はセールストークなどが弱いんだろうか?」と考えてしまってつらくなってしまうかもしれません。

その乗り越え方とは?

社員の場合は成約が伸びている人のトーク術を聞いて真似してみるのもありです。

セールストークのワードチョイスはもちろんのこと、話し方や魔の取り方、相槌の打ち方なども参考にしてみましょう。

そのような間接的な努力がコツコツと成約を上げることにつながっていきます。

アルバイトやパートの人はあまり深く考えこまないことが重要。

社員がアルバイトに月数百万の成約を求めてくる職場などは少し変だと思って構わないでしょう。

まとめ

以上がコールセンターの仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方の紹介でした。

どの仕事でも、今回紹介したコールセンターの仕事でもコミュニケーション方法はかなり大事です。

少しでも長く続けられるように頑張ってください!


関連キーワード

コールセンター仕事

コールセンター求人についてもっと深堀りした情報を見る

札幌コールセンター求人の特徴や、人気な会社・給与相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌でには、様々な仕事がありますが、せっかく働くなら、時給が高くて、稼ぎやすい方がいいですよね。そこで、他の仕事に比べて時給が高く、服装やシフトの自由度も高くておすすめなのが、コールセンターです。ここでは、コールセンター求人の特徴や、人気の会社についてご紹介します。札幌のコールセンター求人の特徴って?札幌は、大都市に比べると家賃が安いため、有名企業のコールセンターが多いのが特徴です。札幌の時給相場よりも高めの時給コールセンターは、他の仕事と比べて、時給が高めに設定されています。最低賃金の低い札幌でも、1000円以上で設定されている場合もあるため、安定してしっかり稼ぐことができます。服装・髪型が

コールセンターの正社員求人の募集内容にはどんなものがある?派遣やバイトとの違いや正社員になるために必要なこと

コールセンターでイメージするのは、制服を着た女性がパソコンに向かいながら通話しているような、ドラマやCMで良くある場面ではないでしょうか。しかし、実際には、皆さんが電話をかけて最初に対応するオペレーターは、派遣やバイトのスタッフです。ここでは、コールセンターでの正社員の仕事内容についてご紹介します。コールセンターの正社員求人の募集内容って?まずは、コールセンターで良くある求人の募集内容についてご紹介します。主な仕事内容コールセンターの正社員の主な仕事は、お客様の電話対応をすることではありません。もちろん、オペレーターの対応でクレームなどに発展した場合には、正社員が対応する場合もあります。メイン

コールセンター管理求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

コールセンターは、電話を受信・発信するオペレーターの仕事がメインとなります。しかし、当然オペレーターだけでは仕事が成り立たないので、オペレーターを管理、育成する業務があります。でも、オペレーターを管理する仕事と言っても、イメージがわきずらいですよね。そんな、コールセンター管理求人の業務についてご紹介します。コールセンター管理のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターでの管理の仕事は、例えば、勤怠の管理をしたり、業務知識を身に付けてもらうように研修をしたりする、オペレーターをサポートする仕事です。コールセンターは、お客様とやり取りするオペレーターで成り立っていますが、そのオペレーターを

コールセンターの職種・業種にはどんなものがある?経験者が教えます

今回はコールセンターの職種について経験を元に紹介していきたいと思います。コールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容コールセンターのスタッフの仕事は基本的に、電話でコミュニケーションをとるお仕事です。大きく分けると、積極的に発信をするアウトバウンドの業務と、お客さんからの問い合わせを受け付けるインバウンドの業務と二つに分けられます。コールセンターは会社でどういう役割を求められる?これはコールセンターにどういう役割を持たせているかによって役割は大きく異なってきます。目的別に細かく見ていきたいと思います。コールセンターの役割は、大きく二つに分けられると言いました。その中でもいくつかの目的が

福岡コールセンター求人の特徴や、人気な会社・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

コールセンターの仕事は全般的に時給が高いと言われています。また求人数の多いので人気の職種の1つです。今回は、福岡のコールセンターはなぜ時給が高いのか、実際にはどのような仕事をするのか解説いたします、コールセンターの仕事はどんな仕事?大きく分けて、受電(インバウンド)と架電(アウトバウンド)の2つに分かれます。アウトバウンドのお仕事は、お客様に商品やサービスのご案内を行うものです。インバウンドのお仕事は、お客様からのお問合せや申し込みの受付の対応を行うものです。ここからは、実際にどのように仕事を進めていくものなのか詳しくご紹介します。コールセンターの仕事内容とは?アウトバウンド(架電):サービス

大阪のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

コールセンターでの仕事は「高時給」や「座ってできる仕事」など、魅力的なポイントがたくさんある仕事です。実際にコールセンターで働いてみたいと考え、いろいろな求人をチェックしている人も多いのではないでしょうか。しかしコールセンターの求人というのはとても多いので、どこが良いのか迷って決めかねてしまったり、比較が面倒に感じているという人も少なくないと思います。そこで今回は、大阪コールセンター求人の募集内容のオススメポイントや、給与、エリア、選び方のポイントなど、いくつかのテーマに沿ってご紹介します!迷っている人や、これから探してみたいと思っている人は、是非参考にしてみてください!コールセンターの仕事は

コールセンター横浜求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

ここでは横浜のコールセンター求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します。コールセンターの仕事は全国各地にありますが、私がアルバイトとして勤務していた横浜エリアもコールセンターが数多く存在している場所の1つです。横浜のコールセンターにどのようなイメージを持つかは人それぞれですが、今回は横浜のコールセンターの魅力についても紹介していきますね!コールセンターの仕事はどんな仕事?コールセンターの仕事は種類がたくさんありますが、共通している仕事として挙げられるのは電話対応とPC入力作業、他の会社への協力要請や問い合わせなどです。どれも1人ですべてこなそうとするとかなり時間

受信コールセンター求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

受信専用のコールセンターの仕事と言われて、どのようなイメージをご想像されますでしょうか?受信専用のコールセンターはアルバイトとしてはあまり知られていない求人です。今回は、受信専用のコールセンター求人でよくある募集内容や、おすすめ求人のポイント、また求人に関して気になる疑問を解説していきます。実は、コールセンターのアルバイトは場所や内容によっては時給が高い所があるんです。業務もそこまで難しいことは要求されることもないので気軽に始められるアルバイトです!この記事が、皆様のお役に立てることを祈りながら書かせて頂きましたので、是非ご覧ください。受信専用のコールセンターのおおまかな仕事内容おおまかな仕事

受信コールセンターバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

この記事では受信専用のコールセンターのアルバイト求人について紹介していきます。まずは受信専用のコールセンターがどういう仕事なのか、業務内容を知ってもらい、時給の相場やシフトの状況、求められている人物像や向いている人の特徴を紹介していきます。受信専用のコールセンターバイトはどんな仕事?受信専用のコールセンターのアルバイトは飲食店などのアルバイトと違い、大半は電話とパソコンを使用した事務作業がほとんどです。受信専用はお客に電話をかけることはほとんどありません。営業電話をかけることはしないので、お客からの電話を待ちます。業務内容によってマニュアルがあり、そのマニュアルを基本に対応していきます。受信コ

コールセンターの転職を成功させるためにやるべき2個のこと、注意すべき4個のこと

皆さんの中にコールセンターへの転職を考えている方はおられるでしょうか。もしかしたら、今まで対面の接客や受付などを行っていてスキルを活かした転職を検討されているかもしれません。または、未経験でも新しいことにチャレンジしたいとお考えの方もおられるでしょうか。いずれにしても、転職は力がいることですから、よく調べた上で決定することが大切です。ここでは、オペレーターへの転職を成功させるために役立つことを紹介したいと思います。コールセンターの転職で注意すべき4個のこと扱う商品やサービスは多岐に渡るので、自分の興味や適性を把握しましょうコールセンターと一言に言っても、仕事の案件は様々です。企業が提供している