システムエンジニアは体力と長時間労働を強いられがちなお仕事です。

IT専門の転職サイトがあるくらい、転職市場はにぎわっています。

皆何かしら心に引っかかるものがあって転職をしているのでしょう。

何がきっかけで、もう辞めたいと思うのでしょうか。

経験者が紹介!システムエンジニアを辞めたいと思った7個の瞬間とは?

辞めたいと思ったきっかけを、体験談や実例からいくつかご紹介します。

システムエンジニア経験者は思いあたる節があるかもしれませんね。

人間関係がうまくいかない

どんな職場にもつきものの辞める理由です。

もちろんシステムエンジニアにとっても、人間関係は仕事に最も影響を及ぼすものです。

上司とそりが合わない、仲間と気が合わないなど、人間関係がうまくいっていないと仕事まで楽しくなくなるものです。

特に社内に缶詰になっているシステムエンジニアにとっては、人間関係がすべてといっても過言ではありません。

キャリアアップのため

人間関係と同じくらいの割合を占めるのが、キャリアアップのためです。

システムエンジニアを含むIT業界の仕事内容は幅広く、SIer、ITコンサルタント、SE、開発、インフラ、ネットワークなど多岐に渡ります。

意欲のあるエンジニアは、限られた仕事で満足せず、新しい領域にチャレンジすることを望みます。

今までずっと社内で開発をやってきたけど、そろそろお客様と直接会話ができる上流工程の仕事を経験してみたい。

インフラで技術を磨いてきたけど、実はネットワークにも興味があるなど、同じITの仕事だからこそ移行もしやすいのが事実です。

様々な職種を経験することで、ITのスペシャリストとして一人前になっていくのです。

仕事が合わない

システムエンジニアは売り手市場なこともあり、取り合えず手に職と思って入ってくる人が多いです。

そしていざ仕事をしてみると、思っているのと違った、全然楽しくなかったという人も結構います。

パソコンとずっと向き合っているのが、思いのほか苦痛だったということもあります。

こういう人はわりと短期間で辞めて、まったく別の業種に就くことが多いです。

お給料が低い

残念ながら、IT業界は総じてお給料が低い傾向にあります。

身を粉にして働いても、年齢が上がっても、ほとんどお給料が上がらないこともあります。

20代前半はそれでもなんとか頑張ってきたけど、仕事を続けるにつれ、なんかおかしいな、このままでいいのかな・・・という気持ちになってきます。

そして、もっと楽でお給料のいい仕事があるんじゃないか、自分を評価してくれる仕事があるんじゃないかと探し始めます。

燃え尽き症候群

システムエンジニアはプロジェクト単位で動くことが多く、やりきった後に無気力になることが多いようです。

休日も返上で献身的に仕事に尽くしたのに、プロジェクトが終わったら何事もなかったように次のプロジェクトに向かう、の繰り返しです。

そのうちなんだか虚しくなってきてしまうのです。

真面目な人が陥りやすい傾向にあります。

適度に手を抜けるくらいの余裕を持てるといいですね。

プライベートの時間が取りにくい

繁盛期にはお休みもとれなかったり、休日にトラブルの電話がかかってくることも多いです。

残業をなるべくしたくない人や、休日はきっちり休みたい人、プライベートと仕事を完全に分けたい人には厳しいお仕事かもしれません。

これが理由で辞める人も少なくありません。

健康を損ねた

体力と長時間労働を強いられがちなシステムエンジニアなので、体調を壊す人も多いです。

私の知る限りでは、ヘルニア、うつ病、腱鞘炎、糖尿病、ストレートネック、過労などがあります。

急に体調を壊すわけではなく、徐々に積み重なったものがある日爆発する傾向にあります。

日頃から同僚同士で声を掛け合い、お互いに体調を気遣える環境があるといいですね。

ホントに辞める?辞める前にできることとは?

辞めたいと思っても、ちょっとの工夫でもう少し続けようという気持ちになれるものです。

具体例を見てみましょう。

社内の先輩を見る

お給料や残業の多さなど、環境に不満がある場合は、社内の先輩を見てください。

それも少し上の先輩ではなくだいぶ上の先輩です。

その先輩達は、自分と違ってうまく時間をコントロールし、生き生きと働いていませんか?

もしくは自分と同じように、現状に文句を言いながら仕事に追われていますか?

先輩は将来の自分を映す鏡です。

前者の場合は、単に自分の実力不足なだけの可能性もあるので、素敵な先輩達みたいになれるように、今は努力の時と思って仕事に打ち込んでも良いと思います。

後者の場合は、将来自分がそうなってもいいのかじっくり考え、駄目だと思えば辞める選択肢もありです。

思い切って長い休暇を取る

健康面で被害が出た、もしくは出る寸前の場合、思い切って休暇申請をしてはどうでしょうか。

体調を壊してしまったら元も子もありません。

その前に一度長い休暇を取り、自分自身を見つめ直してみましょう。

そして、それでもこの仕事を続けたいと思えたなら、続ければいいと思います。

チーム替えを希望する

社内エンジニアの場合は、人間関係が大きな影響を持ちます。

少人数の職場では難しいですが、いくつかチームがある職場であれば、別チームに移ってみるのも手です。

同じ社内でも、人が違うだけで途端に仕事がしやすくなり、実力を発揮できることもあります。

今の人間関係に行き詰っている場合は、まずは社内で動いてみることをおすすめします。

大変な仕事だけど、やりがいを見つけるポイントとは?

やりがいを見つけられれば、特別な理由がない限り仕事を辞めたいとは思わないですよね。

どうやったらやりがいを見つけられるでしょうか。

日々の業務に喜びや発見を見つける

開発であれば、今日のプログラムの出来栄えは我ながら最高だった!とか、新しいコーディングスキルを習得した!とか、日々成長を実感できると思います。

コンサルタントであれば、首を縦に振らなかったお客様が今日はうなずいてくれた!とか、上司に仕事の進め方を誉められた!とか、あると思います。

小さなことでいいので喜びを見つけられれば、それがやりがいにつながると思います。

高めあえる仲間を作る

システムエンジニアにはいろんな人がいて、いろんなスキルを持っています。

トークスキルがすごい人、ものすごい技術力を持っている人、仕事が速いのにミスひとつない人。

自分ができない事をできる人を見つけ、積極的に学びましょう。

すごい人に囲まれて、自分を高めることができたら、素敵だと思いませんか。

まとめ

システムエンジニアが、普段こんなことを考えて仕事してるんだと、少しでも理解していただけたなら幸いです。

これからシステムエンジニアに挑戦したいと思っている人は、こういったネガティブな面もあるんだということを心に留めつつ、楽しくエンジニアライフを送ってくれることを祈ります。