今の時代、安定した会社に入りたいと思う人は多いと思います。

そんな中で今回は比較的安定していると言われている鉄道会社の駅員求人について紹介したいと思います。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

駅員求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

駅員の仕事は、安全で安心な輸送サービスとお客様のトラブルやご案内など様々をサービスを行うことです。

大まかには、改札業務、ホーム業務、事務業務、アナウンス業務、お客様対応業務など多くの業務があります。

改札業務

駅の窓口でもある改札業務は精算処理や乗り換えや観光名所などのご案内を含めた接客業務になります。

お客様にわかりやすく丁寧に対応するとともにコミュニケーション能力も必要になってきます。

ホーム業務

ホーム業務は、人命に関わる為、一番気を使う作業になります。

間違えてしまえば大事故にも繋がりかねません。

最近ではホームドアの設置が増えていますが整備されていない鉄道会社がほとんどです。

事務業務

事務作業も多くあり、ポスターや案内板作りなどがあります。

ダイヤ改正や消費税が上がれば駅構内の冊子や案内板、ポスターの入れ替えなどがあります。

アナウンス業務

アナウンス業務は、お客様への注意喚起や列車の運行状況などをお客様にわかりやすく伝えることが大切です。

発声を意識し活舌よく放送を行います。

お客様対応業務

お客様対応は、苦情やお忘れ物の対応、迷惑行為など、労力を使う業務になります。

トラブルが起これば警察、消防、救急と連携を取り解決していきます。

駅員の仕事は会社でどういう役割を求められる?

鉄道会社の顔とも言える駅員は非常に重要な役割を担っています。

会社としては改良工事などを行い日々お客様の利便性やサービスの向上を第一に考えています。

駅員の募集の見つけ方は?

募集の見つけ方は大きく分けて3つになります。

各鉄道会社のホームページ、車内や駅構内の広告、就職サイト、になります。

各鉄道会社のホームページ

ほとんどの鉄道会社が新卒や中途採用などの募集をホームページに載せています。

時期によっては載せてないときもありますが細かく募集要項など記載しているので確実情報が手に入ります。

車内や駅構内の広告

以外と車内の広告などを見たきっかけで入社した方は多くいます。

特に中途採用で入社される方は、電車を利用される際に目に留まり入社したという声はよく聞きます。

しかし細かい募集要項や待遇などは記載されていない為、必ずホームページを確認する必要があります。

就職サイト

定番と言えば就職サイトになります。

今では様々なサイトがあり、ほとんどのサイトで募集されています。

また使い勝手も良く細かい募集要項や待遇なども載っている為、他社とも比較しやすいです。

しかし中途採用の募集は記載されていないことがあります。

これは鉄道会社により変わりますが、その年によっては募集しない鉄道会社もある為、サイト側も安易に記載できないからです。

新卒の方にはオススメですが中途採用の方は気を付けなければいけません。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

駅員求人でよくある募集内容とは?

募集内容も各鉄道会社により変わりますが基本的には同じです。

新卒採用、中途採用、派遣採用、アルバイト採用になります。

新卒採用

新卒採用とは高校卒、専門卒、大学卒、大学院卒になります。

中途採用

中途採用は年齢制限や卒業過程など様々な条件があります。

それらも各鉄道会社により変わります。

派遣採用とアルバイト採用

派遣採用とアルバイト採用も各鉄道会社により条件等があります。

また募集を行ってない場合もありますので注意が必要です。

給与相場

各鉄道会社により大きく変わります。

相場としては初任給で18万円~22万円あたりになります。

勤務時間や休日、残業

これらも各鉄道会社により変わりますが基本的には宿泊勤務がメインとなります。

休みは週休2日制が基本ですが非常時などは休日出勤をすることもあります。

365日稼働していますので、ゴールデンウイークやお正月休みなどは無くシフト通りに勤務します。

残業時間は月に30時間ほどです。

福利厚生

福利厚生は良いと思います。

鉄道会社は基本的には安定していますので手厚い補助があります。

これらも各鉄道会社により変わります。

求められる人物像

求められる人物像は6つあります。

鉄道会社が求めている人材は一般企業と少し違う点があります。

時間を守れる人

時間を守ることは駅員として当たり前です。

時刻通りに列車を出発させなければ多くのお客様に迷惑をかけることになるので、駅員をする上では必ず守らなければいけません。

チームワークがある人

駅業務は個人で作業することもありますが非常事態などでは職場はもちろん消防、救急、警察と共に連携を取りながら対応していきます。

日頃からコミュニケーションを取ることが大切です。

コミュニケーション能力がある人

お客様に対して丁寧にわかりやすい言葉使いを心掛けることが大切です。

おもてなしの気持ちを持って接客することが重要です。

対応力のある人

駅業務では、いつ緊急事態が起きてもおかしくないため、慌てずに対応する力が必要です。

マニュアル等はありますが、それだけでは対応しきれないことも多々ある為、人命を第一に行動し問題を解決できる能力が重要になります。

団体で物事を考えられる人

鉄道会社にもよりますが、鉄道員は基本的には宿泊勤務です。

その為24時間、上司や部下と共に生活を行います。

些細な事で人間関係が悪化することもありますので常に相手のこと考え行動できる人が向いているでしょう。

体力のある人

駅員の仕事は24時間勤務と長時間であり、緊急時などは、そのまま残業、場合によっては家に帰れないこともあります。

日頃から体を鍛え体力に自信がある人は向いているでしょう。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった駅員求人の選び方や注意点

人それぞれ会社を選ぶ際、ポイントがあると思います。

いくつかポイント選びのコツを紹介します。

雇用形態から探す

正社員かアルバイトでは大きく変わります。

仕事内容も給与形態なども大きく異なりますので、募集時に確認しましょう。

職種から探す

基本的には駅員の仕事になりますが会社によっては年数が経つにつれ乗務員や本社などの異動があります。

募集時のサイトなどには記載されていない事が多いので説明会などで直接確認しましょう。

会社の業態から考える

同じ鉄道会社とは言え営業成績はそれぞれです。

やはり乗降人数が多い鉄道会社の方が鉄道収入の利益は多いですが、鉄道事業の他に様々なビジネスで利益を上げている会社も多くあります。

そのあたりのバランスを見極めるのも1つのポイントです。

駅員求人についてよくある疑問

駅員求人に関するよくある質問をまとめました。

入社出来る倍率は高いですか?

鉄道会社にもよりますが、基本的には高いと思います。

今の時代だと安定していますし、人気もあります。

新卒採用より中途採用の方が比較的に高いと思います。

採用人数は何人ぐらいですか?

これも鉄道会社によって変わりますが、某大手私鉄では新卒で300人ほど入社しています。

ホームページに記載している会社もありますので確認しましょう。

必要なスキルや資格、経験は?

特に無いですが視力、聴力、健康状態に異常が無ければ大丈夫です。

まとめ

国民の生活を支え、なくてはならない存在の鉄道。

駅員の仕事、募集内容などをご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

駅員に憧れている人や安定した職に就きたい人は考えてみてはいかがでしょうか。



駅員求人に関するコラム

駅員になるには?就職や転職、働き先を選ぶ時の注意点まで経験者が解説します

日本の経済を支えていると言ってもおかしくない鉄道会社。戦後から今現在まで多くの人に必要とされ今後もその活躍は変わらないでしょう。また、鉄道業という業務柄、非常に安定しており人気職種の一つです。今後も東京オリンピックなどのイベントが控えており利用者数は益々増えると考えられています。とても魅力のある鉄道業、今回はそんな鉄道会社で駅員になるにはどうすればいいか、就職、転職する方法、働く会社の選び方について説明していきます。駅員になるには?駅員になるには2つの方法があります。まず1つは新卒で入社する方法です。これは普通の就職活動と何ら変わりはありません。各鉄道会社のホームページや就職サイトから応募しま

駅員の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

日本を含め多くの国の移動手段で使われている鉄道。どの国においても、なくてはならない存在です。今回はそんな鉄道を支えている駅員の仕事内容について詳しく解説したいと思います。駅員の仕事は大きく5個の役割に分けられる駅員の仕事は大きく分けて5個あります。1つずつ解説していきます。改札での対応駅の窓口でお客様を出迎える改札業務は知識と経験が必要です。鉄道会社ではありますが、接客という立ち位置に近いです。様々な駅名はもちろんのこと、料金やサービス内容も覚えなければなりません。さらに関東では複雑な乗り換えや経路などのご案内、コミュニケーション能力も必要になってきます。最近では外国人の観光客も多く、駅関係以