世界でも鉄道は古くから世界中の人に親しまれ、今でも生活の基盤となっています。

その中でも日本の鉄道の利便性、安全性は世界でもトップクラスとも言われています。

今回はそこで働く駅員の仕事内容や特徴、どのような人が向いているかなどをまとめました。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

駅員の仕事はどんな仕事?

駅員の仕事は、安全で快適な輸送サービスとお客様のニーズにあったサービスを届けることです。

多くのお客様が利用されるため、トラブルや列車の遅延など、予想外のことが起きます。

その際、臨機応変に対応し問題を解決することが駅員として非常に大切です。

また乗り換え案内はもちろん、周辺の地理や建物名など最近では駅関係以外の案内もある為、多くの知識と経験が必要な仕事です。

駅員の大まかな仕事内容

駅員の仕事は数多くの業務があります。

大まかには、改札業務、ホーム業務、事務業務、アナウンス業務、お客様対応業務など多くの業務があります。

改札業務

駅の窓口でもある改札業務は知識が必要です。

自社線や他社線の駅名はもちろんのこと、料金も覚えなければなりません。

さらに関東では直通電車がある為、乗り換えや最短経路などお客様にわかりやすく、ご案内をしコミュニケーション能力も必要になってきます。

また最近では外国人のお客様も多く周辺の建物名、観光地など地理関係も勉強し、英語や中国語も最低限話せる必要があります。

ホーム業務

ホーム業務は、駅員の仕事の中で一番大切な仕事です。

常に集中し緊張感を保つ為、長くても2時間で交代します。

列車走行の監視、出発合図、お客様の動向、緊急停止ボタンの作動など、間違えることができない作業ばかりです。

最近ではホームドアの設置が増えていますが整備されていない鉄道会社がほとんどです。

事務業務

鉄道会社によって変わりますが、事務作業も多くあります。

社員の勤務調整、ポスターや案内板作りなどがあります。

ダイヤ改正や年度末は非常に忙しく、終車後から始発の間に冊子や案内板、ポスターの入れ替え作業を済ませなければならない為大変です。

アナウンス業務

アナウンス業務は、お客様への注意喚起や列車の運行状況、駅構内の工事の案内などがあります。

内容等は日によって変わり、お客様にわかりやすく伝えるのがポイントです。

間違った案内をしてしまうと苦情にも繋がりますので注意が必要です。

お客様対応業務

お客様対応は、駅業務の中で一番ストレスのかかる業務です。

一日に多くのお客様が利用する駅だと様々な方がいる為、気を使いながら対応していきます。

苦情やお忘れ物の対応、迷惑行為など、駅員だけでは対応できない場合は警察や消防、救急隊にも応援要請を行い解決していきます。

過去には地下鉄サリン事件や駅構内で暴力事件など悲惨な事件も多々あります。

駅員の仕事はどんな人に向いている?向いている人の5個の特徴とは?

駅員に向いている人の特徴を紹介したいと思います。

規律を守れる人

駅業務を行う中で規律(ルール)を守ることはとても大切なことです。

例えば、時刻通りに列車を出発させなければ、お客様に多大な迷惑がかかるなど、規律の中で作業することがほとんどです。

細かな規律を守ることが安全に繋がるので、怠慢な人は向いてないでしょう。

チームプレーが出来る人

駅業務は職場の仲間と共に作業することが多々あります。

個人で作業することもありますが緊急事態などでは連携を取り問題解決に向けて取り組みます。

自己中心的な考えや自分勝手な行動を取ると職場の仲間は勿論、お客様にも迷惑がかかるので気を付けなければいけません。

コミュニケーション能力がある人

駅員の業務の一つに改札業務があります。

これは、接客業という側面も兼ね備えています。

その為お客様に対して丁寧にわかりやすい言葉使いを心掛けることが大切です。

日頃から言葉使いや伝え方、ボキャブラリー増やしておく必要があります。

臨機応変に動ける人

駅では緊急事態と常に隣り合わせです。

訓練は行いますがそれだけでは間に合わないことが多々あります。

その時に慌てず対応する力が必要になります。

マニュアル等はありますが、それだけでは対応しきれないこともある為、人命を第一に行動し問題を解決できる能力が重要になります。

体力のある人

駅員の仕事は非常に体力が必要です。

24時間勤務と長時間であり、緊急事態などがあれば家に帰れないこともあります。

日頃からスポーツや運動などで体力に自信がある人は向いているでしょう。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

駅員の仕事で活かせる経験

駅員の業務は数多くあるため様々な経験が活かせます。

接客能力

一日何万人もの方が利用される駅だと様々なお客様がいます。

その為、お礼やお詫びの言葉使いなどが大切です。

敬語やコミュニケーション能力を磨けば駅員の仕事に活かすことができます。

乗り換え、交通地理

都内だと駅から駅の間がとても近い駅もあり場合によっては歩いた方が近いときもあります。

複雑な都内の路線を把握しておけば、時間を短縮出来ると共にスムーズに目的地に到着できます。

日頃から交通地理を勉強しておくと駅員の仕事に活かせることができます。

団体行動

鉄道会社にもよりますが、駅員は宿泊勤務である為、職場の仲間と寝食を共に行います。

一人ではないため、上司や部下に気を使いながら生活します。

部活などで団体で行動した経験がある人はスムーズに溶け込めるでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

鉄道会社にもよりますが、キャリアアップの道は数多くあります。

駅員として出世し駅長を目指したり、職種を変え乗務員を目指したり、中には本社勤務に異動になったりと様々な道があります。

サラリーマンである為、異動はやむを得ないですが、自ら試験等を受けキャリアップを目指せるので努力次第ではやりたいことが出来ると思います。

他の仕事にもこの経験を活かせる

コミュニケーション能力や言葉使いは営業職などにも通ずる部分はあると思います。

「駅員の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

間違いなく私たちの生活には欠かせない鉄道。

これからはオリンピックや観光などで鉄道利用者は増えると言われており需要は高まるばかりです。

今回はそんな鉄道を支えている駅員の仕事を解説しました。

もし駅を利用することがあれば駅員の仕事に注目してはいかがでしょうか。


関連キーワード

駅員求人