フリーター歓迎のバイトって実際どうなの?大変という噂を聞く仕事内容の実情と、面接の際のポイントまでお伝えします。

フリーター歓迎のバイト求人にはどんな職種があるの?

求人の中には大々的に『フリーター歓迎』と書かれた求人があります。

フリーターが働いている割合が高く、フリーターにとって働きやすい職種があります。

フリーター歓迎のバイト求人でよくある職種

飲食店や居酒屋のホールスタッフ

飲食店、特に居酒屋のスタッフはフリーターにおすすめです。

夕方から働けて、22時以降には深夜料金として時給が上がるので稼ぎやすい仕事です。

また飲食関係にはまかないがついていることがあるので、食費を浮かせることもできます。

特に居酒屋は働いているスタッフも大学生やフリーターと年の近い人が多く、和気あいあいと働くことができます。

居酒屋であれば昼間は自由にできるので、学生の友達と予定が合わせやすいです。

コールセンタースタッフ

シフトが自由に組めるところがポイントです。

時給も高くコールセンターをメインとして働くのもいいですし、他のバイトと掛け持ちして働くこともできます。

数時間で朝から夜からとシフトが組めるところがあるので、稼ぎたいときに稼ぐことができます。

また発信の場合は件数が取れた分だけ稼ぎが増えるので、自分の実力に応じて稼ぐことができます。

ホテルや企業の受付

ホテルや企業の受付はその場所の顔となる存在です。

自然とビジネスマナー、振る舞いが身につくので経験しておけば正社員を目指す際にも活かせます。

言葉遣いや笑顔など普段不慣れなことに挑戦するのは大変ですが、身に付ければ大きなスキルとなります。

時給も高くシフト制で選べるので稼ぎながら社会で働く上で必要なことを身につけることができます。

サンプリングやティッシュ配り

街で新商品のサンプルや、ティッシュを配る仕事です。

自分の都合の良い時に働けて、日払いでその日のうちに支払ってくれるのが一番おすすめポイントです。

急にお金が欲しい時や、今月はもう少し稼ぎたいと思った時に働くことができます。

TVや映画などのエキストラ

TVの通行人の役など、エキストラとして稼ぐことができます。

中にはオーディションがあるものから、応募した人を全員雇ってくれることもあります。

内容によって変わります。

芸能界に興味がある人は、エキストラから芸能人デビューする人もいるのでチャンスです。

週1日以上と継続で働けるものと、その1日だけで働く働き方と様々あります。

中には日払いしてくれるところもあるので、興味がてらに働くのもおすすめです。

清掃作業

飲食店やビルなどの清掃をする仕事です。

働く時間は数時間なのでWワークとして働くことができます。

普段のバイトとプラスして働きたい時におすすめです。

覆面調査スタッフ

店舗や新商品やエステのサービスを実際に受けて、そこのサービスがどうだったかを報告するのが仕事です。

リサーチ会社が依頼する内容で、お客さんとして潜り込むことで本来のそのお店の状況を知ることができます。

給料は完全出来高制なので自分が興味のあるお店のリサーチを担えば、サービスが受けられて報酬がもらえるというお得なお仕事です。

飲食店やエステのサービスなどが多くあります。

ジムなどのインストラクター

インストラクターの仕事は人を直接指導することに携われるので、受講者の成長や変化を肌で感じることができます。

自分が教えたことによって人が変化してくれればやりがいにも繋がります。

人との関わり、教えるスキルもつくので働きながら自分自身も成長することができます。

営業

不動産のアルバイトや、コールセンターでの電話営業、新聞社の営業などがあります。

営業では人とのコミュニケーションは勿論、交渉をすることもあるので相手が何を求めているのかどのように振る舞えば買ってもらえるのか、営業スキルが身につきます。

営業スキルはなんの仕事をするにも活かせるものなので、フリーターとして正社員になるにも通じるスキルを身に着けながら働くのはいいですね。

やりがいのあるおすすめの仕事は?

営業や電話営業のコールセンターは自分がやった分だけプラスして給料がもらえるので、成果が直接数字にあらわれてやりがいに繋がります。

フリーターでアルバイトをするなら、次に繋がるスキルを身につけられ、自分がやった分だけ給料に反映される仕事がいいですね。

フリーター歓迎のバイト求人についてよくある疑問

フリーター歓迎の求人だけど本当にフリーターでもとってもらえるのか?実際求人での疑問点を解消していきましょう。

応募方法は?

今では求人サイトからのWEB応募が主流です。

電話番号も同時に書いているので、応募を通さずに直接電話をするのもありですが、飲食店などだと折り返しになる可能性が高いです。

しかしWEB応募よりも確実に相手が対応してくれるので話が早いです。

未経験でも応募できる?

未経験OK、経験不問と書かれている求人は基本的には未経験でもOKです。

ただやはり経験者の方を優先的に取られていくので、バイトの応募が殺到しているところでは未経験応募は採用されにくいです。

面接でよく聞かれる質問とベストな回答は?

フリーターは学生と違って色々聞かれることがたくさんありますよね。

今やフリーターはたくさんいますが、それでも世間のイメージはデメリットの方が強いです。

そんなデメリットを払拭できる答え方を覚えましょう。

フリーターをしている理由は?

フリーターをしていると必ず聞かれるのがこの質問です。

中には『なんとなくしている』、『正社員になりたくないから』などとネガティブな理由でフリーターをしていることもあるでしょう。

面接ではネガティブのまま伝えると相手に悪いイメージを与えてしまいます。

なんとなく働いているのなら、「やりたい仕事を見つけるために、色んな仕事を経験したいので」と答えるとプラスに働きます。

そうすればバイトをたくさん経験していても、プラスにとらえてもらえます。

前の仕事を辞めた理由は?

これもネガティブな質問は辞めましょう。

「しんどかったから」、「面白くなかったので」という理由だと、しんどいとすぐに辞めてしまうと思われてしまいます。

「もっと色んな経験をしたいので」、「さらなるスキルアップのために」、「時給が上がらなかったので」などプラスに答えましょう。

これまでの職歴は?

ここは嘘をつくと心象が悪くなるので、ありのままに答えるようにしましょう。

残業って多いの?

残業があるかどうかは場所によって様々です。

面接の時に確認しておいてもいいでしょう。

シフトの自由度ってどうなの?

シフトについては求人に載っていることもありますが、面接の際にどのような形で働いているのか教えてくれます。

場所によって自由なところとシフトでもお店側が全て決めるところがあります。

まとめ

フリーターだからこそおすすめできるバイトがたくさんありましたね。

フリーターだからこそスキルアップできる仕事を経験すれば正社員になりたい時にも活かしやすいです。

フリーターをネガティブに捉えずにフリーターだからこそできる、楽しめる仕事をしていきましょう。


関連キーワード

フリーター求人