学校に関する一覧です。就職に有利な大学や専門学校・高校など、「働く」に関係する視点から様々な学校を紹介していきます。

現在、大学生や専門学生でこれから就職する人も、まだ中学生・高校生で将来の就職に有利な学校を選びたい人も、この一覧で紹介する学校を進路の候補に考えてみて下さい。



学校についてもっと深堀りした情報を見る

就職率が高い栄養士の専門学校10選

病院や企業、学校などでの給食づくりに関わる栄養士。一度資格を取得すると、生涯を通して有効ということもあり、栄養士の資格は大変人気があります。平成29年度の栄養士免許交付数は18,551件(厚生労働省調べ)。栄養士養成校を卒業し、栄養士として就職した学生の就職先は、多い順に病院(24.3%)、児童福祉施設(18.9%)、事業所(18.3%)という結果になっています(全国栄養士養成施設協会調べ)。栄養士の資格は、栄養士養成課程(大学、短大、専門学校)を修了すると取得することができます。管理栄養士については、栄養士資格を取得後3年間の実務経験を積むか4年制の管理栄養士学科に進学することで管理栄養士国

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

福岡県で高卒でも就職率が高い高校9選

福岡県における平成30年度の高校新卒者の就職内定率は、99.3%です。この値は、全国平均の98.1%を上回る結果となっています(文部科学省調べ)。全国的に就職率が高めの福岡県では地域によって差はありますが、建設業、製造業の求人が多く目立ちます。具体的にどういった勉強をしておくと就職に有利になるのでしょうか。福岡県で就職に強い高校をいくつかご紹介します。福岡県で就職率が高い高校福岡市立博多工業高等学校歴史と伝統あふれる福岡市立博多工業高等学校は、ものづくり、資格取得、部活動活性化を軸に進路の実現を確実に叶えてくれる高校です。全国ものデザインコンテスト、全国パテントコンテストで日本一を獲得するなど

神奈川で高卒でも就職率が高い高校8選

神奈川県の高校を卒業した生徒の就職率は95.5%となっています(文部科学省の平成30年度調査結果より)。この数字は、全国的にみると低い数字となっており、就職率が低い沖縄県(93.7%)、大阪府(94.9%)につづく結果となっています。就職者数は、年々わずかではありますが増加しており、平成30年度は前年度に比べて0.3%(98名)就職者数が増加する結果となりました(神奈川県教育局調べ)。神奈川県内で就職を決定するためには、どんな高校で何を勉強しておくと有利なのでしょうか。神奈川県で就職に強い高校をご紹介します。神奈川県で就職率が高い高校 川崎市立幸高等学校 川崎市立幸高等学校は、就職内定率100

愛知県で高卒でも就職率が高い高校9選

愛知県では、就職を希望した高校生の就職内定率は99.8%と大変高い数字になっており、就職決定者数も平成31年度の段階では9年連続で増加しています(厚生労働省愛知労働局調べ)。求人数については、製造業(特に根幹産業といえる輸送用機械器具製造業)の求人が最も多く、続いて卸売・小売業、医療・福祉、建設業となっています。愛知県の求人の特徴をふまえ、県内で就職に有利な(就職率が高い)教育をおこなっている高校をいくつかご紹介するので、是非参考にしてみてください。名古屋で就職率が高い高校愛知県立愛知商業高等学校創立100周年を迎えた歴史と伝統がある愛知県立愛知商業高等学校は、地域の産業界をリードする人材育成

北海道で高卒でも就職率が高い高校9選

北海道内の高校を卒業し、就職を希望した人の就職内定率は97.9%(平成31年度)となっており、平成22年度以降就職内定率は増加の一途を辿っています(北海道教育委員会ホームページより)。では、具体的にどういった高校を卒業しておけば就職に結びつきやすいのでしょうか。北海道内で就職に向けた進路指導に力を入れている「今、注目しておくべき就職に強い高校」をご紹介します。北海道で高卒でも就職率が高い高校9選北海道旭川工業高等学校旭川工業高等学校は、専門知識を活かし、技術者として活躍することができる人材を育てる高校です。技術者としての専門知識を学ぶことができる学科が豊富で、工業化学科、建築科、土木科、電気科