病院や企業、学校などでの給食づくりに関わる栄養士。

一度資格を取得すると、生涯を通して有効ということもあり、栄養士の資格は大変人気があります。

平成29年度の栄養士免許交付数は18,551件(厚生労働省調べ)。

栄養士養成校を卒業し、栄養士として就職した学生の就職先は、多い順に病院(24.3%)、児童福祉施設(18.9%)、事業所(18.3%)という結果になっています(全国栄養士養成施設協会調べ)。

栄養士の資格は、栄養士養成課程(大学、短大、専門学校)を修了すると取得することができます。

管理栄養士については、栄養士資格を取得後3年間の実務経験を積むか4年制の管理栄養士学科に進学することで管理栄養士国家試験の資格を得ることができます。

栄養士の専門学校には、2年制・3年制・4年制があります。

いずれも栄養士の資格を取得することができますが、2年生・3年制は、栄養士として早くデビューしたい学生のためのコース、4年制は、管理栄養士国家試験を目指すことを目的としたコースに分かれていることが多いです(各専門学校によって違いがあるので、ご自身で必ずご確認ください)。

栄養士として働くために、就職率が高い栄養士専門学校を紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

就職率が高い栄養士の専門学校10選

武蔵野栄養専門学校(東京都)

https://www.musashino-eiyou.ac.jp/

武蔵野栄養専門学校は、栄養士の就職率100%(2018年度)を誇る専門学校です。

担任制&クラス制をとっているので、担任の先生が毎日学生一人一人の個性に合った指導を行います。

専門性を高めることができる3つのコース

武蔵野栄養専門学校栄養科では、学生一人一人が栄養士として「強み」を持っておくために、3つのコースが設置されています(2年生から選択可)。

  • 病院・福祉栄養コース……病院や福祉施設で健康をサポートすることができる栄養士を目指します
  • チャイルト・ニュートリメントコース……子どもたちへの「食育」を支援することができる栄養士を目指します
  • クックトレーニングコース……企業内食堂などで活躍することができる栄養士を目指します

就職指導が丁寧

武蔵野栄養専門学校では、1年次から就職を意識して就職ガイダンスを行います。

また、クラス担任、就職担当が学生一人一人にマンツーマンで丁寧な進路指導を行うため、毎年高い就職率を誇っています。

受託給食関係の職業を中心に就職率100%の実績を誇る栄養士専門学校です。

大手前栄養製菓学院専門学校(大阪府)

https://pro.otemae.ac.jp/

大手前栄養製菓学院専門学校は、60年以上にわたって優秀な栄養士を輩出してきた栄養士の名門校です。

2年制の栄養学科に加え、2002年には4年制の管理栄養学科が開設されました(管理栄養学科については、大手前大学健康栄養学部に設置されています)。

管理栄養士国家試験の合格者数全国第1位を14年連続して獲得しています。

三冠を達成

大手前栄養製菓学院専門学校は、全国の栄養士専門学校の中で三冠を達成しています。

  • 管理栄養士国家試験合格者数全国1位……14年連続して1位を獲得しています
  • 栄養士実力認定試験全国1位……3年連続して1位を獲得しています(2015~2017年)
  • 家庭料理技能検定準1級全国1位

6つのサポートで就職率を100%に

大手前栄養製菓学院専門学校では、学生一人一人と真正面から向き合い、実践的なコンテンツを提供することをモットーに、充実した6つの就職サポートを行っています。

  • パラレルサポート……学生一人に対して、「キャリアサポートスタッフ」「クラス担任」の2方向からサポートを行います。
  • 個別カウンセリング……学生一人一人の希望と適性を確認しながら個別にカウンセリングを行います。
  • 求人が集まるネットワーク……信頼され続けている大手前栄養製菓学院専門学校に集まる求人数は他専門学校よりはるかに多いです。
  • ステップアップするガイダンス……1年次から15回ガイダンスが行われます。毎回内容がステップアップしていきます。
  • スキルアップトレーニング……個別指導で履歴書指導や模擬面接が行われます。
  • 生きた情報を提供する……メディアから得ることができない現場の生の情報(卒業生の就職体験、内定者の就職活動報告、教師などから聞く現場の裏話など)を学生に提供しています。

名古屋文理栄養士専門学校(愛知県)

https://spe.nagoya-bunri.ac.jp/

名古屋文理栄養士専門学校は、60年以上の歴史を誇る栄養士専門学校です。

2年制の栄養士科に加えて、管理栄養士を目指すことができる健康栄養学科もあります(健康栄養学科は名古屋文理大学健康生活学部になります)。

その他、名古屋文理大学短期大学の食物栄養学科から栄養士や栄養教諭2種を目指すことも可能です。

13年連続して就職率100%を達成

名古屋文理栄養士専門学校は、就職率100%を13年間(平成18年度~平成30年度)連続して達成し続けています。

病院をはじめ給食センター、老人保健施設、食品関連企業など学生一人一人が自分に合った就職先で活躍していっています。

管理栄養士も目指すことができる

卒業後、栄養士としての実務経験(3年以上)を積むと、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。

名古屋文理栄養士専門学校の栄養士科では、管理栄養士受験ゼミや管理栄養士受験対策講座などを開講し、管理栄養士を目指す学生を応援しています。

栄養士実力認定試験で90%が「認定A」

名古屋文理栄養士専門学校の学生の約90%が栄養士実力認定試験で「認定A」を受けています(平成26年度)。

  • 認定A……栄養士としての知識や技術が優れていると認められる
  • 認定B……栄養士としての知識や技術がやや劣る
  • 認定C……栄養士としての知識や技術が不十分

平岡栄養士専門学校(福岡県)

http://www.hiraoka.ac.jp/eiyou/

平岡栄養士専門学校は、即戦力の育成に力を入れている就職に強い栄養士専門学校です。

平岡学園は栄養士専門学校のほかにも平岡調理・製菓専門学校、平岡介護福祉専門学校を展開しており、いずれも就職率100%を誇っています。

調理もできる栄養士になれる

平岡栄養士専門学校では「調理ができる栄養士」を目指し、即戦力を育むために実践主義のカリキュラムを導入しています。

  • 基礎調理学実習……和食・洋食・中華の基本をマスターします
  • 調理実習……和食・洋食・中華のレパートリーをひろげていきます
  • 食品加工実習……加工食品を手作りするなど知識と技術を習得します
  • 給食管理実習……15名で300食の料理を仕込みから盛り付けまで行います
  • 献立作成演習……2年間で献立力を身につけます
  • 学外実習……身につけた知識を現場で実践します。実習先でアピールすることで内定に結びつくこともあります

栄養士としての就職率が圧倒的に高い

就職率100%を誇る平岡栄養士専門学校。

毎年多くの学生が病院をはじめ、委託給食を含む事業所、児童福祉施設などへ就職していっています。

別途、実務経験が必要にはなりますが(4年以上)、管理栄養士を目指して国家試験を受験することもできます。

在学中から受験対策講座を実施しているので、多くの卒業生たちが試験に合格しています。

佐伯栄養専門学校(東京都)

http://www.saiki.ac.jp/

今では誰もが知っている「栄養学」を確立し、日本と世界に啓蒙した人物。

それが佐伯栄養専門学校の創設者(佐伯矩博士)です。

もともと佐伯栄養専門学校の卒業生たちのことを指す呼び名「栄養士」は、今や一つの職種として確立しています。

佐伯栄養専門学校では、栄養士の歴史と共に歩んできた「栄養士の本流」を学ぶことができます。

学生数を上回る求人数

佐伯栄養専門学校の平成29年度の就職率は100%でした。

集団給食に強い佐伯栄養専門学校(最新の給食実習設備が整っているため)では、コントラクトフード事業へ就職していく学生が多いという特徴があります。

その他、保育園、小中学校、病院への就職も目立ちます。

【コントラクトフードサービスとは?】

食堂の運営を委託された企業が行う給食事業のことをコントラクトフードサービスと言います。

手厚い就職サポート体制

就職率が高い佐伯栄養専門学校には4つの手厚い就職サポートが用意されています。

  • クラス担任制……クラス担任が学生一人一人の進路についてきめ細かに対応してくれます。
  • キャリア支援部……担任と連携して求人企業の開拓をはじめ、企業説明会、セミナーや講座の開催などを行います。
  • 卒業生のネットワーク……卒業生たちの力で充実した求人情報を入手することができます。
  • 再就職サポート……卒業後、再度栄養士としての就職を希望する人へ再就職求人情報の提供を行っています。

鯉淵学園農業栄養専門学校(茨城県)

http://www.koibuchi.ac.jp/index.html

鯉淵学園農業栄養専門学校は、農と食の視点から「タネまきから食卓まで」を学ぶことができる専門学校です。

栄養士を目指す食品栄養科のほかに、アグリビジネス科(園芸・組合コース、畜産コース、国際農業コース)があります。

給食関連企業に強い

鯉淵学園農業栄養専門学校の就職率は100%です(平成31年度)。

就職を決めた学生の58.6%が給食関連企業に就職しています。

その他の就職先としては、社会福祉施設(24.1%)、保育園(6.9%)、病院(3.4%)などが挙げられます。

管理栄養士を目指す場合には、鯉淵学園農業栄養専門学校を卒業後3年間の実務経験を積むか、大学の管理栄養士課程3年生に編入すると、管理栄養士国家試験を受験することができます。

2本柱で行う就職活動

鯉淵学園農業栄養専門学校での就職活動は、2本柱で行われます。

  • 情報と知識の獲得(セミナー)
  • 個別指導相談

この2本柱をメインに、ガイダンス、就職試験対策、校外実習、同窓生のバックアップなどを行い就職へと導いてくれます。

多くの卒業生が日本だけにとどまらず、海外でも活躍している鯉淵学園農業栄養専門学校の強みの一つが同窓会ネットワークです。

何かで悩んだとき、頼りになる先輩がいつも身近にいます。

京都栄養医療専門学校(京都府)

https://www.kyoto-eiyoiryo.ac.jp/

栄養士と管理栄養士、どちらも目指すことができるのが京都栄養医療専門学校です。

2年制の栄養士科、4年制の管理栄養士科で栄養士としてのプロを育成します。

管理栄養士科の3年生へ内部進学することもできるので、入学した後から「管理栄養士」を目指して勉強することも可能です。

実績は全国トップクラス

京都栄養医療専門学校では、ステップアップ方式で栄養士としての知識と技術を習得していくため、安心してプロの栄養士を目指すことができます。

就職率100%はもちろん、第14回栄養士実力認定試験では「認定A」取得率89.6%(全国3位)の成績をおさめています。

求人数も年々増加しており、2018年度は17,603件の求人がありました。

卒業生たちは給食会社を中心に、保育園、外食産業、社会福祉施設などへ就職しています。

管理栄養士国家試験合格率も100%

2014~2018年の4年間、管理栄養士国家試験合格率100%を達成するなど、京都栄養医療専門学校では、管理栄養士国家試験でも優秀な実績をおさめています。

理論と実際をリンクすることができる京都栄養医療専門学校独自のカリキュラムで学生一人一人の管理栄養士への夢を叶えています。

他校にはない就職サポート

京都栄養医療専門学の就職サポートには特徴があります。

  • 卒業後まで続くサポート
  • 第一希望の事業所に就職できるまで徹底的にサポート
  • 求人数がとにかく多い(栄養・医療業界と強い繋がりがある)
  • 各業界からの信頼度が高い(卒業生の活躍など)

Uターン就職や転職・再就職のサポートも充実しているので、安心して就職活動を行うことができます。

国際調理製菓専門学校(新潟県)

http://food-673.jp/

国際調理製菓専門学校は「食」分野の3つの国家資格(栄養士、調理師、製菓衛生士)を目指すことができる専門学校です。

2018年度の就職内定率は100%でした。

食分野の学科が揃っているので、栄養士と調理師などダブルで資格を取得することもできます。

また、国際調理製菓専門学校は、専門実践教育訓練指定講座に全学科認定されているので、対象となる学生は年間56万円まで国から給付を受けることも可能です。

インターンシップで就職に結びつける

国際調理製菓専門学校では、社会人として自覚を持ってもらうため、積極的にインターンシップを行っています。

【国際調理製菓専門学校のインターンシップ】

  • 学生一人一人が就職を希望する企業でインターンシップを実施します
  • 事前・事後の振り返りを含めて企業に十分自己PRをすることができます

インターンシップを利用して70%以上の学生が就職内定をもらっています。

調理技術が高い栄養士を育成

企業での即戦力として調理技術が高い栄養士を育成するため、国際調理製菓専門学校では調理実習の時間を多く設けています。

4年生大学の栄養士科で受ける調理実習は、たいてい週1回。4年間で合計約315時間です。

それに比べて国際調理製菓専門学校では週2回~3回調理実習が行われるので、2年間で約450時間も調理実習が設けられています。

また国際調理製菓専門学校では各学科が「学生レストラン」 を運営。

栄養士学科は栄養バランスの整ったメニューを提案し、 地域のお客様に提供しています。

安心・ 安全で栄養のある食事を届ける責任とやりがいを実践を通して学び ます。

華学園栄養専門学校(東京都)

http://www.hana-eiyou.ac.jp/

華学園栄養専門学校では、自分の目標に合った栄養士の勉強に打ち込むことができます。

2年制の栄養士科と4年制の管理栄養士科に加え、管理栄養士科3年生に編入する制度が充実しているので、万全の体制で学生一人一人の栄養士としての夢をサポートしてくれます。

栄養士科、管理栄養士科共に就職率は100%となっており、管理栄養士科に至っては管理栄養士国家試験の合格率も100%となっています(2019年3月実績)。

目標に合わせてコースが選べる

華学園栄養専門学校の栄養士科(2年制)では、学生一人一人の目標に合わせて2年次から3つのコースに分かれて勉強します。

  • 栄養医療コース……病院や高齢者福祉施設などに就職を希望する学生のコースです
  • 栄養調理コース……事業所給食(企業内食堂)や学校給食などに就職を希望する学生のコースです
  • 栄養食育コース……保育所や学校給食などに就職を希望する学生のコースです

就職率100%を誇る就職サポート

華学園栄養専門学校では担任制を導入しているので、担任が学生一人一人の状況を的確に把握し、きめ細かな指導ができるようになっています。

また、キャリアセンターと連携をとって、学生が希望する企業へ就職できるように全力でサポートしてくれます。

例年、病院や高齢者施設給食をはじめ、学校給食、保育所給食などへ多くの卒業生が就職していく華学園栄養専門学校。

就職率は100%です。

織田栄養専門学校(東京都)

https://eiyo.oda.ac.jp/

織田栄養専門学校は、あらゆるフィールドで活躍することができる栄養士の育成に力を入れている専門学校です。

就職率が高く、栄養士関連の業務への就職率が3年連続100%の実績があります(平成25年~平成27年)。

実践力が身につく

織田栄養専門学校では、栄養士としての知識や技能だけでなく、実際に就職したときに必要とされる「実践力」を養うカリキュラムが組まれています。

実習、実験、演習を中心に社会が必要としている能力が身につきます。

粘り強い就職サポート

織田栄養専門学校では入学と同時に就職指導を開始します。

個人面談やガイダンスをはじめとした就職サポートを徹底して行うため、就職率100%を達成しています。

転職、再就職のフォロー体制も万全なので、卒業後も安心です。

苦手科目を克服することができる

織田栄養専門学校ではサポート授業も万全です。

生物や化学を高校時代に学んでいない(あるいは苦手意識がある)学生を対象にサポート授業を行っています。

基礎知識を補うことができるので、苦手な科目を克服することができます。

まとめ

就職率が高い栄養士専門学校をご紹介しました。

現場での実践力が求められる栄養士。

早い段階から「なりたい自分」を意識して、自分が望む分野で栄養士として活躍することができるよう、進路に合わせた勉強をしておくことが大切です。

就職実績が豊富な専門学校には求人が多く集まる傾向があります。

また、インターンシップ・実習などを通して就職を決定するチャンスもあります。

卒業生たちの活躍ぶりなども確認しつつ、専門学校選びを行いましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

学校

学校についてもっと深堀りした情報を見る

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

福岡県で高卒でも就職率が高い高校9選

福岡県における平成30年度の高校新卒者の就職内定率は、99.3%です。この値は、全国平均の98.1%を上回る結果となっています(文部科学省調べ)。全国的に就職率が高めの福岡県では地域によって差はありますが、建設業、製造業の求人が多く目立ちます。具体的にどういった勉強をしておくと就職に有利になるのでしょうか。福岡県で就職に強い高校をいくつかご紹介します。福岡県で就職率が高い高校福岡市立博多工業高等学校歴史と伝統あふれる福岡市立博多工業高等学校は、ものづくり、資格取得、部活動活性化を軸に進路の実現を確実に叶えてくれる高校です。全国ものデザインコンテスト、全国パテントコンテストで日本一を獲得するなど

神奈川で高卒でも就職率が高い高校8選

神奈川県の高校を卒業した生徒の就職率は95.5%となっています(文部科学省の平成30年度調査結果より)。この数字は、全国的にみると低い数字となっており、就職率が低い沖縄県(93.7%)、大阪府(94.9%)につづく結果となっています。就職者数は、年々わずかではありますが増加しており、平成30年度は前年度に比べて0.3%(98名)就職者数が増加する結果となりました(神奈川県教育局調べ)。神奈川県内で就職を決定するためには、どんな高校で何を勉強しておくと有利なのでしょうか。神奈川県で就職に強い高校をご紹介します。神奈川県で就職率が高い高校 川崎市立幸高等学校 川崎市立幸高等学校は、就職内定率100

愛知県で高卒でも就職率が高い高校9選

愛知県では、就職を希望した高校生の就職内定率は99.8%と大変高い数字になっており、就職決定者数も平成31年度の段階では9年連続で増加しています(厚生労働省愛知労働局調べ)。求人数については、製造業(特に根幹産業といえる輸送用機械器具製造業)の求人が最も多く、続いて卸売・小売業、医療・福祉、建設業となっています。愛知県の求人の特徴をふまえ、県内で就職に有利な(就職率が高い)教育をおこなっている高校をいくつかご紹介するので、是非参考にしてみてください。名古屋で就職率が高い高校愛知県立愛知商業高等学校創立100周年を迎えた歴史と伝統がある愛知県立愛知商業高等学校は、地域の産業界をリードする人材育成

北海道で高卒でも就職率が高い高校9選

北海道内の高校を卒業し、就職を希望した人の就職内定率は97.9%(平成31年度)となっており、平成22年度以降就職内定率は増加の一途を辿っています(北海道教育委員会ホームページより)。では、具体的にどういった高校を卒業しておけば就職に結びつきやすいのでしょうか。北海道内で就職に向けた進路指導に力を入れている「今、注目しておくべき就職に強い高校」をご紹介します。北海道で高卒でも就職率が高い高校9選北海道旭川工業高等学校旭川工業高等学校は、専門知識を活かし、技術者として活躍することができる人材を育てる高校です。技術者としての専門知識を学ぶことができる学科が豊富で、工業化学科、建築科、土木科、電気科