IT求人でよくある募集内容やどういった観点から自分にあった求人を探したらよいのかを適切にアドバイスします。

IT求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

ソフトウエアの設計・開発・評価やインフラの設計・構築・運用などの業務を行う。

IT求人にはどんな種類があるの?

コンサルタント、セールス、プログラム設計・開発、インフラの設計・構築、システム運用、品質保証、ヘルプデスクなどがあります。

IT求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

派遣業

案件先にマッチした人材を派遣するサービス

ソフトハウス

案件そのものを自社に持ち帰り自社開発をする

サービス業

インターネット上のサービスを運営する

IT求人の募集でよくある職種

ITコンサルタント

顧客の課題を洗い出し、改善提案を行います。

システム化が確定すれば、要件定義やプロジェクトなどの牽引も場合によっては行います。

プロジェクトマネージャ

プロジェクト計画に始まり、プロジェクトの運営を行います。

進捗管理、リスク管理などを行い、ステークホルダーとの調整やプロジェクトメンバーとの円滑なコミュニケーションを必要とされる業務です。

プロジェクトリーダ

プロジェクトの要件定義や基本設計、詳細設計などを把握し、正しくシステムが構築されているかを確認して、テスト・納品までを管理します。

現場で解決できるトラブルが発生した場合には対応策を考案したり、トラブルに発展しそうな状況があれば率先してフォローに入ったりして、納期に遅れることがないようにスケジュールを厳守していきます。

システムエンジニア

一般的にITエンジニアをシステムエンジニアと呼ぶ場合が多いです。

開発、インフラ、社内、品質保証などの分野で中核となる役割です。

小さいプロジェクトの場合は、全行程を担当する場合が多いです。

プログラマー

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング作業を行います。

技術者(エンジニア)の世界では、新人が入ったときは、まずはプログラマーとして配属されることが一般的です。

あとは、実務をこなしながら、コンピューターやシステム知識、理論的な思考を身に付けていきます。

使用するプログラミング言語は、Java、JavaScript、Perl、PHP、Objective-Cなど多数あります。

どのようなジャンルの仕事を担当するかによって、必要になる言語も変わってきます。

サーバーエンジニア

サーバーを、ゼロから構築・設計し、運用保守をするのが「サーバーエンジニア」の仕事です。

「ネットワークエンジニア」と混同されがちな職種ですが、サーバーエンジニアは、サーバーを動かすアプリケーションを担当しており、ネットワークとつなぐアプリケーションを担当するネットワークエンジニアとは、仕事のフィールドが異なります。

データベースエンジニア

「データベースエンジニア」とは、膨大な量のデータから必要なデータを検索したり抽出したりすることができる「データベース」の設計を行い、運用・管理までを行うスペシャリストです。

セキュリティエンジニア

「セキュリティエンジニア」は、情報セキュリティに関する業務に特化したエンジニアのことを指します。

インターネットが一般化した現在は、企業や団体がサイバー攻撃に対して対策を行う必要があり、セキュリティエンジニアがその役割を担います。

テクニカルサポート

「テクニカルサポート/ヘルプデスク」とは、企業が提供している商品やサービスについての詳細、技術的な問題、操作方法などの問い合わせに対して、電話またはメールで対応する仕事です。

基本的にはマニュアルどおりに対応すればいいので、未経験でも転職しやすい職種です。

社内SE

社内のIT全般の雑多な業務をこなす職種で、さまざまな部署とのやりとりもあるため広域な知識とコミュニケーション能力が問われます。

製品開発/研究開発

製品開発者と研究開発者は、IT製品の開発と新技術の開発に関わる仕事です。

その業務内容は幅広く、ハードウェアとソフトウェア双方の開発にも関わります。

ちなみに、製品開発と研究開発はひとくくりにされることも多いのですが、ユーザーが使う最終的な製品づくりを担うのが製品開発で、その前段階である技術開発を行うのが研究開発である、というとらえ方ができるでしょう。

品質管理

「品質管理/QA/QC」とは、「会社が提供する商品やサービスなどに一定のクオリティがあるか?」「使ってみて問題がないか?」などをチェックする仕事です。

チェックが必要な理由としては、クオリティが低い商品やサービスを提供し続ければユーザーは離れていきますし、使用上の問題があれば訴訟問題に発展する可能性があるからです。

開発や制作した人間は客観的に商品を見られませんから、自社製品として世に出して問題がないかを確認する、品質管理/QA/QCといった職種の需要があるのです。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

現状需要がありこれから先も仕事はなくならないだろう且つ高収入が得られるのがオープン系のエンジニアでJava言語で設計・開発出来るエンジニアです。

今後は、AIが主流となれば加えてPhythonが出来るデータサイエンティストがよいでしょう。

IT求人でよくある募集内容とは?

自分の希望する案件にアサイン可能!

職場でスキルアップし信頼を勝ち取れば随時昇給。

前職からの給与アップ保証あり!

前職からの給与は10%UPを保証します。

給与相場

※年齢、経験、能力を考慮のうえ、規定により決定

勤務時間や休日、残業

自社勤務の場合は、就業時間記載だが客先勤務の場合は、常駐先の就業時間と記載されている。

その他休暇、リフレッシュ休暇、出産・育児休暇、夏季休暇、完全週休2日制、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、祝日

福利厚生

健康保険、労災保険、厚生年金保険、雇用保険、資格取得(自己啓発)奨励金制度

勤務場所

本社もしくは客先就業先

求められる人物像

エンジニアとして成長したい意志・熱意をお持ちの方

常に目的意識を持ちあるべき姿が描けそれに向けて一生懸命になる人

最新技術動向に興味関心があり、勉強している方

ITの技術のスピードは速く、言語、フレームワーク、ミドルウエア、ツールなどが次々と登場し常にアンテナを張っていなければならない

コミュニケーション能力が高い方

顧客の要件を引き出し、時には仕様の調整をしチームメンバーともロジカルに技術的説明が出来なければならない

必要なスキルや資格、経験

IT業界での開発経験が3~5年程度ある人。

特にWebアプリケーションの開発経験がある人が望ましい。

現在PG経験しかないものの、今後SE、PL、PMへとステップアップしていく上昇志向のある方を期待します。

SE経験があるほうが望ましい。

開発言語:Java、Javascript

RDB:Oracle、SQLServer、Postgres

OS:Windows、Linux

ITのおすすめ求人のポイント

新卒、中途経験、未経験など自分の背景に応じた探し方が必要です。

高収入を得たい

自分の経歴に自信がある場合には、高収入専門の転職サイトに登録することが早道です。

自社で仕事がしたい

メーカーかもしくは製品を開発販売しているかどうかの見極めが必要です。

勤務先の欄に客先常駐先に準じると書いてあったら自社開発ではありません。

ITの雇用形態による違い

何か病気やけがで長い間休みをすることに対して不安に思うのだったら正社員をお勧めします。

自分にあったITの求人の選び方や注意点

一社で長く雇用されるかスキルアップして転職していくか、もしくはいずれは起業をしていくかを考えて選ぶ必要がある。

【選び方①】雇用形態から探す

やっぱり厚生年金や雇用保険に入りたいし安定したい場合は正社員、自分にある程度のスキルがあり食いっぱぐれがないので且つ自分の生活も大事にしたいのだったら、個人事業主で探すといいでしょう。

【選び方②】職種から探す

自分のスキルが限定されているのであれば開発系エンジニア、インフラエンジニア、上流工程のコンサルタント、プリセールス、PMなどの職種で探すといいと思います。

【選び方③】会社の業態から考える

業務アプリケーション開発エンジニアであれば業界知識を活かすためにも、その業界の企業の情報システム部に入ったり、業界特有の開発会社を選ぶのがいいと思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

高収入を望むのであれば、コンサルタント、PMなどの上流工程のエンジニアかJAVAなどの主流となる言語を使えるエンジニアとして採用しくれる企業もしくはメーカーの管理職であれば800万円以上の収入が望めます。

雇用条件は、フレックスや土日祝日が休み、保険組合がある企業などは福利厚生などいろんな制度を利用することが出来ます。

【選び方⑤】エリアから考える

毎日の通勤を考え居住地を中心に考えるのが妥当。

やはり東京の勤務地が圧倒的に仕事も多い。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

製品を開発したいのであればメーカーから選択する。

注意点

あまり自分の主張や希望を全面に出すと嫌な印象を与えてしまうので、聞かれたら言う程度にとどめましょう。

IT求人についてよくある疑問

転職者の皆様からよく寄せられるお問い合せをご紹介し、その質問、疑問にお答えいたします。

応募方法は?

インターネットの求人サイト、人材紹介会社に登録する。

就職したい企業が決まっていれば企業の採用ページからの応募。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

応募動機、得意分野を中心に職務経歴書を中心に質疑応答される。

現在のエンジニアは、スキルは必須だがコミュニケーション能力を重要視するため面接官の質問の意図を確実に理解したくさん話すこと。

未経験でも応募できる?

PC操作が可能でしたら3ヶ月くらいの研修で入社できることもあります。

20代でしたら社会人経験があるだけで未経験でも中途で入社できます。

会社の雰囲気は?

基本的にみなPCに向かっての作業のためオフィス環境は静かです。

打ち合わせをするときは、必ず会議室なので何か用事があってもメールやチャットで済ませます。

一日中誰とも話をせずに仕事が終わることがあります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

ITエンジニアは、不足していますので正社員はもちろんのこと派遣社員やアルバイトの募集は通年実施しています。

アルバイトなどは、Web系の仕事やPCのインストール作業など短期~長期まで様々な業務があります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

雇用形態には、会社員、契約社員、個人事業主があります。

契約社員によっては、案件ごとの契約や1年ごとの契約などがあります。

保険や福利厚生などは、大体会社員と同等が多いです。

個人事業主は、案件ごとの契約のため保険や福利厚生は付いてないぶん給与は正社員に比べてそのぶん多くなります。

残業って多いの?

「働き方改革」や「ブラック企業」撲滅の活動が盛んになってからは、少なくとも1ヶ月残業時間が100時間を超える企業はなくなってきました。

3ヶ月間で80時間以上の残業が続いた場合は、産業医の面談が必要という制度を取っている会社もあるくらいです。

企業によって定時に帰ることが出来る現場も多くなってきました。

大体平均して毎日1時間前後の残業と思ってくれてよいと思います。

但し、顧客に納品したシステムに不具合が起きた場合はその限りではありません。

突発的に深夜、土日出勤などが発生する可能性は十分にあります。

資格って必要なの?

資格がないと出来ない職業ではないため必要はありません。

しかし、人材派遣などで顧客にアピールしたり転職をするときはどんなスキルを持っているかの目安にはなるため持っていたほうがいいと思います。

また企業によっては、資格手当など自己啓発のためにお金を払う企業がほとんどです。

まとめ

IT求人の需要は、その時代によって変わってきます。

インターネットが普及してからはWeb系のエンジニアが注目されAIの時代となった今は、サイエンティストが注目されていくこととなるでしょう。

IT転職をする時は、こちらの記事を参考に!



IT求人に関するコラム

IT営業が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適性とは?経験者が解説します

IT営業と聞くと、「難しそう!」「私には無理かも…」という反応をする人が多いですが、全くそんなことはありません。IT営業はIT業界未経験からでもできる仕事であり、IT分野はまだまだ圧倒的売り手市場です。今回はIT営業が向いている人の特徴や、求められるスキル・特性などをまとめてお伝えします。IT営業とはどんな仕事?IT営業はWEBサービスやiPhoneアプリの制作から、システム開発、クラウドサーバー提供など幅広い範囲に渡るIT(インフォメーション・テクノロジー)関連のサービスを販売する仕事です。取り扱う商品がIT関連のサービスなので、当然システムやプログラムに関する最低限の知識は必要となってきま

IT転職におすすめな会社やその特徴。働きやすさや待遇など!

転職。そのきっかけは突然にやってきます。忙しい日々をふと振り返り、現在の仕事、職場、今後の将来...。色々考えたときに、「転職しよう」と思うこともあるでしょう。しかし、そういうきっかけはあるけど踏み出せない、またはやり方が分からないという方にとって、この記事が少しでも踏み出す1歩や方法の参考になればと思います。 今回は”IT”へ転職するときに絞った記事となっています。IT転職におすすめな会社や特徴とは?まず、「よし、転職しよう!」と意気込み、どこにしよかと迷い、IT業界へたどり着いた皆様、いらっしゃいませ。わたくし自身も元々は銀行に勤めており、そこからIT業界へ転職しました。その中でまず大枠と