西の都といえば京都です。

平安時代には経済や政治の中心はここ京の都にありました。

そこから時代は流れて江戸、今の東京に経済や政治の中心が移転していきました。

それでも京都は独自の文化を発展させ今日では国内外で人気の観光地であり、ものづくりの街であり、ハイテク産業の街でもあります。

観光業は、京都の大きな産業の一つでもあり、観光業の恩恵でホテル産業、旅行会社、ツアーコンダクターや民泊、民宿、ゲストハウスなどが恩恵を受けています。

今回は、京都バイト求人のおすすめな募集内容の特徴、人気な施設や求人の選び方のコツなどを紹介していきます。

京都ってどんな街?

京都は、世間的なイメージでは、京都市内が観光地の中心なので昔の日本らしい町屋や祇園の街並み、お寺や金閣寺などが有名です。

独自の文化、特に食文化が発達しており、湯豆腐や湯葉などはその代表的な料理と言えます。

また、外国人がイメージする和のイメージの多くは京都のイメージが多く、世界的にも古き良き日本として認識されています。

交通の便に関しては、隣の大都市大阪へ電車一本で行けたり、新幹線が通っているので東京や福岡などへのアクセスも良好です。

また、大阪国際空港からはバスで1時間ちょっとなので利便性は高いと言えます。

京都を支えている産業は、観光産業とものづくりがほとんどを占めていますが、ものづくりは伝統工芸だけでなく、意外とハイテクの製造分野の発展が目覚しく、日本を代表する大手企業も数多く本社を構えています。

任天堂や京セラ、ワコーレなどはその代表格です。

経済の中心も京都市内に集中しており、四条や三条のエリアは観光関連や物販関連、京都駅周辺はオフィス街があったりします。

京都市内を離れると日本でも有名な酒造メーカーである月桂冠や宝酒造などがあり、となりの神戸市に劣らず酒造りも盛んなエリアと言えます。

京都駅周辺は最近の開発で様々な商業施設が立ち並び雇用も増えました。

ヨドバシカメラはその代表格と言えます。

それから、京都駅から大阪へはJRで30分ほどのアクセスなので、京都から大阪へ出勤する人も少なくはありません。

京都の求人のおすすめ募集内容の特徴

京都の求人でおすすめの募集内容は、様々ですが人気の業種から考えると「観光関連」「伝統工芸関連」「ベンチャー関連」「ハイテク・製造関連」「公務員」などがあります。

詳しく見ていきますが、現在の京都でこれらの職種が多くの求人で見られる業種と言っても過言ではないです。

観光関連

観光関連の仕事は京都の大きな産業の一つです。

募集内容を見ても、ツアーコンダクター、ホテルスタッフ、ガイド、案内人など観光関連の仕事はどれも多いです。

その理由は、日本だけでなく海外からの観光客がここ数年増え続けていることです。

今までは日本語だけでよかったのですが、現在は英語や中国語などが話せないとコミュニケーションをとることが難しいです。

また、観光客の中には熱心に日本の伝統文化について学びたい人も多く、ガイドとして説明する機会や施設の案内役の人材も必要としています。

加えて、宿泊施設においても日本語以外の言語を使えることが好まれることが募集内容を見てもわかるようになってきました。

海外からの旅行客が多く宿泊する京都市内は特に日本語以外の言語を使うことでコミュニケーションを図れるので重宝されています。

観光関連はもともと京都の職種では盛んであり、専門知識を必要とするわけではないので初心者や未経験者も従事することができます。

多少の歴史の勉強は必要ですが、初めての仕事として始めやすい職種でもあります。

伝統工芸関連

伝統工芸関連の仕事も最近は国内だけでなく海外でも人気を集めています。

京都の伝統工芸に見せられて日本へ修行にやってくる外国人も少なくありません。

その反面、いくつかの伝統工芸は後継者不足に悩まされており、後継者募集を出す伝統産業も少なくありません。

将来的に独立を考えたり、京都の伝統産業に従事することで手に職をつけたりすることもできますし、ここ最近は京都ブランドとして海外でも人気を集めています。

ヨーロッパなどのイベントにも積極的に参加していることもあり、海外でも京都の伝統工芸の知名度は上がってきました。

そのため、京都の伝統産業を習得し、手に職をつけることで将来的に日本だけでなく海外のマーケットへもチャレンジするチャンスがあるので将来性もある職種です。

また、伝統工芸関連の職種は特別な資格を必要としているわけではなく、コツコツとこなして慣れるしか上達方法はないので、初心者・未経験者であってもチャレンジすることは可能ですし、チャレンジしやすい職種とも言えます。

ベンチャー企業関連

京都は大学が多くアカデミックな環境のおかげで研究者やベンチャー起業者が多く籍を置いています。

そのため、ベンチャー精神が強く、また行政がその後押しをしています。

京都の南部には「関西文化学術研究都市」が整備されており、研究施設や研究開発型産業施設を作ったりして研究者やベンチャー起業者にチャンスを与えています。

チャレンジ精神が多い人には、これらの施設での求人募集も用意されていて、新しい何かを開発、発見したいベンチャー精神に溢れた人が多く刺激の多い職種と言えます。

専門知識を必要としていることが多いので初心者にはハードルが高めですが、大学の研究を続けていける機会には恵まれるので学生時代から研究に勤しむ人には嬉しい職種といえます。

ハイテク・製造業関連

京都は、意外かも知れませんがものづくりだけでなく、製造関連、特にハイテク関連の工業が盛んです。

また、世界的にも有名な企業も多く京都に本社を置いていますので、伝統工芸と並んでものづくりとして盛んな産業です。

グローバル企業として活躍する会社へ正社員として就職し、海外営業として世界を飛び回ることも可能ですし、製造関連でものづくりに集中することも可能です。

ただ、注意が必要なのは、製造関連だと工場や現場勤務は正社員より契約社員や派遣社員が多い傾向にあります。

そのため、正社員で製造関連で製造を希望する場合は、募集内容をよく確認する必要があります。

ハイテク・製造業関連はグローバル企業、世界的な有名企業が多く、日本を代表する会社のため、正社員として安定職を求める人にも人気と言えます。

公務員

京都の公務員は、他と比べて給料が高い傾向にあります。

後ほど詳しく見ていきますが、一般のサラリーマンより平均が高く、公務員と言う安定職のため、人気が高いといえます。

京都には、公務員になったからといって観光産業に携われるわけではありません。

京都にある産業観光局に配属される必要があります。

産業観光局に配属されて、初めて観光関連の仕事に従事することができます。

公務員として京都の観光業に携われるのは、インフラの整備、国内外への京都という街のプロモーションなどがあります。

まずは、京都の公務員試験にパスし、産業観光局への異動をアピールする必要があります。

それでも、この仕事を始めるにあたり、公務員試験への対策以外で特別な知識は必要としておらず、初心者や京都以外の人でも採用されれば従事することができるため、チャレンジしやすい仕事と言えます。

京都の求人の給与相場

京都の求人の給与相場は平均でそれぞれ下記の通りになります。

アルバイト:時給913円

契約社員・派遣社員:年収約328万円

正社員:年収約513万円

公務員:年収約670万円

アルバイトとしての時給は、他の政令都市に比べてほぼ同じに対して、正社員や公務員は平均年収が高めです。

特に公務員は平均年収がかなり高いのですが、平均年齢も43歳とかなり高めなので年齢があがれば収入が高いので平均も高いようです。

正社員と派遣・契約社員との格差は約180万円も年間であるので、働くなら正社員のほうがいいかもしれません。

京都で人気なエリア

京都で人気のエリアは昔からあまり変わらないところが多いですが、地元の人だけでなく、大阪からのアクセスがよく、新幹線が京都駅に乗り入れていたり、大阪国際空港からバスで1時間ほどの場所にあることから観光客にも人気のエリアが多いと言えます。

三条

三条は、四条と二分して京都の一大繁華街の一つです。

四条同様京阪電鉄や地下鉄が通っており、三条駅近辺にはホテル産業や飲食関連が多く所在を構えています。

昨今のブームになっている南禅寺は三条から地下鉄で10分少々で行けるエリアにあり、観光業も盛んなエリアといえます。

四条

三条と二分して京都の一大繁華街の一つである四条は、京阪電鉄の四条駅や地下鉄四条駅が通っています。

大阪へは京阪で30分ほど、京都駅へは地下鉄で10分ほどの立地にあり、老若男女問わず人気の高いエリアです。

他にも四条には錦市場、祇園、八坂神社などの観光名所も兼ね備えているので観光業や飲食関連、ホテル産業が盛んと言えます。

利便性の高さから四条から大阪へ働きに出ている人も少なくありません。

北山

京都のベットタウンの一つで近年は再開発の恩恵を受け高級住宅エリアをかかえています。

京都駅から電車20分ほどのエリアにあり、有名建築家のレストランやカフェなどの建物が並ぶ街並みは観光客よりは地元の人に親しまれています。

京都への利便性や北山駅周辺にある飲食関連で求人のニーズがあり、京都まで出ずに働きたい主婦などに人気です。

河原町

河原町は、阪急電鉄の京都側の終着点であり、ターミナル駅の一つです。

京都の繁華街エリアである四条や三条へのアクセスもよく、河原町から大阪へのアクセスも便利です。

そのため近くを流れる鴨川沿いの路地には観光地として有名な先斗町もあり、観光客にも人気のエリアであると共に料理人の修行の場としても人気です。

京都駅でバイトを探す時は、こちらの記事を参考に!

京都で人気な職種や業界とその理由

京都で人気名職種は、根強いのが「公務員」や「飲食関連、料亭」、最近の傾向としては「ゲストハウス」「伝統工芸」があります。

公務員

京都は、観光業が盛んなため、公務員として観光業に携わりたい人、地元に貢献したい人が昔から多く、その人気は耐えることがありません。

人気な理由

京都で公務員が人気の理由として、他の政令都市と比べても京都の公務員の給料は高いのが理由です。

また、観光業が盛ん観光業に携わりたい人が多く、地元に貢献したいと考える人、Uターンで地元に就職して仕事をしたい人に人気です。

ゲストハウス

ここ数年、特に若者を中心に人気なのはゲストハウスのスタッフです。

受付や雑用などがメインの仕事です。

人気な理由

人気の秘密は、様々な国からの旅行者とコミュニケーションが出来、色々な文化に触れることができることです。

また、英語などの日本語以外の言語を活かすのに最適の場所でもあるため、若者を中心に人気の職種と言えます。

伝統工芸

伝統工芸はもともと京都が好きな人の間では人気でしたが最近その人気が再燃しています。

国内だけでなく海外メディアにも取り上げられる機会が増え、海外からの職を希望して来日する人も増えています。

人気な理由

人気な理由は、京都の伝統工芸の評価の高さにあります。

国内だけでなく海外でも高く評価されており、今後の海外マーケットへのチャレンジチャンスは十分です。

また、手に職をつけることができるのも魅力の一つです。

若者だけでなく、Uターンして京都に職を探す人にも人気となっています。

飲食関連 料亭

飲食関連、特に料亭は、昔からの人気です。

京都や近隣府県だけでなく様々なエリアから修行にやってくる料理人は後を立ちません。

人気な理由

人気の理由は、技術の高さにあります。

有名や老舗の料亭が集結している京都では、和食の修行の場所としては最適です。

技術を磨きたい人、手に職をつけて更なる飛躍を目指す人にとって、将来独立をビジョンに切磋琢磨するので人気が絶えない理由です。

京都でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

京都でこれから注目を集めそうな職種は、大きく分けて「介護職」「ホテルスタッフ」「旅行関連」の3つだと言えます。

観光客の増加に伴いホテルや旅行会社はニーズが増えてきていますし、京都も人口の高齢化に伴い介護施設やデイケアサービスのニーズは高まっています。

そのため、これから注目を集める職種と言えます。

介護職

おとなりの大阪でもそうですが、京都でも昨今は高齢化が目立ち始めてきました。

高齢化に伴い病院施設だけでなく介護施設も増えてきています。

デイケアサービスや介護施設など職のニーズも増えてきています。

注目を集めそうな理由

高齢化は止まらずこのまま加速していくので介護職への注目は今後ますます増えると言えます。

国会でもテーマにあがりましたが介護職の給与問題が整理されるとニーズの高まりと共にますます注目されるのと予測されています。

そのため、介護職は今後も注目を集めそうな職種と言えます。

ホテルスタッフ

観光ブームが国内外で過熱している京都では、大手チェーンを含め様々なホテルが店舗を展開しています。

最近はホテルだけでなくゲストハウスや民泊なども増えてきました。

ツアーコンダクター同様、日本語以外の言語を話せるスタッフが重宝されています。

注目を集めそうな理由

観光ブームはまだまだ続いていきそうです。

それは、ラグビーワールドカップやオリンピックなどの世界イベントが今後予定されており、海外からの観戦客がそのまま京都を含めた関西地方への旅行を想定されているためです。

今後もホテル産業は注目を集めそうな職種と言えます。

旅行関連、ツアーコンダクター

観光名所の多い京都では、ツアーコンダクターが今後注目を集めそうです。

国内だけでなく海外からの観光客が多い昨今は、日本語以外の言語ができると重宝されています。

また、観光地で建物や歴史について学びたい外国人も多く、ニーズは高まっています。

注目を集めそうな理由

京都市内を中心に観光地へは外国人観光客が増加傾向にあります。

また、日本国内でも京都ブームが再燃していることもあり、日本人観光客も少なくありません。

そのため、ツアーコンダクターの仕事やニーズは増えてきていると言えます。

京都ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

京都ならではの面白い職種や業界は、意外と限られますがそれでもいくつか興味深いものもあります。

ここではそんな京都ならではの仕事を紹介していきます。

伝統工芸関連、ものづくり

西陣織を筆頭に京都を代表する伝統工芸関連は京都ならではと言える職種です。

最近は、ヨーロッパなどの展示会に積極的に参加し、京都ブランドを国内だけでなく海外へもシェア拡大を図っています。

いまや京都ブランドは国内だけでなく海外にも品質や製品は高い評価を受け人気です。

おすすめポイント

伝統工芸関連やものづくりは、手に職がつくため、将来的に独立も可能です。

後継者不足で悩む京都の伝統工芸を学び手に職をつけることで、国内市場だけでなく海外市場へのチャレンジも可能です。

ネットを使って海外販売を展開している企業も増えてきたのでチャンスが拡大している職種と言えます。

研究職、大学研究機関関連

京都は教育レベルが高く、有名大学が京都にキャンパスを構えているので教育関連の研究機関やベンチャー企業が多く点在しています。

京都には、京都大学を筆頭に同志社大学や立命館大学など日本でも有名な大学があり、研究機関も供えている大学があるため、卒業後博士課程に進みながら研究職として就職することも可能です。

おすすめポイント

iPS細胞を発見した京都大学教授山中教授を始め、様々な有名研究者や教授が京都の大学や教育関連に籍を置いています。

著名人の下で学習しながら研究できるのは研究を志す人にはぜひおすすめしたいポイントです。

舞妓さん

女性限定になってしまいますが、舞妓さんは金沢と並んで京都は根強い人気です。

敬語ができないとかゆとり社会と世間的に言われている若者は、こういった伝統的な縦社会を嫌いそうなイメージを持たれがちですが、舞妓さんの世界へ憧れを抱きその門を潜るものは少なくありません。

おすすめポイント

日本の伝統的なマナー、作法、ルールに厳しい社会のため、徹底的に学ぶことができます。

また、礼儀作法、言葉遣いなど普段は気をつけないようなことに気を配ったりしないといけないため、日本の伝統的なしきたりを身につけることができるのは大きなポイントです。

現在海外から非常に大きな注目を浴びているので、将来海外でこの作法や礼儀を活かしてレクチャーすることも可能です。

京都の求人で人気な施設・産業とは?

京都の求人で人気な施設はやはり観光業に関連しているところが多いのではないでしょうか。

古き良き文化とはいえ、ゴリゴリの縦社会である舞妓さんの世界や近代のマーケットをリードする大手企業など働く場所とチャンスは京都も多いと言えます。

祇園

言わずと知れた舞妓さんや昔からの夜の街です。

敬語が使えない若者が増えたとかゆとり社会がどうとか世間で言われていますがそれでもこの祇園は、若い子にとって憧れ勤務地です。

ハイテク産業

京都は観光業の他にものづくりが有名で有名な大手企業も多く所在を構えています。

例えば、稲盛会長で有名な京セラ、スピードスケートで注目を集めた高木選手が所属する日本電産、トランジスタの世界シェアトップクラスのロームや家庭用ゲーム機の任天堂など様々な企業があり、地元の大手企業で働くことは京都の学生には憧れの的です。

病院関連

高齢化が深刻な京都では、病院関連の就職も人気を集めています。

介護職だけでなく、病院関連の理学療法士や作業療法士など様々な職が人気です。

ゲストハウス

ここ数年外国人旅行客の増加に伴い増えてきたゲストハウスは英語を使って仕事ができることから人気を集めています。

様々な国の人たちと交流しながら英語も使えるので若者に人気を集めています。

人気な施設の特徴はこれ!

人気の施設の特徴は、現在のトレンドであったり、昔ながらの根強い人気があります。

ゲストハウスはまさに最近のトレンドですし、大手企業や公務員は安定職の代表で昔からの根津世おい人気があります。

求人の選び方のコツやポイント!

求人の選び方のコツやポイントは難しく考えなくても大丈夫です。

大事なのはどういった状況、例えば、正社員として安定した仕事に就きたいとかアルバイトでまずは色んな経験を積みたいとか短期バイトで経験するだけでいいなどの目的をもつことが第一ステップになります。

その上でおすすめの求人の選び方ポイントをご紹介します。

雇用形態

雇用形態については正社員で働きたいのか、期間限定の契約社員や短期バイトなどで働きたいのかを決めておくことです。

ちょっと働いてみたい場合には、正社員ですと会社も自身も採用試験や退職時の手続きと手間がかかってしまいますので、お互いにデメリットになりかねません。

求人を選ぶ前にどの雇用形態を探すかを考えておきましょう。

給与形態

給与形態で選ぶコツは、必要最低限の生活費を把握しておくことです。

京都で生活して京都で働くために何でもいいわけではないと思います。

そのため、必要最低限の生活費を把握し、希望の給与額を頭にインプットしておくのも職選びのポイントです。

将来ビジョン

京都を支える産業大きく分けて二つです。

観光業とものづくり産業です。

しかし、昨今は働き方改革からノマドワーカーが増えたり、観光業の成長に乗って民泊やゲストハウスで働く人も増えてきました。

そのため、求人の選び方のポイントになるのは将来ビジョンと言えます。

将来独立をしたいと考えているならものづくり関連やゲストハウスなどおすすめですし、安定した仕事で働き続けたいのであれば大企業や公務員などの選択肢もあります。

タイプ別のおすすめ職種

ここではタイプ別におすすめする職種をご紹介していきます。

いくつかのタイプを候補に紹介していきます。

時短で働きたいママさんなら

時短で働きたいママさんたちにおすすめしたいのは、倉庫関連業や早朝に募集がかかっている飲食店などがおすすめです。

京都には繊維関連や倉庫関連の求人も多く短期や時短の募集も多いです。

その割りに収入としては高いのでおすすめです。

とにかく年収をアップしたいなら

とにかく年収アップをしたいのなら、今は不動産関連や保険関連がおすすめです。

昨今の投資ブームは京都もご多望に漏れず、日本人だけでなく外国人の投資も過熱しています。

そのため、ニーズに応えるべく人材増強を図る企業が多く、また、不動産関連は歩合制や高いインセンティブを採用しているので年収アップが望めます。

また、昨今、保険関連も年収アップが望めるといえます。

最近の日本経済への懸念から銀行にお金を預けるより投資や投資信託などを模索する人が増えました。

保険もそういった金融商品を扱っているためニーズがあります。

人材も募集していて、こちらもインセンティブや高い歩合制を給与に採用しているので、年収アップが望めるのではないでしょうか。

フリーターや、非正規からでも正社員になれる職種

フリーターや契約社員・派遣社員から正社員を目指すのなら、飲食関連や倉庫関連、運輸関連がおすすめです。

ここ数年のインバウンド顧客の増加に伴い京都では様々な飲食店の出展が相次いでいます。

そのため、アルバイトで採用しても社員登用を積極的に採用している企業も少なくありません。

また、運輸や倉庫関連も昨今のドライバー不足や人材不足に悩まされているため、積極的な社員採用を行っています。

将来性を考えて転職する人におすすめの職種

将来性を考えて転職する人におすすめするのは京都の伝統産業関連の職人です。

手に職をつけることで将来の独立に近づくとともに京都の伝統産業は国内外での評価が高く、独立後は日本国内だけでなく海外でのチャレンジも可能なため夢が広がります。

高校卒でも正社員になれる職種

高校卒業でも正社員になれる職種は、若干フリーターや非正規からの社員登用と話が重複してしまいますが、飲食関連や運送、倉庫関連と言えます。

最近は伝統産業も職人不足から若い人材を欲していますので高校卒業でも就職できる場所は増えているといえます。

外国人でも正社員になれる職種

外国人でも正社員になれる職種もあります。

コンビニや飲食関連、貿易関連、ホテル関連は日本語以外の言語を話せると重宝されるため、積極的に外国籍の人材も採用しています。

そのため、外国人でも正社員になれる可能性があります。

外国人でも短期バイト可能な職種

民泊やゲストハウスが増えてきている京都では、短期的にゲストハウスや民泊の受付をすることで宿泊代をオフにしたり、短期雇用としてお手伝いを受け入れているところが増えてきました。

外国人であっても短期的に働くチャンスのある職種と言えます。

京都と言えば思い浮かぶあの有名企業も人気!

京都と言われると企業と言うより町屋や伝統工芸関連のイメージが強いですが、実は世界的に有名な企業がたくさんあります。

代表的な企業を紹介していきます。

ワコール

下着メーカーとして大手のワコールは京都に本社を置く会社です。

女性下着を中心に世界的に認知されているブランドを確立しています。

京セラ

JAL再建を担った稲盛さんが創業し、名誉会長を勤めるのが京セラです。

世界的なセラミック関連の会社として、いまや携帯などに欠かせない部品を国内だけでなく海外にも展開しています。

村田製作所

電子部品メーカーとして世界に名前を挙げているのが村田製作所です。

実は村田製作所の本社は京都にあり、京都から国内だけでなく国外のマーケットへも進出しています。

日本電産

スピードスケートの高木選手が在籍していることで注目を集めたのが日本電産です。

モーターのメーカーでもありますが、多くの企業を買収し、様々な事業展開を繰り広げ世界的なメーカーへと成長してきました。

まとめ

今後、ラグビーワールドカップやオリンピックなどで観光客の更なる増加が見込める京都です。

ホテルチェーンも国内外関わらず次々と投資をしています。

また、文化庁の移転に伴い、公務員の仕事も増える見込みです。

いずれにしてもまだまだ求人としては雇用チャンスが多いと言えるので、自分が将来どうしたいかどうなりたいかのビジョンをもつことが大切になります。

京都はものづくりに強い街なので手に職をつけてもよし、大手企業が多いので安定した職を求めてもよし、色々と門戸は開けています。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

以上、「京都の求人のおすすめな募集内容の特徴、人気施設や求人の選び方のコツを紹介します」でした。


関連キーワード

京都求人