紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。

紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。

紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。

紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。

今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。

紳士服屋の仕事に興味がある人や紳士服屋で仕事をしてみたい人などはぜひ参考にして下さい。

紳士服屋のおおまかな仕事内容

紳士服屋の仕事内容は、店舗勤務の場合、アルバイト同様、接客やレジ、店内のディスプレイを調整したり、採寸をしたりします。

店舗勤務で一般社員から副店長や店長へステップアップしていくことで仕事内容は変わっていきます。

店長になると仕事内容は、実務より管理業務が増えてきます。

従業員の労働状況やシフト管理、人件費や店舗コストの管理などがあります。

店長からさらにキャリアアップしていくとバイヤー、人事部、マーケティングや経理など会社業務に携わる部署へ転籍していくことで仕事内容がまた違ったものになっていきます。

紳士服屋の仕事の募集職種にはどんな種類があるの?

紳士服屋の募集職種にはどういうものがあるのでしょうか?

紳士服屋の仕事をしてみようと考えたらどのような募集職種があるのか気になります。

ここでは紳士服屋の募集職種についてまとめてみました。

総合職

紳士服屋の募集職種にある総合職は、採用後店舗へ配属され、そこから副店長や店長などを経験してエリアマネージャーやバイヤー、マーケティングなどの部署へステップアップできる職種です。

全国展開している店舗の場合は、全国転勤の可能性があるため、将来的にステップアップをしていきたくて転勤が問題ない人には総合職がおすすめです。

地元や同じエリアで長く店舗スタッフとして働きたい人には総合職は適していないかもしれません。

地域限定職

地域限定職は、働き始めた店舗で長く働く社員のことです。

店舗によっては地域限定職は契約社員と同じような条件で採用するケースもあります。

地元で長く働きたい人で出世は別に興味がない人、一定期間地元で働いていたい人には最適です。

地域限定職は、転勤がありませんので転勤をしたい人や店舗スタッフから他の職種へステップアップしたい人には適していません。

社員登用見込みアルバイト

紳士服屋の店舗によっては正社員を募集していないケースがあります。

社員登用見込みアルバイトは、本人の意思と店長などの管理職の判断によりますが、将来的に正社員へステップアップしていきたい人に適している職種です。

紳士服屋でよくある募集内容とは?

紳士服屋の仕事を探しているとどのような募集内容があるのかを知りたいところです。

紳士服屋でよくある募集内容を今から紹介していきます。

紳士服屋の仕事でよくある募集内容についてまとめてみました。

給与相場

紳士服屋の給与相場は、新卒の場合、月収19万円〜22万円くらいです。

転職の場合は経験、未経験により異なりますが、月収20万円〜25万円くらいが相場です。

他には社員登用見込みアルバイトの時給相場は1,000円前後くらいです。

勤務時間や休日、残業

店舗勤務時間は、店舗の稼働時間に準じてシフト制になっています。

朝からシフトに入れば夕方や夜に仕事が終わりますし、お昼からシフトに入ったら仕事が終わるのはお店の閉店作業をしてからになります。

休日に関してはシフト制になるため、定まってはいないもののほとんどの紳士服屋は週休2日にしているため、月8〜10日は休めます。

残業は、基本的にないようにどこもシフトを組みますが、忙しい日や人手が不足している日、月末などは残業が発生してしまうことがあります。

福利厚生

紳士服屋の求人内容の福利厚生は、店舗によって実は異なっています。

社会保険関連や年金関連は多くの店舗が完備しています。

しかし、交通費や社割、制服貸与や正気・賞与については各店舗によって条件が異なってきます。

例えば、昇給が年2回、賞与が年2回のところもあれば、昇給が年4回、賞与が年1回のところもあります。

交通費に関しても会社規定で判断して全額支給しないところもあれば、あらかじめ上限金額が決められていて超えた分は自己負担にしている店舗もあります。

勤務場所

紳士服屋の勤務場所は基本、店舗になります。

店舗といっても店舗形態は様々です。

ショッピングモール内の店舗、路面店舗やオフィスビル内の店舗などがあります。

求められる人物像

紳士服屋で働くのに求められる人物像は、接客に適している人物かどうかがポイントになります。

接客の仕事に適しているのはコミュニケーション能力がある、聞き上手や気配り上手などがあります。

紳士服屋で求められる人物像についてまとめました。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は接客の仕事する上でとても大切な能力です。

お客様との会話だけでなく、お客様が何を求めているのか、何を伝えたいのかなどを汲み取らなければなりません。

コミュニケーション能力がないと紳士服屋の仕事を続けるのには努力が必要になります。

自発的に動ける人

紳士服屋の仕事で求められる人物像は、自発的に動ける人です。

これは自発的に動くというのは、自分で考えて行動ができるということです。

紳士服屋の仕事は、接客中にいちいち先輩社員や上司に次の行動を聞いたり、お客様が必要としている情報や探している商品が何かを把握するのに待っていては何にもなりません。

自発的に動いていかなければ仕事になりません。

気配り上手・聞き上手

紳士服屋の仕事で特にオーダーメイドやセミオーダーを取り扱っている紳士服屋の場合は、お客様のニーズをしっかり聞いてお客様の理想のスーツやワイシャツを提供しなければなりません。

オーダーメイドやセミオーダーを注文に来るお客様の中にはコストだけに注力して他を気にせず注文しようとする人がいます。

そういった人のニーズをしっかり聞き込んでどんな商品が最適化を選んであげることができる人物は紳士服屋の仕事に歓迎されます。

真面目

紳士服屋の仕事は、真面目であることも大切です。

もちろん仕事をするからには真面目に仕事をすることは当たり前かもしれませんが、少し時間が空くとどうしても人は集中が切れてしまいます。

勤務時間中に集中が切れてしまうと次に接客するときにスムーズに仕事ができなくなっている可能性があります。

常に勤務中は真面目に働けることも求められる人物像です。

必要なスキルや資格、経験

紳士服屋の仕事は特に必要なスキルや資格がありません。

どこかのアパレルショップなどで接客経験があればいいのですが、なければ無いで特に問題になることはありません。

活かせるスキルや経験は、接客経験、スポーツの経験、営業経験、製造経験などです。

特段必要なスキルや経験、資格がないことは業界未経験でも仕事にチャレンジすることが可能です。

紳士服屋のおすすめ求人のポイント

紳士服屋の求人で何がおすすめなのかわかりづらいかもしれません。

紳士服屋の仕事を探す上でおすすめのポイントがわかると求人を探しやすいもしくは目安をつけやすいことでしょう。

ここでは紳士服屋のおすすめ求人のポイントについて紹介していきます。

福利厚生がしっかりとしていること

福利厚生がしっかりしていることは当たり前のように思えますが、実は店舗によって異なります。

保険関連や年金関連はどの店舗もしっかり完備しています。

しかし、扶養手当や昇給、賞与、交通費と社割などは店舗のよって付与されているケースとそうでないケースがあります。

昇給や賞与は年2回のところもあれば年1回のところもあります。

交通費に関しても全額支給のところもあれば一部支給や当社規定に準ずるというところもあります。

おすすめ求人ポイントは福利厚生のこれらの手当てがしっかりと支給されている紳士服屋はおすすめです。

店舗の雰囲気が楽しそう、働いてみたいと思える店舗であること

店舗の雰囲気や職場環境は、働く上でとても大切な要素です。

アルバイトやパートで働き始めると職場人間関係が悪いからや店長とそりが合わないなどの理由から辞めたくなればすぐに辞める事はできます。

しかし、正社員はすぐに辞めるわけにはいきません。

2週間前に雇用側に対して退職の旨を伝えなければなりません。

募集欄ではわからないので実際に店舗へ足を運び、店舗の雰囲気やスタッフの雰囲気を見る事で仕事に対してモチベーションが上がります。

研修制度があること

紳士服屋の仕事はほとんどの店舗で入社時に研修を行います。

入社時は会社に関してのオリエンテーションがありますし、入社して店舗へ配属になるまでに接客の研修などが用意されています。

研修制度があるところとないところでは実際に仕事を始めてからの負担が異なります。

きちんとした研修を経て店舗勤務になれば仕事に慣れるスピードも早いですし、研修で実践練習を積んでいると未経験でも接客をスムーズに対応することができます。

研修制度が募集内容に記載されいているかどうかはチェックが必要です。

紳士服屋の仕事についてよくある疑問

紳士服屋で働く前に仕事に対して抱く疑問はいくつかあることでしょう。

紳士服屋の仕事についてよくある質問をまとめてみました。

参考にしてみて下さい。

仕事でやりがいに感じることは何ですか?

紳士服屋の仕事のやりがいは、お客様に喜んでもらえたときやありがとうと言われたときはやりがいを感じますし、仕事をしていてよかったなと思える瞬間です。

お客様が喜ぶ姿やありがとういう言葉は時給や給料に反映されるものではありません。

しかし、一緒にこだわりの一品や探しているスーツなどを見つけた時は、喜びを共感できますし、一生懸命探してお客様からありがとうと言われることはお金に換え難い貴重な体験です。

未経験でも仕事をすることはできますか?

紳士服屋の仕事は未経験でもアルバイトや契約社員、正社員にチャレンジすることは可能です。

紳士服屋の仕事は、特別な資格を必要としません。

そのため、未経験でも積極的に採用している店舗が多く、また、入社後の研修制度を用意している店舗も多いため、入社してから必要な知識を身につけることが可能です。

未経験であっても、接客アルバイトの経験や営業の経験、チームワークの必要なスポーツを経験しているなどは仕事を始めてから経験を役立てることができます。

体力は必要ですか?

紳士服屋の仕事は基本立ち仕事になります。

勤務時間中は立ちっぱなしですし、繁忙期は動き回ることもあります。

また、月末などは棚卸しをしたり、倉庫の清掃をしたりする時は力仕事をすることもあるため、体力は必要になります。

他業種から転職しようと考えてますが転職できますか?

紳士服屋の仕事は他業種からの転職可能です。

実際に紳士服屋で仕事をしている人はアルバイトだけでなく、正社員や契約社員の中にも全く別業種から転職してきた人がいます。

未経験者でも仕事をすることができることは先ほど説明しました。

転職も同様に経験がなくても採用してくれる店舗が少なくありません。

他の店舗への転勤はありますか?

転勤は採用時の職種によります。

総合職として入社したなら転勤の可能性は高く、地域限定職や社員登用見込みアルバイトの場合は、同じ店舗で長く働ける可能性が高くなります。

もし、転勤したい、他の店舗へ定期的に移っていきたいと考えているなら総合職がおすすめです。

まとめ

紳士服屋は、体力の必要な仕事ですので楽な仕事ではありません。

しかし、接客を通じて言葉使いや作法、マナーを学ぶことができますし、ファッションに関しての知識を深めることが可能です。

未経験者でも始めることができる仕事であるのも気軽に仕事へチャレンジするために魅力的です。

紳士服屋の仕事は、求人サイト、転職サイトや紳士服屋のHPもしくは店頭で求人を見つけることができます。

紳士服屋の仕事をしてみたい人は、求人を探して募集欄をチェックしてみましょう。


関連キーワード

アパレル求人