突然ですが皆さんファッションは好きですか?

好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。

今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。

メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?

求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。

期間契約や派遣などの種類もあります。

また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。

メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

ファッションビル

渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。

ファッションに関わるお店のみが出店しています。

外資系ファッションブランドや国内ファッションブランド、自社ブランドを扱うオンリーショップが多いです。

ファッションのみを扱う店舗が多く激戦を繰り広げています。

他店との交流もありますがライバル意識が強く、スタッフの入れ替わりも激しいです。

ショッピングモール

郊外に多いスーパーや映画館などが一体になった複合商業施設です。

出店している会社も独自ブランドを扱うショップからセレクトショップ、雑貨や寝具などまで扱うショップまで様々です。

他店との交流は多くあり、従業員の休憩所などが一か所のため他業種との交流もあります。

路面店

道路に面した店舗で、隣の店舗とは建物が違ったり離れていたりします。

一つのブランドのみを扱うオンリーショップから色々なブランドを扱うセレクトショップまで様々です。

個人経営店から外資系、チェーン店など事業形態は様々で、他店との交流は少ないです。

メンズアパレル求人の募集でよくある職種

販売員

主な仕事は接客とレジ対応になります。

来店されたお客様へ商品を提案し、購入される場合はレジを打って包装します。

その他に品出しやレイアウト変更、店内清掃や在庫管理などがあります。

店長候補、マネージャー候補

店舗の責任者候補です。

店舗運営の全てを行います。

内容は売上・予算管理、在庫やロス管理、顧客データ分析、従業員の教育から管理までを行います。

始めから店長というケースは少なく、販売員を経験してからというケースが多いです。

デザイナー、パタンナー

デザイナーは毎シーズンのテーマや流行に合わせてのデザインを考え素材やディティールの選定を行い、デザイン画を作りパタンナーに渡します。

パタンナーとは服を作る際の設計図を描く人のことで、デザイン画を設計図に落とし込んでいきます。

デザイナーやパタンナーは技術職となるため学校などで知識や技術を学んでいる必要があります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

近所にあるショッピングモールやファッションのみを扱う競争激しいファッションビル、全国規模のチェーン店など事業形態で選ぶか好きなブランドの扱いで選ぶかだと思います。

上記を参考に事業形態や職種を考えてみてくださいね。

メンズアパレル求人でよくある募集内容とは?

アパレル求人の特徴として一番上がるのが給料の低さ、休日の少なさだと思います。

希望の給料やどうしても休みたい曜日があるのでしたら募集内容を確認し、希望に近いところを選びましょう。

給与相場

アルバイトの時給は全国平均でおおよそ900円前後です。

地域の最低賃金を採用しているところも多いですので住んでいる地域の最低賃金を確認してみてください。

社員の初任給は大体17万∼高くても22万程度となりますので昇給、賞与などがあるところを選びたいですね。

また、残業代の有無をしっかりと確認してください。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は店舗の営業時間とほぼ同等です。

開店前と閉店後にレイアウト変更やディスプレイ変更、品出しや清掃を行うためプラス二時間程度は残業時間として考えていた方が良いです。

休日は平日が多く土日含む週末や祝日、GWのような大型連休やお盆時期、年末年始などはほぼ休めません。

よほどスタッフが多くいる店舗であれば多少の融通はきくかもしれませんが難しいと考えてください。

福利厚生

個人経営の小規模な会社でない限り基本的な福利厚生は用意されていますが、大きな会社であるほどに手厚い待遇となります。

会社によっては家賃補助や食事手当、洋服代の支給があるところもあるようです。

勤務場所

販売員であれば店舗がメインとなり、本社には研修時に行く程度かと思います。

営業やデザイナー、パタンナーや企画などは本社勤務がメインとなり、スタッフの人数と勤務時間は大体比例する場合が多くスタッフ数が少なければ色々な業務を兼任する必要があるため残業時間も多くなります。

逆にスタッフ数が多く部署ごとにしっかりと業務分掌ができている会社であれば残業時間も少なく、またコンプライアンス厳守を謳っている会社もあるため残業は少なくなります。

ただ、終わらない仕事を持ち帰っているスタッフも多いため勤務時間内に終わらせる効率を求める企業が多いです。

求められる人物像

面接では経歴やスキルの他に人間性を重要視されます。

どの職種でもチームで動く場合が多いため協調性がないと判断されると難しい部分があります。

明るく元気

明るく元気で笑顔を絶やさずにしっかりと話すような人は好印象です。

販売員に限らず商談の機会も多いため相手に悪印象を与えては不利になります。

体力がある

未経験でも体力に自信があり、根性がある人であれば可能性があります。

デザイナーやパタンナーは難しいですが取引先を飛び回る営業職は体力勝負のところもあるのでアピールしてみましょう。

特殊技能を持っている

デザイナーやパタンナーは専門職です。

技術や知識を学び、思ったことを形にできる技能は重宝されます。

販売はしたことがなくても自分で作った作品や販売した実績があれば尚良いでしょう。

必要なスキルや資格、経験

他業界でも構わないので販売の経験があり、培ってきた接客スキルがあればまず大丈夫です。

また、toeicなどの国際コミュニケーション能力、日常会話やビジネス英語などのスキルがあれば商社への道も拓けます。

近年はインバウンドの来店も多いので他国語が話せると喜ばれます。

営業はコミュニケーション能力に加えて資料作成などのPCスキルがあると良いでしょう。

計数管理を求められることもあるので勉強しておくと良いと思います。

メンズアパレル求人のおすすめ求人のポイント

おすすめの求人はやはり待遇が良い所ですね。

給料はもちろん休みが多ければ多いほど嬉しいです。

給料が高い

前に書きましたが募集に記載されている給与が水準を上回っているような会社は業績も良く安定していると言えます。

給与だけでは判断ができませんが一つのポイントとなります。

年間休日

募集要項に年間休日が書いてある会社があります。

完全週休二日制だと単純に年間で96日です。

その他に夏季休暇や年末年始を合わせ110以上の年間休日があると嬉しいですね。

スタッフ数が多く、業務分掌がしっかりとできている会社だと思いますし、個人的には休日が多ければ多少の残業は気になりません。

福利厚生

福利厚生がしっかりとしている、ということは給与以外の手当てが充実しているということです。

厚生年金や健康保険はもちろん家族手当や住宅手当、会社が所有している保養所などを格安で利用できたりもします。

福利厚生が充実していれば出ていくお金も少なくて済むので家族にも喜ばれます。

メンズアパレル求人の雇用形態による違い

基本的に正社員以外は保証がありません。

アルバイトや契約社員、派遣などは会社の業績により長期で働けるかどうかが決まります。

福利厚生も利用できない場合が多く、各種保険や年金などを自分で支払う必要もでてくる場合があります。

自分にあったメンズアパレル求人の求人の選び方や注意点

上記のおすすめ求人ポイントに加えて選び方や注意点を説明していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

長く働くつもりがあるのであれば正社員の募集を探しましょう。

経験したことがなく不安であれば体験としてアルバイトから入るのも良いでしょう。

派遣や契約は専門職の場合が多く、販売のプロやデザイナー/パタンナーなどの特殊技能を持った方が多いです。

【選び方②】職種から探す

アパレル業界が初めてであれば販売員の経験は必須です。

事務希望でも企画希望でも営業でも、まずは販売員を経験して実際のお客様が何を求めているかを知る必要があります。

経験者はキャリアアップしたいと考えいる方が多いと思いますので希望職種にチャレンジしてみましょう。

デザイナーやパタンナー希望の方は基本的な技術や知識を学んでからでないと難しいです。

【選び方③】会社の業態から考える

福利厚生が手厚く、手当てが充実しているのは全国規模で店舗を展開してるような大企業です。

中小企業はスタッフの意見が反映されることも多く、手当ては少ないかもしれませんがやりたいことができる環境もあります。

安定を求めるかやりたいことを突き詰めるか考えてみましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

募集要項に記載の給与のほか、昇給や賞与の実績があるかを確認してみましょう。

記載の給与水準が低くても毎年の昇給や賞与が高ければ結果的に生涯賃金は上がっていきます。

アルバイトの場合も同様です。

また、スタッフ特別割引制度など扱いの商品をお得に購入できたりもしますので記載があるか確認しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

主要都市の主要駅周辺であれば集客が見込め、多くの来店数が見込めるでしょう。

自宅からの通勤時間と合わせ検討してください。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

給料が低くても休みが少なくてもどうしてもこのブランドを扱う会社で働きたい!というような情熱的な方は良いと思います。

ただ、好きなブランドでも入ってみると何か違う・・場合もあるので慎重に考えてみてくださいね。

注意点

募集要項には色々な情報が記載されています。

会社名や勤務地、給与に目を奪われてしまいますが基本的な情報とは別に残業の有無(残業代の支給も)、昇給や賞与、福利厚生、休日数や仕事内容も熟読し、不明点があれば電話で確認しても良いでしょう。

後悔しないためにもわからないことはわかるまで聞いた方が良いと思います。

メンズアパレル求人についてよくある疑問

これから応募しようとしている方の疑問を下記にまとめてみましたので読んでみてください。

応募方法は?

求人サイトや会社のHPに記載されている場合が多いです。

店舗に張り紙をしている場合もあるので良く行くお店であれば直接聞いてみるのも良いでしょう。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

必ず聞かれるのは接客、販売経験の有無です。

経験がなくても正直に答えてください、経験がないだけで不合格になることはまずありません。

また、会社を選んだ理由や扱っているブランドが好きな理由も必ず聞かれます。

面接は私服が多いと思いますが、受ける会社が扱っているブランドの服を着ていく場合は選んだ理由を考えておきましょう。

その商品の良い所なんかも伝えられると良いですね。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募できます。

中途半端な経験より未経験者の方が会社のカラーに染めやすく、理念を理解しやすいと考える企業は多いです。

胸を張って未経験です!とは言えませんが「経験はありませんが勉強をしていき、できるだけ早く一人前になれるよう努力していきます」とでも伝えておきましょう。

会社の雰囲気は?

繁忙期と閑散期で大分雰囲気は変わります。

繁忙期は昼食にも行けないほど忙しく、騒がしく慌ただしくなります。

この時期は大企業を除き新入社員やスタッフを教育している時間もなく、自分で見ながら覚えていく必要があります。

閑散期は暇ではありませんが時間があるので、ゆっくりと集中して自分の業務に打ち込むことができます。

わからないことや思っていたことなどを話す良い機会を作ることができます。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

販売員についてはアルバイトの募集が多く、正社員は試用期間を経てからというケースが多いです。

本社勤務の営業や事務などは正社員の募集があります。

派遣社員の募集というのはなく派遣会社への登録後にアパレル希望を伝え、それぞれの会社へ派遣されることになります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

アルバイトは時給制となり、毎月働いた分だけ給与がもらえます。

派遣社員も同様に時給制となりますが、派遣会社により給与分配の割合が違うため会社に確認する必要があります。

正社員は毎月の決まった額が給与として支給され、残業代などはプラスして支給されます。

残業って多いの?

多いです。

非常に多いと言っても良いです。

会社により多い少ないはありますが、必ずあると思ってください。

シフトの自由度ってどうなの?

スタッフ数が多い企業であれば多少の融通は効きますが、販売員の場合は自由度は低く休日の希望も通りにくいです。

スタッフ数が少なければほぼ希望は通らないと考えてください。

資格って必要なの?

特に必要はありませんが持っている資格があれば記載しておきましょう。

まとめ

ざっとまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

沢山ある求人情報は似ているようで中身が違います。

他社にはない待遇が記載されていたりする場合もあるので上から下までしっかりと目を通してみましょう。

希望の職種に就けると良いですね。

辛いことや理不尽なこともありますが長く続ければ良いことがきっとあります。

enjoy!


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても様々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業も沢山ありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識をつけるためにリサーチしたり等と努力をすることも多々あります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちを汲み取って応えてあげられるかどうかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば、店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジで

アパレルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?まずはアパレルの仕事内容について、みていきましょう。アパレル