アパレルに就職するなら知っておきたいこととおすすめの就活方法についての写真

アパレル業界の仕事は複雑化しています。

アパレル就職を希望する際は企業の業態、仕事内容などを把握しておくことが大切です。

アパレルでキャリアを積んでその後何を目指すのかイメージしながら就活を進めてみてください。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルはどんな仕事?

洋服を介してその人がちょっと幸せになれるようお手伝いするお仕事です。

販売員はただ接客して売るのスタイルではなく、先を見据えた接客をすることが求められます。

その他にデザイナー、バイヤー、営業など様々ありますが、まずは店舗にて経験を積んでからの希望の職種につくことができます。

アパレルの仕事内容

販売員の仕事

毎日お客様と接するだけにいつも笑顔でいることが鉄則です。

少し気を遣うかもしれません。

主な仕事は接客からレジ打ちまで一貫して行います。

その他清掃や備品管理、お客様のデータ管理など多岐にわたります。

スタッフが数人いますのですべてやる必要はなく、分担して行います。

デザイナーの仕事

一口にデザイナーといっても様々ですが、主に多くの人がファッションとして必要としている服をデザインする仕事です。

これは万人にうけるようにデザインを決めていきます。

どんな服が売れるのかリサーチし、マーケティングした情報をもとにデザインしていきます。

需要なポイントは売れるかどうかです。

あまり凝ったデザインだと生産コストもかかってきますのでその点を踏まえデザインしていく必要があります。

作りたい服を作って売れればいいですが、成功するのはほんの一握りです。

本社の仕事

華やかなアパレル企業を裏で支えているのが事務の仕事です。

総務・経理・人事など会社により様々ですが共通しているのは電話対応、来客対応、会議資料を作るなどが主な仕事です。

備品の管理や建物の管理、各部署の名刺発注や社内行事の運営などたくさんの業務を行います。

他部署とのやり取りが多いためコミュニケーション力が高いことが求められます。

ブランドを陰で支える役割が事務の仕事です。

その他バイヤー・生産管理・企画・販売促進など様々な部署があります。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルに就職するなら知っておきたい2個のこと

アパレルに就職するなら知っておきたいことについて解説するアパレル店員

様々な形態がありますので就職したい会社をしっかり選ぶことが大切です。

会社ごとに特徴や強みが違いますので好きなブランドだけで選ばないようにしましょう。

コンセプトを知る

どのような商品展開でターゲット層に向けて商品を売り出しているかです。

ブランドコンセプトが自分の考えと一致しているか確かめましょう。

福利厚生

福利厚生の待遇をみて長く働ける環境かどうか考えましょう。

実際、入れ替わりが激しい職場です。

職種にもよりますが給与が低い場合があります。

それに加え待遇が悪いと長く続きませんしスキルも身に付きません。

長く働ける環境かどうかちきんと調べておく必要があります。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあったアパレルの求人の選び方や注意点

たくさんのブランドやメーカーがありますのでどう選んでいったかいいのかわからない方も多いと思います。

まずはインターネットで情報取集し自分の希望に合っているかどうか照らし合わせることが大切です。

【選び方①】雇用形態から探す

アルバイト・パート・派遣・正社員があります。

給与や休暇などで待遇がいいのは正社員ですが、アルバイト・パートだからといって働きづらい環境ではありません。

学生の方ならアルバイトをおすすめします。

テスト期間や急な休みでも対応してくれます。

また、アルバイト期間が長く販売実績もあれば、そのまま正社員になる場合もあります。

ただし、アルバイトの場合は特別な待遇はほとんどないです。

社販率も若干ですが低くなります。

時給も上がることはありませんので、安定した給与を求めるのであれば正社員が一番いいです。

【選び方②】職種から探す

販売員・デザイナー・企画・営業・経理など会社によって様々です。

将来自分が何をしたいのかを見据えて選択しましょう。

新卒採用の場合、大概は販売員募集が多いです。

なぜなら店舗は「現場」であるからです。

洋服が入荷してきて売れるまでの過程はお店で作られています。

その過程を学んでから後に企画や営業になるパターンが多いです。

デザイナー職は専門知識が求められるので一般的な大学卒での応募はありません。

【選び方③】会社の業態から考える

百貨店・量販店・専門店に分かれます。

それぞれ扱っている商品は一緒ですがお客様の層が全く違いますので、直接自分がお店に行って確かめたほうがいいでしょう。

大抵どのブランドも百貨店・量販店・専門店の取り扱いがあります。

まれに、ディスカウントショップやアウトレットショップにも出店しているブランドもあります。

勤務地にも関わってくるものなので、希望のブランドがどのように展開しているかよく調べることが大切です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

募集要項の欄に正社員のみの募集か、アルバイト・パートも同時に募集しているのかチェックしてみてください。

アルバイトばかり募集しているところはあまりお勧めできません。

なぜなら接客に重点を置いていない、もしくは責任転嫁がしやすい状況の可能性があります。

雇用条件でチェックしてほしいポイントは、有給や特別休暇があるかどうか等の福利厚生はきちんと調べておいてほしいところです。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地を考慮してくれるところが多いですのでエリアから考えるのも悪くないです。

しかし、ターゲット層が異なります。

例えば、同じ東京都でも渋谷駅と東京駅でかなりお客様の層は変わってきます。

自分が対応できるかどうかも考えておきたいポイントです。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

いくつかピックアップして、まずはインターネットで調べてみることをおすすめします。

ブランド名と会社名が違っていることがほとんどですし、調べることによって知らなかったブランドを知ることもでき、発見が多くあります。

たくさんのブランドを出していたり、カフェ業態にチャレンジしている会社もあります。

アパレルで働くメリット

アパレルで働くメリットについて

自社製品・他製品を安く買える

自社製品はすべて社販できます。

アクセサリー・靴・バックすべて可能です。

社販率は自社と他社で違いますが定価の4割~6割で買えることができます。

自然におしゃれに気を遣うようになる

店舗の中には全身鏡がいくつかあります。

毎日自分を全身で見ていると、自然とおしゃれに対して敏感になり気を遣うようになります。

自分の体系はもちろん、接客している最中やふとした時にも鏡がありますので、自分の表情やしぐさを確認することができます。

そして店舗には先取りの商品、新商品が入荷してきます。

いち早く手に取ることができますのでコーディネートの組み合わせを考えたり、自分ならどう着るか、可愛く着こなすにはどうしたらいいかと考えることが多いのでアイディアも膨らみます。

接客力が身に付く

店舗には様々なお客様が来店されます。

お客様は女性が多いですが男性も来店されます。

女性と男性では接客の仕方が違います。

そういったことも実際の店舗で学ぶことができるので接客の幅が広がります。

同じ女性でもお客様の要望は違いますので会話の中からくみ取る必要があります。

接客していくうちに聞く力も身に付きますし、話す力も身に付きます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルで働くデメリット

拘束時間が長い

イベントやセール期間は拘束時間が長くなります。

たくさんの方が来店されるので本社の人も総出で出勤します。

休憩時間も短くなってしまうこともあります。

また百貨店や商業施設での勤務の場合は館自体の営業時間が長いので拘束時間もその分増えます。

季節の先取り商品を買わなくてはならない

常に流行りのものを置いているわけではないですが、季節の変わり目は先取りの商品を購入し店舗で着なければなりません。

冬から春になるときは薄手のものを着用したり、夏から秋、冬になるときはニットやファーものを着ます。

店舗内なので空調はきいていますが、人によっては寒かったり暑かったりすると思います。

また、店舗に置いていない商品やセール商品は着用できない場合があります。

店舗に置いていない商品は他店舗にも置いていない可能性もあり、用意できない可能性があるからです。

セール商品については在庫数を積んでいますがすぐに売れてなくなってしまう可能性が高いからです。

休暇が少ない

一般的な会社員に比べると年間の休暇は10日ほど少ないです。

年末年始・ゴールデンウイークは基本的には休めません。

お店にたくさんのお客様が来店されるので本社の人も総出で出勤します。

その代わりに夏休み、冬休みがあります。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

新卒経験者が紹介!おすすめの就活方法とは?

大手企業よりも身近に仕事現場が見えるアパレル業界はリサーチしやすいです。

ウエブサイトをリサーチ

アパレルと一口に言ってもたくさんあります。

販売のみの募集もあれば本社採用を積極的に行っているところもあります。

ウエブサイトを見て、自分が働きたいのはどういう会社なのかを知る必要があります。

扱っているブランドは自社製品か、セレクトショップ、ハイブランドかよく見てみましょう。

様々な店舗の接客を受けてみる

アパレルで働くとなると、スタートは接客からが多いです。

自分が働くイメージをつかむためにも直接店舗へ行って確かめましょう。

複数の店舗に行ってみる

取り扱いが同じブランドでも店舗によってスタッフの人数、商品量、お店のディスプレイまで異なります。

自分が行きたいと思ったお店は積極的行ってリサーチしてみましょう。

見るポイントはお店の前にあるディスプレイです。

マネキンが大抵2体置いてあります。

その2体がどの店舗に行っても全く同じであれば営業からの指示であることが多いです。

逆に、違うディスプレイであった場合は店舗での売れ筋商品、もしくはこれから売り出していきたい商品です。

店舗内で色々決められる場合は自由度が高く販売員の意見を尊重してくれます。

アルバイトとして働いてみる

販売員希望であればアルバイトとして働いてみるのも一つの方法です。

希望のブランド、店舗でなくても基本的な接客スタイルは学べます。

経験者がよくある質問にお答えします!

人と接する仕事なので正解はありません。

就活も同じで自分と会社との相性もあります。

希望の会社に行くのが理想ですが合わせすぎてはだめです。

自分自身の個性が生かせるような会社を見つけましょう。

どんな人が採用されやすいですか?

きちんと受け答えができ、自分の考えを持っている人です。

一対一でお客様と接する仕事なので自分が思うことをお客様に伝えなくてはいけません。

イエス、ノーをハッキリ言えることも大事です。

また個性を生かせる職場ですので自分はこうしたい、と積極的に行動できる人は向いています。

未経験でもなれますか?

販売員であれば未経験でもなれます。

デザイナー希望の方は専門学校を卒業することが条件になります。

なかなかすぐデザイナーにはなることは難しいですが、アシスタントやお店での経験を積めば可能です。

本社希望の方もとりあえずはお店で実績を積んでからというパターンが多いです。

面接ではどういうことを聞かれますか?

自分を一言で表してみてください、とよく聞かれます。

面接官は「人」を良く見てます。

ブランドの色に合わせるよりも自分自身をアピールしていった方が良いです。

転職の時にアパレルで働いた経験は役に立ちますか?

転職時の職種にもよりますが役に立ちます。

基本的な動作・言葉の使い方等、研修やお店で学びますので他人に不快感を与えるようなことはありません。

接客のスタンスの一つとして「もし自分が相手の立場だったら」を考えて行動しているので相手のことを先読みして行動することができます。

このお仕事をしていて嬉しかったことは何ですか?

自分の顔と名前をお客様が覚えてくれたことです。

あなたから服が買いたい、とお客様が信頼してくれた証拠です。

このお仕事をしていて一番辛かった業務は何ですか?

個人的に体力面が一番辛かったです。

セール時は特にお客様がたくさん来店なさるので対応に戸惑いました。

拘束時間も長いですしセール期間も1週間ほどあります。

その期間は体があまり休まらず、辛かったです。

残業って多いの?

残業は多くはありません。

その分拘束時間が長いです。

残業は30分程度かと思います。

シフトの自由度ってどうなの?

店舗によって異なりますがある程度融通は利きます。

公休の中の3日程度は希望休が取れるので先輩スタッフと調整しながらシフトを決めます。

初心者でもできるの?

販売員の場合は初心者でももちろんできます。

デザイナーや本社勤務希望の方はある程度実績を積んでからとなります。

販売員希望の方は、いきなり店舗に立たされるので戸惑うことが多いかと思いますが、先輩スタッフが随時フォローしてくれます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

アパレル業界は華やかなイメージがあり、人気があります。

しかし、漠然としたイメージを持っている人が多いです。

就職に向けて会社の基本的な知識や職種などを知っておくことが大切と共に自分が考えている方向と一致しているか確かめながら就活していきましょう。

まずはどんな職種があるかを知ってどのようにステップアップしていくか考え、アパレルへの就職を目指してください。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル業界が向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです