アパレルは華やかなイメージがありますが地道な作業や努力が必要になってきます。

洋服が好きなだけでなく人が好きなひとには向いている仕事です。

毎日たくさん洋服に囲まれ、日々新商品が入荷しますのでお店の中はいつも新鮮です。

そして洋服を通してお客様と仲良くなれますので日々笑顔があふれる職場です。

この記事では、アパレル仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴などについて紹介します。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの職種にはこんな仕事がある

ショップスタッフ(アパレル販売)

店頭で接客や販売をおこなうショップスタッフは、在庫管理や店舗内のディスプレイ、取寄せ、お直しといったアフターフォローまで手掛ける職種です。

お客様と会話しながら、好みや着る場面に合わせた提案をおこないます。

経験を積むと副店長や店長、マネージャー、リーダーといった役職にステップアップし、スタッフの採用や教育、お店作りの中心となっていくのです。

デザイナー、パタンナー

デザイナーはブランドの方向性とトレンドをもとに、実際に商品を作っていきます。

パタンナーはデザイナーが決めたデザインの、型紙(パターン)を作成するポジションです。

デザイナーとパタンナーは大学や専門学校で、服飾デザインを専門的に学んできた人がほとんどのよう。

プレス

プレスはブランドのプレスルームに勤務し、主に商品の貸し出しや展示会の運営を担当します。

雑誌で紹介されたり、テレビドラマなどで「衣装協力」としてクレジットされる洋服は、プレスルームから貸し出されているのです。

プレス担当自らが、雑誌やSNSに登場してブランドの広告塔になることも。

MD(マーチャンダイザイー)

MDはマーチャンダイザーといって、販売計画に沿って商品ごとの量や価格を決め、店頭で売り出す時期を計画します。

市場調査やトレンド分析をもとに商品開発をおこなったり、広告戦略を担当する場合もあります。

バイヤー

仕入れ業務はバイヤーの仕事です。

生産元をみてまわり、ヒットしそうな商品を買い付けてきます。

セレクトショップではバイヤーが選ぶ商品によって、お店のテイストが左右されるため、特に重要なポジションなのです。

商品管理、営業

商品管理は店舗へ納品する商品を管理し、店舗間移動や返品に必要な事務をおこないます。

百貨店やショッピングモールに出店している場合、店頭に置く商品をテナント側と話しあうのは営業の役割です。

中でも募集が多いのは「ショップスタッフ・販売」

アパレルにはさまざまな仕事があるとわかりましたね。

そのなかでも募集が多いのは、やはり販売職である「ショップスタッフ」です。

同じショップスタッフでも、店舗のタイプによって特徴が異なります。

ブランドの直営店やセレクトショップ

直営店はレギュラーチェーンともいい、百貨店やショッピングモール、路面店として展開しているケースがあります。

自社やメーカーで生産された商品を扱い、ブランドイメージを大切にした店づくりが特徴です。

セレクトショップはバイヤーが買い付けてきた商品を、主に販売します。

シーズンごとのトレンドを、強く打ち出す傾向があるようです。

ショップスタッフになるには、なによりもそのブランドのファンだったり、ファッション自体を好きだという気持ちが大切です。

お客様に心地よくショッピングを楽しんでもらえるように、雰囲気づくりができるとよいでしょう。

ここで働きたい!

というブランドがあれば、ブランドのホームページと求人サイトを、定期的にチェックしてみてくださいね。

高級ブティック

高級ブティックはシャネルやグッチ、フォクシー、アルマーニといった世界的に有名なブランドです。

ラグジュアリーブランドやメゾンとも呼ばれ、高額商品が多く並びます。

高級ブティックで働く方は経験があり、アパレルでキャリアアップしたい方が多いようです。

商品知識だけではなく、高額商品を扱うにふさわしいマナーや立ち居振る舞い、語学力が求められます。

そのため高級ブティックのショップスタッフになるのは、狭き門といわれているのです。

経験を重視するため、ほかのアパレルやホテル、百貨店で働いてから転職する方法も。

ショップスタッフ専門の求人サイトや、アパレルに力を入れているサイトをみておくことをおすすめします。

百貨店の装飾ショップ

百貨店内のショップの場合、ショップスタッフというより「百貨店の店員さん」としてみられるときが少なくありません。

百貨店側がマナー研修をおこなったり、百貨店独自のルールが存在することも。

ブランドイメージとともに、百貨店のイメージも大切にできる方がよいでしょう。

百貨店のショップで働くには、アパレル会社の社員として配属されるか、百貨店に就職するケースもあります。

個人経営

個人経営のアパレルショップは、経営者のビジョンが店の雰囲気に大きく影響します。

そのため経営者の考えに、共感できるかどうかが重要です。

ネットでの求人募集をしていない場合もあるので、地域の求人広告や貼り紙といった情報もチェックしましょう。

気に入っているお店があれば、直接問い合わせてみることも検討してみてください。

アパレルの中でも募集が多い「アパレル販売」の仕事内容

アパレル求人の多くは販売員に関してのものなので、ここでは主にショップでの販売員の仕事内容用を紹介していきます。

接客

販売員の主な仕事です。

店舗に立った瞬間、たとえお客様がいない場合でも接客しているという心構えが大事です。

アパレル業界ではこれを「動待機」といいますが、お客様にとって入りやすい空間にすることです。

誰もいない空間に販売員が突っ立っているだけだとお店に入りにくいと誰もが思うはずです。

お客様にそう思わせないよう「誰かがいる」と思わせることが大事です。

例えば、通路に向かって通りがかりの人に「いらっしゃいませ」とお声がけしたり、手が空いているときはスタッフ同士で新商品を試着し合ったりと、お店の中でやれることはたくさんあるので探して実践していきます。

そして大事なのは不必要に通路に背を向けないこと、お客様の前を通らないことです。

背を向けることはお客様を無視している行為にあたりますので避けます。

同様に目の前を通るということは商品を見ている方にとって妨げになる行為なので厳禁です。

基本的にどの店舗でもお客様が来店したら「いらっしゃいませ」退店されるときは「ありがとうございます」とお声がけをします。

接客についてはそれぞれのスタイルがありますからマニュアルはない店舗が多いです。

ただし気を付けてほしいのは、お客様目線で会話をすることです。

一方的に話すのでなく、ヒアリングをするイメージです。

目的があって購入される方ももちろんいますが、ない方がほとんどです。

そういったお客様に対し、お客様と共感できる話題を探していきます。

商品の試着からお会計までは一貫して行ってもらいます。

スタッフとお客様の距離を近くするためもありますが、スタッフのためでもあります。

一貫して行うことでスタッフの名前と顔をお客様に覚えていただきたいからです。

お客様にいいな、と思ってもらえれば再来店につながります。

店内清掃・ストック整理

店内清掃は毎朝行います。

商品の棚を拭く・床の掃除・試着室の掃除が主です。

ストック部分も日々商品が納品されますのでどうしてもごちゃごちゃしがちです。

洋服意外にも小物やアクセサリーもありますので、気づいたときに整理します。

なぜかというと、お客様が新しいものを欲しい、同じのを数点ほしいとなった場合にはストックまで取りにいかなければならないからです。

そのストックがごちゃごちゃしていたら見つけるのに時間がかかってしまいますし、お客様を待たせてしまいます。

そういったロスを少なくするために日ごろから整理整頓を心がけます。

納品チェック・追加

働く店舗にもよりますが、毎週決まった曜日に新商品や追加商品が納品されます。

またその中にはお客様が取り寄せた商品も含まれていますので、伝票を見ながら漏れがないかチェックし、店頭分・ストック分に分けます。

追加商品に関しては売れ筋商品、もしくはサイズが欠けている商品なので店頭分に置いておきます。

顧客様への販促

新商品・セール前・フェアなど年に数回イベントがあります。

お客様の情報を事前に頂いていればダイレクトメールや電話でお伝えします。

イベントが近い時には来店してくださったお客様全員に接客中に口頭でお伝えします。

ディスプレイ変更

季節の変わり目や新商品が納品されたとき、サイズがなくなってしまったときなどはディスプレイを変えます。

本社から指定される場合もありますが大抵は店舗で判断が可能です。

売れ筋商品をメインにもってきたり、その時の売り上げ状況や在庫数を含めてディスプレイを何にするか決めていきます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

お客様に直接ありがとうと言ってもらえること、そしてお客様から顧客様に変わったときです。

たまたま居合わせたお客様に、自ら声をかけて接客をしたら商品を購入してくれました。

これだけでも十分嬉しいですが、しばらくしたらまた来てくれるというルーティンがついたら、自分のこと、お店を好いてくれていると実感します。

この時にやりがいを感じます。

また、セール時や閑散期は売り上げが伸び悩むことも多いので、スタッフみんなで売り上げを達成した時はとてもうれしいです。

その他自分がディスプレイに変えたら商品が売れたなど小さな喜びが多い仕事です。

接客マナーが身に付く

働くブランドにもよりますが接客する相手は年上の方がほとんどです。

言葉遣いをはじめ、声の出し方の研修もあります。

わからないことは先輩社員がその場でフォローしてくれます。

ですので何が良くて何が良くなかったのか、その場ですぐにわかるので自分に今、何が足りてないか把握することができます。

そして接客以外にも多いのが電話対応です。

お客様からの問い合わせの電話、メーカーさんや同じ店舗内での電話など、さまざまな人から電話がかかってきます。

電話対応の研修もありますのでアパレル以外にも生かすことができます。

お客様はじめ誰かのために尽くすことができる

接客は基本的に一対一です。

限られた時間の中でどれだけお客様の要望をくみ取れるかが大事になってきます。

もちろんすべてがうまくいくことは数少ないですが、こちらが一生懸命尽くせば、お客様もわかってくれます。

たとえ探していた商品がなくても、代わりに違う商品を提案したり、次に納品予定の新商品を勧めてみたりしてください。

お客様にとってプラスの情報を与えることができれば再来店につながります。

そしてセール時はスタッフのチームワークが大事になってきます。

ストックはたくさんの商品で溢れ、お客様もたくさん来店してくださいます。

セール時は売上ロスを防ぐためにスピードが要求されます。

例えば商品の補充です。

ストックが整理整頓されていないと何がどこにあるかわかりません。

誰がみてもわかるようにストックを整理しておけば商品の補充もスムーズになります。

自分が見てわかることも大事ですが、第三者からみてもわかるようにすることが一番大事になります。

それを習慣づけることができれば仕事はもちろん、プライベートにも自然と生かせます。

素材について詳しくなれる

ほぼ毎日洋服と触れてるわけですから、素材についても自然と知識がついてきます。

洗濯の仕方やコットンやポリエステルの違い、自分が実際に来てみてどうだったかなどお客様に伝えることができます。

流行がいち早くわかる

ファッションは常に先取りです。

1年後に流行るもの、メイクや色まで常に最新情報が入ってきます。

たくさんの情報がありますので整理するのは大変ですがよい刺激になります。

アパレルの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

素材・形について

自社ブランドで働いているわけですから素材には詳しくなければいけません。

特に冬はニット類が増えるので洗えるかどうかなど商品の取り扱いについてよく聞かれます。

コートやダウンについても保温性や手触りの違いなど細かいところまで知っていて損はありません。

単価が高くなるためお客様はいろいろなお店をみて吟味しています。

自社はここが優れている、ということをお客様に伝えましょう。

自社製品の番号・店舗の番号

アパレル業界は製造ナンバーや商品の種類などすべて数字で覚えます。

セレクトショップならば取り扱いブランドはアルファベットで表示することが多いです。

これからをすべて覚えることからスタートします。

本社の人の顔と名前・顧客様の情報

店舗以外に本社がありますので、その人顔と名前を覚えていたほうが後々融通が利きます。

人数が多いので全員は覚えられないと思いますが、せめて担当の営業さんは覚えるようにしましょう。

採用してくれたわけですから、相手は自分の名前と顔をわかっています。

会ったことがない場合は自ら挨拶をしましょう。

顧客様の情報はスタッフ全員で共有します。

担当のスタッフがいなくてもフォローできるからです。

顧客様はお店にとっての顧客様でもあります。

アパレルの仕事が向いている人

アクティブな人

他店舗の調査、ストックまで商品を取りにいったり、商品が手元になく急ぎの場合は近くの店舗まで取りに行ったりしますので動くことが多いです。

そういうことが苦にならない人が向いています。

明るい人

人と接する仕事なので明るくて前向きな方、笑顔が素敵な方はお客様に安心感を与えることができます。

人と話すことが好きな人

洋服以外にもお客様と話す機会は多いです。

今日はここに行ってきた、おすすめのカフェはある?など雑談を楽しめるような人は向いていると思います。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルに向いていない人

ここまで、アパレルに向いている人をみてきました。

逆にアパレルに向いていない人は、どんな人でしょうか。

大きな声を出すのが苦手な人

アパレルのショップスタッフは、キャンペーンやセールなどで声出しをする場面も。

大きな声を出すのは恥ずかしくて苦手、という方にはつらく感じてしまうでしょう。

人と話すことが苦手な人

初対面のお客様と話す仕事が多いため、人と話すことが苦手な方は向いていません。

自分から声をかけられないタイプの人は、お客様にアプローチできないからです。

立ち仕事よりも座り仕事をしたい人

立っていると体力的にしんどい方や、座って仕事をしたい方もアパレル向きではありません。

ショップスタッフ以外の営業やMDでも、立ち仕事が多くあるのです。

人に興味を持てない人

アパレルではお客様の欲しい服やなりたいイメージを、感じ取ったり聞き出して提案をします。

そのため、そもそも人に興味を持てない方は向いていない仕事です。

アパレルの仕事で得られるスキル・キャリアアップ

アパレルについて、仕事内容や向き不向きを紹介してきました。

実際に仕事をするうちに、どんな能力が得られるのでしょうか。

コミュニケーション能力

毎日お客様と接していると、アプローチするタイミングやお客様のタイプに合わせたトークが、できるようになります。

そのためコミュニケーション能力が磨かれていくのです。

販売経験を活かして販売士・ファッションコーディネート色彩能検定など、取得すれば仕事の幅が広がる

販売士はアパレルだけではなく、商品の仕入れや利益といった、販売職全般の知識が必要とされます。

販売士を取得しておくと、仕事の仕組みが理解できるため、スキルアップにつながります。

色彩検定はカラー、トーン、色彩といった色について学べます。

色について知っていると、お客様に提案する際に説得力が増すので、アパレルを目指すならぜひ受けておきたい資格です。

経験を積むと、リーダー・チーフ・副店長、さらに頑張れば店長・ストアマネージャーのポジションへ

アパレルのショップスタッフは、経験を積むとリーダーやチーフといった役職にステップアップできます。

副店長や店長になればお店全体のことを任され、スタッフ教育もおこなうのです。

さらにストアマネージャーなど、複数のお店を統括する立場を担うことも。

仕事の経験を積めば積むほど、キャリアを得られ、次の段階に進める面白さも味わえることでしょう。

アパレルの仕事についてよくある疑問

未経験大歓迎なアパレル業界ですが洋服が好きというだけでは志望動機が足りません。

あくまでお客様中心です。

そして洋服を通じて将来何をしたいかが重要になってきます。

応募方法は?

インターネット求人サイトが一番多いです。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

なぜアパレルで働こうと思ったのか、なぜこのブランド・メーカーを選んだのかをよく聞かれます。

洋服が好き、おしゃれが好き、だけでは足りません。

なぜなら私たちは衣食住を前提として生活しているからです。

そして、その中で「衣」の部分が洋服に値します。

食べることも住むことも、生活として暮らしていくのに必要不可欠と同時に、私たちは洋服なしでは生きていけません。

その洋服を通して一体何を、誰に伝えたいのかがはっきりしないと面接につまづいてしまいます。

好きこそものの上手なれ、とよく言いますがアパレル業界は厳しいのが現実です。

ファストファッションが次々と海外から進出し、ネットショッピングも普及しています。

実店舗にいる私たちがお客様にダイレクトに伝えることができなければ、販売員の魅力が薄れてしまいます。

だからこそ接客がより重要になってきます。

普段から私たちは様々な施設で、洋服に関わらずサービスの接客を受けています。

その接客を受けてどう思ったか、自分ならこうした、もしくはその施設の接客がとてもよかったので、それを自分も実践してみたいなどを面接官に伝えてみてください。

そして日ごろから常にアンテナを張って、いいところはどんどん盗んでいってください。

未経験でも応募できる?

未経験の方でももちろん応募可能です。

経験不問のところも多いので積極的に応募してみましょう。

自社ブランドを持っていなくても大丈夫?

結論として持っていたほうが有利です。

持っているだけではなく日ごろから着ている、身に着けているという方はさらに有利になる場合もあります。

販売員として働く方が多いのでやはり自社ブランドを着ていて似合っている方は、そのブランドの広告塔になります。

ほぼ一日店舗にいますし、お客様から見て素敵だな、と思ってくれたら購入してくれるケースが多いからです。

購入までいかなくとも、お店のファンになってくれるかもしれません。

あらゆる可能性を込めて、自社ブランドを持っている方のほうが優遇さます。

しかし、憧れのブランドで働きたいという方も多いと思います。

そういう方はブランドについてよく調べる必要があります。

ハイブランドほど歴史があります。

デザイナーも多いのですべて覚える必要はないですが、ある程度は頭に入れておきましょう。

まとめ

アパレル業界で働いてみたいという方は多いと思います。

自分の「好き」を仕事にすることは素敵なことです。

その気持ちを是非お客様と共有できるような接客を心がけてみてください。

お客様は自然とついてきます。

そして店長になりたい、バイヤーになりたいなど何年か経験するうちに夢や野望が出てくると思います。

世の中の流行り廃りがわかる環境なので刺激がある職場で自分の可能性を広げていってみてください。




アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

銀座のアパレル求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

みなさんは、銀座と聞くとどのようなイメージがありますか?高級料亭にたくさんの中韓国人が買い物としているイメージでしょうか?それとも高級ブランドが立ち並ぶ格式がちょっと高く感じるエリアのイメージでしょうか?銀座という名前を聞くと多くは高級なエリアとイメージします。確かに間違いではありませんし、銀座にはたくさんの高級ブランドショップや高級料亭があります。しかし、最近は銀座にもファストファッション系のアパレルが進出したり、百貨店がターゲットを変えてアプローチをしたりと従来に比べると大分行きやすい街になりました。銀座にはおしゃれなイメージを抱く人が多いように銀座はファッションの街でもあります。渋谷や原

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱