ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?

アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。

アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。

この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。

販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?

まずはアパレルの仕事内容について、みていきましょう。

アパレル仕事の職種の種類

アパレルはファッション、つまり洋服や服飾雑貨に関わる仕事です。

さまざまな職種があり、以下に分類できます。

ショップスタッフ

店頭で接客や販売をおこなうショップスタッフは、在庫管理や店舗内のディスプレイ、取寄せ、お直しといったアフターフォローまで手掛ける職種です。

お客様と会話しながら、好みや着る場面に合わせた提案をおこないます。

経験を積むと副店長や店長、マネージャー、リーダーといった役職にステップアップし、スタッフの採用や教育、お店作りの中心となっていくのです。

デザイナー、パタンナー

デザイナーはブランドの方向性とトレンドをもとに、実際に商品を作っていきます。

パタンナーはデザイナーが決めたデザインの、型紙(パターン)を作成するポジションです。

デザイナーとパタンナーは大学や専門学校で、服飾デザインを専門的に学んできた人がほとんどのよう。

プレス

プレスはブランドのプレスルームに勤務し、主に商品の貸し出しや展示会の運営を担当します。

雑誌で紹介されたり、テレビドラマなどで「衣装協力」としてクレジットされる洋服は、プレスルームから貸し出されているのです。

プレス担当自らが、雑誌やSNSに登場してブランドの広告塔になることも。

MD(マーチャンダイザイー)

MDはマーチャンダイザーといって、販売計画に沿って商品ごとの量や価格を決め、店頭で売り出す時期を計画します。

市場調査やトレンド分析をもとに商品開発をおこなったり、広告戦略を担当する場合もあります。

バイヤー

仕入れ業務はバイヤーの仕事です。

生産元をみてまわり、ヒットしそうな商品を買い付けてきます。

セレクトショップではバイヤーが選ぶ商品によって、お店のテイストが左右されるため、特に重要なポジションなのです。

商品管理、営業

商品管理は店舗へ納品する商品を管理し、店舗間移動や返品に必要な事務をおこないます。

百貨店やショッピングモールに出店している場合、店頭に置く商品をテナント側と話しあうのは営業の役割です。

主に募集があるアパレルの仕事は「ショップスタッフ・販売」

アパレルにはさまざまな仕事があるとわかりましたね。

そのなかでも募集が多いのは、やはり販売職である「ショップスタッフ」です。

同じショップスタッフでも、店舗のタイプによって特徴が異なります。

ブランドの直営店やセレクトショップ

直営店はレギュラーチェーンともいい、百貨店やショッピングモール、路面店として展開しているケースがあります。

自社やメーカーで生産された商品を扱い、ブランドイメージを大切にした店づくりが特徴です。

セレクトショップはバイヤーが買い付けてきた商品を、主に販売します。

シーズンごとのトレンドを、強く打ち出す傾向があるようです。

ショップスタッフになるには、なによりもそのブランドのファンだったり、ファッション自体を好きだという気持ちが大切です。

お客様に心地よくショッピングを楽しんでもらえるように、雰囲気づくりができるとよいでしょう。

ここで働きたい!

というブランドがあれば、ブランドのホームページと求人サイトを、定期的にチェックしてみてくださいね。

高級ブティック

高級ブティックはシャネルやグッチ、フォクシー、アルマーニといった世界的に有名なブランドです。

ラグジュアリーブランドやメゾンとも呼ばれ、高額商品が多く並びます。

高級ブティックで働く方は経験があり、アパレルでキャリアアップしたい方が多いようです。

商品知識だけではなく、高額商品を扱うにふさわしいマナーや立ち居振る舞い、語学力が求められます。

そのため高級ブティックのショップスタッフになるのは、狭き門といわれているのです。

経験を重視するため、ほかのアパレルやホテル、百貨店で働いてから転職する方法も。

ショップスタッフ専門の求人サイトや、アパレルに力を入れているサイトをみておくことをおすすめします。

百貨店の装飾ショップ

百貨店内のショップの場合、ショップスタッフというより「百貨店の店員さん」としてみられるときが少なくありません。

百貨店側がマナー研修をおこなったり、百貨店独自のルールが存在することも。

ブランドイメージとともに、百貨店のイメージも大切にできる方がよいでしょう。

百貨店のショップで働くには、アパレル会社の社員として配属されるか、百貨店に就職するケースもあります。

個人経営

個人経営のアパレルショップは、経営者のビジョンが店の雰囲気に大きく影響します。

そのため経営者の考えに、共感できるかどうかが重要です。

ネットでの求人募集をしていない場合もあるので、地域の求人広告や貼り紙といった情報もチェックしましょう。

気に入っているお店があれば、直接問い合わせてみることも検討してみてください。

アパレルの主な仕事内容

ショップスタッフの仕事は、お客様に商品を売るだけではありません。

華やかなイメージを持つ方も多いですが、表から見えない裏方の仕事もこなしているのです。

ではどのような内容なのか、気になりますよね。

ここからはショップスタッフの仕事内容を、詳しく紹介していきます。

接客

まずはショップスタッフ、つまりアパレル店員の主な仕事内容である「接客」をみていきましょう。

仕事のなかでもっとも多くの割合を占め、大切な業務です。

商品・ブランドの案内

来店されたお客様は気になる商品があれば、立ち止まって手に取ったりするものです。

接客ではタイミングをみて、お客様にさりげなく声をかけ、商品やブランドの説明をします。

「人気があるのでいちど完売したのですが、再入荷したニットです」

「そのスカートは色違いもありますよ」

「今年のトレンドが取り入れられていてブランドの一押しコートなんです」

など話しかけ、お客様の要望も聞きだしていきましょう。

キャンペーンやセールの声出し

アパレルのお店ではさまざまなキャンペーンをおこない、セールやバーゲンもあります。

キャンペーンやセールの一例は以下です。

  • シーズンごとの新作が並ぶ新作フェア
  • メルマガ購入者限定の5%OFFなど割引キャンペーン
  • 夏・冬のセール
  • 在庫処分バーゲン

多く来店が見込まれるため声を出してお客様を呼び込み、お店を盛り上げていくのです。

「いらっしゃいませ」や「セール開催中です」「いまならすぐご試着できます」など、元気よく声出しするとよいでしょう。

コーディネートの提案

お客様の欲しいものや着るシチュエーションを考慮した、トータルコディネートを提案します。

スカートやパンツを試着する方には、ボトムスに合うトップスを紹介しましょう。

靴やアクセサリーなど小物も一緒に提案すると、実際に着るイメージも広がり、購入にもつながります。

お客様の手持ちの服を聞き出して、合いそうなアイテムを提案するのも喜ばれますよ。

レジ操作などのお会計作業

ショップスタッフはレジ操作も大切な仕事のひとつです。

接客したお客様が購入を決めたら、お会計をご案内します。

お店によって異なりますが、電卓で金額を計算してお金を預かりレジに持っていく場合や、自分でレジ操作をするケースもあります。

お会計をしている間に、お客様にメンバー登録を案内したり、「また来てくださいね」といったトークも。

次も来店してくれるチャンスになるので、最後まで気持ちよく接客をするとよいでしょう。

店内清掃

アパレルのお店では、開店前と閉店後に清掃をおこないます。

フロアや商品の棚を拭き鏡を磨いて、綺麗な状態でお客様を迎えるのです。

営業中でも汚れが目立つときは、お客様のじゃまにならないようにさっと掃除して、店内を清潔に保ちましょう。

入荷商品の検品

商品が入荷したら、納品伝票に記入されている商品番号やカラー、サイズ、数が間違っていないか確認します。

商品の状態もチェックして、傷や汚れがあれば本社に連絡して交換の手続きが必要です。

お店に並べる前にしっかり検品しておくことも、ショップスタッフの重要な仕事といえます。

商品の品出し・整理(おたたみ)

売れた商品をストックから出したり、乱れた陳列を戻したりする作業もおこないます。

お客様は商品を広げて見るため、こまめにたたみ直してきれいにしておきましょう。

形をそろえてたたむことを「おたたみ」といい、新人さんが最初に覚える作業でもあります。

ディスプレイ管理・メンテナンス

お店のディスプレイは、売上げに関わる重要な要素です。

なぜならディスプレイがきっかけで、お店に入ってくるお客様が多くいるからです。

そのためマネキン(ボディやトルソーと呼ばれることも)に何を着せるか、どの棚に何を置くかといったディスプレイ管理をおこないます。

トレンドや商品の売れ行きも加味して、メンテナンスしていくのです。

ポップアップ作成

ショップスタッフは商品の説明やおすすめのコーディネートを書いた、ポップアップを作成する場合もあります。

その店舗の客層や雰囲気に合わせて、お客様がつい手に取りたくなるようなポップアップにするとよいでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルに向いている人はどんな人?

それではアパレルの仕事に向いている人について、考えてみましょう。

実際にショップスタッフとして働いている人のなかには、明るい人もいれば落ち着いたタイプもいます。

必ずしもトークが上手な人ばかりではないようです。

どんなことに興味や関心を持つ人が多いのでしょうか。

興味関心や仕事をするうえで大切にしていること、といった視点からアパレルに向いているタイプをひもといていきましょう。

ファッションに興味がある人

自分が販売する商品に興味を持てることが、アパレルの仕事では重要です。

そのためファッション自体に興味がある人が向いています。

好きなものでしたら、お客様に心からおすすめできますよね。

好きな分野に携わっていることは、長く仕事を続けられる理由にもなります。

トレンドや流行りに敏感な人

アパレルはトレンドや流行りとは関わりが深いため、自分でアンテナを張って情報収集できる方がよいでしょう。

インターネットのファッションニュースや、アパレル雑誌を日ごろから読んでおくと、知識が深められるためおすすです。

好きなブランドに携わりたい人

自分の好きなブランドで働けたら、好きなものに囲まれて楽しく仕事ができることでしょう。

いつかあのブランドで働きたい!

と目標を持つこともやる気につながります。

明るい・前向きな性格の人

ショップスタッフはお店の雰囲気づくりも担うため、明るいムードを持つ方は歓迎されます。

若い人向けのブランドでは元気いっぱいの店員さんがよくいます。

キャリア向けのお店では、落ち着いたイメージながらもお客様に明るく接するとよいでしょう。

またお店には、さまざまなタイプのお客様が訪れるもの。

厳しい言葉を投げかけられるケースもありますが、気持ちを切り替えて前向きになれる方が向いています。

体力がある人

ショップスタッフは基本的に立ち仕事です。

商品がたくさん入った段ボールを持ち上げたり、店頭とストックを何度も行き来したりすることも。

華やかに見える仕事ですが、体力がある人が向いているのです。

毎日好きなブランドの服を着て仕事がしたい人

好きなブランドの服を、毎日着られたら嬉しいですよね。

新作を真っ先に見られる特権も、アパレルならでは。

大好きなブランドの服に囲まれて仕事がしたい!

という方にはぴったりの仕事なのです。

気持ちを切り替えられる人

少しつらい思いをしても気持ちを切り替えられる人は、接客に向いているといえます。

接客するなかには難しいお客様に出会ったり、クレームを受けることもあるでしょう。

特に自分のミスでお客様に迷惑をかけてしまった場合は、落ち込んで暗い気持ちになることも。

しかしほかのお客様の前では、いつもの笑顔でいたいですね。

そのため気持ちを切り替えて、仕事を進められることが大切なのです。

初対面の相手と自然に話せる人

アパレル店員は初対面のお客様と、お話する機会がたくさんあるので、初めて話す相手でも自然に会話できる人が向いています。

緊張してしまうかもしれませんが、相手がリラックスしてくれるように、こちらから積極的に話しかけたいですね。

アパレルに向いていない人

ここまで、アパレルに向いている人をみてきました。

逆にアパレルに向いていない人は、どんな人でしょうか。

大きな声を出すのが苦手な人

アパレルのショップスタッフは、キャンペーンやセールなどで声出しをする場面も。

大きな声を出すのは恥ずかしくて苦手、という方にはつらく感じてしまうでしょう。

人と話すことが苦手な人

初対面のお客様と話す仕事が多いため、人と話すことが苦手な方は向いていません。

自分から声をかけられないタイプの人は、お客様にアプローチできないからです。

立ち仕事よりも座り仕事をしたい人

立っていると体力的にしんどい方や、座って仕事をしたい方もアパレル向きではありません。

ショップスタッフ以外の営業やMDでも、立ち仕事が多くあるのです。

人に興味を持てない人

アパレルではお客様の欲しい服やなりたいイメージを、感じ取ったり聞き出して提案をします。

そのため、そもそも人に興味を持てない方は向いていない仕事です。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの仕事で得られるスキル・キャリアアップ

アパレルについて、仕事内容や向き不向きを紹介してきました。

実際に仕事をするうちに、どんな能力が得られるのでしょうか。

コミュニケーション能力

毎日お客様と接していると、アプローチするタイミングやお客様のタイプに合わせたトークが、できるようになります。

そのためコミュニケーション能力が磨かれていくのです。

販売経験を活かして販売士・ファッションコーディネート色彩能検定など、取得すれば仕事の幅が広がる

販売士はアパレルだけではなく、商品の仕入れや利益といった、販売職全般の知識が必要とされます。

販売士を取得しておくと、仕事の仕組みが理解できるため、スキルアップにつながります。

色彩検定はカラー、トーン、色彩といった色について学べます。

色について知っていると、お客様に提案する際に説得力が増すので、アパレルを目指すならぜひ受けておきたい資格です。

経験を積むと、リーダー・チーフ・副店長、さらに頑張れば店長・ストアマネージャーのポジションへ

アパレルのショップスタッフは、経験を積むとリーダーやチーフといった役職にステップアップできます。

副店長や店長になればお店全体のことを任され、スタッフ教育もおこなうのです。

さらにストアマネージャーなど、複数のお店を統括する立場を担うことも。

仕事の経験を積めば積むほど、キャリアを得られ、次の段階に進める面白さも味わえることでしょう。

アパレル店長の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

アパレル求人


▼記事をスキップして見たい人向け▼
アパレルの仕事を見るにはこちら >