ファッションやお洒落に興味のある人なら、一度でもアルバイトや就職先としてアパレルへの就職を考えたことがあるかもしれません。

ここでは、アパレルへの就職のきっかけと採用までの経緯、大まかな仕事内容とアパレルが辛いと感じたことなど経験者目線で紹介していきます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私がアパレルの仕事に就いたきっかけと採用までの流れは

筆者がアパレルでのアルバイトを始めたきっかけは、その店舗に売られていた服が好きだから、という理由からでした。

もともと服や雑貨に興味があり、アルバイトをするならば服屋が良いと決めていたので、勤務してみたい店によく行って買い物をし、その店の雰囲気や店員さんの様子を観察していました。

自分が思ったようなものでなかったならば諦めようと思っていましたが、通っているうちに店員さんとも気軽に話せるようになり、だんだんと働きたい気持ちが強くなっていったので、店長さんにアルバイトを募集していないかを直接聞いて、面接へと繋げることができました。

面接を受ける前から「うちでアルバイトしてみない?」と声をかけていただいていたので、すんなりと採用していただくことができました。

もし、アパレルの仕事に興味があるのなら、こちらから探して貰うと良いでしょう。

販売員として体験した主な仕事内容

アパレルといったら、服屋で接客をしている販売員をイメージする人が多いのではないでしょうか。

ここでは、販売員がどのような仕事をしているのかを大まかに紹介していきます。

販売員として体験した主な仕事内容1:接客

接客は、販売員として働くにあたり一番大切な業務です。

お客様一人一人の好みの服の傾向や気持ちを汲み取りながら、気持ちよく買い物をしていただけるように努めます。

押し付けがましい接客をしてしまうともうこの店には来たくないと思ってしまわれるので、責任を持って接する必要があります。

積極的にお客様に話しかけるように指導はされますが、中には話しかけられたくないお客様もいらっしゃるので、難しいですが見極める必要があります。

販売員として体験した主な仕事内容2:商品の在庫管理

服屋にはほぼ毎日のように新作が入荷してきます。

ブランドの直営店でない限り、服屋で販売されているのは様々なブランドのものがあり、それぞれから大量の服が送られてくるので管理が大変です。

店頭に商品として置く分、その商品が売れたときにすぐ取り出せるようにする分、倉庫に置いておく分など、同じ服でも管理が必要です。

売れ行きの良いものはまた発注する必要もあるので、それぞれの商品売れ行きをよく見ておかなければなりません。

販売員として体験した主な仕事内容3:店内の装飾

店舗内の雰囲気が良いと、ふらっと立ち寄って見たくなったり何かを買いたくなってしまうものですよね。

お客様が興味を持てるように商品の置き方を工夫したり試着室のカーテンを新調したりなど、来店するたびに何か変化があるようにして、楽しさを感じられるようにしていました。

また、筆者の勤務していてた店舗は、季節の移り変わりに合わせて店の展示や雰囲気を変えていっていました。

その展示は全て店員の手作りです。

ぬいぐるみやガーランドなどの布代は会社負担でしたが、制作時間は時間外でした。

筆者自身は細かい作業が好きなので、制作を楽しみながら進めることができましたが、苦手な人にとっては嫌な時間だったようです。

販売員として体験した主な仕事内容4:ディスプレイのコーディネート

その店舗にとって顔となり得る存在感を出すのが、店頭にあるディスプレイです。

新作や人気商品を使って、お客様の目にとまるように作り上げていきます。

出来が良いものであると、全身そのコーディネートで購入してくださる方もいるくらいなので、ディスプレイ用の衣装選びは力が入ります。

一人で全て決められるならばそれでも良いですが、店員みんなで考えて作り上げていました。

販売員として体験した主な仕事内容5:レジ打ち

お客様が商品を購入してくださったら、レジを打ちます。

筆者が勤務していた店はレジでブランドごとに区別しながら進めることができたので、最初から売上高が分かるようになっていたのですが、そのレジの使い方が難しく、覚えるには時間がかかりました。

また、レジはお金を取り扱うので、売り上げと残金がしっかりと一致しているかどうか、チェックの度に緊張していたものです。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの仕事で辛かったこと

自分が店を利用する立場だったときは、接客してくれていた販売員という華やかに見えた存在。

いざ自分も同じ立場になってみると、その大変さは想像以上のものでした。

いつも笑顔で明るく働いている販売員も、きっと何かしらの大変さを感じているのだと思います。

ここでは筆者が感じた辛い点と、そこから生じた悩みを2つ紹介します。

アパレルの仕事で辛かったこと1:土日祝日の休みがなかなか取れない

土日祝日やゴールデンウィーク、年末年始にはたくさんのお客様が来店されます。

アパレルで勤務するということは、世間一般でいう休みの日こそが稼ぎどきなので、休みは平日になります。

繁盛期以外であれば、早めに申請することで土日の休みを獲得することができますが、経験上良い顔はされません。

また、相談しない限りは連休はもらえないので、2日以上の連続した休みを作りたい場合は予定が分かり次第伝えましょう。

友人と予定が合わない…一人で行動が基本に。

友人たちが土日休みであっても、自分は土日は基本的に出勤です。

平日に一人で出かけて、あまり混んでいない施設へ出かけるには良かったですが、周りの友人たちの予定になかなか合わせられなかったものです。

シフト制なので申請すれば休みをもらえますが、前述の通り土日はお客様が多く来店されるので、良い顔はされません。

だからと言って、友人たちにわざわざ平日に休みをとってもらうのも申し訳ないです。

このように、周りの人たちと休みが合わずになかなか顔を合わせる機会が減ってしまったのは残念でした。

アパレルで働きたいけど、続けられるか心配になった人は、こちらで自分にアパレルの仕事が向いてるか相談してみると良いでしょう。

アパレルの仕事で辛かったこと2:将来が考えられない

ファッションやお洒落に興味があるとは言っても、永遠にアパレルの販売員として店頭に立ち続けたいのかと言われると、そうではありませんでした。

筆者の場合はアルバイトだったので、学生の間だけということで雇っていただいていましたが、正社員の場合は長い目で見ると大変な点もあるでしょう。

実際に、同じ店舗で働いていた正社員の方は「長くても35歳まで働いて、他の職業に就きたい」と、毎日のように言っていました。

若者向けのブランドであれば年齢を重ねると無理がありますし、何より周りの目も気になります。

アパレルは人の出入りが多い業界なので、自分の人生を一番に考えた選択をしていくことが大切だと感じながら過ごしていました。

給料が低く、昇給も見込めない…生活が苦しい!

筆者自身がアルバイトという立場であったこともありますが、アパレル業界はなかなか昇給がありません。

どんなに接客を頑張ったとしても、会社の経営状況に給料は左右されます。

昇給はもちろんのこと、正社員であってもボーナスも必ずもらえるとは限りません。

しかも給料をもらったとしても、自分の身につける服を購入する必要があるので、社割が適用されるとは言ってもなかなか貯金まで手が回らないということがしばしばありました。

また、正社員になるためには一定のアルバイト期間を要する場合もあります。

アルバイトは各種保険にも入ることができず、住宅手当などの福利厚生も適用されないので、生活が苦しくなっていく一方で辛かったです。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル勤務の販売員がこぼした!こんなところが辛いんです。

販売員として働いてみて感じた大変さ。

いつでも笑顔で明るく接客してくれる販売員のみなさんですが、心の中では悩みを抱えていました。

ここでは、筆者が一緒に勤務していた販売員の方々とよく話していた悩みについて記述していきます。

足腰が痛くなる

販売員として勤務すると、一日中立ちっぱなしです。

接客するときやレジを使う際はもちろん、服をたたむとき、在庫管理のときに至っては重い荷物を持ち上げたり、持ったまま移動する必要があります。

商品はダンボールにぎっしりと詰まって送られてくるので、倉庫まで運ぶのにも一苦労でした。

華やかに感じられる販売員としての仕事ですが、意外と体力勝負な面がたくさんあり、特にセール期間中や初売りの期間は休憩時間がないことに加えてタイムセールの実施、お客様の呼び込みなど、普段はやらないような業務も入ります。

座る時間は全くと言っていいほどありませんので、足が浮腫んでしまうのが日常茶飯事でした。

他の店に可愛い服がある

勤務するにあたって、着用する服は自分の店で売られている商品である必要があるので、他店で気になる服があったとしてもなかなか手が出ませんでした。

仮に買ったとしても休みの日に着るしかないので、着る機会が少なかったです。

また、他店の服を購入するならば、普段仕事で着られるように自分の店の服を購入したほうがいいと感じてしまったものです。

また、他店に買い物に行くと、「△△で働いていますよね」と声をかけられ、少し居心地の悪さを感じていました。

買い物をするときくらいは店員としてではなく、一人のお客さんとして楽しみたいものです。

将来について迷う時がある

前述した通り、長い目で見ると販売員としてずっと働いて行くことに対して疑問を感じてきます。

アルバイトならまだしも、正社員としてなかなか昇給がないような場所にいることに不安を覚えてしまうのです。

また、年齢を重ねるにつれて、自分の店に売られている服を着用することに無理があるようになってきてしまうのです。

自分でそう思うのならば仕方がないですが、周りの人やお客様からそのように思われてしまう可能性もあります。

販売員としての勤務は、次の仕事への土台としか考えられないと筆者の同僚はよく話していました。

休日と仕事の区別がなかなかつけられない

アパレル業界での勤務は、私服で行うことができるのが大きなメリットです。

しかし、それはつまり休日にも仕事のときと同じ服装で過ごすということになります。

筆者自身は休日は他店で購入した服を着ることが多かったので、仕事と休日のオンとオフを切り替えることができましたが、同僚は仕事と休日どちらも自分の店の服を着ていたので、自分の中でしっかりとした線引きができなかったそうです。

また、買い物をしに行っても職業病のようなもので、陳列してある商品がちゃんとたためていなかったりするとたたみ直してしまうことがありました。

他の店にはお客様がいるのに…

自分の店には一人もお客様がいないのに、同じフロアにある別の店にはたくさんのお客様がいるのを見ると辛いものでした。

どんなに季節ごとに店内の装飾を変えてお客様に楽しんでいただこうと努めても、どんなにセール中にお客様の呼び込みを頑張ったとしても、別の店舗よりもお客様が多く店内にいるという状況を味わったことはあまりありませんでした。

「森ガール」というナチュラル系の服装が流行した時期は多くのお客様にご利用していただくことができましたが、時の流れに従ってまた客足は減少していってしまいました。

常にお客様が来店しているお店をよく観察していましたが、結局は取り扱う服装の系統が違うという根本的な問題に至ってしまうので、解決のしようがなく終わってしまうのでした。

こちらで紹介したように辛いこともあるけど、それでも自分はアパレルの仕事で働きたいと思った人は、こちらから自分に合ったアパレルの仕事を出して貰うと良いでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

どの業界のどんな仕事であっても辛い点は必ずあるものですが、アパレル業界での大変さは「将来を考えられない」という点を挙げる人が筆者の周りには多かったように思われます。

昇給する機会がなかなかなかったり、ボーナスももらえるかどうかわからない、年齢を重ねるごとにスキルアップはできるけれども自分自身に対する自信がなくなってしまうというのは、仕事を続けるモチベーションを保ち続けるには難しい条件なのだと、アパレル業界を離れた今、筆者は改めて実感しています。

また、シフト制による勤務のため休日が周りと合わずに孤独感を味わったり、仕事とプライベートのオンとオフの切り替えがうまくいかなかったりなど、割り切っているならば平気な条件ではありますが、気になる人にとっては辛いものです。

働く上での短所と長所は隣り合わせなものですが、長く勤務することを考えると自分の心と体が健康であることが最も大切な条件なので、自分の気持ちを重視しましょう。

アパレルで勤務する販売員は皆、きっと似たような悩みや辛さを感じているはずです。

もしアパレルで勤務することになったのならば、周りの信頼できる同僚達とお互いに相談し合いながら、あまり気張りすぎずに過ごしていくと良いでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト


アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

銀座のアパレル求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

みなさんは、銀座と聞くとどのようなイメージがありますか?高級料亭にたくさんの中韓国人が買い物としているイメージでしょうか?それとも高級ブランドが立ち並ぶ格式がちょっと高く感じるエリアのイメージでしょうか?銀座という名前を聞くと多くは高級なエリアとイメージします。確かに間違いではありませんし、銀座にはたくさんの高級ブランドショップや高級料亭があります。しかし、最近は銀座にもファストファッション系のアパレルが進出したり、百貨店がターゲットを変えてアプローチをしたりと従来に比べると大分行きやすい街になりました。銀座にはおしゃれなイメージを抱く人が多いように銀座はファッションの街でもあります。渋谷や原

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱