アパレル業界というのは、一見、綺麗な仕事ではあるものの仕事量がかなり多いです。

売り上げを立てることはもちろんですがそれだけが仕事ではありません。

陰でそれらを支えてる人がたくさんいます。

今回は、アパレル求人の正社員について紹介していきます。

アパレルの仕事とはどんな仕事?

販売員

販売員と言えば接客・販売です。

お客様に商品の説明をしたり、コーディネートのアドバイスをしたり、在庫の有無を確認したりします。

お店の開店前・閉店後には店内の清掃を行います。

また店頭に並んだ洋服をたたんだりと常にお店を清潔に保ちます。

さらに店内のレイアウトを考えたり、納品された商品の在庫管理・検品作業を行います。

役職が付いて店長クラスになると他のスタッフの指導やアルバイトの勤怠管理、シフト作成を行ったりもします。

営業事務

営業事務職の場合は、店舗の運営サポートが主な仕事です。

商品の発注・仕入の管理や在庫管理などです。

会社によってはセールやフェア時のPOPの提案や管理など行う場合もあります。

また、店舗にヘルプとして行くことも多いです。

EC管理

主にインターネットで行われているオンラインショップの運営です。

イメージとしては店舗運営に近いかもしれません。

仕事内容は店舗同様に商品の販売、発注仕入・在庫管理・売上管理などを行います。

その他商品撮影なども行います。

モデルさんを起用する場合はキャスティングから撮影まで任されることも多いです。

今需要がとても増えている印象ですので求人も多いです。

インターネット上での操作が多いためパソコンスキルがある方が望ましいです。

生産事務

企画や販売促進、バイヤーなどの商品を扱う部署です。

仕事内容は自社工場、もしくは他社工場との生産・納品管理です。

店舗までの商品をスムーズに届けることが目的です。

会社によっては海外とのやり取りが発生する場合もありますので、語学力を生かせる部署です。

人事

名前の通り、人に関する業務を行います。

新卒・中途採用がメインですが、社内のセミナーや評価を行う場合もあります。

いきなりの人事部署に入ることはなく、店舗やその他各部署での経験を積んでから配属されるケースが多いです。

書類の整理や社員研修などのサポートなど業務は多岐にわたります。

本社の来客対応も人事が行う場合が多いです。

様々な人と接しますのでコミュニケーション力が求められます。

経理

会社のお金に関する業務を行います。

銀行などと取引が多いため、きちんとした電話応対や来客応対が求められます。

数字を扱いますのでアパレル業界の経験はあまり問われません。

アパレル業界以外の経理担当としての職務経験や、簿記の資格などを持っていると有利です。

販売促進

生産の部署で製造された商品を実際に販売します。

販売職といった職種で募集がされている場合もあります。

お客様の来店を促す経営戦略を立てたり、来店したお客様の購買意欲を高めるための戦略を考えたりと売り上げにつながるために動く部署です。

アパレルの仕事でよくある募集内容とは?

主に販売員が多いですが売ること以外にも様々な仕事があります。

接客そのものでしたら明るく挨拶することはもちろん、洋服選びのお手伝いをします。

その他、試着室までの誘導やレジ業務などです。

店内清掃や在庫管理等も仕事の一部です。

給与相場

アパレル業界は他の業界と比べてあまり高いとは言えません。

正社員の場合初任給は17万~20万程度です。

会社により高卒か大卒かで1、2万程度差がつくことがあります。

ノルマがある店舗は売上実績が良いとボーナス支給や、基本給にインセンティブがつくこともあります。

結果を出せば評価してくれる職場ですのでやりがいはあります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間・休日はシフト制ですのできちんと確保できます。

月により休日が少ない時もあります。

主にGW、年末年始などです。

拘束時間は基本的に9時間、1時間休憩です。

長い時は10~12時間ほど。

早番、遅番で分かれます。

これは店舗によりますのでスタッフ数が少ないと拘束時間も長くなります。

福利厚生

大きな会社、有名な会社ほどしっかりしています。

年に2回の賞与や各種社会保険完備、時間外手当や役職手当などがあります。

女性が多く働く職場ですので会社により規定は異なりますが育休や産休などもあります。

勤務場所

基本的には店舗に配属になります。

スタッフは店舗の規模にもよりますが5~8人ほどです。

多くも少なくもないのでコミュニケーションが密に取れます。

先輩スタッフが多いので、常に相談などにも乗ってくれます。

本社配属の場合は30人~50人、多いところですと100人近く在籍してる会社もあります。

他部署との関わりも多いです。

また営業に配属だとお店をまわったりすることが多いです。

求められる人物像

スタイルがいい、ということも大事ではありますがそれだけでは洋服は売れません。

アパレル販売員として求められることは、お客様が話しかけやすい雰囲気を持っているかどうかです。

売り上げが低い日、お客様の来店が少ないときでも、不満な様子を顔に出さずに明るく店頭に立つことが大切です。

そしてどんなお客様にも同じように接客することが求められます。

自分で目標を決める人

店舗にもよりますが、個人売り上げなどを達成するために努力することが大切です。

店舗スタッフ全体で目標を共有することもありますが、自分でその日をどう過ごすかを考えながら店頭に立ちましょう。

特にセール後、閑散期が訪れます。

売上が伸び悩む日も続きます。

そういう時期でも自分で目標を立てて行動していかないとお店の雰囲気も悪くなってしまいます。

ほんの小さなことで構わないので、自分自身なりの目標を立てていいお店を作っていけるような人は自然と売り上げもついてきます。

必要なスキルや資格、経験

販売員の仕事はサービスを提供することです。

お客様にとって何が一番なのかを考えることが大切です。

ダイレクトメールを書いたり、雨が降りそうな日は商品をいれた紙袋にビニールをかけてあげたり、小さな気遣いができるかどうかが必要なスキルになります。

そして顧客様の情報をまとめることも一つのスキルです。

仕事後に来るのか、休日にくるのか、家族構成など細かい情報をメモしておくとそれに合わせた商品を提供することができます。

こまめに情報を集めておくと多くの顧客様を作れます。

同時に売り上げも上がります。

アパレル求人の雇用形態による違い

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトがあります。

他の業界と同じように、アパレルで働く場合も社会的信用度が高い正社員は比較的安定しています。

給与面での優遇では昇給やボーナスがあったりします。

社会保険や福利厚生があるのも正社員です。

会社にもよりますがホテルやテーマパーク等の割引制度があるところもあります。

しかし、正社員は異動があります。

まれに地方に異動になる場合もあります。

残業やセール時は休日出勤もあります。

ほかの契約形態より拘束時間も長く自由度は低いかもしれません。

契約社員は働く期間、内容などが会社との話し合いによって決められています。

半年や一年など定められた期間が終わったら契約は終了し、再度契約を結ばなくてはなりません。

契約社員は自由度が高いため残業時間がコントロールしやすく、転勤はありません。

契機が満了したら正社員へキャリアアップすることも可能です。

デメリットは契約期間が満了時、会社との合意がなければ仕事を失う可能性もあります。

また給与面でボーナス、退職金がない場合が多いです。

福利厚生の面でも育休、介護休暇が取れないこともあります。

派遣社員はプライベートな時間を取りやすいのが特徴です。

好きなブランド、好きな場所にて働くことができます。

転勤もないので空いた時間を有効に使えます。

自分のライフスタイル合わせて仕事を選べます。

派遣社員は給与が比較的高い場合が多いのです。

派遣会社が自分に合った会社を見つけてくれますので今まで身に着けたスキルを活かすこともできます。

正社員への近道でもあります。

しかし契約社員同様ボーナスがなかったりと社会的には低い位置にいるかもしれません。

自分にあったアパレルの求人の選び方とは?

重要視してほしいのは入社するアパレル企業が長期的に働ける職場かどうかです。

アパレル企業全般に言えることですが、店舗で働く販売員の離職率は非常に高いです。

待遇面や、どのようにキャリアを積めるのかを考えて慎重に選びましょう。

雇用形態から探す

新卒で入社ならばまずは正社員の道が妥当です。

毎月の給料も安定していますし福利厚生もあります。

販売員スタートではありますがそこから店長、もしくは他の部署へのキャリアアップも可能です。

ただ自由な時間がすくないためプライベートを削ることもしばしばあります。

家庭の事情等でプライベート優先で動かなくてはいけない場合、契約社員・派遣社員がおすすめです。

契約社員は契機が決まっていますが再契約を結ぶことができます。

どちらも会社と話し合い合意の上契約を結びますので食い違いなく働けるかと思います。

職種から探す

将来自分がなりたいもの、キャリアップできるものを選びましょう。

はじめは販売員スタートが多いですが経験を積めば希望の職種に就くことができます。

会社によっては販売員どまりで終わるところもあるので注意。

本社勤務希望ならば徐々にステップアップできるのかどうか調べる必要があります。

たとえば将来プレス担当になりたい場合は会社のブランドの歴史をまずは理解しておかなくてはいけません。

デザイナー、パタンナー職でしたら洋服の構成や生地を理解しておくことが必須です。

給与や雇用条件から考える

安定しているのはやはり正社員です。

会社によって月の売り上げを達成したら売り上げ手当金、役職手当金が出るところもありますので給与面で一番安定しています。

雇用条件についても契約社員・派遣社員よりも優遇されることが多いので特別な理由がない限りは正社員を目指すことをおすすめします。

エリアから考える

働きたい場所で探すとなるとターゲット層が絞れます。

好きな街で働く場合は同年代も多いので接客しやすいかと思います。

好きなブランドから考える

まずは好きなブランドで働きたいと考えている人が多いと思います。

募集要項をしっかりとみるのはもちろん、長く働けるかどうか見極める必要があります。

今好きなブランドはこの先5年後、10年後好きでいられるかどうか考えてみてください。

アパレルの仕事って、どうやってバイトや派遣から正社員を目指すの?

毎月の固定給や賞与・各種保険等安定した待遇を得るためには正社員が一番です。

すこし高い壁がありますが日々の努力を周りのスタッフにアピールすることが大切です。

はじめに確認してほしいのは、会社がアルバイトから社員にした実績があるかどうかです。

これがないと厳しいです。

実績がある会社であれば頑張り次第で正社員になれる可能性は十分にあります。

その頑張りですが販売員は商品を売るのが目的です。

頑張って売り上げを伸ばすのが最優先です。

しかし、売り上げを伸ばしただけでは正社員になりたい気持ちは伝わらないので、同じ店舗にいる先輩スタッフに積極的にアピールしておきましょう。

本社にはなかなか届かないので、まずは周りにいる人に日ごろから伝えておくのが良いです。

そして販売実績も大事ですが、お店全体を見ることも大切です。

日ごろから清掃などの雑務をこなし仕事へのやる気を積極的に見せていきましょう。

先輩スタッフや上司との人間関係を築いていくことも大事です。

アパレル求人についてよくある疑問

販売ノルマはあるかどうかをよく聞かれます。

最近ではノルマといういい方はせず、売り上げ目標といわれています。

達成しないからと言って減給などはありません。

ただ、販売の仕事をしている以上は常に数字がついてきますので、売り上げは日々意識しておかなくてはいけません。

希望する会社(ブランド)の知識がないと採用されづらいの?

知識がなくても採用はされます。

面接官が見ているのはやる気です。

わからないことは自分で調べて行動に移せるかどうかです。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募可能です。

ただし販売員に限ります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

会社により異なりますが募集はあります。

アルバイトの募集は常にしているところも多いです。

残業って多いの?

残業はお店により異なります。

売れているお店でしたら在庫数の確認と売り上げの確認に時間ががかります。

またセール時、イベント時は事前準備などがありますので残業が多くなりがちです。

人気のあるアパレルブランドとは?

会社の雰囲気が良い、将来のキャリアアップが見込める会社は人気があります。

ブランド力があるのも大きな強みです。

株式会社ワールド

国内大手アパレルメーカーの中で、人気がある企業です。

大手ならではのしっかりした組織体制とモノづくりの背景を持っています。

安定した企業として人気があります。

株式会社ビームス

カフェ、雑貨、インテリア、音楽、アートなどファッション以外のカテゴリーも積極的に展開しているのが特徴です。

こだわりの商品展開をしています。

株式会社ユナイテッドアローズ

長年人気の高い企業です。

「販売員の社会的地位向上」を目指していて、アルバイトの正社員登用などを積極的に行っています。

社員の能力によってグレードがあり。

社内試験が用意されており昇格制度があります。

株式会社ルイヴィトンジャパンカンパニー

アパレル業界で憧れる人の多い企業の一つです。

高いブランド力で売上も安定しています。

品質の高い商品も定評があります。

またアパレルの中でも平均の勤続年が長め。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アパレルに就職する場合は事前の企業研究がとても重要です。

就職後に後悔することがないように企業のプラスの点、マイナスの点を十分に調べておくことが大切です。

皆さん、是非希望の会社に入れるようにがんばってくださいね。


関連キーワード

アパレル正社員