洋服が好きだからアパレルの仕事をしているけど、なかなか条件の良い仕事がない・・・

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、アパレル正社員求人の選び方や、事前に自分の中で決めておいたほうが良いことなどを紹介したいと思います。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

事前に自分の中で決めておきたいこと

1.希望職種が優先か?正社員が優先か?

アパレルと一口に言っても、洋服・小物・靴・バック・ハンカチ…など様々な種類に分けることができます。

勤務先も路面店・ショッピングセンター・百貨店など範囲が大きいのが特徴です。

仕事にする上で知識が重要となるため「興味があるもの・好きなもの」であることをオススメします。

アパレルは季節・年・地域・年齢層・性別などによって大きく左右されます。

正社員として働くことは将来性を考えた上でも重要視されることかもしれませんが、全国にお店がある場合は全国転勤になることが多いため居住先を固定するのは難しいでしょう。

例えば、こういった職種は競争が激しいです!

大手百貨店など高級品を扱う店舗やブランド店などは販売員資格やフィッティングの資格が必要になったりするため人気が集まりやすい場合も多いです。

2.どういったアパレル会社が良いか?

百貨店内に入っているお店をお勧めします。

理由として、上記の通り競争率が高いですが他のブランドを知ることができるためです。

また、自身の年齢層や性別、好きなブランドを選んだほうが働きやすいと思います。

アパレルと一口に言っても、メーカーや小売、それ以外もある!

アパレルというと普段私たちが服飾雑貨を購入するお店をイメージする方が多いですがそれはショップ・ストアと言い、そのほかにも生地・糸メーカーや工場、デザイン会社や卸業者等もアパレル業に含まれます。

3.好きなブランドが優先か?正社員で働くことが優先か?

上記にも記載しましたが、好きなブランドに興味を持ちその歴史や構造を知ることが重要なので好きなものを仕事にすることでやりがいを感じることができ、長く勤めることができるのではないかと考えられます。

4.給与や年収のWantとMustは?

扱う商品の単価もピンキリなので一概には言えませんが、標準報酬はそれほど高くはないのが現状です。

しかし、インセンティブがもらえる会社も多くあります。

5.どういった働き方をしたいか?

自分の好きなブランドで流行りと年齢に合わせて働く。

ブランドを、商品を好きになる事が大切です。

やりがいを重視したい?

やりがいを重視するためには小さな努力を実らせることから始めましょう。

POPをわかりやすく表現したりディスプレイをこまめに変えてみたりできることの範囲で試してみることも大切です。

残業は少ないほうが良い?

アパレルの一般企業との大きな違いが残業です。

特にショッピングセンターや百貨店内のショップの場合、閉店時間が決められているため残業といっても閉店時間を過ぎてもお客様がいる場合やセール準備、飾り付け等なので月に何十時間も残業する事は少ないのが現状です。

ですが、一般企業よりもお店の営業時間が長いため閉店時間まで勤務すると遅い時間になってしまうことも現状です。

転勤はありでも良い?

アパレル業界で正社員として働こうとすると転勤はつきものと考えたほうがよいでしょう。

単身の場合は良いかと思いますが家庭を持った場合は考えどころではないかと思います。

アパレル正社員求人を見極める時のポイント

ノルマがあるかどうかをチェック!

本当の事が分からない時は、ネットで検索してみましょう!

ショップに行くと店員さんにオススメされることは珍しくないのではないでしょうか。

それは大半のアパレルショップはノルマがあるためです。

大きくは近隣店舗と合わせてエリア内ノルマ、店舗内ノルマ、個人ノルマに分けられ、そのほかにも飾り付けで店舗ごとに競ったりすることもあります。

ノルマと聞くと荷が重くなってしまうかもしれませんが、達成した時の喜びをスタッフ間で分かち合ったり、個人ノルマの達成によりインセンティブをもらった時は次につながるやりがいになります。

定着率がどうなっているかをチェック!

定着率が低い=職場環境が悪いかも!?

どうしても、実態がブラックだったり営業会社のような雰囲気がある会社だと、定着率が低くなります。

そういう会社で働くのは嫌ですよね・・・?しっかりと定着率についても確認するようにしましょう。

転勤があるかどうかをチェック!

これは働く上で重要だと思うのでチェックが必要です。

特に全国にあるショップで働く場合、正社員や店長・副店長クラスになると転勤はつきものです。

転勤に慣れてしまうと家庭を持つことが難しかったり、親族の介護などで実家に戻ることになった場合、近くの店舗に異動させてくれるのか、辞めざるを得なくなってしまうのか、重要な事だと思うので見極めが必要です。

良い人が働いているかをチェック!

例えばショップ店員希望の場合は、いくつか店舗を回ってみよう!

実際にその店舗で買い物をしてみるのが良いでしょう。

お店の雰囲気、スタッフの雰囲気、レイアウトなどを見て自分にもできそうか、見ることができると思います。

育児休暇など女性として働きやすい職場かをチェック!

これは、スタッフの人数が足りていれば可能な職場が多いと思います。

ただし、ショッピングセンターなどの傘下にある場合はその店舗によって社内規則が変わる場合もあるためチェックが必要です。

会社の業績をチェック!

しっかりと上昇、もしくは横ばいになっていれば安心!

一般的に良く知られるアパレル会社の場合、借りに業績不振が続き閉店となってしまっても他店への異動や系列店舗への勤務が可能な場合が多いです。

ジョブチェンジの道があるかをチェック!

ショップ店員で働き初めて、将来的に本部勤務希望の場合など!

これは、ショップ店員として働きたい場合は基本的に希望は通ると思いますが、マネージャー業務や商品開発、本部職務、人事採用などのジョブチェンジ、スキルアップを希望する場合は最初にチェックしておくことが重要です。

その会社の口コミをネットでチェック!

実際に働く人の声は良し悪しですがどちらも参考になると思います。

社内見学やロールプレイング大会を開催している会社も多いため機会があれば参加してみることを勧めします。

将来見込める「MAX年収」をチェック!

働く上で大切なお給料。

基本報酬がいくらなのかよりも賞与やインセンティブがあるのか、いくらなのかを知ることが大切かと思います。


関連キーワード

アパレル求人