ホワイト企業・ブラック企業などはよく聞く話ですが、自分の働いている会社、もしくは興味のある業界はどちらの方に分類されるかを考えたことはありますか?

ここではよく「ブラック」だと言われているアパレルについて、経験者からの体験を踏まえながら記述していきます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が紹介!アパレルがブラックだと感じた9つのこととは?

お洒落な衣装にかこまれて、楽しそうな雰囲気をまとって働いている店員ですが、その労働環境は意外と過酷なことが多いです。

具体的にどのような部分でブラックだと感じるのか、私の経験を元に9つほどご紹介します。

アパレルがブラックだと感じたこと1:時間外の勤務が多い

タイムカードで労働時間の管理をされている場合は、終業後にタイムカードを押してからまた店舗の装飾やディスプレイのコーディネートをすることがあります。

残業時間を少しでも減らそうという会社の経営方針なのですが、実際はうまくいかず、サービス残業となることが多いです。

駅ビルや百貨店内にある店舗の場合は、その建物の閉館時間もあるので、警備員の方に帰るように促されてやっと帰宅するということもありました。

繁盛期は特にディスプレイや店舗の装飾に力が入るので、自分の勤務する店舗以外の、別の系列の店も遅くまで残っていたので、アパレル業界全体としてサービス残業は多いように感じます。

アパレルがブラックだと感じたこと2:ノルマは無いとは言っても…

個人に課せられるノルマは無いですが、店舗ごとの1日の売り上げ目標はあります。

店員全員で目標を達成するという面では、個人に降りかかるプレッシャーはあまりありませんが、より多くの人を接客した方が昇給に繋がったり、ボーナスの額がより多くなるものです。

また、自分で購入した服も、自分で接客した分の売り上げに換算される会社もあるので、たくさんの服を購入することでノルマを達成するような人もいました。

アパレルがブラックだと感じたこと3:金銭的な厳しさを感じる

どんなに堅実に業務をこなしたとしても、昇給はなかなかありません。

たくさんのお客様を接客し、売り上げにかなり貢献した場合は昇給につながりますが、必ずとは言えませんし、いつから昇給になるのかすらわかりません。

正社員の場合は少しずつ昇給する可能性はありますが、アルバイトやパートの場合は、昇給できることはほとんどないと言って良いほどです。

また、正社員と言えども、ボーナスは必ずもらえるとは限りません。

アパレルがブラックだと感じたこと4:将来を考えられない

販売員として採用されると、昇給もほとんど無ければ、長い目で見てもスキルアップするということが望めません。

また、年齢を重ねるごとに自分に合っているブランドも変わってきます。

20代向けのブランドを40代になる販売員が売っていても、周りからの目線も気になりますよね。

アパレル業界は人の出入りが多いですが、それは年齢的な問題も関係しているのだと感じます。

アパレルがブラックだと感じたこと5:休日が少ない

基本的に、アパレルは休日が少ないです。

シフト制なので、連休も作りづらいですし、土日祝日の休みを最初のうちは希望しない限りはもらえません。

実際にどうしても用事があったときに土日休みを申請したことがありましたが、その理由と別の日にずらせないのかということをしつこく聞かれたことがあります。

また、アパレルの繁盛期は年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの大型連休です。

世間が楽しい雰囲気に包まれる中での勤務ですが、割り切るしかありません。

繁盛期に休みを申請しても、相当な理由がない限りは申請が通らないのも大変なところです。

アパレルがブラックだと感じたこと6:セールのときの厳しさ

繁盛期となるセールでは、店舗にいるほぼ全員の店員が総出となって勤務します。

たくさんのお客様がいらっしゃるので、接客・レジ・在庫からの取り出し・呼び込みに分かれて乗り切ります。

セール時は売り上げを伸ばすことができますが、そのかわり休憩時間が無かったり、残業が増えたりなど店員への負担が増えます。

特にタイムサービスなどの時間限定のセール時は、さらに多くの方々が訪れます。

筆者は毎回呼び込みの係をやるように言われていたのですが、道行く人からの「うるさいなあ」「呼び込みが終わってから行こう」という声と、店長からの「もっと元気に大きな声出して!お客さん呼び込んで!」という声に板挟みになっていました。

また、セール時はあまり試着をして購入するお客様は多くないので、返品やクレームが多いことも大変な点の一つでした。

アパレルがブラックだと感じたこと7:自腹での服購入

アパレルで働くことの利点として挙げられることの一つに、社割で服を購入できるというものがあります。

自分の気に入った服を割安で購入できるのはとても嬉しいことですが、その反面、買いすぎることもあります。

買いすぎるくらいならば、自己責任なので仕方がないことですが、経営する会社によっては、その自腹での購入分も自分の売り上げとして換算しても良いことになっている場合があります。

そのため、自分の売り上げを伸ばしたいがために、自分でたくさんの服を購入する人もいました。

収入を増やすために、自分の身を削りながら働く、それは本末転倒なような気がしますが、アパレルでは意外と多く居るものです。

アパレルがブラックだと感じたこと8:人間関係が…

どこの職場に行っても人間関係の悩みは尽きないものですが、アパレルでも人間関係の複雑さがあります。

販売員は自己主張が強めな人が多く、髪型や服装が被ってしまうと怪訝な顔をされることもあります。

また、新入社員やアルバイトに対して高圧的な態度で接してくる人も少なくありません。

アパレルがブラックだと感じたこと9:理不尽なクレームが多い

接客業をやる上で、切っても切り離せないのがクレーム処理です。

実際に、筆者は初売りで購入した福袋に入っていたコートが体型に合わず着られない、というクレームを頂戴したことがあります。

福袋の中身を開けての試着は基本的にできませんので、その旨を伝えた上でのご購入ということにしていたのですが、そのようなことは聞いていないとのお答えをいただきました。

年始の初売りの際はお客様が多く、満足な接客をできているのかと言えば、そうではないことが多いのかもしれません。

たとえクレームがあったとしても、店長や先輩店員が対処を手伝ってくれれば良いのですが、そのようなときに限ってなかなか手助けしてくれないことも辛い点です。

今の職場がブラックだと感じている人は、こちらからもっと自分に合った職場を出して貰うと良いでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

もしブラックだと感じてしまったら?

アパレルに就職してみたものの、自分の思っていたような世界ではない、もしくはブラックだと感じた場合、どのような行動をとれば良いのでしょう。

しばらく働いて見極める

働き始めて早々にブラックだと感じた場合は、すぐに辞めるには勇気が要りますので、もう少し働いてみて様子を見るのが良いでしょう。

ブラックだと感じながら働くのはきついかもしれませんが、本当にブラックなのかを見極めましょう。

周りの人に相談

自分一人で抱え込むのは、精神衛生上よろしくありません。

アパレル業界以外に勤めている人に、どのようなことが辛いのかを話してみましょう。

ほかの業界でもあることなのか、それともアパレル特有のものであるのかが分かるかもしれません。

頼れる人がいるのならば、継続的に相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

筆者自身も他業界の友人に相談していましたが、やはりアパレル特有のブラックな点が多かったことを覚えています。

もし、頼れる人が周りにいない場合は、こちらで話を聞いて貰うと良いでしょう。

別の会社が経営している店と比べてみる

ブラックだと感じている点が自分の店だけなのか、それともほかの会社が経営する店も同じような状況であるのかを比べてみるのも良いでしょう。

このパターンをとる場合は、駅ビルや百貨店内に様々な店舗があることが前提です。

ほかの店で働く人と自分自身を比べてみることで、「自分の店はやっぱりブラックだなあ」と思ったり、はたまた「ほかの店に比べると、うちの店はブラックではないのかも」と考えが少し変わるかもしれません。

しかし、ブラックだと思う気持ちが生じている時点で、少なからず違和感を感じていますので、あまり無理をしすぎてはいけません。

アパレル経験者が実際に体験しました。

こんなクレームをつけてくる人がいるんです!

人と関わる仕事であるアパレルは、上記の通り理不尽なクレームを頂戴する機会も多いです。

怒鳴り散らす人、静かに責め立ててくる人、直接店舗には来ずに、電話で何度も怒りをあらわにする人など…。

ここでは、筆者自身が出会ったクレームと、どのように対処したのかを少しだけ紹介します。

セール期間中に購入したものの返品願い

クレームに来るお客様で多いパターンです。

セール中に購入した衣服は、基本的に返品は受け付けていません。

自分の体型に合わない、買ってみたけどイメージと違った、自分に似合わなかった…など理由は様々でした。

このようにして対処しました

申し訳ないですが、きっぱりとお断りさせていただきました。

どんなに怒鳴られても、切々とお願いをされたとしても、会計をする際に返品不可能を確認の上での購入していただいていたので、返品を受け付けることはできませんでした。

あまりにも食い下がられる場合は、店長に改めて説明してもらいました。

セール期間中でも試着はできますので、後悔のない買い物を楽しんでいただくためにも、気になった服は一度身につけてみることをお勧めしていました。

初売りで福袋の中身を見せて欲しい!

近頃は中身の分かる福袋も増えてきていますが、筆者の勤務していた店舗ではどのようなパターンの服が入っているかは分かっても、その色や実物まではわからないものでした。

中身がわからないけれども、格安で服を購入できることが福袋の醍醐味ではありますが、その中身を見せて欲しいと言われたことがありました。

このようにして対処しました

福袋を購入してから開けるように、袋のチャックを値段札で固定してあったので、中身は店員ですら確実なものはわかりませんでした。

しかし、どのような商品が入っているのかは分かるので、店舗内にある服を例にとって、教えました。

色まではさすがに分からないと伝えましたが、大体の服のパターンが分かったことで、満足されて購入してくださりました。

また、正確にお伝えすることはできませんでしたが、教えられる精一杯の情報を得られたことを喜んでくださいました。

試着したら化粧と髪型が崩れてしまった。

どうにかして!

お店に来る前に美容室で髪型を整えてもらったお客様に言われた一言です。

化粧が崩れてしまったのは、服の首元に顔が当たってしまったからなようでした。

女性用の試着室には、トップスを試着する際に使用するカバーが置いてあるのですが、そのお客様はカバーを利用しておらず、売り物である商品にも化粧の跡が残ってしまいました。

このようにして対処しました

駅ビル内にある店舗での出来事で、大層ご立腹のご様子でした。

お客様の利用された美容室も同じ駅ビル内にありましたので、筆者の勤めていた店舗の店長が美容室に連絡を取って事情を説明し、お客様の髪をもう一度セットしていただくように頼み、受け入れていただくことができました。

崩れてしまった化粧の方はお客様自身がされたということで、ご自分で直していただきました。

化粧のついてしまった服は買取されることもなく、ディスプレイにも売り物にもならず、本社へ送り戻すこととなりました。

クレーム処理は誠意を込めて

クレームをつけられるということは、接客をしている側に落ち度がある場合が多いです。

どのようなクレームを受けたとしても、真摯に受け止め、落ち着いて対処することで乗り越えることができます。

お客様も怒るつもりで店舗に来ているわけではない場合が多いですので、心を込めて体温しましょう。

問題には基本的に一人で対処するのではなく、店長や先輩社員、他のスタッフと一緒に対応することで安心感があるだけではなく、情報を共有することができます。

また、クレーム処理対応の責任を一人で背負いこむことなく、店舗全体のものにすることができます。

お客様に納得していただくためにも、店舗のためにも、そして自分一人に責任が降りかからないためにも、店舗全体での真摯な対応が大切です。

アパレルの仕事には興味があるけど、クレーム対応などアパレルの仕事が自分に向いているか心配な人は、こちらから相談してみると良いでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事をするとは大変なもので、必ず何かしらのトラブルや辛い面は見つかるはずです。

しかし、いわゆる「ブラック」な職に就いてしまうと、心身ともに疲れ切ってしまいます。

筆者の場合はアパレルはブラックな業界に分類されることが多いですが、全てのアパレル企業がブラックなわけではありません。

本当にアパレル業界に興味があり、力を発揮したいのならば、数ある中からホワイト企業を見つける努力をしましょう。

アパレル正社員を辞めたいと思った体験談は、こちらの記事を参考に!



アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても様々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業も沢山ありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識をつけるためにリサーチしたり等と努力をすることも多々あります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちを汲み取って応えてあげられるかどうかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば、店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジで


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱