アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?

また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。

実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。

アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?

アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。

お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。

お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。

アパレル店員の役割とは?

お店ではこんな役割を担っています

社員、アルバイト、派遣では任せられる仕事内容も変わってきます。

それぞれ、役割もあるので、雇用形態ごとにご紹介していきます。

正社員、派遣、バイトのそれぞれの役割とは?

正社員

社員は全体を見ていないといけません。

お店が閑散としていたら、声出しなどをしてお客さんを呼びこむなど、人の配置やマネキンのコーディネートもその時の状況、客層によって変えたりしながらお店作りをしていきます。

他の従業員同様、お客さんの接客、販売の仕事をしますが、お客さんの様子をアルバイトより気にして見ている必要があります。

お客さんが洋服について困っているなどしている時は、いち早く気づいて全体を見ることが大事です。

そして売上も社員は気にしながら販売しなければいけないのも、大きなポイントです。

一日の売上目標というのが、店長社員で決め、出来るだけその売上に届くように販売していきます。

社員は系列店舗に異動があります。

個人の売上などをみての判断や、同じお店だとモチベーションも下がってくることから、春頃に店舗を異動する事が多いです。

派遣

派遣は人手が足りない時に短期で、頼む場合もありますが、長期で継続して働いてもらう事も出来ます。

仕事内容はお客さんの接客がメインとなります。

私の勤め先では補充やレジなどは基本的にお願いすることがありませんでした。

通常は、指示された内容をこなせば良いだけですし、売上の面でも直雇用ではないためそこまで責任はないので、気楽さはあると思います。

バイト

アルバイトもお客さんの接客、販売が主な仕事ですが、派遣と違うのはお店の直のアルバイトなので在庫管理、商品の補充、レジ、袋入れもします。

系列の店舗で人手が足りない時には他店に手伝いに行くのをお願いされたり、研修の為に数日他の店舗での勤務も言われる場合もあります。

その日の売上目標も気にしながら販売しなくてはいけません。

アパレル店員の具体的な仕事内容とは?

接客販売

店頭に立ち、呼び込みやお客さんが欲しいものや、似合いそうなものを提案アドバイスしたりもします。

試着もたくさんしてもらえるように、悩んでいるお客さんがいたらとりあえず試着してもらうように誘導します。

実際私も、見て気に入った!と思っても試着してみるとイメージと違ったと思うことも多々あります。

せっかく買ったのに後悔するような買い物をしてもらいたくないので、できる限り試着はしてもらいましょう。

普段着ない洋服でも試着して「意外と似合う!」といって買ってもらえる時もあります。

普段洋服屋さんはゆったりと時間が流れます。

商品を畳んだり並べたりするのもお仕事なので、畳みながらお客さんの行動を観察する時間でもあります。

悩んでいるお客さんに声を掛けるのもタイミングがあり、それが合わない場合は声を掛けようとしたときに帰られてしまうなどもあるので、その前に声を掛けるタイミングを逃さないようにしないといけません。

服装をみてこのお客さんはこのようなデザイン、色が好きそうだから、新作のこの洋服をおすすめしてみようですとか、お客さんの服装でおすすめする商品もなんとなく分かるようになっています。

商品整理・ディスプレイ

畳んでいる商品は広げてみないとデザインが分からないのでお店に買いに行くと広げることをすると思います。

いくつも広げるとお店の人が大変かなと考えてしまうかもしれませんが、それもアパレルのお仕事なのです。

ハンガーにかかっている商品も色別、サイズ別で並べてあるのでそれが混ざってしまったときは直します。

忙しい時は、お客さんが広げた洋服で棚の上が散乱したりもしますが、次に来店されるお客さんが見づらいですし、何よりぐしゃぐしゃになっている洋服は見た目にも悪く購入したいと思えなくなります。

なので、商品の整理はとても大事です。

購入されたときはその都度、ストックから補充します。

常に商品の色、サイズが揃って置いてあるようにします。

ディスプレーは社員がやりますが、流行りのものは手前に陳列、ドレスなどのフォーマル系の商品はゆっくり選んでもらえるように奥の方に配置したりします。

例えば、トップスのコーナーに、その商品と合わせるのにおすすめのパンツを置くようにして、こういうコーディネートも出来ると自然に目が行くと思います。

セット販売にも繋げられますし、どちらかをお客さんが持っている商品だとしたら手持ちの洋服と合わせることが出来るので購入してもらえるチャンスにもなります。

マネキンのコーディネートも流行りのものを中心に、ですが他のお店と同じコーディネートではだめです。

お店の個性というかお店らしさをコーディネートにプラスしなくてはいけません。

あとは少し遊び心も取り入れたりして、他のお店ではやっていないコーディネートもお客さんの目に留まってお店を素通りされるのではなく、興味をもってお店の中に一歩踏み入れてもらえるチャンスになります。

なので、ディスプレーはお店に入る前からお店のイメージが決まってしまうので大事なものになります。

在庫管理

まず、商品が納品されたらパソコンにデーターを入れて管理していきます。

お客さんが購入の際に、レジを打つのでレジで打ったら自動的にその商品がマイナスになります。

ですから、パソコンで今ある在庫のデーターが一覧で見ることが出来ます。

お客さんがもし、欲しい商品のサイズ違いのものを探していたら、パソコンでデーターを見るとすぐに在庫として残っているのかが分かるようになっています。

月に一度棚卸があり、在庫のチェックをします。

品番別にカウントしていき、お店に並べてある商品も全て数えていき、データーと合っているかチェックしていきます。

商品が納品されてお店に並べる時には汚れ、破れ、ほつれがないかも見てから並べます。

私の店舗では、多少のほつれはお店で直していました。

そのテンポのスタッフの中には、洋裁学校を出ている人もいたので、ほつれや裾上げもお店でやっていました。

その他に、ストックの整理もお仕事なので、スタッフが分かりやすいように整理したり並べたりする時もあります。

人材育成

社員とアルバイトという責任の違いはそれほどないように教育されます。

私が働いたお店は特にノルマというものはなかったのですが1日の売上目標は一応ありました。

個人のノルマがあると、売れなかった時の個人の負担が大きいですよね。

その点、ノルマがないと社員アルバイトみんなで売上目標に届くように頑張ろうという意識はみんな持っていて団結心はありました。

入社後は、社員では研修のために他店で数日研修があります。

そこではベテランの店長や、エリアマネージャーも来たりして販売ののうはう等を教えてもらいます。

研修で使われる店舗は、売上の多い店舗が多いので=忙しいので販売の仕方を早く覚えることが出来ます。

研修を終えた後は、実際の勤務先での勤務が始まります。

アルバイトは入社後、そのまま希望の勤務先で店長、及び社員が販売の仕方を教えてくれます。

たまに、エリアマネージャーなどがお店を見に来ます。

お店作りについてや、コーディネートの仕方、スタッフに合った販売の仕方などについてアドバイスしたりします。

お店のスタッフ同士では気づけなかった点を指摘してもらえて、がらりと印象が変わるようにもなるので人材教育はしっかりしています。

アパレル店員の仕事の流れ

早番・遅番の2交代勤務が多いかと思います。

早番

9時半出勤

掃き掃除、鏡や棚の拭き掃除。

レジを作動させて開店準備。

商品の補充や新商品の入れ替えなど。

遅番の人からの連絡事項をチェック。

朝礼

今日の売上目標を店長、社員から言われなるべくその金額に近づけられるようにみんなで頑張ります。

デパートのイベントなどがあればお店も忙しくなるので、休憩時間も忙しくなる時間に重ならないように調整します。

10時開店

店頭に立ちお客さんをお出迎え。

12時頃から

交代でお昼休憩。45分。

15時頃から

交代で15分休憩。

18時退勤

掃除等もなくそのまま退勤できます。

遅番

11時出勤

早番の人が準備をしてくれているので、出勤後はすぐ接客に入ります。

16時ごろから

交代でお昼休憩。45分。

19時ごろから

交代で15分休憩。

21時

閉店。

お店の売上を数えてレジ締をします。

今日の日報をパソコンで打ち込みます。(簡単な文字入力なのでスマホが使えればOKです。)

必要があれば早番の人に伝言メモを残す。

掃除は早番の人がするのでそのまま退勤。

その他の仕事

イベントやセール前は、お客さんにDMを送りお知らせします。

汚れや、型が古い洋服は本社に返送します。

梱包して集荷にくる宅配便の人にお願いして持っていってもらいます。

アパレルの繁忙期は?

アパレル業界は一足早く次の季節の商品が出回ります。

2月頃になると春物がお店に並べられます。

5月頃には夏物。

9月頃には秋物。

11月には冬物。

ですのでその時期にひとつ前のシーズンの物のセール時期でもあります。

セール時期はデパートに入っている店舗であれば他店舗も同時開催のため、やはりお客さんも増えますし忙しくなります。

安くなっているので、お客さんの購買意力もあり複数枚買ってくれます。

その中でも一番忙しい時期はお正月です。

福袋もあり、冬のボーナス時期やお年玉も重なりお客さんの購買意力が更に高まっている時期です。

コートなど単価が高い商品も売れるのでアパレル業界では一番の繁忙期になります。

声出しもずっとしているので喉は痛くなりますが、スタッフが一丸となって盛り上がっているので、個人的には閑散としているよりはお店が盛り上がっているセール時期は気分も上がるので仕事をしていて楽しかったです。

アパレル店員になるためにはどうしたらいい?

特に資格などもありません。

お店に立っての販売になるので笑顔で明るい接客をするように心がけていれば大丈夫です。

アパレル業界に就職するために

アパレルの仕事をしてみたいのなら、普段買い物に行き店員さんのお仕事を見ていると思います。

お店の雰囲気とあまりにも違いがある人の採用は難しいと思いますが、自分が好きなブランドのお店なら服装はそれほどかけ離れることはないですよね。

求人雑誌、インターネットの求人サイトで常時募集をしています。

お店に求人募集の張り紙がしてある場合もあるのでチェックしてみましょう。

受付が直接お店になっている所もありますが、本社が窓口になっていて、面接は勤務先店舗という場合もあります。

必要なスキルや経験は?

スキルも経験も特にいらないですが、あって良いものとしては接客の経験があればアパレル未経験でもスムーズに入ることが出来ると思います。

裁縫が得意だと、裾上げも任せられることもあるでしょう。

コーディネーターの資格があれば、お客さんにトータルコーディネートを提案できます。

色彩検定を活かせることもあるでしょうし、英語力も歓迎される店舗もあるでしょう。

アパレル店員の給料事情は?

アパレル店員の月収は決して高い方ではないです。

「好き」を仕事にできる面では、やりがいと楽しさはあるので楽しくオシャレをして働きたい人には良いです。

正社員

月収18万円~が多いと思います。

ここから社会保険等引かれるので手取りとしてはそんなに貰えません。

ですが社員はボーナスがあります。

派遣

時給1300円~です。

時給は一番良いですが、必要がなくなったらいつでも切られてしまうデメリットがあります。

バイト

950円~が相場です。

希望があれば長期で働いている人には正社員登用もあります。

アパレルの給料については、こちらの記事も参考に!

アパレル店員の仕事の理想と現実

アパレル店員、良いこともあればそうじゃないことも…。

アパレル店員になる前のこの仕事のイメージとは?

アパレル店員は可愛い子が多くて、いつもオシャレができて華やかというイメージでした。

華やかな印象にあこがれを持っていました。

実際にアパレル店員になってみて感じた理想と現実の7個のこと

オシャレができる!

女の人はいつまでも輝いていたいものですよね。

流行りもいち早く知れていつもオシャレが出来るので美意識が高まります。

オシャレをしていると自然に姿勢も良くなり、体系にも気をつけられるので良い緊張感を持つことが出来ました。

お客さんとの交流

働いていると常連さんとも親しくなります。

お客さんに安心して買ってもらえることが出来ました。

お客さんにおすすめした洋服を買ってもらった時は、嬉しかったです。

社割で洋服が購入できる!

働いたお店は40%引きでしたが、お客さんより安く購入が出来るのが良かったです。

セールの時期はお客さんと同じ割引で購入です。

お金がかかる!

アパレルは毎回同じ洋服を着ることが出来ません。

「スタッフは歩くマネキン」とよく上の人が言っていました。

お客さんは店員さんの洋服も良く見ますよね。

試着しなくても着るとこんな感じになるんだとイメージできますし、店員さんのコーディネートも良ければ真似したくもなると思います。

ですので商品の紹介の為にも店員は洋服を変えるのです。

また、新商品が出たら欲しくもなるので気をつけないと大変な金額になります。

プライベートでお店の洋服を着たくなくなる?

アパレル店員になる前は好きなブランドで、購入をしていたお店。

そのお店で働くことが出来てそのお店の洋服に囲まれて嬉しかったのですが、お店でその洋服を着ている訳で…プライベートでもお店の洋服を着ていると仕事をしているみたいで私は疲れました。

なので、プライベートはまた違うお店の洋服を着たりしていたので2重でお金もかかりました。

ノルマ…なくはない?

会計のレジを打つ時に自分の名前を入力するので(レシートに担当者名が出ます。)誰が今日、何点販売したか分かるのでノルマはないとはいえ、販売個数が少ないと上の人からもう少し頑張って!と言われます。

結局ノルマがあるようなもので調子が悪い時はなかなか購入してもらうまでにいかないのでつらい時も。

メンタル面

来店したお客さんには話しかけていきます。

なんとなくそのお客さんの雰囲気で声をかけられたくないという人にも声を掛けないといけないので、それですぐお店から出ていかれてしまう事も多いです。

中には「ゆっくり見たいから」とはっきり言われたり、あるいは無視!

無視は一番メンタルがやられてしまいます。

とりあえず「試着できますのでお気軽に…」という事は言いますが、話しかけられたくない人も多いので気持ちを切り替えてくじけない事が大事です。

アパレル店員に向いている人のタイプは?

人と話すことが好きな人

話しかけないお店もありますが、アパレルは基本的に話しかけていくスタイルです。

ですので、洋服が好きでもお客さんに話しかけられないとお仕事になりません。

お店に立っている以上は、販売員として行動をしなくてはいけないのです。

普段人見知りをしてしまう人でもお店に立った時には切り替えることが出来れば大丈夫です。

洋服に詳しい人

ほとんどの店員さんは雑誌などを見たりして流行りのものの情報などを習得しています。

それも大事なのですが、洋服の生地そのものについて詳しくないと、お客さんからこの商品の洗濯方法や、管理を聞かれたときに答えられないのが一番アパレルの仕事でタブーな事です。

まず基本的な事で良いのです。

タグに書かれている素材、洗濯方法などは調べてからアパレルの仕事を始めた方が自信が付きます。

特に秋冬の素材は色々な素材の商品が出てきます。

私もアパレルを始めた時は、こんな動物の毛も洋服に使うんだ。

と今まで気にもしていなかったので驚きました。

洗濯の仕方、干し方についても商品の状態が大きく変わってくるので少しチェックしておくと良いと思います。

お世話をするのが好きな人

よくお客さんから、この洋服にどんなものが合うの?と聞かれることも結構ありました。

その人のセンスにもなりますが、お客さんに似合うものを探してあげることもします。

試着もしてみたり、こっちの商品とこっちの商品…と悩まれて一人のお客さんに数十分かかることもあります。

最後購入してもらって帰られる時に「ありがとうと」言われるとやはり嬉しいです。

お客さんの中ではすぐに決められる人もいれば、なかなか決められず悩む人もいます。

もしそこで、今回購入してもらえなくても熱心に付き合ってくれたことはお客さんは覚えてくれているのでまた来てくれる人が多いです。

一人のお客さんに時間がかかることもあるので、お世話をするのが好きな人は向いていると思います。

アパレルに興味のある皆さんに伝えたい!アパレル店員の仕事のあるある7選

アパレルの仕事について具体的なイメージが湧くような、象徴的なシーンを集めてみました。

ぜひ実際の店舗を思い浮かべながら読んでいただければ嬉しいです。

  • セール時はお店が盛り上がり、声出しもいつも以上に頑張る。その大きな声で噛んだ時。
  • お客さんに声を掛けようとしたときに、何かを察しられたのか逃げられる。
  • お客さんが気に入ってコートを試着をしてみたいと言った時。大きな方で入らないんじゃないかな…と思っていたら肩にいく前でとまってしまった時。
  • 他のスタッフと洋服がかぶる。
  • お客さんが人の着たのを見たいと、私が試着をすることに…。
  • 季節を先取りしているから、暑い!寒い!
  • 新作が出てきたら何を買おうか物色してしまう。

まとめ

好きな洋服に囲まれて仕事が出来るというのがアパレルの仕事をしてみて一番良かった点です。

コーディネートも勉強できるのでプライベートでのコーディネートも上手になります。

給料面ではあまり月給が良くないアパレルの仕事ですが、お店で着る洋服は強制ではないものの毎月お金はかかるものなので、あまり無理をしてまで購入するのは無理は禁物です。

自分の友達に似合う洋服を選んであげているような感覚でお客さんに提案、アドバイスをしてあげると良いでしょう。

それを購入してもらえた時はやはり嬉しいものです。

普段からコーディネートのセンスがある人はもちろん、人のお世話をするのが苦にならない人には向いている仕事だと思います。

アパレルの仕事に興味を持った方、お気に入りのブランドの求人チェックから始めてみてはいかがでしょう?


関連キーワード

アパレル求人