アパレルは華やかなイメージではありますが、地道な作業と努力が必要になってきます。

働くにつれてだんだんと、想像していたことと違った部分や不満が見えてきてしまいがちです。

ここではアパレルの正社員を辞めたいと思った理由、辞めたいと思ったが乗り越えてきた理由を紹介します。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル正社員が仕事を辞めたいと思う理由で多いのは、この5つ!

体力的な問題

一日中立って仕事をするので体力を使います。

ヒールが高い靴を履いて店頭に立ったりもしなければいけませんので足に負担がかかってきます。

裏作業の一つとして納品された洋服をさばく作業がありますが、これも体力を使います。

洋服1着~2着ならば重くはないですが、納品は何十着とあります。

ハンガー掛けのものから、ニット・カットソーは畳んでの納品ですので仕分けをする作業は大変です。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

裏作業ではヒールで立つ必要はありませんので、履き慣れた靴に履き替えましょう。

意外とこのことは教えてくれないお店が多いです。

お店に立つ際の靴はヒールと決まっているところも少なくないですが、どうしても足や腰が痛い際は無理にヒールを履く必要はありませんので、足が痛いなどの症状を他のスタッフに伝えれば大丈夫です。

靴はあくまでもお店のテイストや自分が着ている服に合ったものを履きましょう。

休みが少ない

サービス業なので仕方のないことですが、年間の休みは100日前後です。

土日出勤は当然ですし、祝日なども休めません。

セールや年末年始の繁忙期なども出勤をお願いされますのでプライベートな時間が取りづらい環境です。

友達との予定が合わせにくいのと、土日に休みを取りづらく上司に許可が必要な場合があります。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

休みが少ないのは仕方のないことではありますが、土日休みは相談次第でとることも可能です。

他のスタッフの休みと被らないような配慮も必要となってきますのでシフトを作っている店長にまずは相談しましょう。

スタッフのことをきちんと考えているお店であれば、プライベートを優先してくれます。

万が一人が足りなくてお店が回らない場合は本社スタッフがヘルプとして来てくれます。

まずはきちんと店長に休みにしたい理由を説明してみましょう。

給与が低い

アパレル業界全体的に給与は低めです。

常に立ちっぱなしの長時間労働なのに一般的な事務員よりも給与が低いなんてこともしばしばあります。

一ヶ月の給与は新卒で15万円~18万円程度です。

専門卒の場合は1万円ほど低くなります。

自社ブランドの社販や福利厚生費などを引いたら手元に残るお金はほんの僅かしか残っていません。

昇給もありますが役職手当がつくのは早くても5年ほど先ですし、確実に役職がつく保証もありません。

例え手当がついたとしても1万円~2万円前後です。

なかなか給与が上がらないのが現状です。

そしてシーズンごとに洋服も買い替えなくてはいけません。

社販だけで月5万円を超える人も中にはいます。

自分が好きで購入した場合は良いですが、お店のテイストやその時期に合った服を購入しなくてはいけませんし、何よりも流行を追わなくてはいけません。

去年発売の服は着られませんので買い替えが必要になってきます。

そういう洋服の買い替えの積み重ねが大きな出費となり、結果的に全体の給与も低くなってしまいます。

そしてボーナス面も他の企業より低いと言えるでしょう。

基本的に上半期・下半期の売り上げによってボーナスが変動します。

洋服が沢山売れれば会社の利益となり社員にも配分がありますが、売れなければ会社にとって赤字になってしまいますのでボーナスが一桁、なんてこともあります。

小さな会社や個人事業の会社はボーナスが年1回支給となっているところもあるようです。

これらの理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

就職する前に実態を知っておくことが大切だと思いました。

アパレル業界は基本的に給与は低めです。

覚悟をもって仕事ができるかどうかがです。

それでもやはり給与が少ないと不満を漏らす原因は労働と給与が合っていないからだと思います。

あまりに拘束時間が長い場合は異動希望を申し出たりしてみましょう。

会社によっては正社員でも時短制度がありますので利用してみるのも良いかと思います。

拘束時間が長い

常にお店の勤務になりますので拘束時間が自然と長くなります。

シフト制ではありますが、早番はほとんどないのが現状です。

基本的に早番・遅番で9時間~10時間拘束、通しで11時間~12時間拘束です。

休憩はありますが、やはり拘束時間が長いとそれだけプライベートな時間が持てなくなります。

この理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

出勤はシフト制ですので、まずはシフトを作成している店長に相談してみましょう。

ただしスタッフ全員、月の勤務日数や拘束時間はある程度決まっていますので、公平であるということを忘れないでください。

大変なのは自分だけではないです。

その点を踏まえ店長に直接相談してみてください。

拘束時間が長いと体力も消費しますので無理しすぎないことが大切です。

融通が利くかどうかは相談してみてからですが、本社のスタッフがヘルプとして来てくれたりしてくれます。

また一日通しのシフトでも多めに休憩を取ってくれたり、残業なしで帰れる場合もあります。

人間関係

アパレル特有だと思うのですが、良い人間関係を築くのは大変です。

女性ばかりの職場ですし、みんな身なりに気を遣っていますので美意識やプライドも高めです。

お互いに高め合っていくのが理想ですが時にはぶつかることもあります。

流行に関してはある程度流行るものや売れるものなど知識がありますが、「かわいい」「かっこいい」と思う観点は人それぞれ違います。

店内のディスプレイ替えの際などによく価値観の違いなどが出がちです。

他人の意見は聞かない、などはないですがやはり自分がディスプレイしたものが売れれば嬉しいのでどうしても自分の意見を通しがちです。

稀に嫉妬なども生まれます。

嫉妬の典型的なパターンは、ベテランスタッフより新人スタッフの方が売り上げを取ることです。

会社としての利益となり本社の営業やエリアマネージャーも結果として見てくれるので良いことなのですが、それを良く思わないベテランスタッフがいるのも現状です。

新人スタッフの売り上げを自分の売り上げにしてしまったり、裏作業に回すなど、お店に出ることができないような雑務に回したりと陰湿なものが多いです。

これらの理由で本当に辞めてしまう前にできることは?

女性ばかりの職場ですので何かと大変ではあります。

いちいち気にし過ぎてはいけませんので、こういう意見もあるんだ、という風に捉えましょう。

スタッフは皆商品が売れるために一生懸命仕事をしています。

時には意見がぶつかることもありますが本気で会社のことや売り上げのことを考えている証拠です。

意見がぶつかり合うと自分を否定にされたような気持ちになりがちですが、決して誰かを否定しているわけではありませんので考えを取り違えないように注意しましょう。

妬みや嫉妬に関しては、新人スタッフや新規配属された場合、自分が売り上げの優位になっていたら自ら意見をいうのも一つの手段です。

こういう風にしたら商品が売れました、と結果を伝えるだけで大丈夫です。

その一言で他のスタッフが気付かなかったものが見えてくるはずです。

コミュニケーション不足でお店の雰囲気が悪くなることが多いので、何でも良いですから自分から他のスタッフに話しかけてみましょう。

仕事の話でなくても良いです。

路面店でしたら行く途中のカフェに入ったことありますか?など、ファッションビルに入っているお店の場合は、あそこのお店おいしいですよ、社販があるそうですよ、など雑談も交えながら他のスタッフとコミュニケーションをとっていきましょう。

あまりにもひどい場合は店長や他のスタッフに相談してみてみましょう。

お店の中で起こっていることですのでお店で解決するのが一番ですが、どうしても解決できない場合は本社にいるスタッフや人事に相談してみて下さい。

他の部署に配属してくれるなど配慮をしてくれます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

\アパレル正社員の悩みを相談したい人は/

アパレルが辛いと感じることについても、こちらの記事を参考に!

周りのアパレル正社員仲間や私がアパレル正社員を辞めたいと思ったエピソード

やることが多く、拘束時間がとにかく長い

私は、ファッションビルで主に店舗展開している会社に勤めたのでとにかく拘束時間が長く大変でした。

ファッションビル自体の営業時間も長く、それに合わせて出勤しなくてはいけませんでしたので、ほぼ毎日お店で過ごすことが多かったです。

当時は新卒入社一年目で覚えることがとにかく多く、かつ拘束時間も長いために余裕がなく過ごしていました。

そんな中初歩的なレジのミスをしていまい、スタッフをはじめ本社の人、お客様に多大な迷惑をかけてしまいました。

どうしてそのミスをしてしまったかスタッフ全員で話し合った結果、業務に慣れない中で拘束時間も長かったためきちんとした休憩を取れていないことが原因でした。

休憩の最中も覚えたことを頭の中で繰り返してみたり、先輩スタッフに聞いてみたりと自分の中できちんとインプットでできずにいました。

おそらく頭も休まらないまま業務にあたったため、ミスにも気づくのが遅くなってしまいました。

私も当時は目の前の業務やお客様に必死だったために周りにまで目を向けることができませんでした。

そのミスを起こさないために、慣れていない業務は必ず先輩スタッフが隣についてくださるようになりました。

拘束時間に関しては人数が足りなかったためシフトはそのままでしたが、こまめに休憩をくれるようになりました。

それまで先輩スタッフと一緒に休憩をとっていたので気が休まらなかったのですが、少しでも自分の時間ができ楽になりました。

一人の時は気分転換で外に出たり、本を読んだりと自由に過ごすことができました。

一旦頭の中をリセットすることができたことで作業の効率も上がりましたし、何しろ余裕を持つことができ、周りのスタッフにも適度な配慮ができるようになりました。

給与が低い

アパレル業界の中でも比較的給与は高い会社でしたが、それでも月の手取りは15万円程度でした。

大部分を占めていたのが社販でした。

多い時は月に5万円ほど引かれていました。

一度しか着ない服や、他のスタッフと被ってしまったために買った服などが多かったです。

まずはその無駄を減らそうと思い、他のスタッフと被らないように社販をするようにしました。

それまでは自分が「良いな」「これは着れそうだな」と思ったものをそのまま購入することが多かったので、結果的に他のスタッフと被ってしまうことも多かったのです。

まずは、他のスタッフに何を着るかヒアリングしていきました。

それでもどうしても購入せざる得ない場合は先輩スタッフに借りたり、どうしても今月は社販できない理由を店長に伝え、最低限の出費に抑えました。

まだ役職も何もついていない時期でしたので給与の交渉はできませんでしたが、社販を抑えることで、余計な服を買わなければいけないストレスから解放され、だいぶ楽になりました。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル正社員を辞めてしまった人は、どんな仕事に転職している?

アパレル正社員を辞めてしまった人は、その後全く違う業種に就いている人や接客業を活かして仕事をしている人など様々です。

全く違う業種についている人は事務仕事などに就いている人が多いです。

パソコンのスキル等がなくても会社で学べますのでさほど心配しなくて良さそうです。

アパレルと違い力仕事はほとんどありませんので、体力面についてはだいぶ楽という感じです。

拘束時間も短くサービス残業もほとんどありませんのでプライベートの時間を多く持てます。

そして同じ接客業に就いている人では、アパレルからアパレルに転職したり、飲食店やその他のサービス業に就いている人が多くいます。

アパレルからアパレルに転職した人は前の会社より条件が良いことが前提です。

拘束時間が短かったり固定給が良かったりと転職サイトのエージェントを通して会社側と話し合い決めている人が多い様です。

接客という面でアパレルだけでなく他のサービス業もお客様に対して抵抗なく接客できますので比較的スムーズに仕事がこなせるようです。

社販もないですので、そのお金を貯金やプライベートに回すことができます。

(プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます)

辞めるときの注意点

辞める際は急に言うのでなく早くても3ヶ月ほど前から店長、本社の人に伝えておきましょう。

アパレルはお店という現場が全てですので誰か一人でもいなくなるとお店が回らなくなってしまいます。

自分の仕事をなるべく残さない、引き継ぐ

自分が引き継いだ仕事は残さないのがマナーです。

例えばお客様からお預かりした修理品などです。

自分が受け持ったからにはきちんと最後までやりましょう。

どうしてもの場合は先輩スタッフに引き継ぎを頼みます。

業務の詳細まできちんと伝えてお客様に失礼のないようにします。

店長に前もって伝えておく

辞めたいと思った理由を含めて店長に前々から相談しておきましょう。

いきなり「辞めたい」「いつまでに辞めます」と唐突に伝えると不信感を与えてしまいます。

なぜ辞めたいと思ったのか、辞めないためにお店や会社ができることはないかなど、店長も本社の人も「人間」ですのでなるべく長く働いてくれるよう環境を整えてくれます。

それでも自分にはできないと思ったら、きちんと伝えましょう。

引き留められることが多いですが自分の人生ですので、未来のビジョンに今の会社でないと感じたら辞めるべきだと思います。

アパレルを辞めたいと思う理由は大抵は給与面と体力面です。

体力面に関してはスタッフや本社の人と相談でシフトを軽くしてもらったりすることが可能なので、まずは店長に話してみましょう。

給与面は正直なかなか上がらないのが現状です。

社販を少なくするなど個人での調整が必要になってきます。

いざ辞めるとなったときは極力周りに迷惑をかけないように自分の仕事を片付けておくのが鉄則です。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  販売の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
女性のための転職サイト!一般事務・営業事務・データ入力など色々なタイプの事務仕事がたくさん募集中! 公式サイト 公式サイト


アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱