一般的に給与が低めと言われているアパレル業界ですがステップアップできる環境もありますし、キャリアを積める制度もあります。

しかし、やはりシーズンごとの洋服代やセール時などの繁忙期にはサービス残業しがちです。

それでも、個人の評価をきちんとしてくれますので日々の努力が大切です。

そういう部分を上司が結果として認めてくれたら自然と給与にインセンティブがつくようになり年収も上がります。

それでも転職したいと思うのならば、今より待遇がいい会社やさらなるキャリアアップを目指していきたいと思うはずです。

転職で失敗しないよう、転職サイトのエージェントの力を借りながら自分に合った会社を見つけてみてください。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの仕事ってどんな仕事?

簡単に言えば洋服を売る仕事です。

販売員、営業、企画と様々な部署に分かれていますが、皆商品を売ることを目標にしています。

販売員は接客が重要視されます。

来店したお客様のニーズをくみ取り、それに見合った商品を提供します。

その他試着室への案内や、商品の陳列、整理、店内の整理整頓、ディスプレイ替えを行います。

最初は販売員スタートですが本社に異動になることもあります。

本社は様々な部署に分かれています。

会社により異なりますが大抵は総務・商品開発・企画・商品開発・デザイナー・営業などです。

総務は庶務、法務、経営管理など一般事務の業務を行っています。

商品開発と企画ではお客様のニーズをつかんだ上で商品の企画やデザインを手がけます。

売れる商品をどう作るかが最大のポイントになっていきます。

実際に企画した商品をどのくらいの期間で売るのかといった販売計画を考えたり、価格を決めたりします。

デザイナーは商品企画と似ていますが、ゼロからものを作り仕上げるのがデザイナーです。

「今売れるもの」ではなく、商品のデザインを決めで素材や色、縫製までを決定し、商品を仕上げていきます。

営業は各店舗が円滑に進むようにしていきます。

どのようにしたら売れるのか、どの商品が売れ筋なのかを各店舗に浸透させる役目です。

ライバル店のとの差別化を図るために他ショップのリサーチをしたりもします。

一口にアパレルといっても様々な業務があります。

アパレルの給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

アパレルの給料は他の業界に比べ低めです。

相場が高い首都圏であっても低め。

正社員ですと17万前後かと思います。

多くても20万弱。

しかし月間の売り上げ目標を超えるとインセンティブがつく会社もあります。

継続年数が増えるにつれて昇給するケースがほとんどですがそれでもプラス1万~2万程度です。

未経験、経験者問わず給料に変動はあまりありません。

月給ですと25万ほどが上限です。

店長、エリアマネージャーにや本社異動になるとプラス5万くらいもらえます。

そうすると店長ならば月給25万~30万程度、エリアマネージャや本社勤務ですと月給30万ていどが上限かと思います。

会社の規模や年間の総売り上げにより多少は変動しますが、大差はありません。

年収でいうと販売員は200万~250万程度。

店長やエリアマネージャーで300万~400万程度です。

正社員で転職した場合

正社員として転職したとしてもあまり変わりはありません。

逆に、派遣として働く方が時給も高くなるので単純計算でに年収は多くなります。

パート・アルバイト

バイトの月給が低いアパレルは時給もそう高くはありません。

平均時給は900円前後です。

首都圏でも950円前後。

地方ですと800円以上です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

年に2回賞与があります。

夏と冬です。

アパレル業界は上半期、下半期の商品の売り上げによって賞与が変動しますので決まった額ではありません。

一般的に冬の方が賞与が高くなりますが、アパレルの場合は商品の売り上げにより賞与が決まります。

売り上げが悪ければその分賞与は低くなります。

与えられる賞与は月給の約1か月分です。

昇給

会社の規模により異なりますが、基本的には勤続年数が重なるにつれて多少は毎月の月給にプラス1万程度もらえるようになります。

本社への異動や副店長、店長など役職がつきますとさらにもう1~3万程度プラスという感じです。

しかし、店長になるのに5年でなれる人と、5年以上続けてもなれない人がいますので、誰でもなれるものではありません。

しかし、その分スタッフのシフトを作成したり、本社に行かなればならなかったりと業務が増えていきますので体力勝負なところがあるのも事実です。

各種手当

一般的に賞与・各種保険や役職手当、交通費手当があります。

あとは、どの会社にも含まれているのが社員割引制度です。

割引額に差はありますが5割以上商品を安く買うことができます。

洋服、靴、小物などお店の商品であれば、何でも社割で買うことができます。

また、会社によっては制服として支給される場合もあります。

上限の額は決まっていますがワンシーズン過ごせるくらいの支給はあります。

その他社宅制度があります。

地域は決まっていますが働く店舗に近いところを選ぶことができます。

住宅費等は給料からの天引き、または口座からの引き落としです。

給与が高い人は何が違うの?

同じアパレル業界でも会社の規模により初任給が異なってきます。

年間の売上高が高い会社、東証一部上場の会社は比較的給与が高めです。

あとは勤続年数が長いか、もしくは役職がついている人です。

勤続年数が短くても個人の売り上げのノルマがある会社は、売り上げ達成手当がもらえますので他の人より給与は高くなります。

大手アパレル会社は、業務内容に対する評価や研修制度、社内の筆記試験などを定期的に開催していたりするので明確な昇給のチャンスがあります。

残業手当があるのも大きな特徴です。

大抵はサービス残業でみなされてしまうところも、大手の会社だと残業時間の方が高い時給を設定している場合が多いので残業手当金がつき、給与がアップします。

また、会社により閉店後の作業などは夜勤手当として支給されるところもあります。

スキル

販売員であれば商品を売るということが全てです。

販売スキルが高ければ自然と売り上げもついてきますし、結果として数字に表れてきます。

社内の研修制度があれば積極的に参加することはもちろん、自分自身でも常に目標をもって業務をこなすことが大切です。

お店にある商品の知識や商品の素材を学んだり、顧客管理や店内の清掃を率先してやったりしましょう。

他のスタッフや本社スタッフの方とはコミュニケーションをとっていくことも大切です。

自分の名前を覚えてもらいましょう。

自分の名前が本社にまで浸透すれば色々と気に掛けてくれます。

そういう面でもコミュニケーションをとることは大切です。

役職

主に販売員に言えることですが副店長、店長になると役職手当がつきますので月給はプラス3万程度高くなります。

大抵は勤続年数を5年超えると店長クラスにはなりますが、販売スキルが高い人はもっと早く店長になることができます。

勤続年数

新卒入社から計算して2年目、3年目と重ねていくうちに徐々に給与が上がっていきます。

しかし、勤続年数だけ長くて役職もなにもついてないと給与自体はあまり上がりません。

地域

首都圏が最も高くなっています。

あくまで目安ですが首都圏での初任給が17万程度です。

それに比べ地方ですと13万~15万程度です。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの給料の決まり方

時給制

アパレル販売員の多くは時給制で給与が決まります。

地域により差はありますが首都圏で時給950円以上からが一般的です。

フルタイムで働くと実質8時間労働、22日勤務になります。

仮に時給が1000円だとして、1か月の総労働時間は176時間。

これに時給を合わせると1か月の給料は17万6000円になります。

所得税や各種保険、社員割引など天引きがありますから実際の手取りは15万~16万くらいです。

歩合制

基本の時給制に加えて会社によっては歩合制を設けているところもあります。

歩合制は個人ノルマです。

もしくはお店のノルマ。

本社から与えられた売り上げの数字を達成するとプラスの給与がもらえます。

ただこれは商品を売る能力がないと厳しいものです。

インセンティブ

毎月の給与にインセンティブがつくことです。

これは売り上げの目標に応じて給与にボーナスがもらえることです。

目標はお店全体の売り上げ目標だったり個人の売り上げだったり様々です。

アパレルで給料をあげるためにやるべき4つのこと

まずは販売員として、商品を売るスキルを高めることです。

販売としての実績がつけば個人ノルマ達成やノルマがないところでもお店の売り上げに貢献できますし、本社の営業の人たちも結果としてみてくれます。

キャリアアップを目指す

一般的なのが販売員から店長、マネージャを目指すことです。

まずは販売・接客スキルを上げること。

お客様のニーズをくみ取り、要望に応えるよう努力します。

その他スタッフの指導や商品の販売計画なども立てて売り上げに貢献していきます。

接客は顧客様を増やすことです。

お客様の心を引き付けて常連客になるよう努めます。

来店してくださるお客様の満足度を高めるために店舗づくりにも工夫をします。

そして、後輩スタッフを育てるためにスタッフのモチベーションを高めて活気とやりがいのあるお店作りをしていきます。

このようなスキルが身につけば、店舗運営ができますからキャリアップを望めます。

能力評価をあげる

日々の勤務態度などで評価をあげていくものです。

もちろん売り上げも大事ですが、それ以外のことも大切です。

円滑にお店がまわるようにストックを綺麗に整頓、レジ周りも誰がいても使いやすいように工夫したり、新商品の素材の詳細を作成したりと事務的な作業が多いですが大切なことです。

具体的に売り上げに数字として表れるわけではないですが、こういう自主性や積極性が評価につながります。

業績評価をあげる

能力評価と並行して行いたいのがこの業績評価です。

こちらは数字が全てになります。

一か月でどれだけ売り上げを上げられたか、ということです。

個人売りが設定されているところは売り上げを上げなくてはいけません。

また新規顧客獲得がノルマとして与えられているところもあります。

思い切って転職する

給与や年収アップのために今の会社でキャリアを積むのも一つの方法ですが、最も現実的なのは転職することです。

今の会社より好条件の求人を探せますし、転職アドバイザーとコンタクトをとることができますので実際に転職活動を始めることができれば、給与はアップします。

転職先の選び方1:好きなブランドかどうか

会社が扱っているブランドが素直に良い、好きと思えることが大切です。

アパレル業界に入るということは、自社ブランドを背負い、一員になることを意味します。

会社のブランドの世界観やこだわりに共感できなければ、第一線で活躍するのは難しいです。

さらにこの先もずっと好きでいられるかどうかも大切なポイントです。

今だけでなく、長期的に好きでいられるか見極めましょう。

大手アパレル企業であれば複数のブランドを展開していますので、年齢に応じてブランドチェンジできます。

転職先の選び方2:労働条件・待遇面

せっかく転職したのに労働条件が悪いところでは自分のスキルを活かせませんし、キャリアも築けません。

求人募集の内容だけでは把握できない部分もたくさんありますので、転職アドバイザーやキャリアコンサルタントの力を借りて聞いてみましょう。

自分では聞きにくいところもアドバイザーの方ならば代わって聞いてくれますので安心です。

可能であればOB訪問もおすすめです。

長く働ける環境かどうか

特に女性に言えることですが結婚や出産などで職場復帰するための環境が整っているかどうかです。

育休・産休休暇はもちろんのことですが休める期間も確認しておきたいところです。

規定はどの会社にもありますが期間は様々です。

そして職場復帰後、同じような環境で働くことができるのか、実際に休暇を取得し、復帰した社員などがいるのかどうかも聞いておきましょう。

また販売員として経験を積んだ後、キャリアップできる制度や研修などががあるのかどうかも確認しておきましょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

2年目のとき

新卒から入社して2年目の春に給与が7千円ほどですがアップしました。

ごくわずかな金額ですが、うちの会社は勤続年数が増えることに多少なりとも給与を上げているそうです。

理由は社員離れを防ぐのと社員のモチベーションを上げること。

決して大きな会社ではなかったのですが、社内の風通りはよかったです。

自ら行動を起こしたとき

入社一年目のときに社内アンケートがあり、異動したい旨を本社に伝えました。

当時セレクトショップで働いていましたが、違う系統のブランドに興味を持ち、挑戦してみたいと思ったのがきっかけです。

人員の関係もありますのですぐには異動できませんでしたが、1年後にようやく異動できました。

はじめは慣れないブランドで大変でしたが積極的に研修に参加したり、お店の閉店後に店長や先輩スタッフに分からいことは聞き、スタッフ同士でロールプレイングを行ったりと積極的にコミュニケーションをとるようにしました。

結果、研修や先輩スタッフに教えてもらったことを活かし、売り上げに貢献することができました。

給与に反映されたのは約半年後。

店長ともコミュニケーションをとっていたので、本社の方に耳に入ったのだと思います。

そういう意味でもコミュニケーションをとることは非常に大切なことだと思いました。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

アパレルに限らず、どの業界でも正社員は比較的安定しています。

正社員は会社と直接契約を結びますので、福利厚生や毎月の給与に手当金がつきます。

これは正社員ならではの特徴です。

給与は毎月固定額ですが、頑張ればそれに残業手当や本人の能力によりボーナスが支給されることもありますので、モチベーションを保ったまま仕事ができます。

また、長期に働くことにより昇給もありますし、新人スタッフの教育担当や副店長など役職がつく場合もあります。

そして店舗だけの勤務でなく本社に異動することも可能です。

福利厚生は健康保険、厚生年金などが充実しています。

会社によっては住宅手当などもあります。

福利厚生が重質していると自己負担額が少なくなるので経済的に楽になります。

退職時には退職金がもらえる場合が多くあります。

自己都合で退職したときは解雇となりますが、失業保険を受けることができますので安心です。

社会的な信頼も高いですし、よほどのことがなければ会社からクビにされることはありません。

それくらい正社員には手厚い保証がされています。

契約社員

立場的には正社員と似ていますが、労働時間・労働条件・勤務内容・給与などを会社により定められています。

その点、正社員よりも拘束時間は短めなので自分の時間を確保しやすいでしょう。

また、正社員と違い転勤もありませんので同じ土地で暮らすことができます。

期間は半年から一年で契約が終われば更新することもできますが、場合によっては契機満了で打ち切られることもあります。

正社員よりも職を失うリスクが高いですが、正社員へのキャリアアップを行っている会社もあります。

まずは1年働いてみて会社の社風や雰囲気をつかみつつ、キャリアップを望むのも一つの手段だと思います。

契約社員の募集はアパレルでは専門的な分野で募集しているところを多く見ます。

例えばデザイナーやパタンナーなどです。

将来自分でお店をやりたいなどの目標がある人は経験を積む意味で契約社員として働いてみてはいかがでしょうか。

アルバイト

アルバイトの中でもアパレルのアルバイトは人気があります。

好きな洋服を来てオシャレな雰囲気の中で働くことができます。

特別な資格や経験がなくても働けるのも魅力の一つです。

アルバイトの時給は東京の首都圏で900円~1500円程度ですが扱うブランドによって誤差があります。

高級ブランドであれば、それなりに時給は高くなります。

働く時間帯や日数、曜日も自分自身で決められますが拘束時間は長めのところが多いようです。

セール時やイベント時は残業になる場合もあります。

仕事内容は正社員とほぼ変わりません。

接客に加え商品の整理整頓、新商品の納品さばき、在庫管理、顧客管理などです。

正社員と変わらずの仕事ですので辛いと思う人もいるかもしれません。

立ち仕事ですので体力に自信のある方、単純にアパレルの仕事を楽しみたいという方におすすめです。

お店の価格帯や業態によっても接客や仕事内容が違ってきます。

全国展開しているブランドは接客よりも商品をさばくことがメインになります。

コーディネート提案はあまり行いません。

しかしアルバイトの方にもメリットはあります。

洋服が安く買えますし、コミュニケーション力、さらに自分を磨くこともできます。

派遣

実は派遣社員は多くいます。

理由は自分のライフスタイルに合わせて働くことができるからです。

サービス残業もないので空いた時間を好きなように使えます。

資格の勉強をしたり、仕事後に買い物に行ったりとプライベートが充実しやすいです。

時間を比較的自由にコントロールできますので、自分自身のキャリアップにつなげてる人も多いです。

また、家庭の事情などにより長い時間働くことができない人も派遣を利用しています。

ボーナスなどはないですが給与は比較的高めです。

そして、自分では探せない仕事や今まで自分が身に着けたスキルを活かす仕事も、派遣会社が探してくれるので手間が省けます。

ブランドや勤務地も自分で選べますので、モチベーションが高いまま仕事ができます。

仕事の悩みがあった場合には派遣会社の担当に悩みを相談できますので、フォロー体制もしっかりしています。

このような特徴がありますので、自分のスキルアップのために空いた時間を活用したい人、プライベートの時間を多くとりたい人に向いています。

まとめ

販売員の道を極めるならば、売り上げ目標の数字だけにとらわれず、小さなことから自ら率先して行うことが大切です。

しかし、どうしても残業は避けられません。

もっとプライベートな時間を確保してキャリアップにつなげたいと考えている人は、転職サイトで契約社員や派遣社員の道を選ぶのも一つの手段です。


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです

アパレルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?まずはアパレルの仕事内容について、みていきましょう。アパレル

アパレル販売求人でよくある募集内容やおすすめの求人を選ぶ時のポイントを紹介します

接客の経験があれば比較的やりやすい環境にあるアパレル販売です。たくさんの洋服や小物に囲まれますので華やかです。アパレル販売求人について事前にインターネットで情報を集め、働いてみたいブランドや場所があったら直接店舗に行き雰囲気をつかんでみましょう。アパレル販売求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容接客業務が主体となります。勤務時間の多くを占めますので重要な役割です。そして接客後はどの店舗も接客からレジ対応まで一貫して行っています。会計時もイベント、セール案内をするチャンスです。接客はお客様ありきなので、常に笑顔で接客していくことが求められます。裏作業として店内清掃、商品の在庫管理、商品整理な


\アパレルの年収アップ方法を知りたい人は/
ここからキャリアアドバイザーに相談を