大好きな服に囲まれて仕事をしたい、センスを磨きたい、そんな方にはアパレルのバイトをおすすめします。

アパレルのアルバイトなら、好きなブランドに囲まれて働くことができます。

ここではアパレルバイトに関してまとめましたので、バイト選びの参考にして下さいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

アパレルバイトはどんな仕事?

一番想像しやすいのは、店頭での販売員ではないでしょうか。

この他、デザイナー、パタンナー、仕入れ業務、品質管理、店舗運営など多岐にわたります。

いずれの仕事も、やはりファッションに関心がある人が多いようです。

アパレルでバイトをするメリットは?

アパレルバイトには様々なメリットがあります。

販売員に関して言うと、見た目は華やかですが実は体力仕事も多いので、運動不足解消にもなるバイトです。

また、店頭をまわるだけでは気が付かない掘り出し物を見つけたり、流行の傾向や服の価格設定など、「ファッションが好き」というだけでなく知識やセンスも身についてきます。

ここでは、アパレルバイトのメリットについてまとめてみました。

華やか

「お洒落が好き」というスタッフが多いようです。

単に服装が華やかというだけではなく、髪型もお洒落な人もいます。

メイクも上手な人が多いようです。

販売員は特に華やかさが必要になることもあるので(地味テイストのブランドはこの限りではありませんが)、男女問わず様々な観点から見て華やかな雰囲気の人が多いように思います。

毎日好きな服に囲まれて仕事ができる

興味のある服に囲まれると、モチベーションも上がるのではないでしょうか。

また、自分の好きなブランドの売れ筋商品、新商品を早く知ることができるのもメリットの一つです。

仕事をする内に自然と商品にも詳しくなってきます。

販売員の場合、お客様との会話も大切な仕事の一つになります。

また、休憩時間にアルバイト先の店舗で買い物ができるのも嬉しいメリットです。

ちなみに筆者は某アパレル店舗で販売のアルバイトをしておりましたが、商品整理及び接客の傍ら、空いた時間に仕事に買いたい服を選んでいました。

周りに美意識が高い人が多い

顔のつくり、またはスタイルが良いという意味ではなく、美意識が高い人が多いようです。

同じブランドの服でも自分に似合う服、自分ならではの着こなし方を熟知している人もいます。

そんな中で仕事をしていると、自然に自分のセンスも周りの人によって磨かれていくのを感じることができます。

体力がつく、ダイエットにも

基本的に立ち仕事が多くあり、体力もついてきます。

特に販売員の場合は、お客様に声をかけたり大きな声でセールをアピールしたり服が沢山入った重い段ボールを運ぶなど体力を使う仕事が多くあります。

店舗によっては清掃の仕事もあり、棚や店内の掃除をしゃがんだ状態ですることもあります。

ちなみに私の経験では、販売員の方はよく食べる人が多かったように思います。

女性用サイズのデニムが入りそうな細身の男性でも、お弁当に加えてスイーツ、菓子パンを休憩時間中に食べる人もいました。

それほど、体力を使う仕事ということなのでしょう。

まるでスポーツジムに行くような体力を使う仕事だとも言えます

また、人に見られているという意識があるので、体型の変化にも敏感になります。

このように、ダイエット効果も期待できる仕事とも言えるでしょう。

リーズナブルに服を購入できる

ブランドによっては、アルバイトでも社員割引価格で自社製品を購入できる店があります。

接客中は制服として自社ブランドの着用義務があるブランドが多いのですが、これは嬉しい制度でもあります。

私が働いていたブランドは老若男女問わず欲しい服が見つかるユニバーサルデザインの服が多いブランドだったので、いつも世話になっている両親に社員割引で服をプレゼントすることができました。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

アパレルバイトにはどういった職種があるの?

アパレルバイトと言えば、やはり販売員が一番人気が高いようです。

しかし、ファッションに興味はあっても接客に苦手意識を感じる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、販売員やその他の様々な職種も紹介します。

よくある求人

アルバイト情報誌やサイトで一番多く見かけるのは、販売員の求人です。

求人数は多いので、自分の条件に合いそうな立地や勤務形態を見つけることができるでしょう。

また、応募するときは面接の対策もしておきましょう。

対策と言っても難しく考えることはありません。

基本的なことですが、履歴書を丁寧に書くことが大切です。

アパレルバイトを志望する理由だけでなく、数多くあるアパレルブランドの中でなぜそのアパレルを選んだのか…ということまで考えておくと自信を持って面接に臨めるでしょう。

また、店舗見学などをして実際に働いているスタッフの様子を見ておくのもおすすめです。

(1)販売員

アルバイト情報誌やサイトから検索したり、気になるブランドが決まっていたら直接そのブランドのサイトにアクセスしてみましょう。

求人サイトには、大抵の採用情報が掲載されています。

大手ブランドの場合は、エントリーフォームに入力する会社が多いようです。

また、店舗ごとにエントリーフォームが分かれていることもあります。

入力内容は、名前や年齢、志望動機や希望勤務時間など基本的な事柄が殆どです。

店舗側としては、来客数の多い土日に積極的にシフトに入ってもらいたいところが多いようです。

もし土日の出勤が難しいならば、平日のみのシフトで対応してくれる求人を探してみましょう。

また、店舗の立地や時給、交通費支給の有無、店の営業時間、取扱いアイテムは事前に把握してから応募しましょう。

勉強やサークル活動で多忙な大学生は、夜間や休日にシフトに入る場合が多いようです。

このように、様々な形態で働けるアルバイトでもあるでしょう。

(2)アパレル雑誌やアパレルWEBメディアのライター、編集アシスタント

販売員より狭き門になるようです。

求人が少ない割に、希望者は多いからです。

出版社勤務になると平日(場合によっては土日出勤もある)はフルタイム勤務を求められる場合が多いため、学生がバイトとして勤務するのは難しいかもしれません。

WEBメディアのライターの場合は、若干時間の融通が利くかもしれません。

いずれの場合も、ライター経験あるいは編集アシスタント経験があることを求める会社もあるようです。

応募しても未経験でなかなか採用されないという方は、クラウドソーシングでファッション関連の記事を受注する、ライター養成スクールに通うなどから始めてみてはいかがでしょうか。

(3)アパレル通販サイトの運営サポート

サイトのメンテナンス、デザイン、企画等は正社員の担当者が手掛けることが多く、アルバイトの場合はカスタマーサービスの募集が多いようです。

アパレル通販の場合は店員に問い合わせられないので、カスタマーサービスへの問い合わせが主となります。

よって、お客様から様々な質問を受けることが想定されます。

商品自体の問い合わせ、出荷状況、在庫確認、届いた商品への苦情などがあるでしょう。

商品知識が必要なだけでなく、一方的に苦情を言われても耐える忍耐強さ、また分からないことを効率良く調べる力も要求される職種です。

(4)アパレル着用イメージモデル

スタイル全体を撮影されるモデルではなく、着用したときの体のパーツのイメージを撮影されるアルバイトです。
 
例えば、トップスを着用する場合は首からウエスト部分、ボトムスの場合はウエストから足先まで、顔は写らないように撮影される場合が多いようです。

求人広告等で募集されていることは少なく、各ブランドのサイトの採用情報に掲載されていることが多いようです。

勤務時間については週2日~3日程で、拘束時間も短めになります。

また、「着たいと思わせる着用イメージ」を前提に撮影するので、ある程度のスタイルの良さは求められるかもしれません。

(5)アパレル倉庫での検品

アパレル通販に特化している企業では、商品をストックする大きな倉庫を構えていることもあります。

各メーカーから取り寄せた服が発注通りの品数かをチェックするのは膨大な作業となり、人材派遣(日雇い)を通じてアルバイトの募集が大量にかけられることもあるようです。

アルバイト希望者は、人材派遣会社に登録する場合が多いようです。

シフトは固定ではなく人員が必要な都度、メールなどで日時を指定した募集日が告知され、都合がつけば応募するといった流れになります。

筆者も実際に仕事をしたことがありますが、立ち仕事且つ服の入った重い段ボールを運ぶため、体力が必要な仕事です。

ひたすら服の数を、チェッカーという機械を使って機会をでバーコードを読み取る作業を行います。が続きます。

バーバリーなど高価なブランドものコートを扱うこともあります。

黙々とした作業が基本となるので(販売員のような来客対応はない)、人と話すのは苦手だけどお洒落には興味があるという方に向いている職種かもしれません。

(6)縫製工

アパレルの縫製をしている工場の、縫製工のアルバイトです。

日本の縫製工場は年を追うごとに減少しており、どこの工場も未経験の人を教育して育てる余裕がないところが多くなっています。

よって、経験者あるいはアパレル専門学校で縫製を学んだ人が優先的に採用される傾向があります。

筆者は未経験で運良く採用されたことがありますが、経験がなかったためやはり大変でした。

ミシンのスピードが高速で、操作を覚えるのが大変でした。

ミシンのスピードに慣れること、スピードがありながらも真っ直ぐ縫うこと、縫い目の幅や糸調子を正確に調整することが同時に求められ、なかなか上手く縫えず同僚に何度も助けてもらいました。

職人の世界とも言える仕事なので、難しい仕事だと覚悟して応募しましょう。

また、難しい仕事なので、仕事の失敗に対して厳しい、キツい口調で言われることもあります。

褒められて伸びるタイプ、厳しい職場は避けたいという方にはあまり向いていないかもしれません。

しかし、厳しいだけではなくメリットもあります。

普段何気なく着ている服の世界の奥深さ、どれだけ多くの人の手がかかっているかなどを知ることもできます。

また、自分が縫製に関わった(たとえ簡単な作業であっても)服が商品として世の中に出回ると思うと、理屈では言い表せない喜びを感じられます。

やりがいを感じるポイントは?

アパレル業界に限らずどの職種でも言えることですが、やはり人を喜ばせることができたときにやりがいを感じるのではないでしょうか?

特に販売員は、お客様の喜びをダイレクトに受け取れる機会が多い仕事です。

またチームワークが重要なので、団結力も実感できます。

販売員の場合

興味がある商品を買う決心がつかないお客様に、商品の良さをアピールして購入してくれた時には、喜びを感じます。

また、自分が着用している商品を見て購入してくれたときも、やりがいを感じます。

時には苦情など受けることもありますが、きちんと誠意を尽くせば伝わります。

また、ご意見箱に自分の名前宛のお礼の言葉が入っていることもあります。

常に動きまわり声を出す体力が必要な販売員ですが、お客様の「ありがとう」がエネルギーの源になります。

WEBメディアライターの場合

書いた記事の書き直しが必要になることも少なくないようです。

メディアライターは増えていますが、最近の流行は多種多様で傾向を掴みにくいのが現状でしょう。

人の注目を集めた、他では見られない独自の記事を書くことは難しくなっています。

しかし、悩んで書いた記事が完成したときの達成感はひとしおです。

よく求人を出しているアパレルブランドは?

よく求人を出しているアパレルブランドの特長として、下記が挙げられます。

・メンズもレディスも揃ったブランド(年齢層も幅広い)

・高級ではなく、比較的リーズナブルな価格で多くの人々の支持を集めている

・全国各地に店舗を構えていて、知名度がある

上記に当てはまるような、ブランドの求人について紹介します。

ZARA

お洒落な上に価格がリーズナブルなブランドとして有名です。

世界80ヶ国、2100店舗もある世界規模のブランドです。

スペインの最先端のファッションを直輸入しているので、海外のセンスを身につけたい方におすすめです。

販売員は全般的にスマートでお洒落な印象があります。

ハイセンスでありつつメンズ、レディス、キッズと幅広い年齢層を対象にした商品を取り扱っているので、学べることは沢山あるでしょう。

また外国人のお客様も来店されることが多いため、英語やスペイン語が得意な方は語学力を活かせるチャンスがあるかもしれません。

TOMORROWLAND

洋服だけでなくカフェ、靴やバッグ、雑貨などもあります。

アルバイトの求人は、全国の店舗の販売員と本社スタッフがあります。

販売員は、学生や未経験者、主婦など幅広く募集があるようです。

また取扱いアイテムのジャンルが多いため、興味が惹かれるものにと関われることでモチベーションアップも期待できるでしょう。

TOMORROWLANDは決まったマニュアルがなく、店舗によって働き方、雰囲気、環境が異なるのが特徴です。

ウェブサイト上でも、決められたマニュアルはないと記載されています。

応募する場合は、自分の応募する店舗の雰囲気など事前に見ておくと安心です。

ユニクロ

求人サイトを見ると、常に販売員を募集しているようです。

店舗の雰囲気にもよりますが、ファミリー向けのショッピングモール内にある店舗の場合、大学生や40代の主婦の方など幅広い年齢層の方が働いています。

人員及び店長の采配によりますがシフトは基本的に自己申告で、自分の予定の調整が可能なところが多いようです。

スキルが付くごとに時給は上がり、準社員になるとボーナスも支給されるようです。

また、ユニクロの販売員は業務内容も多岐にわたります。

販売員というとレジ、商品整理、接客のイメージがありますが、ユニクロの場合は清掃、フィッティングルーム受付、丈を直す補正などの業務もあります。

時給は他のアパレルより高めに設定されているので、時給を重要視する人にもおすすめですね。

アパレルバイト選びで失敗しないための求人の選び方は?

失敗しないための求人の選び方で押さえておきたいのは、下記になります。

・無理なく通勤できるか(早朝、終電間近のシフトも対応可能か)

・働きたい店舗の雰囲気はどうか(実際に見学したり、接客を受けてみる)

・アルバイトでも昇給システムがあるか(働く上でモチベーションになる)

・シフトの融通が利くか(プライベートとの両立ができるか)

近い場所を選ぶ

開店前の準備や閉店後の片づけ、朝7時台の早朝あるいは夜11時台に働かなければならない場合もあるかもしれません。

近い場所でないと早起きしなければならず、夜が遅すぎると終電を逃す可能性もあるでしょう。

私が働いていた店舗の遠方から出勤しているスタッフは、早朝シフトの時は朝ご飯を食べる時間もないと言っていました。

空腹状態で清掃や品出し、商品整理をするのは、かなり厳しいです。

自分が無理なく通勤できる距離かどうか、考えるようにしましょう。

そうすれば、遅刻や終電を気にすることなく、無理をせず仕事ができるでしょう。

ファッションビルから探すのもおすすめ

駅と直結しているファッションビル内の店舗を候補に入れるのも良いでしょう。

雨風が強い日でも、安心して通勤することができます。

また、休憩時間に他のブランドの見学ができるのも、仕事に活かせるセンスを磨けるでしょう。

アルバイト帰りの買い物も、楽にできますよね。

「今日はあのアイテムを帰りに買うから、仕事を頑張ろう」とモチベーションにもなるかもしれません。

好きなブランドを選ぶ

好きなブランドの方が、商品知識も覚えやすいでしょう。

興味がないブランドの場合はなかなか覚えられず、お客様の質問にも答えられないかもしれません。

着用しているトップスに合ったボトムスは何かなど、ある程度の商品知識は必要になります。

商品知識がすぐにつきそうな関心のあるブランドを候補にするのも良い選択でしょう。

社員登用制度があるブランドを選ぶ

アルバイトからステップアップして将来は正社員を目指すのであれば、「正社員登用あり」と明確に書かれた求人を選びましょう。

ただし、希望したから、仕事を頑張ったから必ず正社員になれるとは限らないようです。

アルバイトから正社員の登用率はどのくらいか、事前に調べておくと安心です。

アパレルバイトで他にも気になる疑問

求人情報だけでは見えてこないような疑問について説明します。

あくまでも筆者が実際に経験したことなので、実際はこの通りにいかない場合もあります。

アパレルバイトをしている方が周りにいれば、話を聞いてみるのも参考になるでしょう。

ノルマはある?

アルバイトの場合は、ノルマは基本的にノルマはないところが多いようです。

ただし、正社員や店長には店舗全体の売上目標という名のノルマがあり、店長のもとで仕事をする以上ノルマ達成のための働き方は求められるかもしれません。

店舗によっては、一箇所に留まっていたり声出しができていないと注意されることもあります。

社員割引制度はある?

ブランドや店舗により様々です。

ユニクロの場合は、社員割引がありました。

割引き率はブランドにより異なりますが、制服として働いている場合やブランド着用義務がある場合はとても助かる制度です。

ただし、普通に購入するよりも手続きが必要になるため、なるべく店内が混み合っていない時を選んだ方が良いでしょう。

バイト先のブランドの服はどれくらい買わないといけないの?

何着という決まりはありませんが、バイト先のブランド服の着用が義務づけられている場合は、シーズンが変わる(春と秋)ごとに買う場合が多いようです。

なぜなら、今店舗ですぐに買える服を着ることは宣伝にもなり、お客様の購入意欲を高めることも期待できるからです。

売り出したい新アイテムを着用すると、店舗全体の売上アップも期待できます。

残業は多いの?

繁忙期は、残業を頼まれる場合もあります。

しかし、どうしても用事がある時は、理由を伝えてみましょう。

店舗にいる人員が少なくて人手が足りない時ほど、残業を頼まれることは多いでしょう。

残業をしたときに気をつけたいのは、退勤時のタイムカードを忘れないようにすることです。

もし忘れると、通常の時間に退勤したものと見なされてしまうからです。

また、残業代がきちんと支払われているか、確認するようにしましょう。

品出しは大変?

限られた時間内にコートやワンピース類をハンガーにかける、服が大量に入った重い段ボールを何個も運ぶなど、肉体労働を伴う作業もあります。

しかし、一度慣れると大変さは軽減されるでしょう。

袋から出す、たたむ、ハンガーにかけるなどの作業は、流れとして覚えやすいと思います。

品出し自体は大変ではないのですが、品出しをしながら来客対応や声を出すことが大変かもしれません。

人間関係は大変?

1週間に5日以上、1日8時間以上シフトに入っているような場合ならそれなりに人と関わる時間も増えるので、人間関係も気になるかもしれません。

とは言え、個人的にはそこまで気を遣うことはないと思います。

人間関係は、コミュニケーションを円滑にするためには大切なことです。

しかし、「仕事ができるかどうか」「真面目に取り組んでいるかどうか」が最も重要なことです。

仕事ができて挨拶や周囲の人への気遣いなど基本的なことができていれば、心配は要りません。

休憩時間も無理のないように過ごし、商品をじっくり見るなど自分のペースで過ごせば良いと思います。

売上を伸ばそうという意識の高い店舗は特に人間関係を気にする暇もないので、普通に働いていればそれ程気にならないでしょう。

土日はお休みできる?

土日は来客数が多くどの時間帯も忙しいため、土日両方の休みをもらうのは難しいかもしれません。

土日もしっかりシフトに入っている他のスタッフとの兼ね合いもあるでしょう。

主婦の方で「土日は家族と過ごしたい」という場合は代わりに平日5日はシフトに入るなど、他のスタッフとの兼ね合いも考えた方が良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まとめ

アパレルには、未経験でも挑戦できる職種も沢山あり、求人も多くあります。

しかし、自分が続けられる最低限の基準は明確にして選ぶようにしましょう。

アパレルに限らず、慣れるまでは大変な仕事が多いかもしれません。

あなたが楽しみながら続けられる、そんな仕事が見つかることを祈っています。




アパレルアルバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

アパレルバイトがきついと言われる5個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

私が学生の頃の憧れのアルバイトは、アパレル業界で働くことでした。特に自分が大好きだったブランドの店員さんには憧れがあり、その店員さんに自分を売り込んでいたこともありました。働いたら社販でここの服がたくさん買える!と、学生ならではの憧れで、外見重視の業務内容無視。実際に社会人になった時、就いた職業はまったく別のものでした。友人たちがアパレルで働き、仕事内容を知り、その過酷さにギブアップしたからです。数年後、やはり憧れは消えずアパレルの世界に足を踏み入れた私の体験と感想や、アパレルバイトがきついと言われる理由をを紹介します。アパレルバイトのおおまかな仕事内容とは?接客、商品管理、在庫整理、お店の掃

アパレルバイトにおすすめなお店やその特徴。働きやすさや待遇など!

アパレル業界は人気が高い職業の一つです。販売員として働こうと思い探してみると、全国展開のチェーン店や小規模の路面店、百貨店など様々な場所にお店があります。ここでは、「アルバイトから始めたい」という方に参考になるような仕事内容や、それぞれのお店の業態などを紹介していきます。アパレルバイトの仕事内容アパレルの仕事内容は接客品出しレジ上記三つがメインの仕事になります。接客来店されたお客様に商品案内をしたり相談を受け、適切な商品のおすすめをします。また、積極的な声かけを指導している店舗も多いようです。品出し売れた商品の在庫補充を行います。また、入荷した新商品などを店頭へ並べます。レジ商品を購入されるお

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレルアルバイトをやってて良かった4個のことや、ここで身に付く力とは?

アパレルアルバイトをやっててよかったと思えるポイントってなんだと思いますか?たくさんのオシャレなアイテムに囲まれて、華やかな雰囲気の中で働くことのできるアパレルショップ。そんな憧れのアパレルで働くには様々な事を事前に知っておきたいですよね!ここでは、実際にアルバイトのショップ店員の経験のある筆者がアパレルで嬉しかったことや、そこで身に付いたスキルについて紹介していきます。ぜひ興味のある方々に様々なメリットを知っていただけたらと思います。アパレルのアルバイトをやってて良かった4個のことアパレルのアルバイトといったら、1日中立ったままで勤務していて大変そう…とか、可愛い服に囲まれて働くことができる

服屋バイトの時給は?ノルマはあるの?気になる疑問や身につくスキルについてご紹介!

服屋バイトに興味のある方は必見です。服は着ている人の好みがよく表れて、街行く人を見ているだけでも楽しくなるものですね。おしゃれで華やかなイメージがある服屋バイトですが、実際はどのような業務があるのでしょうか。ここでは、服屋で働くやりがいや身につくスキル、時給やノルマ事情まで詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。私はこんなところで服屋のアルバイトをやりました駅ビルの中に入っている、2店舗で働きました。その2店舗は、同じ会社が経営しているもので、その日によって出勤店舗が変わるときもあるという形態でした。服屋アルバイトの時給は?時給890円でした。これは勤める店舗によりますが、時給850円以