「アパレル業界」というと、華やかなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

今回は、派遣という雇用形態で実際にアパレル店舗に勤務するまでの流れや、勤務して実感したメリットなどを、経験を基に解説していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

アパレル販売の仕事に派遣で働き始めたきっかけ

アパレル業界は正社員、直接雇用のアルバイト、派遣社員と様々な雇用形態があります。

どの働き方が自分に合っているのか、経験がない仕事だと特に不安に思うこともあると思います。

そこで、アパレル未経験だった私がこの仕事を選んだ理由や、なぜ雇用形態を派遣にしたのか、実際働いての感想をお伝えしていきます。

私がアパレルの仕事がしたかった理由の一番は、洋服が好きだったからです。

正社員が良いのか、あるいはアルバイトで働き始めた方が良いのか、求人を見ながら迷っていました。

アパレルは未経験で本当に自分に合っている仕事なのか分からなかったので、まずはアルバイトで求人を探し始めました。

働くなら好きなブランドが良いと思って探していましたが、その時は自分の好きなアパレル店の求人が載っていなかったため、ふとアパレルの派遣アルバイトの求人に目が留まりチェックしてみました。

そこで求人一覧に記載されていたブランドの中に知っているブランドを発見したのです。

特に好きなブランドではなかったのですが、「知っているブランド」で且つ希望していた勤務地の範囲内だったので、このお店で働いてみたいと思ました。

「希望の勤務地で好きなブランド」というのは、探しても条件に合うものがなかなか見つかりませんでした。

私が実際に働いたのはこのような派遣会社

派遣の求人を探す

アパレルの仕事をしたくても、自身の好みと合わないブランドのお店ではやりがいが感じられないかもしれません。

まず、求人にブランド名が出ているなら好きなブランドのお店があるか探しましょう。

私が働いた派遣会社は、求人に一覧でブランド名が出ていました。

それでも一部だったと思うので、もし記載されていない場合は派遣の登録をして面接や説明会で希望の勤務地やお店があるか探してもらいましょう。

派遣の良いところは様々な勤務地やお店を紹介してもらえるという点です。

一社派遣登録をしておけば、派遣会社によっては様々な職種を紹介してもらえます。

例えアパレルが合わなかったとしても一から探す手間がなく他の職種も紹介してもらえるという点は、正社員やアルバイトの場合はできないことです。

沢山のブランドから選べたとしても、働きたいブランドがその派遣会社にあるとは限りません。

私の場合は前職の退職から間を空けたくなかったこともあり早目に決めてしまいたいという考えから、好きなブランドがあるか派遣会社に問い合わせずに求人に記載されていた「知っているブランド」でその一つに絞ってしまいました。

派遣会社は勤務地等を選べても、面接は会社がある本社や本社付近でという所が多いです。

私が選んだ派遣会社は希望する勤務地付近で出張面接もできる所でした。

本社に行くまで距離がある人にはとても良いシステムですね。

面接

求人に記載されている番号に電話をかけて希望の勤務地、お店を訊かれて、後日面接の約束をしました。

出張面接でしたので、当日は実際に勤務する最寄り駅で待ち合わせて、カフェでの面接でした。

お茶をご馳走してもらい、今までの職歴から退職理由を一つずつ、志望動機なども詳しく訊かれました。

「派遣契約になるとこんなにも詳しく訊かれるのか」と少し驚いた記憶があります。

派遣会社の人は派遣先のお店にいるわけではなく、きちんとした人を派遣先に紹介しなければならないという責任があるため、直接雇用のアルバイトよりしっかり見られるのかもしれません。

筆記テストなどはなく、多くの質問があるものの履歴書に沿って訊かれるので、一つずつ説明できれば大丈夫です。

業種がアパレルですので、面接時の服装も見られるでしょう。

オフィス勤務の面接ではないので形式ばったスーツ着用の必要はないと思います。

希望するお店の洋服に近いコーディネートにするのが良いでしょう。

イメージとあまりにもかけ離れている洋服やアクセサリーなど、お店のコンセプトと合っていないと判断されて不合格になってしまうので、気を付けて洋服選びをした方が良いと思います。

その日は少し緊張しながら面接は終わりました。

私が選んだ派遣会社は様々なアパレルブランドの店舗が選べたので、他のブランドで働きたいと思ったらまた紹介してもらえるとのことでした。

合否の連絡

後日派遣会社から電話連絡があり、採用になりました。

勤務開始日を相談して決めて、勤務当日に必要なものやお店への入り方などを教えてもらいました。

派遣先で勤務 

希望の勤務地、ブランドを選べるので、採用になるとすぐにそのお店で働くことができます。

当日は勤務先の店舗に直接向かいます。

初日のみ、派遣会社の面接をした人が一緒にお店に挨拶に来てくれました。

そこで店長とアルバイトの人たちに派遣会社の人から私を紹介してもらい、挨拶を交わして、派遣会社の人は帰り私はそのままそのお店で勤務となりました。

雇用形態は派遣ですが派遣会社の人と会うのは基本 的に初日までで、その後はお店の店長や従業員の指示に従って動きます。

時々派遣会社の人が様子を見に来たりしていましたし、何かあれば派遣会社の人が相談に乗ってくれたりします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

アパレル販売の派遣の給料・期間・条件は?

給料は時給1,300円程度が相場だと思います。

派遣会社によってはアパレルで1,500円まであります。

勤務期間は短期も可能で、問題なければ同じ店舗で長期で働けました。

条件は私の場合は最低3ヶ月勤務という契約でした。

勤務日数、休日

直接雇用の人や派遣でも勤務時間は2交代制で早番と遅番がありますが、私が働いた派遣会社は早番のみの朝9時半~18時まででした。

特に残業などもありませんでしたし、販売業でこの時間に毎回帰れるのは派遣だけです。

直接雇用で早番のみの勤務というのはあまりありません。

休日は基本的に週末以外の平日に週2回の休みでした。

予定がある場合のみですが週末休みも可能でしたし、希望の休日も取れたりしました。

給料は派遣会社から振り込まれますが、シフトに関してはお店側と決めることになります。

直接雇用のアルバイトと同じように月単位でお店にシフトの提出をします。

私の派遣先アパレルブランド

INGNIの姉妹ブランドであるミスティグレイスに勤務していました。

10代〜20代をターゲットにした若い人向けのファッションブランドで、INGNIより若い世代に支持されています。

店内は白黒を基調にスポットライトがあり、明るく元気のあるイメージのお店の作りでした。

派遣先での一日の流れ

朝は掃き掃除や鏡やガラス拭きから始まります。

鏡はお客さんを映すものなので、一番念入りに掃除をしなければなりません。

朝礼をし店長が今日の売上目標や人の配置を指示したりします。

お店の入り口やカジュアルな洋服コーナー、綺麗めコーナーとその日によって担当を変えたり得意分野によって変えるのです。

開店直後は全員で店頭に立って「いらっしゃいませ」と一礼してお客さんを迎えます。

開店してから10分間位は全員でお客さんのお出迎えをしていました。

今までお客さん側としてそのような姿を見ていたので最初は不思議な感覚で慣れませんでしたが、お店の洋服を着て憧れだったアパレルの仕事に就いたんだなという実感が湧きました。

午前中は主婦層がメインですが、夕方になると学生やお勤め帰りの方達で忙しくなりました。

時間帯によって客層が変わるのも面白かったです。

客層が変わるということは売り方も変わってくるので、お客さんの年齢層で話し方やおすすめの仕方も変えなければなりません。

それもまた面白くもあり、また大変でもありました。

お昼は交代で30分~40分程休憩があります。

アパレルの派遣はデパートなどの商業施設での勤務が多いので、デパートの従業員休憩室で取ることになります。

外出して食事を摂ることも可能です。

午後に10分程また休憩があります。

派遣は残業はないので、終了時間にはすぐに退勤することができました。

そのため勤務日も予定が立てやすいのも派遣ならではのメリットだと思います。

仕事内容

並んでいる商品のたたみ方や並べ方

最初に教えてもらうまでは洋服がどう畳まれているのか気にもしていませんでしたが、実は畳み方にはお店ごとに決まりがあります。

商品を台の上に載せて畳むのは厳禁で、両手で持ちお腹で押さえながら素早く畳みます。

最初は難しく感じますが、慣れると綺麗に畳めるようになります。

ハンガーにかかっている商品や畳んで棚に並べてある商品は、色の薄いものが最初にくるように並べているのです。

これもお客さん側だった時は気にもしていませんでしたが、どの色が自分に合うのか色の薄い順に判断しやすいと思います。

補充の仕方、お客さんが購入した商品の袋入れ

補充はお店が空いている時はお客さんが購入したら同じものを同じ数だけその都度補充する流れでした。

お店の裏にストックという在庫を管理しているスペースがあり、そこからタグに書かれている同じ品番を探して補充します。

忙しくなりそうな日は少し多めに並べて置いたりまとめて補充するなどその日によって変えていました。

袋入れは簡単なようで少し難しいところもあり、この商品はこの大きさの袋に入ると思っても入らない時などに入れ替えているとお客さんを待たしてしまったりもします。

丁度良いサイズの袋に入れるようにしなければいけません。

レジ

基本的に派遣社員はお金に触れることはありません。

レジの立ち上げやレジ締めも直接雇用の人のみの仕事でした。

私の勤務先では会計をするのもお店の社員やアルバイトの人にお願いしていました。

アパレル派遣をしてみて大変だった点

時給の違い

派遣は直接雇用の人より時給が高いということはそのお店のアルバイトの人たちも知っています。

もし時給を訊かれても、間違っても正直に言わない方が良いです。

派遣会社によっても時給は違うので、直接雇用の人が想像している金額を上回っていたらその先が大変になってくると思います。

同じ仕事で休憩時間や勤務時間も同じなのに派遣の方が時給が良いからと、直接雇用のアルバイトの人で不満に思う人も、直接は言ってこないものの中にはいました。

肩身が狭い思いをするのはとても残念でしたが、アパレルは殆どが女性なので、働いている人との間に何かあると大変だなと思いました。

働いている人にもよりますが、まず派遣は時給の違いでそのような場面に直面する可能性もあるということは頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

レジ打ちができない

先に述べたように派遣社員はレジ打ちができず、直接雇用の人が手が空いていないとお客さんを待たせてしまうので、その場を何とかしなければならなかったことが大変でした。

そのお店の洋服を着なければならない

派遣でも社割で洋服を購入することができますが、同じ洋服ばかりを着てもいられません。

何着か購入しなくてはならないのでお金はかかりました。

特に買った方が良いと言われたわけではありませんでしたが、周りの人が新作を着ている中、自分だけいつまでも同じ洋服ばかりは着られなくなってきます。

「アパレルはお金がかかる」と言われますが、それは本当です。

同じようにお金がかかるなら、好きなブランドを買う方が良いですよね。

アパレル派遣をしてみて良かったこと

時給が高い

やはり一番良かった点は時給が高いことです。

直接雇用のアルバイトだと950円位が平均だと思います。

時給が1,000円以上というのは、派遣以外ではあまり多くないのではないでしょうか。

直接雇用の人と比べても残業もなく責任もそれほどないのに時給が高いというのは、ある意味モチベーションが上がるかもしれません。

短期や長期で働くことができる

勤務期間は最低3ヶ月勤務だったので、そこで合わないと思ったら辞めることもできますし、長期でも働くこともできます。

直接雇用だと辞めることもなかなか大変なようです。

その点派遣だと、辞めるのを止められることもあまりありません。

辞めると決めた場合はお店の店長にも自分から話さなければなりませんが、基本的に派遣会社に辞めることを伝えるとそこで契約が打ち切りになります。

良好な人間関係もある

時給の面で派遣は妬まれてしまうこともあるかもしれませんが、派遣とは言えお店に立って同じ仕事をするので、直接雇用の人と同じようなものです。

直接雇用の人と会話もしますし、気が合えば仕事帰りに遊びに行くなど仲良くもしてもらえるので、直接雇用の人たちとの交流もあります。

ネガティブなことも書きましたがお店によって随分と状況が変わると思うので、もし働きたいお店があったら一度見に行って店員の雰囲気をチェックしてみるのをおすすめします。

直接雇用と派遣の違いは

直接雇用と派遣の違いは、やはりレジに触れられないことです。

お店と派遣会社との契約なのかもしれませんが、派遣はレジ打ちができません。

直接雇用の人が接客で手が空いていない時にお客さんが商品を購入したくても待たせてしまう点が申し訳なかったです。

お客さんからするとお店側の事情は分からないので「早く会計をしてもらいたいのに…」と思ってしまいますよね。

そのような時は会話をしたりして何とかその場を繋がなければならないのが大変でした。

私が働いたところでは基本的に補充や袋入れも直接雇用の人で、派遣は接客がメインの仕事でした。

そもそも派遣は人手不足の時のピンチヒッターという場合が多く、それが解消されればいつでも契約を解除されてしまうこともあるので、そのような人に直接雇用の人と同じことはさせないのが一般的だと思います。

そういった面では派遣はできる仕事や任せられる仕事が限られてくるので、単純な作業だけで良いなら派遣は気楽さはありますが、責任感がある人だと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

派遣期間を終えて

継続して働くこともできたのですが、私は1年弱で仕事を辞めました。

やはり普段購入していたブランドではなかったのが一番の理由です。

派遣で働いてみて思ったことは、働くのなら自分の好きな洋服に囲まれていた方がきっともっと楽しいのではないかということです。

そして、やはり派遣だとできる仕事が限られるので、直接雇用ならもっと動けるのにというもどかしさを感じてしまいました。

アパレルの仕事自体は働いてみて楽しかったので自分に合うとは思いました。

お客さんとゆっくり会話ができ、慌ただしい接客ではないので気持ちにも余裕があり、おすすめした物を購入してもらえた時は嬉しかったです。

辞めることを決めたときには店長に話をし、派遣会社の人にも電話で話しました。

特に手続きというものもなく、派遣会社の人とは電話で終わりでした。

未経験だったアパレルの派遣を経験して、次は好きなブランド働きたいという思いが強くなりました。

その後のキャリアについて

派遣でアパレルの仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

派遣アルバイトを経験してお店側に認められれば、直接雇用でアルバイトや社員にもなることもできます。

実際そのようにステップアップして店長になった人もいるので、まずはアパレル業界を知ることが大切です。

お店のマネージャーなども時々お店に見に来たりしますので、仲良くなったり頑張りを評価されたらキャリアアップの道も遠い話ではありません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

お客さんが来店しても声をかけないお店もありますが、アパレルは大体のお店はお客さんに声をかけて見に来ただけのお客さんには1点、購入されるお客さんには更にもう1点多く購入してもらうように、お客さんに似合うものを一緒に探したり提案したりします。

そのため積極性がある程度ないとできない仕事です。

商品をおすすめしたり提案するという点では携帯会社、保険外交員や不動産仲介業などもアパレルの経験を活かせるのではないかと思います。

私が働いたところはノルマというものは特にありませんでしたが、お店全体で売上目標は暗黙の了解で設定されていました。

店長クラスになるとやはり結構な額を売上げなければなりません。

そのクラスになると、しつこく言っているわけではないのに、お客さんの気持ちを察しながらスーッと入っていくので自然に売ってしまいます。

見ていて勉強になるし、アパレル販売を極めれば販売全般は何でもできてしまうのではないかと思ってしまいました。

まとめ

好きなことを仕事にできるということはやりがいがあり、とても良い経験ができました。

流行りをいち早く知れて取り入れることができるので、友達に教えることもできるし自慢できてしまいます。

ウインドウショッピングという言葉があるように、ただ洋服を見に来ている人も沢山います。

そのような人に何を購入してもらうか、目的の商品だけを買いに来た人にもう一点多く買ってもらうにはどうすれば良いのか考え、実践するのはなかなか大変なことです。

お客さんの側だった頃は、アパレルの店員は華やかなイメージで笑顔で声を掛けたりしていて凄いなと思っていました。

実際に経験をしてみると、お客さんに合わせた接客をしなければならないし、店員は色々と考えながらお店に立っているんだなと改めて思いました。

派遣からキャリアアップすることもできますし、自分に合っている仕事なのかお試しでできるのも派遣ならではです。

働いてみたいブランドがいくつかある場合は、派遣なら一ヶ所の派遣会社で複数の仕事を紹介してもらえます。

しかし直接雇用ではないので、万が一派遣が必要ではなくなったり何らかの理由で契約を打ち切られてしまうこともあるかもしれない、という欠点はあります。

派遣社員と直接雇用どちらも良い点はあります。

もしアパレルの仕事を続けていくのなら、ずっと派遣で働くよりはそのお店の直接雇用で働いた方が多くの仕事を任せてもらうことができますし、キャリアアップの可能性は派遣よりあります。

何より直接雇用だと安定して働けるということは大きいという方もいらっしゃると思うので、自身の生活スタイルに合うものを選ぶと良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード


アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人の募集内容は?どんな募集職種があるの?おすすめ求人のポイント教えます!

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

銀座のアパレル求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

みなさんは、銀座と聞くとどのようなイメージがありますか?高級料亭にたくさんの中韓国人が買い物としているイメージでしょうか?それとも高級ブランドが立ち並ぶ格式がちょっと高く感じるエリアのイメージでしょうか?銀座という名前を聞くと多くは高級なエリアとイメージします。確かに間違いではありませんし、銀座にはたくさんの高級ブランドショップや高級料亭があります。しかし、最近は銀座にもファストファッション系のアパレルが進出したり、百貨店がターゲットを変えてアプローチをしたりと従来に比べると大分行きやすい街になりました。銀座にはおしゃれなイメージを抱く人が多いように銀座はファッションの街でもあります。渋谷や原

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル営業求人の募集内容をご紹介!おすすめ求人のポイントは?就職・転職の参考に!

洋服好きの人の中には、アパレル営業の仕事に興味を持つ人も少なくないでしょう。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけどやはりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人もいます。好きなブランドをもっと様々な店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたい、とアパレル営業の仕事を目指す人もいます。この記事では、アパレル営業の仕事はどんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業と言ってもどんな種類があるのかご存知ですか?

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容ややってみてわかった理想と現実について教えます!

アパレル店員は服をお客様に勧めるイメージが強いですが、その他の具体的な業務内容をご存知でしょうか?また雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど、アパレル店員を目指している方は求人を探す際に気になる疑問が多々あるかと思います。今回は、そんな人気のある華やかな職業「アパレル店員」として大好きな服に囲まれて働きたい方向けに、私の経験から仕事内容を紹介します。ぜひ読んでいただけたらと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事内容について、今から詳しく知っておきましょう。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客様に洋服の販売をするお仕事です。お客様に似合う商品

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

アパレル辞める理由って何が多いと思いますか?ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレル業はとても魅力的ですね。でも、一口に「アパレル」と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、なぜアパレルの仕事を辞めたいと思ってしまうのか、その原因についてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者は、アパレルのショップ店員を経験したことがあります。私の場合はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ止むを得ず転職をしました。アパ

アパレルバイトがきついと言われる5個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

私が学生の頃の憧れのアルバイトは、アパレル業界で働くことでした。特に自分が大好きだったブランドの店員さんには憧れがあり、その店員さんに自分を売り込んでいたこともありました。働いたら社販でここの服がたくさん買える!と、学生ならではの憧れで、外見重視の業務内容無視。実際に社会人になった時、就いた職業はまったく別のものでした。友人たちがアパレルで働き、仕事内容を知り、その過酷さにギブアップしたからです。数年後、やはり憧れは消えずアパレルの世界に足を踏み入れた私の体験と感想や、アパレルバイトがきついと言われる理由をを紹介します。アパレルバイトのおおまかな仕事内容とは?接客、商品管理、在庫整理、お店の掃

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルから転職なら!よくある理由と経験が活きるおすすめ職種4選

アパレル業界というのは、ぴったりフィットすれば天職とも言えるような人が多い仕事でしょう。人と話すのが好き、洋服が好きであれば継続年数長く働けます。ただ、中には転職で全く違う職種に就く人が一定数いるのがアパレル業界。アパレル業界ではあまり必要とされてこなかったビジネススキルが理由となり、次の転職に悩む人が多いのも事実です。私もアルバイト3年、違うアパレル会社で3年、合計6年間アパレル業界で働き、この春に全く別の営業職へと転職をしました。転職活動は決して楽な道ではありませんでしたが、今の仕事にたどり着けたのも前職のアパレル業界での経験が少なからずあったからだと思っています。そんな私自身の経験と私の

アパレル店長の仕事内容教えます!悩みもあるけどやりがいや面白いポイントはココ!

アパレルショップの店長の仕事内容にはどんなものがあり、どのようなやり甲斐や楽しさ、悩みがあるのでしょうか?経験者である筆者が、実体験を基に詳しく紹介していきます。これからアパレルショップの店長を目指す方や、店長になったばかりの方の参考になれば幸いです。一口にアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルなど様々なカテゴリーがあります。ここでは、全てに共通するような話をしていきたいと思います。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。1.リサーチまずは、地域の競合店の様子を調べてみましょう。競合店と

アパレルバイヤー求人の募集内容は?おおまかな仕事内容や募集している施設などをご紹介!

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

アパレルの仕事が向いてるのはこんな人!特徴やメリット、その後のキャリアなど!

アパレルの仕事に興味のある方が必見です。アパレル業界、言葉は良く聞きますが実際はどんなことをするの?と思う人も多いと思います。販売員からバイヤーやプレス、パタンナーや品質管理など色々な種類があるので、何が自分に向いてるのかも気になりますよね。初めて就職をする方も、現在他業種で働いて転職したい方にも「アパレルは体育会系?しんどくないの?」「向いている人ってどんな人?」などの気になる疑問を解決してみませんか?アパレルの仕事はどんな仕事?アパレルとは「衣服」を意味する言葉で、ざっくり言うと「服を作ったり販売をしたりする仕事」です。仕事は「企画」「製造」「卸売」「販売」とに分けられ、それぞれに特化した

アパレルバイトにおすすめなお店やその特徴。働きやすさや待遇など!

アパレル業界は人気が高い職業の一つです。販売員として働こうと思い探してみると、全国展開のチェーン店や小規模の路面店、百貨店など様々な場所にお店があります。ここでは、「アルバイトから始めたい」という方に参考になるような仕事内容や、それぞれのお店の業態などを紹介していきます。アパレルバイトの仕事内容アパレルの仕事内容は接客品出しレジ上記三つがメインの仕事になります。接客来店されたお客様に商品案内をしたり相談を受け、適切な商品のおすすめをします。また、積極的な声かけを指導している店舗も多いようです。品出し売れた商品の在庫補充を行います。また、入荷した新商品などを店頭へ並べます。レジ商品を購入されるお

メンズアパレル求人の募集内容や募集職種は?自分に合った求人の選び方教えます!

メンズアパレルの求人をお探しの方はぜひこの記事を読んでから募集を探すことをおすすめします。突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はメンズアパレルの求人について種類や詳しい募集内容、おすすめな求人のポイントについて解説していきます。上手な求人選びをして自分に合った職場で楽しく働きましょう。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋でアパレル求人をお探しの方は必見です。名古屋は日本でも5本の指に入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。今回はそんな名古屋のアパレルに転職や就職、アルバイトをしたいという方に向けて、時給相場や求人の上手な選び方、おすすめなエリアなどをご紹介させていただきます。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセールを開始します。名古

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレル営業が上手な人の特徴を詳しくご紹介していきたいと思います。「アパレルメーカーの営業がしたい!」と思う方がいるかは分かりませんが、「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてある店が少ない」と思うことはありませんか?アパレルの営業とは、その「好きなブランド」をできるだけ多くの店へ置けるように日々努力する仕事です。この記事では、アパレル営業について細かく解説していきたいと思います。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても、他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作った場合、売る場所がないと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作る

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着バイトに興味のある方は必見です。古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。好きな服に囲まれて働くスタッフはキラキラしていて、自分も古着屋で働きたいと思った事がある方も多いはず。ここでは古着屋で働くにはどうすればいいのかを具体的にご紹介させていただきます。古着屋の仕事内容や、メリット、身に付くスキルなど、あなたの参考になれば幸いです。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。

アパレル業界が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?

アパレル業界に皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。最先端の洋服や靴やバッグを身に着け、常にお洒落で華やかな業界だと思う方も多いでしょう。ここではアパレル業界に憧れている方に向けて、アパレルに向いている人の特徴やこの職業ならではな知っておくべき情報をご紹介していきます。ぜひこの記事でアパレル店員の特徴を把握して、あなたも憧れの職業に就ければと思います。アパレル業界が向いている人の7個の特徴とは?まずはアパレル業界の仕事に向いている人について考えてみます。業界内でも様々な職種がありますが、向いている人には共通した特徴があるようです。コミュニケーション能力基本的には接客業なので、コミュニケーシ

アパレルアルバイトをやってて良かった4個のことや、ここで身に付く力とは?

アパレルアルバイトをやっててよかったと思えるポイントってなんだと思いますか?たくさんのオシャレなアイテムに囲まれて、華やかな雰囲気の中で働くことのできるアパレルショップ。そんな憧れのアパレルで働くには様々な事を事前に知っておきたいですよね!ここでは、実際にアルバイトのショップ店員の経験のある筆者がアパレルで嬉しかったことや、そこで身に付いたスキルについて紹介していきます。ぜひ興味のある方々に様々なメリットを知っていただけたらと思います。アパレルのアルバイトをやってて良かった4個のことアパレルのアルバイトといったら、1日中立ったままで勤務していて大変そう…とか、可愛い服に囲まれて働くことができる

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても様々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業も沢山ありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識をつけるためにリサーチしたり等と努力をすることも多々あります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちを汲み取って応えてあげられるかどうかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば、店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジで

アパレルが辛いと感じるのはなぜ?私の周りの店員が辛く感じる原因はコレ

アパレルが辛いのはなんで?その原因を今回は解説していきたいと思います。ファッションやお洒落に興味のある人なら、一度でもアルバイトや就職先としてアパレルへの就職を考えたことがあるかもしれません。ここでは、アパレルへの就職のきっかけと採用までの経緯、大まかな仕事内容をご紹介していくとともに、アパレル仕事の悩みやアパレルが大変と感じたことなど経験者目線で詳しくお話していきたいと思います。私がアパレルの仕事に就いたきっかけと採用までの流れは筆者がアパレルでのアルバイトを始めたきっかけは、その店舗に売られていた服が好きだから、という理由からでした。もともと服や雑貨に興味があり、アルバイトをするならば服屋

アパレル正社員を辞めたいと思った7個の理由。私の体験談や周りの人がやめる時の理由を紹介します

アパレル正社員(販売職)を辞めたいと感じている方は必見です!アパレルは華やかなイメージではありますが、地道な作業と努力が必要となってきます。働くにつれてだんだんと想像していたことと違った部分や不満が見えてきてしまいます。この記事では、アパレル販売職に向いていないから辞めたいと思った理由、アパレル販売職はキツいけどそこを上手く乗り越えて続けられている人の理由も紹介します。アパレル販売職を辞めたいとお悩みの方の参考になればと思います。アパレル正社員(販売職)が仕事を辞めたいと思う理由で多いのは、この7個!体力的な問題一日中立って仕事をするので、体力を使います。ヒールが高い靴を履いて店頭に立たなけれ

アパレルの人間関係でよくある5つの悩み。こんな時、どうしたらいいの?

アパレルの人間関係で悩みがちな内容を今回はまとめてみました。「女社会のアパレルは人間関係最悪だったりして」「アパレルでパワハラとかあったらどうしよう」皆さんもこんな不安が頭をよぎるのではないでしょうか。実際に働く上ではどのような人間関係の中で勤務をしているのか気になってしまいますよね。そこで今回は、アパレル関係で働いていた筆者が、実際に出会った人たちや、その中で生じた悩みを経験を踏まえてお話しさせていただきます。私が悩んだアパレルでの人間関係の5つの悩みとはどの職業に就いたとしても、切っても切り離せないのが人との関わりです。自分に合う人もいれば、もちろん合わない人もいるものです。アパレル業界に

アパレル年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

一般的に給与が低めだと言われているアパレル業界ですが、ステップアップできる環境やキャリアを積める制度もあります。しかし、シーズンごとの洋服代やセール時など繁忙期にはサービス残業など大変なこともあります。それでも、日々の努力はきちんと評価されるはずです。そのような努力が上司に認められたとき、結果として給与に反映されるようになり、年収も上がるようになるでしょう。それでも転職したいと思うときは、今より待遇が良い会社や更なるキャリアアップを望むときなのでしょう。そのときは、転職エージェントなどの力を借りながら自分に合った会社を見つけてみてください。アパレルの仕事ってどんな仕事?一言で言うと、洋服を売る

アパレルがブラックだな…と思う9つの具体的な体験談

アパレルのブラック事情についてここでご紹介させていただきます。ホワイト企業・ブラック企業などはよく聞く話ですが、自分の働いている会社、もしくは興味のある業界はどちらの方に分類されるかを考えたことはありますか?ここではアパレル業界のブラックさについて、経験者からの体験を踏まえながら記述していきます。「アパレルはブラックすぎ」と感じている方に向け、乗り越え方も教えちゃいます。経験者が紹介!アパレルがブラックだと感じた9つのこととは?お洒落な衣装に囲まれて、楽しそうな雰囲気をまとって働いている店員ですが、その労働環境は意外と過酷なことが多いです。具体的にどのような部分でブラックだと感じるのか、私の経

アパレル販売求人でよくある募集内容やおすすめの求人を選ぶ時のポイントを紹介します

アパレル販売の求人に興味のある方は是非ご覧ください。接客の経験があれば比較的やりやすい環境にあるアパレル販売です。たくさんの洋服や小物に囲まれますので華やかな職場です。アパレル販売求人について事前にインターネットで情報を集め、働いてみたいブランドや場所があったら直接店舗に行き雰囲気をつかんでみましょう。ここではそんなアパレル業界を目指している方は必見です!アパレル販売求人の大まかな仕事内容大まかな仕事内容接客業務が主体です。勤務時間の多くを占めますので、重要な役割です。そして接客後は、どの店舗でも接客からレジ対応まで一貫して行っています。会計時もイベントやセールの案内をするチャンスです。接客は

東京のアパレル正社員求人でよくある募集内容や良い仕事を見極めるためにチェックしたい4つのポイント

東京でアパレル正社員を目指している方はぜひご覧ください。東京にはファッションビルをはじめとした商業施設がたくさんあります。求人数もかなり多く、ファッションが大好きな人にとってはアパレルで就職するなら東京でとお考えの方も多いはず!今回はそんな東京のアパレル求人について詳しく紹介していきたいと思います。良い職場を見極める4つのポイントも要チェックです!東京のアパレル事情とは?日本のアパレル企業の多くは東京に拠点を置いています。都内、渋谷や青山、新宿に集中しています。若者が集まる場所に店舗が集中している主に渋谷・新宿付近に集中しています。アパレル以外にもカフェや映画館など娯楽施設が多いのが理由です。

アパレルに就職するなら知っておきたい2個のこととおすすめの就活方法。アパレル新卒入社した私が解説!

アパレル就職をするには企業の業態、実際の詳しい業務内容などを把握しておくことが大切です。そこで今回はアパレルに新卒で入社した私の経験から、皆さんにお伝えしたいことをまとめてみました。ファッション関係に就職するのなら知っておくべきメリットやデメリット、アパレル就職におすすめな就活術もお教えしたいと思います。アパレルでキャリアを積んでその後何を目指すのかイメージしながら就活を進めてみてくださいね。あなたにピッタリな会社と出会えますように。アパレルはどんな仕事?洋服を介してお客様がが幸せになれるようお手伝いするお仕事です。販売員はただ接客して売るだけではなく、先を見据えた接客をすることが求められます

アパレル求人正社員でよくある募集内容や人気なブランド、バイトや派遣から正社員を目指す方法とは?

アパレル求人に興味がある方は必見です。アパレル業界というのは一見すると綺麗な仕事ですが、仕事量がかなりとても多いです。売り上げを立てることはもちろんですが、それだけが仕事ではありません。陰でそれらを支えてる人が沢山いるのです。そこで今回は、アパレル求人の正社員について紹介していきます。自分に合う求人の選び方やバイトから正社員へのプロセスなどもお話していきます。アパレルの仕事とはどのような仕事?販売員販売員の仕事と言えば接客・販売です。お客様に商品の説明をしたり、コーディネートのアドバイスをしたり、在庫の有無を確認したりします。開店前・閉店後には店内の清掃を行い、店頭に並んだ洋服を畳むなど常にお

服屋バイトの時給は?ノルマはあるの?気になる疑問や身につくスキルについてご紹介!

服屋バイトに興味のある方は必見です。服は着ている人の好みがよく表れて、街行く人を見ているだけでも楽しくなるものですね。おしゃれで華やかなイメージがある服屋バイトですが、実際はどのような業務があるのでしょうか。ここでは、服屋で働くやりがいや身につくスキル、時給やノルマ事情まで詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。私はこんなところで服屋のアルバイトをやりました駅ビルの中に入っている、2店舗で働きました。その2店舗は、同じ会社が経営しているもので、その日によって出勤店舗が変わるときもあるという形態でした。服屋アルバイトの時給は?時給890円でした。これは勤める店舗によりますが、時給850円以

アパレルの仕事内容の詳細と、販売以外の職種・メリット・向いている・向いていない人の特徴

アパレルの仕事は、沢山の洋服に囲まれた華やかなイメージがあるのではないでしょうか。アパレルのショップには日々新商品が入荷するので、お店の中はいつも新鮮な雰囲気です。また洋服を通してお客様と接することが多く、笑顔があふれる職場です。地道な作業や努力も必要になってきますが、洋服が好きなだけでなく人と接することが好きな人には向いている仕事でしょう。この記事では、アパレルの仕事内容や向いている人・向いていない人の特徴について紹介します。アパレルの職種にはこんな仕事があるショップスタッフ(アパレル販売員)店頭で接客や販売を行うショップスタッフは、在庫管理や店舗内のディスプレイ、取寄せ、お直しといったアフ

アパレル販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きややりがい、大変なことなど解説します

アパレル販売の仕事と聞くとおしゃれだけど仕事自体は大変そう。なんてイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?アパレルの仕事は、単に洋服や雑貨を販売するのが仕事ではありません。ではどんな仕事内容でどんな経験が必要なのでしょうか?働くことでメリットがあるのでしょうか?アパレル販売の仕事に興味のある方、これからアパレル販売業に就かれる方、またお子さんがアパレル販売業に就かれていて実際どうなの!?なんて思われている親御さんにもタメになるような、アパレル業界のあれこれを詳しくご紹介していきます!!アパレル販売の大まかな仕事内容とは?アパレル販売は、沢山のお客様に笑顔をお届けできる素敵なお仕事です!そし

アパレル販売員求人の選び方を8個のポイントで紹介します

アパレル販売員を洋服が好きな方はやってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。大好きな洋服に囲まれて仕事ができるなんて夢のようでまさに憧れの職業ですよね。そこでこの記事では、アパレル販売員求人の上手な選び方を紹介したいと思います。アパレル販売員になるにはどうゆう点に注目して自分に合う職場を見極めればいいのかをこの記事を読んで参考にしていただければと思います。ぜひご参照ください。アパレル販売員はどんなお仕事?販売員はブランドの店舗で接客・販売を行います。毎日店舗に立ち、一見華やかに思われますが、ご来店されたお客様への対応以外にも日々の業務は多岐にわたります。具体的な業務内容は?ご来店される

アパレル接客求人でよくある仕事内容と求人を選ぶ時のコツ

アパレル接客の求人を探している方は、実際はどんな内容の仕事なのか気になるのではないでしょうか。「接客ってどんなことをすればいいの?」「接客の経験がなくて心配…」「ノルマがあるって本当?」「給料の相場は?」このような悩みを持つ方もいますよね。今回は仕事内容やアパレル接客で必要なこと、アパレル接客の仕事をするメリットなどを詳しく紹介していきます。これらのことを知っておけば、アパレル接客の求人を探すコツが分かります。仕事を探す上でのポイントもお伝えしますので、自分に合った求人を探す参考にしてみて下さい。アパレルの接客とはどんな仕事?アパレルの接客は、店舗でお客様に対応しながら商品を販売する業務が主な

アパレル事務求人の賢い探し方と見極める4個のポイントを紹介します。

アパレル事務で働きたいなら!アパレル事務求人の探し方・選び方を紹介します。これからアパレル業界に身を置きたいと思っている人でも、既にアパレル業界で働いているけど、ショップ店員など別な職種から事務にジョブチェンジしたい人でも、参考になる情報を紹介しています。アパレル事務でやりがいを感じるポイントや、どういう人に向いているか、雇用形態にはどんなものがあるかなど、具体的に転職するときに気になることも一挙に解説!

アパレル店員求人の損しない探し方と3つの注意点を紹介します。

「お気に入りの服を自分で売ってみたい」「自分が勧めた服を着た人に喜んでもらいたい」これを見てうんうんと頷いた人は、アパレル業界に興味があるのではないでしょうか?または、「子供の頃から洋服屋さんで働きたい」との夢があった人も、同じくアパレル業界に感心があるのではないでしょうか?オシャレに敏感な女性や男性に人気があるアパレル業界ですが、人気のブランドなどは求人に空きがなかったり、またはすぐに求人募集が掛かったりと、人の動きが活発な業界ともいえます。そこで今回は、アパレル業界で働きたい人はもちろん、興味はあるけど色々と疑問な点もある人に向けて、アパレル店員求人の損しない探し方を紹介します。アパレル店

アパレル正社員求人の損をしない選び方を9個のポイントで紹介します。

アパレル正社員を目指したい方はこの記事を参考に自分に合う就職先を見極めましょう。洋服が好きで就職するならアパレルがいいという方もなかなか自分にとって条件の良い求人がない…そう思っている人も多いのではないでしょうか?この記事では、アパレル求人の上手な選び方や、事前に自分の中で決めておいたほうが良いことなどを具体的に紹介していきます。あなたがアパレルの正社員で損したなんて気持ちにならない選択を上手に出来るよう、この記事が参考になればと思います。事前に自分の中で決めておきたいこと1.希望職種が優先か?正社員が優先か?アパレルと一口に言っても、洋服・小物・靴・バック・ハンカチ…など様々な種類に分けるこ

アパレル転職先の選び方を6個のポイントで紹介します。

アパレルへ転職をお考えの方は必見です。ファッションに関心がある人はアパレル業界に就職したい方が多いはず。デザイナーとしての活躍、オシャレな販売員、ファッション雑誌に出るモデルなど華やかなイメージがありますが、実際働くとなる自分に出来るのか不安になりますよね。今回は、一度社会人として働き、異業種だけど憧れだったアパレル業界への転職を目指す方に向けて、アパレルを転職先にした際の求人の上手な選び方など気になる情報をまとめました。アパレルの転職先はどうやって選べばいいの?アパレルの転職先を選ぶのに考えたいのは、雇用形態・職種(何をしたいか)・会社の業態(アパレルメーカーなのか、縫製メーカーなのか等)・

アパレルアルバイト求人の選び方とおすすめ職種6選

大好きな服に囲まれて仕事をしたい、センスを磨きたい、そんな方にはアパレルのバイトをおすすめします。アパレルのアルバイトなら、好きなブランドに囲まれて働くことができます。ここではアパレルバイトに関してまとめましたので、バイト選びの参考にして下さいね。アパレルバイトはどんな仕事?一番想像しやすいのは、店頭での販売員ではないでしょうか。この他、デザイナー、パタンナー、仕入れ業務、品質管理、店舗運営など多岐にわたります。いずれの仕事も、やはりファッションに関心がある人が多いようです。アパレルでバイトをするメリットは?アパレルバイトには様々なメリットがあります。販売員に関して言うと、見た目は華やかですが