接客の経験があれば比較的やりやすい環境にあるアパレル販売です。

たくさんの洋服や小物に囲まれますので華やかです。

アパレル販売求人について事前にインターネットで情報を集め、働いてみたいブランドや場所があったら直接店舗に行き雰囲気をつかんでみましょう。

アパレル販売求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

接客業務が主体となります。

勤務時間の多くを占めますので重要な役割です。

そして接客後はどの店舗も接客からレジ対応まで一貫して行っています。

会計時もイベント、セール案内をするチャンスです。

接客はお客様ありきなので、常に笑顔で接客していくことが求められます。

裏作業として店内清掃、商品の在庫管理、商品整理などがあります。

店内清掃は主に開店前、閉店後に行いますがお客様がいないときでも常にお店をきれいにするよう心がけます。

これはお客様に気持ちよく買い物をしてもらうためです。

在庫管理・店内清掃は開店前に行いますがお客様がいない時間帯に行うこともあります。

夕方以降は仕事終わりのお客様が多く来店しますので接客に専念します。

少し入店が和らいだら日々の売り上げ予算を確認し、接客に専念します。

お店が終わった後は商品の整理整頓、レジ締めを行います。

アパレル販売は会社でどういう役割を求められる?

接客が主ですので商品やブランドに関する知識はあるのに越したことはないです。

お客様が必要とする情報を提供し、売り上げにつなげていきます。

お客様のコーディネート提案も積極的に行っていきます。

お客様が気に入る提案ができれば購入してくれる可能性がありますので、商品のコーディネートの幅を広げておくとより良いです。

もし購入しない場合でもショップカードを渡すなど次の来店につなげていく必要があります。

とにかく、商品を売る、ということを何より求められます。

アパレル販売求人でよくある募集内容とは?

未経験歓迎、学歴不問が多いです。

接客業の経験があれば優遇されますが、さほど気にしなくても大丈夫です。

おそらく人員が足りてないところに配属されるかと思います。

接客を主に任されるのではじめはお客様がどういう年齢層なのか探りながら自分のペースで接客していきましょう。

慣れてきたら同時にレジ業務、納品整理などを任せられます。

常にお客様がいる現場なので同時に何かをこなしていかなければなりません。

給与相場

首都圏の場合、交通費含め17万前後です。

そのほか賞与2回、残業手当がつきます。

勤務時間や休日、残業

基本的に8時間勤務ですがセールやイベント時には拘束時間が長くなります。

10時間ほど拘束されることもあります。

休日は公休程度もらえます。

6~8日ほどもらえますがシフト制になりますので変動することもあります。

残業は30分程度かと思います。

接客が長くなれば残業もそれだけ長くなります。

イベントやセール時は準備や片付け等がありますので1~2時間ほど残業があります。

福利厚生

アパレル業界は福利厚生が良くないイメージがありますが、一般企業と同じくらいの福利厚生はあります。

各種保険、厚生年金や育休、産休などです。

会社により社宅や家賃補助が出るところもあります。

あとで食い違いにならないよう、面接時に聞いておきましょう。

勤務場所

販売の場合は店舗に配属になります。

路面店、ファッションビル、百貨店と様々です。

路面店配属の場合は同じ会社のスタッフのみなので人数は少なめ。

その分スタッフ同士の距離が近いため打ち解けやすい環境にあります。

路面店の特徴としてお客様の出入りは多くないので自分ペースで接客に集中することができます。

ファッションビル、百貨店は他のテナントが多くありますので常に人が多い場所です。

また似たようなコンセプトのブランドがありますので競合店も多いのが特徴です。

どのお店も入りやすいお店作りをしていますのでお客様の出入りも多めです。

ファッションビル、百貨店は従業員割引が適用されることもありますので他ブランドの服も安く買えることができます。

求められる人物像

接客業ですから笑顔や最低限の清潔感は大切です。

お客様やスタッフに対しても感謝の気持ちを忘れずに。

お店は一人ではまわせませんので協力し合っていくことが求められます。

自分の目標を決められる

毎日お店にいる中で今日はこれをやろう、明日はこう接客してみようなど自分で目標を立てると自分自身のスキルアップにつながります。

気遣いができる

接客の基本ではありますが他人に気遣いができるスタッフは他のスタッフからも信頼されますし、顧客様も多いです。

レジ周り、ストックなどを常にきれいにしておけばお店がスムーズにまわります。

お客様に対しても、大きな荷物があったら持ってあげる、複数の買い物袋があったら一つにまとめてあげる、など細かな気遣いが大切です。

アパレル販売の雇用形態による違い

アパレルも一般企業と同じように正社員の方が比較的安定していますし待遇もいいです。

長く働くことにより昇給や年二回の賞与、役職手当などがあります。

社会的にみても信頼度が高いのは正社員です。

アパレルにも派遣・契約社員がありますが昇給やボーナスはありません。

その分拘束時間が短いのでプライベートを優先できます。

おすすめのアパレル販売求人の選ぶポイントとは?!

まずはインターネットで情報を集めましょう。

会社概要までよく目を通して扱っているブランド数や店舗数を確認しておきましょう。

直接店舗に行く

気になっているブランドがあったら直接行ってみるのが一番です。

そして購入しなくてよいのでそのお店のスタッフの接客を受けてみてください。

そうすると自分で働くイメージがつかめると思います。

研修制度

未経験歓迎といえど研修制度がないとスキルアップは望めません。

新人研修、マナー研修など研修に力を入れているとことを選ぶようにしましょう。

福利厚生

各種保険はもちろん、育休・産休は会社により休みの期間が異なりますので確認しておきましょう。

特に女性は結婚や出産という大きなイベントがあります。

結婚後、出産後も会社にて働ける環境があるかどうか、もしくは時短制度があるのかどうかも確認しておきましょう。

また異動も多い職場ですので遠方や地方へ異動になった時に社宅や住宅手当があるのかも確認しておきたいポイントです。

まとめ

アパレル販売は身近な職場です。

自分が働ける環境であるかどうかも直接お店に行けば雰囲気がつかめますので積極的に足を運んでみましょう。

足りない情報はインターネットで補って、比較してみましょう。


関連キーワード

アパレル求人

アパレル販売求人についてもっと深堀りした情報を見る

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです

アパレル販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きややりがい、大変なことなど解説します

アパレル販売の仕事に興味のある方・これからアパレル販売業に就かれる方・お子さんがアパレル販売業に就かれていて実際どうなの!?なんて思われている親御さんにもタメになるような、業界のあれこれをご紹介していきます!!アパレル販売の大まかな仕事内容とは?アパレル販売は、たくさんのお客様に笑顔をお届けできる素敵な仕事です!そして、〈店頭でお客様への接客・レジ〉〈商品の品出し・レイアウト変更〉この二つがメインのお仕事です。他にも在庫発注やブランドの展示会に行ったり、古着屋であれば商品の買い付けをしたり・・・アパレル販売でも何を取り扱っているかによってやることが実は違うんです!アパレル販売の仕事はどんな人に

アパレル販売員求人の選び方を8個のポイントで紹介します

洋服が好きで、アパレル販売員をやってみたいと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。大好きな洋服に囲まれて仕事ができるなんていいですよね。この記事では、アパレル販売員求人の選び方を紹介したいと思います。アパレル販売員はどんなお仕事?販売員はブランドの店舗で接客・販売を行います。毎日店舗に立ち一見華やかに思われますが、来店されたお客様への対応以外にも日々の業務は多岐にわたります。具体的な業務内容は?来店されるお客様への対応が主ですが、アパレル販売は立ち仕事で体調管理も重要な仕事のひとつです。商品のディスプレイから在庫の管理、新商品の検品、発注作業、電話対応やレジの金銭管理と開店・閉店作業に