華やかなイメージのあるジュエリー販売の仕事は、特に女性なら憧れた経験があるかもしれません。

アパレル関連に興味を持っている人やアパレル関連の仕事をしていた人なら知識や経験を活かせる仕事ですし、販売ノルマを課している店舗がほとんどなので、ノルマ達成時には収入アップも期待できます。

ただ、ジュエリー販売の求人募集はどういう内容のものがあるのでしょうか?

他にもジュエリー販売に興味がある人やジュエリー販売をやりたい人には様々な疑問が思い浮かびます。

今回は、ジュエリー販売の仕事に焦点をあてて、ジュエリー販売の仕事内容から募集内容、よくある疑問等をまとめてみましたので是非参考にして下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ジュエリー販売」の仕事例をチェック

ジュエリー販売の大まかな仕事内容とは?

ジュエリー販売の仕事は、基本的にジュエリーを売ることです。

お客様のニーズに合わせた商品の紹介や、漠然とジュエリーを買おうと来店されたお客様に最適な一品を勧めることでお客様の喜ぶ顔を見ることができます。

他には店舗内の商品ディスプレイを工夫して、ウィンドウショッピングを楽しむお客様に魅力的な商品としてアピールしたり、店舗によってはジュエリーの修理やジュエリーについての相談を受け付けているところもあります。

また、ジュエリーはとても繊細な商品なのでお客様へ取り扱いについてアドバイスするのもジュエリー販売の仕事です。

ジュエリー販売でよくある募集内容とは?

ジュエリー販売の仕事内容が分かったところで、次にジュエリー販売の仕事を探しているとどんな募集内容があるのか知りたいところです。

ジュエリー販売の仕事にはどんな募集内容があるのかについていくつかの項目に分けて紹介していきます。

給与相場

まず給料相場ですが、役職のない社員の場合、平均月給は18万円〜25万円です。

働くエリアによって月給は異なっていて、東京都心で働く場合は月給25万円支給している店舗もありますし、地方の場合は月給18万円支給している店舗がほとんどです。

また、ジュエリー販売にはノルマがある為、ノルマ達成度によって特別手当を支給しています。

特別手当が入ることで平均月給は異なってきます。

勤務時間や休日、残業

ジュエリー販売の仕事はシフト制のところがほとんどです。

シフトは早番と言われる朝から夕方までの勤務シフトと、遅番と言われる昼から閉店までの勤務シフトがあります。

店舗によっては中番と言われる朝10時くらいから夕方までのシフト勤務もあります。

勤務時間はどの勤務シフトであっても8時間〜10時間が平均勤務時間になります。

ジュエリー販売は、アパレルのようにバーゲンセールを大々的に行ったりイベントセールを行ったりすることはあまりない為、比較的定時もしくは1時間〜2時間の残業で退勤するケースばかりです。

勤務体制がシフト制の為、休日はシフト状況によって決められます。

基本的には土日祝日は店舗への来客が見込める為、ジュエリー販売は平日が休日になることがほとんどです。

ただ、中には予定のある休日について店長と相談して休みをもらうことも可能です。

福利厚生

福利厚生は、正社員の場合、賞与、昇給、交通費支給、各種社会保険完備、特別手当や店舗によっては住宅手当等があります。

派遣社員や契約社員の場合は、賞与を支給している店舗はあまりありません。

また、特別手当については店舗によって支給条件が異なります。

1ヶ月毎にノルマ達成で支給してくれる店舗もあれば、3ヶ月に一回もしくは1年に一回など様々です。

ジュエリー販売の募集でよくある施設のパターン

ジュエリー販売の募集では三つのタイプの施設があります。

百貨店

百貨店の場合は、カジュアルなジュエリーと高級なジュエリーによってフロアが分かれているケースがあります。

店舗が扱うジュエリーがリーズナブルかそうでないかで働く場所が同じ百貨店でも異なってきます。

ショッピングモール

ショッピングモールは、店舗区画が決められていて、ショッピングモール内に路面店のように店舗を構えてジュエリーを販売します。

百貨店のように様々なジュエリー店舗と横並びではあるものの店舗が区切られている為、自社製品のディスプレイに工夫をすることが可能です。

空港内

空港施設でジュエリー販売店を出店している店舗もあります。

ターゲットは日本人客より外国人客である為、外国語が使えると働きやすい環境になりますし、最近は日本人客より外国人客の購買意欲の方が高い為、高額商品を売るチャンスもあります。

また、実際に高額商品を売って大きなやりがいを感じることができます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ジュエリー販売の雇用形態による違い

ジュエリー販売の雇用形態は、基本的に正社員、派遣社員か契約社員になり、アルバイトやパートの募集はあまりありません。

それは扱う商品が高額であることが理由です。

では、正社員、派遣社員や契約社員の雇用形態は、何が異なってくるのでしょうか?

ジュエリー販売の雇用形態で何が違うのかいくつかのポイントに分けて紹介していきます。

給与形態

給与形態は、正社員と派遣・契約社員とでは異なります。

正社員は、基本給に加えて福利厚生として交通費支給、賞与や昇給、退職金、ノルマを達成した際の特別手当等があります。

派遣・契約社員は、賞与や退職金が支給されませんので給料が大きく変わってきます。

仕事内容

仕事内容は正社員、派遣社員と契約社員では差がありません。

基本的には店舗でジュエリー販売を行うことです。

違いを挙げるなら、正社員の場合は店長やマネージャーへのステップアップがありますが、派遣社員や契約社員の場合はまず正社員登用になります。

また、派遣社員や契約社員は転勤がないのに対して、正社員は全国展開している店舗に勤めた場合全国転勤の可能性があります。

ジュエリー販売に求められる人材

ジュエリー販売の仕事にはどんな人材が求められているのでしょうか?

ジュエリー販売に興味がある人やジュエリー販売員になりたい人からするととても気になるポイントです。

ジュエリー販売に求められる人材とはどういうものか紹介していきます。

接客が好きな人

ジュエリー販売は接客業なので、接客が好きな人は間違いなくジュエリー販売に求められる人材です。

ジュエリーは高額な商品が多いことから、即決で買うお客様はあまりいません。

また、結婚等の人生の大切なイベントで指輪を購入する際も時間をかけてじっくり考えたいお客様もいます。

接客が好きな人はこういったお客様のニーズをしっかりと把握できるだけでなく、お客様と交わす何気ない雑談からヒントを得ることができる能力を兼ね備えている為、接客が好きな人はジュエリー販売に求めれる人材です。

語学力を活かしたい人

全ての店舗に共通しているわけではありませんが、昨今の訪日インバウンド客の増加に伴い、日本でジュエリーを購入する外国人が急増しています。

言い換えると今までは日本語だけで良かったのですが、店舗の売り上げを伸ばす為に外国人の売り上げも狙いたいと考えている企業が増えてきています。

そうなると、語学力がある人や語学力を活かして仕事をしたい人は、ジュエリー販売にも求められています。

特に空港や主要ターミナル駅に直結したショッピングモール等に出店しているジュエリーショップは、語学力がある人を必要としています。

ジュエリーやファッションが好きな人

ジュエリー販売の仕事は、ジュエリーやファッションに興味がなければ務まりません。

ほとんどの求人募集を見てもジュエリーやファッションに興味のある人、もしくはジュエリーやファッションが好きな人は求める人材として記載している店舗が多い為、ジュエリーやファッションが好きな人は求められている人材です。

また、ファッションに興味のある場合、ジュエリーと合わせた服装等をお客様にアドバイスしたり話を盛り上げたりすることができる為、お客様との信頼関係を比較的築き上げることがスムーズにできます。

ジュエリーについて勉強し続けられる人

ジュエリーには様々な素材があり特徴や特性が異なる為、それぞれの適切な取り扱い方や歴史、加工方法等を勉強していかなくてはいけません。

また、世の中のトレンドについてもアンテナを高くして常に情報収集する必要があります。

ジュエリーへの興味をどれだけ強く持てるかが、ジュエリー販売員として長く、前向きに取り組めるかの重要な要素であると言えるでしょう。

ジュエリー販売についてよくある疑問

ジュエリー販売の仕事をしてみたい人にとって、仕事に応募する前に色々と疑問に思うことがあるのではないでしょうか?

ここでは、ジュエリー販売を目指す人がよく思う疑問についてまとめてみました。

ジュエリー販売を目指している人やジュエリー販売の仕事に興味を持った人は是非参考にして下さい。

ジュエリーの知識がなくても働けますか?

ジュエリー販売の仕事はほとんどが未経験からスタートします。

新卒で採用される正社員の中には、ブライダル関連やアパレル関連の専門学校から入社してジュエリーに関しての知識を持っている人もいますが、ほとんどはジュエリーに関しての知識は入社後の研修を介して学ぶことが多い為、ジュエリーの知識がなくても働くことは可能です。

どんな資格が必要ですか?

ジュエリー販売員になる為に必須取得資格はありません。

ただ、ジュエリー販売の仕事をする為に基礎知識として取得することで知識が役立つ資格はあります。

例えば、日本宝石協会の認定しているGJ(Gemmologist Japan)資格です。

Gemmologistとは宝石学者・宝石鑑定人を意味しており、高卒以上の学歴で受験可能な上、ダイヤモンドをはじめ宝石に関しての知識を身につけることができる資格です。

他には、ジュエリーに関しての基礎知識から専門知識まで取得することができるジュエリーコーディネーターの資格等が代表的です。

ジュエリー販売をする為に有利な経験やスキルはありますか?

接客販売経験やジュエリー販売経験があると採用時に有利です。

必須経験でも必須スキルでもないですが、やはりジュエリー販売の採用面接を受けるにあたり、以前ジュエリー販売をしていた経験や接客販売の経験があることはプラスに働きます。

ジュエリー販売の仕事を考えているなら、アパレル関連の接客販売経験や何かしらの接客経験があると採用時に有利になります。

学歴は関係ありますか?

ジュエリー販売の仕事は基本的に高卒以上であればほとんどのところで働くことは可能です。

しかし、大手企業によっては大卒以上の学歴を必要としているところもある為、働きたいお店や企業によっては学歴を必要としているところがあります。

未経験でも転職できますか?

ジュエリー販売の仕事は、未経験者でも転職可能です。

ジュエリーの知識がなくても転職することが可能ですし、ほとんどの販売員は未経験から始める為、会社の研修を介してジュエリーに対しての知識等を学ぶことができます。

ただ、先ほど少し触れていますが、必須ではないもののジュエリー販売員として活躍する為に役立てることができる資格はありますので、未経験のまま転職するのが不安なら資格を取得してから転職するのも一つの方法です。

ノルマがあると聞きましたが本当ですか?

ジュエリー販売にはほとんどの店舗でノルマがあります。

ジュエリー販売は営業同様ノルマの達成具合によって給料等の査定影響があります。

言い換えると、ノルマを達成することで給料や賞与アップが望める仕事です。

成績によっては高収入が望める仕事でもあります。

どんなキャリアプランがありますか?

ジュエリー販売のキャリアアップは、まず店長になることがほとんどの人の目標です。

店舗の責任者として実績を上げて、エリアマネージャーや課長等の役職へステップアップしていくのが通常のキャリアプランになります。

他には、実績を積んでより条件の良い店舗へ転職するケースもあります。

服装・髪型・メイクは指定がありますか?

服装は制服やスーツの店舗が多いです。

私服の場合でも、アパレルとは異なり社販購入の必要がありません。

制服であれば自己負担はクリーニング・ストッキング・靴代のみです。

髪型・メイクはナチュラルが一般的です。

アパレルに比べてお金がかからないケースが多いです。

どのような客層の方が来店されますか?

幅広い年齢層のお客様がご来店されます。

またお客様は自分用だけでなく贈り物や冠婚葬祭等様々な目的でご来店されますので、商品のコーディネートを提案したり、説明することも多いです。

ジュエリーは流行の変化が少ない為、長年のお付き合いになることも多いです。

働ける年齢層はどのくらいですか?

経験を重ねることで販売力が上がる為、30代、40代になっても現役で働くことができます。

また、ターゲットとなるお客様の年齢層が大きい為、幅広い年齢層が活躍できる職種です。

まとめ

今回はジュエリー販売の求人についてまとめてみました。

求人にはどういうものがあるのか、また、よくある質問も取り上げたので、求人だけでなくジュエリー販売の仕事に興味を持っている人や目指している人はどういう疑問・質問があるのかについても理解して頂けたかと思います。

ジュエリー販売の仕事は決して楽な仕事ではありませんが、チャンスがある仕事であることは間違いありません。

接客販売の中では高収入が望める仕事ですし、実績を上げることで店長等のキャリアアップも用意されています。

何かチャレンジングな仕事をしてみたい人や報酬が望める仕事をしたい人は、ジュエリー販売の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ここで紹介したこと以外にもジュエリー販売に関しての情報は様々ありますので、気になった人は自身でも調べてみて下さいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)