洋服が好きで、アパレル販売員をやってみたいと思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

大好きな洋服に囲まれて仕事ができるなんていいですよね。

この記事では、アパレル販売員求人の選び方を紹介したいと思います。

アパレル販売員はどんなお仕事?

販売員はブランドの店舗で接客・販売を行います。

毎日店舗に立ち一見華やかに思われますが、来店されたお客様への対応以外にも日々の業務は多岐にわたります。

具体的な業務内容は?

来店されるお客様への対応が主ですが、アパレル販売は立ち仕事で体調管理も重要な仕事のひとつです。

商品のディスプレイから在庫の管理、新商品の検品、発注作業、電話対応やレジの金銭管理と開店・閉店作業に店内清掃などがあり、商品の入荷の際には段ボールを持ち運んだりと体力も必要です。

販売員の求人を選ぶ上でのポイント

販売員の求人を選ぶ際は、自分が求めるものが何かをまず明確にします。

好きなブランドや、価格帯、給料など優先順位を決めて仕事を選びましょう。

もちろん給料や年収が希望以上を選ぶ

年収と給与は一番重視すべき点です。

手取り額は税金などで多少下がるので、年収や給与の希望額はゆとりのある求人を選び面接の際に確認と交渉をしましょう。

会社によって大きく異なる場合が多いですが、個人の販売実績や店舗の成績によって、成果給や歩合給がつく場合もあります。

交通費、社員割引、社会保険などの福利厚生と有給休暇、特別休暇、慶弔休暇などについてもあらかじめ確認しておきましょう。

ノルマがあるかどうか

販売員にノルマはつきものと思われがちですが、個人のノルマよりも店舗ごとでのチームとしての売り上げ成績を管理している会社が多いです。

営業の仕事のように強制されることは少ないので、厳しいノルマを課しているケースも無いわけではありませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

ただし、ノルマがある場合は成績に応じた成果給が支給されるケースも多いので、メリットもあります。

また百貨店にテナントがある場合は、会社ではなく百貨店内での売り上げ成績によるノルマがあるケースがあるので、店舗を選ぶ際の参考にしてください。

派遣を選ぶ場合は、「紹介予定派遣」がおすすめ

正社員を望む場合ですが、紹介予定派遣もひとつの方法です。

一定の期間派遣社員として働いたのちに、正社員として就業することができます。

アルバイトでスタートするより、時給が高いケースが多く、保険や福利厚生も初月から加入することが多い為、金額面で優遇されるというメリットがあります。

正社員になる際の条件面についても、派遣会社を通して契約されるため、交渉が容易です。

学生さんの場合は、就職につながる可能性もあるから本当に好きな会社を!

学生さんの場合は、就職活動の際にアルバイト実績は大きな社会経験となります。

自分の好きなブランドはもちろん、企業理念や組織で働くことで、社会経験はお金を貰うだけではなく、自分の価値観を創っていくうえで、とても大切な時間です。

限られた時間の中で行うアルバイトは、今後の仕事観をつくっていくうえでも重要になるので、好きなブランドや会社を選びましょう。

会社によっては学生時代のアルバイト経験ではなく、フレッシュな人材を求める場合もありますので、就職につなげたい場合は、面接時にその旨を伝えましょう。

ネットで口コミをチェックして、働いている人の本音を見てみよう

ネット上にはさまざまな口コミがあります。

サイトによっては、愚痴だったりネガティブなものが多い傾向にあるので、注意が必要ですがメリット・デメリットを把握する程度に実際に働いている人の声も参考にしましょう。

もちろん自分で働いて見ない事にはわからない事もありますが、面接時に確認する内容や、聞きたい質問をまとめる一例となります。

ブラック企業や規則についてルールを守っているかなども書かれているので、実際に勤務している人の声や、組織について事前にチェックを行いましょう。

店舗に行って販売員の雰囲気もチェック

就業先となる実際の店舗に行ってみましょう。

実際に働いている人や販売スタッフの雰囲気が、自分にあうかどうか確かめましょう。

実際の店舗に毎日立っているイメージがわくかどうか、快い気持ちになれるかどうかなど実際の店舗のカラーを確認することで、仕事につきやすくなります。

忙しい時と暇な時で対応が異なるので、時間はかかりますが実際に足を運んでイメージを膨らませましょう。

スタッフには男性が多いか?女性が多いか?

スタッフの男女比率も参考にしましょう。

実際に働く際にこれまでどのような環境で働いてきたのか、人間関係についてどのような職場が快適なのかを先に知っておくことでスムーズに就業が可能です。

スタッフの年齢層も大事

一緒に働くことになる、スタッフの年齢層によって職場の雰囲気が作り上げられます。

顧客の年齢層と、実際に働いているスタッフの年齢層が必ずしも一致するとは限らないので、働く前に年齢層を確認しておくことで、より自分にあう職場を選びましょう。



アパレル販売求人についてもっと深堀りした情報を見る

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです

アパレル販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きややりがい、大変なことなど解説します

アパレル販売の仕事に興味のある方・これからアパレル販売業に就かれる方・お子さんがアパレル販売業に就かれていて実際どうなの!?なんて思われている親御さんにもタメになるような、業界のあれこれをご紹介していきます!!アパレル販売の大まかな仕事内容とは?アパレル販売は、たくさんのお客様に笑顔をお届けできる素敵な仕事です!そして、〈店頭でお客様への接客・レジ〉〈商品の品出し・レイアウト変更〉この二つがメインのお仕事です。他にも在庫発注やブランドの展示会に行ったり、古着屋であれば商品の買い付けをしたり・・・アパレル販売でも何を取り扱っているかによってやることが実は違うんです!アパレル販売の仕事はどんな人に