ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。

でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。

デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。

そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。

今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルを辞める8個の理由とは?

筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。

私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。

アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げてみますね。

維持費がかかる

ブランドのショップ店員さんの場合、基本的にそのブランドが販売している服を着て仕事をすることが多いです。

ブランド服は魅力的ですが、カジュアルなノーブランドに比べて金額が高いことが多いので、お給料の中から購入するのはお財布事情が厳しくなることも…。

社販(社員割引で購入すること)を利用することもできますが、それでも高価なことに変わりありません。

好きなブランドであれば、新しい服やバッグなどが入荷したら欲しくなりますし、身に付けて仕事をすることでお客様への印象や説得力が高くなるので、自社ブランド服を購入しがちです。

結果、維持費がかかりすぎる…という理由で辞めてしまうのです。

常に綺麗にしていなければならないプレッシャー

アパレル系のお仕事をされている人は、人から「お洒落」「綺麗」「最先端」と言った言葉に敏感です。

人から見られる、求められるといったプレッシャーもあって、常に綺麗にしておかなければ…という気持ちが強すぎて疲れてしまうこともあります。

素敵な洋服を着るので、お化粧も、靴やアクセサリーにも気を配らなければなりません。

もちろんヘアースタイルもです。

お洒落をすることが好きでアパレルの仕事に就いたけど、毎日朝から晩まで気を張っているのは辛いと言う人もいますね。

給料が安い

ハイブランド、外資系ブランドと比べ、一般的な洋服のショップ店員さんは非正規雇用、契約社員と言った正社員以外の人も多く働いています。

大手のショッピングモールに入っているテナントのアパレルショップ店員さんは、朝からお店が終わるまで(自分の終業時間が終わるまで)立ちっぱなしです。

店内の商品を整頓したり、入荷した商品の品出し、入れ替え、店内ディスプレイの交換などの業務も、接客をこなしながら並行して行います。

その割に給料が安い…と感じる店員さんは意外と多いのです。

ノルマや条件が厳しい

お店によっては販売ノルマが課せられる場合もあります。

また、ノルマがなくても就業中のマナーやルールが厳しかったり、上下関係が厳しいなど、当初イメージしていたのと違う!と感じる人も多いようです。

どんな職場でも厳しさや人間関係の辛さはありますが、アパレル業界ならではの条件も存在しますので、中には合わないと感じる人も居るようでうす。

洋服やお洒落は好きだけど、ノルマのことを考えると胃が痛い…といった、ストレスも抱える人も居ます。

将来への不安

私、いつまでこの仕事続けるんだろう…。

ショップ店員さんに多いお悩みです。

今はお洒落も楽しくて、仕事にもやりがいを感じているけど、歳をとっても続けられるんだろうか、他の同世代の友人は資格やキャリアアップしているのに、私はこれでいいんだろうか…など将来への不安を感じる人はとても多いようです。

コスト重視で意見が通らない

アパレルデザイナーやパタンナーさんなど、クリエイティブ側にお勤めの人は、会社の方針でコスト重視、売上優先と言った課題を突き付けられ、意見が通らない憤りを感じることもあるようです。

人に使って貰いたいから、心地よく感じてもらいたいから、と希望を持って仕事をしていても、コストがかかるといった現実が壁となり、やる気を失ってしまうといった悩みを抱えてしまうようです。

忙しすぎる!

常に店員募集の案内が出ているような業界がアパレル販売員の世界です。

ショップの店員さんはセール開催期間や、長期休暇(GWやお盆など)は繁忙期で、人手が足りず、てんやわんやといったことも、よくあります。

給料はあがらないのに、忙しい職場に辛さを感じて辞めたくなるようです。

体調が悪くなる

立ち仕事で体を使う仕事なので、足腰が痛くなったり、むくんでしまったりと不調を訴える人が多い業界です。

特にショップ店員さんの場合、中腰で洋服を畳んだり、重い荷物を持ったりと腰に負担が掛る人も多く、腰痛や足のトラブルを抱える人は多いようです。

体調が悪くてもお客様には笑顔で応対しなければならず、辛いと感じる店員さんも多く居ます。

本当に辞めていいの?アパレルを辞める前に考えること

憧れていたアパレル系のお仕事。

だけど今は辞めたいと考えている…。

でもちょっと待ってください。

辞めるのはいつでもできます。

その前に本当に辞めてしまって後悔しないか、冷静になって考えてみましょう。

キャリアアップできる方法を考える

お店によっては、キャリアアップできる場合があります。

チーフや店長を目指すなど、お店のトップの地位を目指してみるのも一つの方法です。

目標が出来ると人は頑張れるもの。

目標となる人物を具体的に思い描くことも効果があります。

資格を取る

資格を取って活かすことも良い方法です。

販売員の資格やファッション販売能力検定、ファッション色彩能力検定などショップで活かせる資格もあります。

また、デザイナーやパタンナー、縫製など、部署を変わりたい場合には、服飾関係の資格を目標におくのも良いでしょう。

販売する側では分からなかった「作る」知識を身につけることで、よりファッションの知識が身に付き、自信にも繋がります。

違うお店に就職する

同じアパレルでも、お店によって仕事内容や雰囲気は大きく異なります。

好きで憧れているブランドがあれば、そのお店の販売員に応募してみたり、テイストの違うお店に転職してみるのもお薦めです。

例えば可愛い洋服が好きなら、より可愛いロリータファッションブランドのお店に転職するなどです。

また、ブランドが異なるだけでも仕事の内容は大きく変わります。

経験者は優遇されますので、アパレル業界を辞める前に、視点を変えてみるのも良いと思います。

環境や職種を変える

資格を取るの項目でもご紹介しましたが、アパレルは好きなのに、今の職場が厳しい、合わないと感じたら方向転換しても良いと思います。

例えばショップ店員さんなら違うブランドのお店に転職してみるとか、売る側ではなく、作る側に回ってみるなどです。

また、洋服のデザイナーさんなら、アクセサリーやランジェリー、ジュエリーなどの違う部門に変更してみるのも良いでしょう。

答えは一つではありません。

今の状況から抜け出すには勇気も必要になりますが、前向きにキャリアアップ、スキルアップを考えて行動すれば、今の厳しい状況から抜け出せるかもしれません。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辞めたくなることもあるけど、それでもがんばろうとアパレルの仕事の魅力とは?

センスが磨かれる

同じアパレルやお洒落が好きな人と働くので、他の人の姿を見たり、普段は自分が手に取らないような洋服にも着目できるので、センスがどんどん磨かれていきます。

ハイブランドの場合は、ブランドに負けないような魅力的なセンスが培われます。

流行に敏感になる

お洒落は半年先、一年先の流行を予測することもある業界です。

次はどんなファッションが流行るのか、何が人気になるかをいち早く掴むことが必要となるので、早い段階で情報が入手できます。

モデルさんも夏の暑い中で冬のコートなどを着て撮影したりしていますよね。

季節違いの物を扱うので大変ですが、流行には敏感になります。

人の役に立てる

お洒落に自信が無い人や、どのようにコーディネートしたらよいか分からない人は意外に多く居ます。

ファッション雑誌が多く、人気があるのもそのためです。

男性女性問わず、ファッション誌は存在します。

そんな人に似合うファッションやアクセサリーなどをコーディネートしたりアドバイスが出来るのは、人のお役に立てる尊い仕事です。

自信に繋がる

ブランド服のデザイナーやショップ店員さん、縫製やパタンナーさんなどは、自分が関わっているブランド服を褒められたり、このブランドが好きと言われたら嬉しいですよね。

そんな喜びを感じることが自分の自信にも繋がります。

社員割引が使える

お店にもよりますが、アパレル系は社員割引が使える所が多いです。

ブランドの洋服は高価なこともあるので、社員割引価格で購入できるのは嬉しいポイントです。

学びが多い

アパレル業界はどちらかと言えば女性が多い業界です。

デザイナーやプレス、マネージャーなど管理職クラスになると男性も増えてきますが、ショップ店員さんなどは女性が多いです。

同じ女性同士、ファッションや仕事のことだけでなく、日常の悩みやアドバイスなどを相談できるなど、先輩、後輩と接しながら学び得る機会が増えます。

自分の好きなデザインができる

洋服作りが好きな人や、デザイン学校を卒業した人、デザイナーやパタンナー、縫製のお仕事をされている人は、自分で好きなデザインの洋服を作ることが可能です。

デザイナーさんは業務中は、そのブランドイメージでデザインすると思いますが、知識やノウハウは自分のために使うこともできますね。

つらいと感じる時もあるけど、アパレルの仕事をやっていてよかったと感じた瞬間とは?

お客様に喜んで貰えたとき

「ありがとう」という言葉は、嬉しい言葉です。

励みにもなりますね。

自分がコーディネートしたり、説明した商品を気に入ってもらえて、ありがとうと言われた時は、この仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。

これはどんな仕事でも言えることですが、仕事は自分のためだけでなく、人のお役に立つ、社会の役に立つこととも言われるので、感謝された時はこの目的が達成できた時なんです。

お値打ちに購入できた時

社員割引を使ったり、セールの商品が先に購入できたりと、ちょっとしたお得があるのも嬉しい瞬間ですね。

ハイブランドの洋服は、お値段が高価な物が多いので少しお値打ちに入手できる時は嬉しいと感じますね。

自分に似合うお洒落ができる

流行を取り入れ、自分に似合うお洒落の方法が分かるようになるのも、アパレル系のお仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

TPOに合わせてどんな服を着ればよいかも分かるので、パーティやデート、女子会などの服装選びでスキルを発揮できます。

同時にアクセサリーやバッグ、靴などの付属品もトータル的に考えることができるのは強みですね。

新商品が入荷するとワクワクする

アパレル系で働いている人は洋服やお洒落が好きな人が多いので、新しい商品が入荷すると、どんな洋服だろうとワクワクします。

それは店頭でハンガーにかかっている状態で見るのとは違い、ダンボールや箱から取り出す瞬間なので、よりワクワクしちゃいます。

自分オリジナルのブランドが持てた時

特にデザイナーさんなどは、自分のブランドを立ち上げることが出来た時は、何よりも成果を発揮できた瞬間だと喜べるのではないでしょうか。

辛い下積み時代を乗り越え、小さくても自分のブランドやお店を持つことが出来た時、つらくてもアパレルを離れなくて良かったと感じるのだと思います。

これは洋服に限らず、ジュエリーやランジェリーなどでも言えることです。

自分のオリジナルブランドを持てるのは一握りの人です。

その夢を実現できた時は、最高の瞬間ではないでしょうか。

「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

やっぱりアパレルが好き、これに尽きると思います。

洋服やお洒落が好きな人は、自分でもお洒落や洋服のチョイスなどを楽しめる人でしょう。

知識があれば人にアドバイスもできますし、喜ばれるお仕事です。

実際にはお客様に購入していただくことが最終目的なので、難しい仕事でもありますが、やりがいも感じるでしょう。

アパレルの種類は多種多様にあるので、今の状況が厳しくても、考え方を変えてみれば、道は開けると思います。

好きなことを仕事にしている人は輝いています。

今の職場に固執しなくても、自分のアパレル好きやお洒落好きを活かせる職場を見つければ、やっぱり私はアパレルが好きと再認識できるかもしれません。


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱

アパレル給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

アパレル業界は給料が安い!?これから働こうと考えている方や転職しようと思い色々調べるとアパレル業界の給与水準は低い、なんて聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。でも実際はどうなの?他と比べて安いの?福利厚生は?休みは?などなど疑問にお答えしていこうと思います。※ご紹介するのはあくまでも相場です。会社によっては高かったりもっと低かったりする場合がありますのでご理解いただければ幸いです。アパレルの給料の相場はどのくらい?それでは早速ですが、まずは実際の相場を見てみましょう。正社員で新卒入社した場合小売業17~23万円ぐらい会社によりますが、当然全国規模のチェーン店のような大企業であれば多少良