アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?

営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。

これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。

「アパレル営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル営業とはどんな仕事?

アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。

会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?

自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。

アパレル営業の大まかな仕事内容

扱っている商品の特徴や詳細をまとめカタログをつくり、それを元に主に店舗へ商品紹介をします。

すでに扱っている店舗であれば新商品の説明だけで済みますが、扱ってない店舗であれば連絡をして紹介をする時間を作ってもらいます。

会社から徒歩で行けるような近隣から泊りがけでいかなくてはならないような遠方まで、全国が対象となるため行動力が大事です。

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とは?

きちんと挨拶ができる

基本中の基本ですが挨拶ができない人とは話をしたくない、という方は多いです。

お客様ですから商談相手だけでなく他のスタッフにも挨拶ができることが大事です。

もちろん笑顔は絶やさずに、ですね。

世間話ができる

その日の天気から最近のニュースまで。

特に話が上手くなくても構いません、お互いが黙っている時間を少なくして打ち解けていくと商談にもスムーズに入れます。

相手の話もよく聞けば性格が見えてきます。

商品をきちんと説明できる

これから商品を買ってもらうわけですから知らないことがあっては困ります。

聞かれたことには全て答えられるようにしておかなければいけません。

同様の商品を良く知っている

紹介する商品と同様の他社製品を知っていると比較ができ、取引相手にも説明がしやすくなります。

自社で扱っている製品は他社製品に比べてどこが良くてどこが劣っているのか。

劣っているところも話すことで信頼が得られます。

交渉能力

何度も営業に行っているところだと売れない商品の在庫を相談されます。

売れない商品をどう売るかを考えるのも営業の仕事です。

例えばセール価格にしてしまうとか思いきって在庫を引き取り新しい商品と入れ替えてしまうとか。

その場で何かしらの案がぱっと出てくるのが良い営業です。

粘り強い

良い意味でも悪い意味でも粘り強くないといけません。

「しつこい」と言ってしまっても良いかもしれません。

買ってもらうために様々な案を用意し、断られても新たな案を持って交渉をし、さらに新案を持っていく・・ぐらいの強い気持ちがないとダメです。

気が利く

営業に行った際に荷物が大量に届いていたら荷解きを手伝う、お店が忙しければ接客を手伝うなどその場で臨機応変に立ち回れると良いですね。

忙しい時は相手にしてもらえませんし、その日は商談にならないかもしれませんが後日必ず商談の場を用意してもらえます。

次に繋げるのも良い営業手法の一つです。

情報通

業界の情報を良く知っていると重宝されます。

有名人のことでも良いですし新製品のことでも良いですし、相手の知らないことを話して興味を引くと話に入りやすいです。

美味しいものを知っている

その土地の美味しいものや美味しいお店などをリサーチします。

地元の人は案外行ったことがないお店も多いので教えて上げると非常に喜ばれます。

商品のことだけではなく、むしろ商品以外のことが大事でもあります。

いくら良い商品を紹介しても営業が無愛想だったり商品知識もないようであれば絶対に購入してもらえません。

商品を置いてもらう前段階としてそのお店の人と交流を深め、信頼を得ていくことが重要な気がします。

「アパレル営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル営業が下手な人の5個の特徴とは?

挨拶ができない

商談相手にだけ良い顔をして他スタッフへは挨拶もできないような営業は嫌われます。

誰にでもちゃんと挨拶をしましょう。

商品を知らない

紹介する商品のことを知らないのは致命的です。

商品名やセールスポイントは知っていても素材やディティール、製法などお客様が知りたいことは沢山あるはずです。

実際に接客するのはお店のスタッフなのでエンドユーザーであるお客様へきちんと説明ができるようにサポートしなければいけません。

責任を取らない

商品を売るだけ売ってその後のサポートはしないような営業は次に買ってもらえません。

全責任を取る必要はありませんが、売れなければ少しでも売れるようにお手伝いをし、売上に貢献した方が良いですね。

会話にならない

会っていきなり商品の紹介をしても相手は警戒しています。

挨拶をし、世間話から入って緊張をほぐしてから本題に入るのが基本です。

現地に着く前に色々な情報を仕込んでおきたいものです。

聞く耳を持たない

商品のことを含め、自分のことばかりを一方的に話して相手の意見を聞かない。

話をする隙を与えないような営業は良いも悪いも紙一重です。

確かに畳みかけるような話術を持った営業もいますが、商談が終わった時はかなり疲労するのでなるべくなら暫く会いたくありません。

営業が下手な人の特徴はコミュニケーション不足や基本的な挨拶が苦手で相手に気に入られにくい、または嫌われやすいことだと思います。

容姿などが問題なのではなく、商談相手のことを考えて行動ができないことが要因の一つだと考えられます。

アパレル営業の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

営業職

営業経験豊富であればどの業界でも活躍できるでしょう。

培った経験を他商材でも存分に活かしてください。

データ入力などの事務

営業日報や売上などのデータ起こしの経験は立派なスキルとなります。

資料作成やデータ入力の仕事に役立てることができるでしょう。

小売店

商品を卸す側から買う側へ。

営業での様々な手法を逆手にとって優位に交渉を進めることができます。

メーカー(製造業)

商品の資料作成で得た知識や経験はメリットもデメリットも知り尽くしています。

商品を作るときに貴重な知識となり、より良い商品作りに役立ちます。

カスタマーサポート

同業界のカスタマーサポートであればお客様からの質問には瞬時に答えられます。

商品を熟知しているので即戦力として迎えられるでしょう。

営業職での経験は様々な仕事で役立てることができます。

話術や交渉術、対応力や行動力、体力も身に付いていることでしょう。

それらを活かすことができる仕事であればそれほど困らないと思います。

「アパレル営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

これからアパレル営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

これからアパレルの営業を始めたい方は基本的にファッションが好きかと思います。

ただ、営業は「お店に洋服を売る」仕事です。

ブランド名や商品名を知っているだけでなく、その商品の素材やブランドヒストリーなどより深く商品を知る必要があります。

入社してから覚えることも多いですがそういった意識が必要になります。

アパレル営業の仕事で就職するために

一番の近道はアパレルの販売職を経験することです。

販売員の知識やエンドユーザーが何を求めているか?などの情報、培った根性や体力は必要とされるでしょう。

営業未経験でも可能ですが、会社は即戦力を求める場合が多いので年齢によっては募集に制限があって難しいかもしれません。

会社としては人手不足ということもありますが、現役の営業が年を重ねてしまっていて次世代を育てたい気持ちがあるので若年層を希望しているところが多いです。

資格は必要?

会社によりますが一日に沢山の取引先を回る必要があるため車の免許はあった方が良いでしょう。

輸入ブランドなどの代理店をやっている会社であれば英語や他国語が話せれば重宝されます。

日本語でのカタログを製作することもあるので和訳ができ、文章スキルがあれば尚良いです。

必要なスキルや経験は?

コミュニケーションスキルは必須となります。

また、資料作成も仕事に含まれるためエクセルやワード、パワーポイントなどのPCスキルも必要です。

経験

アパレル業界での営業職でなくても他業界で営業をしていて商流を熟知している、もしくは製造業の経験があり製造工場との折衝や品質管理に携わっていたなどの経験があると尚良いです。

営業が未経験であれば販売員としての経験、アパレル業界で何かしらの職務経験があるのが好ましいです。

もちろん新卒などは当然ですが未経験でも問題ありません。

アパレル営業の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

報連相

どの業界でも同じかとは思いますが、営業職は特に連携が必要です。

  • 商品仕入れ(製造)
  • 在庫管理(倉庫など)
  • 販売(卸)
  • 入金処理など

ざっくりとですが商品一つとっても上記のような仕事があり、部署が分かれている場合が多いため報告/連絡/相談は必須です

PC

エクセルでのデータ作成、ワードでの報告書や案内書、パワーポイントでの資料作成などの内勤業務も行います。

最低限使えるようにしていきましょう。

利益計算

その商品を作るためのコスト、数はどのくらい作って売った時の利益はどのくらいなどの計算は常に行います。

流行りなどで売れるものもあれば流行が終わってしまって売れずに在庫になっているものもあります。

営業は売るのが仕事ですが会社の在庫を減らし、利益を上げていくことを考えていかなければなりません。

流行や定番の売れ筋を把握する

商品を仕入れる場合も製造する場合も実際に店頭に並ぶのは早くても3か月後、季節商品の場合は1年後となります。

定番の形や色や価格帯は当然ですが、流行を掴み、また流行を作っていかなくてはいけませんので日々の情報収集は欠かせません。

アパレル営業のやりがいはコレ!

商品が売れたとき

営業の一番の喜びは商品が売れた時です。

売れると思った商品の資料作成を行い、取引先に一生懸命説明をして店舗に並べてもらい実際に売れた時。

会社にも褒められ、取引先にも褒められ、良い商品はエンドユーザーであるお客様にも喜ばれます。

自社の利益と取引先の利益の両方が上がるWIN-WINの仕事ができた時は最高ですね。

いち早く情報を知ることができる

シーズン中は置いてある商品のフォローがメインですが、次シーズンの商品を予約してもらうのも重要な仕事です。

「来期は~が流行りそうですよ」や「こんなものを作ってみたのですが・・」などなど取引先と話をすることもしばしば。

取引先より来期の相談をされることもあり、先の情報は非常に重要です。

そのため、海外での流行を調べ取り入れることや国内の流行の周期などを考えて商品に反映させていきます。

大変ですが来期の流行をいち早く知ることができるというのはすごく面白く思います。

誰よりも早く手に入れることもできますしね。

人とのコミュニケーション

営業は既存の取引先を回ることと、新規の取引先を開拓することも仕事の一つです。

電話でアポイントを取ることが多いですが、取引先への移動中などで新しいお店を見つけ飛び込みで営業することもあります。

すぐに商売になることは少ないですが話好きの方も多く、ついつい長話になってしまうことも。

「以前は~の商売をしていた」とか「前は~の店で働いていた」などから共通の知り合いがいることもあり、そんな時は「じゃあ今度吞みましょう」なんて言ってしまうこともあります。

仕事は自社で扱っている商品を売ることですが「人」と「人」の繋がりで商売が成り立っているので非常に重要だと感じています。

まとめ

アパレルの営業はやることが多くて大変で、外回りや内勤、出張も多く繁忙期などは取引先の店舗へ販売応援をしなければいけないこともあります。

ただ、人との付き合いが好きな方や長時間のデスク業務が苦手な方には天職です。

こちらの要望と相手の要望、折り合いがつくところを話の中で見つけていくような会話バトル的な要素もあります。

楽しさを見つけられれば長く続けることもでき、取引先との付き合いが深くなれば独立することもできます。

大変なことを覚悟しながらアパレル営業の世界へ是非飛び込んでください。

そして流行を作り、良い商品を世界に流通させてくれるのを楽しみにしています。

enjoy!


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです

アパレルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?まずはアパレルの仕事内容について、みていきましょう。アパレル

アパレル年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

一般的に給与が低めと言われているアパレル業界ですがステップアップできる環境もありますし、キャリアを積める制度もあります。しかし、やはりシーズンごとの洋服代やセール時などの繁忙期にはサービス残業しがちです。それでも、個人の評価をきちんとしてくれますので日々の努力が大切です。そういう部分を上司が結果として認めてくれたら自然と給与にインセンティブがつくようになり年収も上がります。それでも転職したいと思うのならば、今より待遇がいい会社やさらなるキャリアアップを目指していきたいと思うはずです。転職で失敗しないよう、転職サイトのエージェントの力を借りながら自分に合った会社を見つけてみてください。アパレルの


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

アパレル業界は給料が安い!?これから働こうと考えている方や転職しようと思い色々調べるとアパレル業界の給与水準は低い、なんて聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。でも実際はどうなの?他と比べて安いの?福利厚生は?休みは?などなど疑問にお答えしていこうと思います。※ご紹介するのはあくまでも相場です。会社によっては高かったりもっと低かったりする場合がありますのでご理解いただければ幸いです。アパレルの給料の相場はどのくらい?それでは早速ですが、まずは実際の相場を見てみましょう。正社員で新卒入社した場合小売業17~23万円ぐらい会社によりますが、当然全国規模のチェーン店のような大企業であれば多少良