皆様はアパレル業界にどんなイメージをお持ちでしょうか。

最先端の洋服や靴やバッグを身に着け、常にお洒落で華やかな業界だと思う方も多いでしょう。

憧れている方もいるかと思いますので、今回はアパレル業界が向いている方の特徴や仕事を始めるには?

などについて解説していきます。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル業界が向いている人の7個の特徴とは?

まずはアパレル業界の仕事に向いている人について考えてみます。

業界内でも色々な職種がありますが、向いている人には共通した特徴があるようです。

コミュニケーション能力

基本的には接客業なのでコミュニケーションは必須です。

販売員であれば初対面の方と話をする機会が多いので、自然に会話できる方が良いでしょう。

「いらっしゃいませ」「こんにちは」など挨拶から会話へ繋げ、話が弾めば常連さんになってくれるかもしれません。

販売員でなくても取引先などと話す機会は沢山あります。

上手く話ができれば良い情報をもらえるかもしれませんね。

社交性

華やかなパーティや豪華な展示会。

もちろんそんなことばかりではありませんが、長く働いていれば少なからず出かける機会もあります。

同業界で働いている人との情報交換が商売に繋がることもありますので、社交性が高いことも重要です。

展示会やパーティ

展示会はシーズンごとに行われる次のシーズンの新商品発表会です。

次のシーズンは何が流行するのか、色は?形は?デザインは?を展示会でチェックし、店舗で販売する際のテーマを決めていきます。

その時に発注もしなければいけないので、展示会に行く方は次シーズンの売上を左右する重要な役割を持っています。

同じ時期に新商品発売を記念したパーティやパーティ形式の展示会も行われますし、有名ブランドなどはテレビで放映されたりしますので見たことがある方もいると思います。

展示会もパーティも一部を除き、招待客しか入ることができませんので業界にいる方の特権とも言えるでしょう。

ファッションが好き

自社ブランドだけでなく、好奇心旺盛で様々なファッションブランドに興味があり、販売する商品のことをよく知らなくてはいけません。

アパレル業界は新商品のサイクルも早く、1年4シーズンとして1シーズンごとに新商品が発売されることも多々あり、日々入荷する新商品の特徴をしっかりと憶えることも重要です。

好きなものであればお客様にも自信をもっておすすめでき、好きな仕事をしているので長く続けることができます。

気持ちを切り替えられる人

接客する方だけでなく毎日色々な人と話をします。

楽しい話ばかりであれば良いのですが、時にはストレスを感じるような場面もあります。

落ち込んでしまう時もありますが、お客様は待ってくれませんので気持ちを切り替えられる人が向いているでしょう。

ミスは誰にでもありますのでさっと気持ちを切り替えてお客様対応をすることが大切です。

察する気持ち

販売の仕事であればご来店されたお客様すべてにお声がけしたくなります。

ただ、接客を煩わしいと思われるお客様も多くいますので最低限のお声がけをし、空気を読んで時には見守るぐらいの気持ちが必要です。

数字に強い

これは必須ではありませんが、日々の売上目標や粗利目標など仕事をする上で数字は切り離せません。

向上心があり、店長やMD、バイヤーなどを目標とするのであれば計数管理ができると良いですね。

単純作業を苦にしない

接客業ではありますが、接客だけが仕事ではありません。

商品が入荷すれば検品、仕入計上、値付けや品出しと接客以外の仕事も多いです。

入荷が多い時などは一日中バックヤードで作業!なんてこともあります。

「こんなことをするために入ったわけじゃないのに・・」と思いがちですが、そういった作業も立派な仕事の内ですので心構えをしっかり持って働きましょう。

ざっと特徴を上げてみましたがいかがでしょうか。

最初から全てできれば良いですが、そうはいきませんので日々の勉強や経験を重ねることでできることが増えてきますよ。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル業界が向いていない人の5個の特徴とは?

アパレル業界に向いている人の特徴を挙げてみましたが、それでは向いていない人とはどんな人でしょう。

性格的なものもありますが、当てはまることがないか読んでみましょう。

接客が苦手

洋服が好きでセンスもある人でも接客が苦手では仕事になりません。

お客様に自分の好きなものを勧めるのはとても良いことですが、押し売りになってしまっては良い気分がしませんので付かず離れずの会話力が必要となります。

「何を話したら良いのかわからない」人は他スタッフの接客などを見てどのようにお客様に接しているかを勉強しましょう。

視野が狭い

販売員は立っているだけが仕事ではありません。

自分の近くに来たお客様だけではなくご来店されたお客様を把握し、自分から近づいてお声がけをすることが大事です。

その際、様子を見ながら”どのような”商品をお探しで、”どんな”スタイルが好みかなどを察することができた方が良いですね。

難しいことですが経験を積めばできるようになります。

体力、気力がない

接客業は土日関係なく仕事があります。

繁忙期などは休みもなかなか取れなかったり残業があったりと体力勝負の所も多々あります。

いくら忙しくとも笑顔を絶やさずお客様対応が必要になるので体力、気力に自信がない方は難しいでしょう。

最低限の体力は必要ですが、もちろん続けていくうちに体力は自然とついてきますのでご安心ください。

雑用が嫌い

日々入荷する商品の品出しや店内の掃除、広げられた洋服を綺麗に畳まなくてはいけません。

足りないものを急に買いにいかなくてはならないことがあったり、お届け物をしたりすることだってあります。

接客業なんだから接客だけしていれば良いんでしょう?

と思っている方はギャップについていけなくなることも。

接客以外の仕事も当然あると思えない方は向いていないと言えます。

ファッションに興味が持てない

仕事をする前は洋服が好きで、すごく気を使っていたのに仕事を始めると興味がなくなってきた。

なんて声を聞くこともあります。

自分の好きな洋服だけを着ることができれば良いですが、入社した会社のブランドを着なくてはいけなくなった時に好みに合わなかったり流行色やデザインに興味がもてなかったりすることは良くあります。

好みとは別にファッション全体の流行に興味があり、最先端の色やデザイン、パターンをいち早く知ることができる好奇心が必要となるため「自分が好きなもの以外は興味がない」とういう方には向かないでしょう。

好きなだけでは仕事はできません。

時には割り切って働くこともあると思いますが興味だけは失わないようにしたいですね。

向かない人の特徴を考えてみましたがいかがでしょうか。

多くは続けていくうちに自然と身に付いていくことですが、気持ちや姿勢の部分もあるので一度考えてみましょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレル業界の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

では、入ったは良いものの実際に働いてみると何か違う・・、転職したいと思ったときにどんな職種に活かせるでしょう。

培った経験を活かせる職種は意外と多いものです。

販売員からの転職と仮定して考えてみます。

サービス業

接客の関してはどこの業界でも同じですのでサービス業界であればどこでも働けます。

身に付けた接客技術を存分に活かしてください。

事務職

販売員で接客だけではなくPCを使っていた方であれば可能です。

エクセルが使える方が望ましいですが基本的な文字入力や書類作成ができれば問題ないでしょう。

企画職

店舗で新しいブランドを売るための企画やセール企画、イベント企画などに携わっていた方なら大丈夫です。

経験してきたことだけでなく、考えていたけれど実行できなかったことや温めてきた企画をアピールしましょう。

企画書から交渉まで関わっていたなら尚良いと思います。

営業職

培ったコミュニケーション力を活かした営業職は非常に相性が良いです。

お客様との会話や自社製品のアピールなどに存分に活かしてください。

メーカー

売るのではなく作る方へ、色々な商品を見てきたのであれば売れる商品の特徴や流行などを反映させた商品作りが可能です。

製造工程は勉強が必要ですが、どのような商品にするかは知識や情報を求められます。

人材紹介などのキャリアカウンセラー

お客様との会話により「聞く力」を身に着けた方には天職です。

会話からその人の特徴を見出し、マッチする会社へご紹介することができます。

販売員の仕事をしていた方は

  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • セールス力
  • 対応力や忍耐力

が身に付いています。

上記のような職種であれば多くの企業で必要とされることでしょう。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

これからアパレル業界の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

アパレル業界に興味がありこれから仕事をしてみたいのであれば、まずは特徴を理解し自分に合っているかを自問してみましょう。

当てはまることが多いのであれば必要なのは行動力です。

ここではあれば良いと思う資格やスキルなどを解説していきます。

アパレル業界で就職するために

未経験の方が最初から社員で入社するのは新卒でもない限りなかなか難しいでしょう。

ただし、常に人材不足に悩まされている業界でもありますのでタイミングが合えば可能です。

他業界で接客業の経験があったり、同業界でもメーカーや営業の経験があればハードルは低いと言えます。

資格は必要?

ここ何年かはインバウンドの需要も高く、他国語を話せる方は重宝されます。

特に英語や中国語などが話せると良いですね。

他には色彩検定や商品装飾展示技能士、繊維製品品質管理士、ファッションビジネス能力検定やファッション販売能力検定など国家資格を含め色々な資格があります。

必須ではありませんがあれば大いに役立ちます。

色彩検定

いわゆるカラーコーディネーターです。

色彩に関する知識を持ち、実用できるかどうかをテストします。

この資格を持っているとデザイナーやコーディネイターなどに役立ちますのでお客様にも喜ばれることでしょう。

受験資格:誰でも可

商品装飾展示技能士

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の考え方をもとに、お客様に的確な商品訴求ができるプレゼンテーション技能を持った人。

という資格です。

商品を魅力的に見せるために必要な技術や知識をテストします。

※国家資格

受験資格:1~3級があり、3級は誰でも受験可能。

2級以上は実務経験が必要になります。

繊維製品品質管理士

繊維のプロとして製品の品質を厳しくチェックすることが主な仕事です。

アパレル製造業では非常に評価が高い資格の一つとなっていて、取引先やエンドユーザーであるお客様に対しても信頼が得られます。

近年アパレル業界では社員教育の一環として活用するところもあり、持っていると重宝されます。

受験資格:誰でも可

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネスに関する知識などを評価する検定です。

企画から流通に至る過程で必要なビジネスと専門知識、関連するスキルの習得を目的としています。

顧客満足だけでなく利益追求までを戦略可できる人として引き合いがあります。

受験資格:誰でも可

ファッション販売能力検定

接客技術などの販売力、店舗運営などに必要な知識や能力向上を目的とした資格です。

1~3級まであり1級はマネジメント能力が求められます。

就職に役立てるのならば2級以上が必要となります。

受験資格:誰でも可

必要なスキルや経験は?

最低限必要なスキルはコミュニケーション能力です。

また、サービス業や販売員としての経験があると良いでしょう。

上記の資格はあった方が良いですが、入社してからの目標として資格は無くとも就職は可能です。

挨拶程度の語学力だけでも身に付けておくと自分自身のためになります。

キャリアアップ

すでに業界で働いている方のキャリアアップに必要なスキルは多くあります。

在庫管理から計数管理、さらにはスタッフの管理などのマネジメントスキル、より良い店舗にするためにサービスの質を上げて顧客満足度も上げていかなくてはなりません。

お客様だけではなく社内にも目を向けていくことが重要となります。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夢を壊すようですが、アパレル業界は華やかな一面の裏で泥臭く、体育会系の一面もあります。

向いている、向いていないは入る前にある程度わかると思いますが入ってからわかることも沢山あります。

自分は向いてないと思うことは簡単ですが変える努力もしていかないといけませんね。

と厳しいことも書いてしまいましたが、人と関わる非常に楽しい仕事であることは間違いありません。

特に自分が自信を持っておすすめしたコーディネートをお客様が購入された際などはつい笑顔がこぼれてしまいます。

重要なのは入社してからですね。

皆様が華やかなアパレル業界でご活躍されることを祈っています。

enjoy!

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際にアパレル求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジです

アパレルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?まずはアパレルの仕事内容について、みていきましょう。アパレル

アパレル年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

一般的に給与が低めと言われているアパレル業界ですがステップアップできる環境もありますし、キャリアを積める制度もあります。しかし、やはりシーズンごとの洋服代やセール時などの繁忙期にはサービス残業しがちです。それでも、個人の評価をきちんとしてくれますので日々の努力が大切です。そういう部分を上司が結果として認めてくれたら自然と給与にインセンティブがつくようになり年収も上がります。それでも転職したいと思うのならば、今より待遇がいい会社やさらなるキャリアアップを目指していきたいと思うはずです。転職で失敗しないよう、転職サイトのエージェントの力を借りながら自分に合った会社を見つけてみてください。アパレルの


アパレル求人に関するコラム

アパレルメーカーが向いている人の7つの特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

ファッションやトレンドが好きな人は、ファッションサイトや雑誌に目を通して、憧れのブランドや気になるブランドをチェックして店頭に足を運んで実際の商品を見たり、オンラインで購入したりしています。ファッションが好き、トレンドに敏感な人は、大学生などの学生なら一度はファッションに関する仕事をしたことがあるかもしれません。アパレルメーカーに勤める人のほとんどはファッションが好きな人ですし、学生時代にアパレル関連の仕事を経験した人も少なくありません。ファッションが好きな人やトレンドに敏感な人は、アパレルメーカーの仕事に就きたいと考えていることでしょう。ただ、実際に仕事に就きたいと考えた時に、アパレルメーカ

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱