アパレル接客の求人を探している方は、どんな内容の仕事なのか気になるのではないでしょうか。

「接客ってどんなことをすればいいの?」「接客の経験がなくて心配…」「ノルマがあるって本当?」「給料の相場は?」

といった悩みを持つ方もいますよね。

そこで今回の記事では、仕事内容や必要なこと、アパレル接客の仕事をするメリットを詳しく紹介しています。

これらのことを知っておけば、アパレル接客の求人を探すコツがわかります。

仕事を探すうえでのポイントもお教えしますので、自分に合った求人を探す手がかりにしてくださいね。

アパレルの接客とはどんな仕事?

アパレルの接客では、店舗でお客さまに対応して、商品を販売する業務が主な仕事です。

アパレルの接客は店舗でお客さまが商品を購入するために、要望を聞き出しニーズに合った商品を提案します。

飲食業やコンビニエンスストアでの接客とは違い、お客さまの欲しいものやその人に似合っている商品を紹介する必要があるのです。

ほかにも、商品や店舗に関わるさまざまな仕事があります。

接客の主な仕事内容

まずはメインの仕事である接客についてみていくとともに、ほかの仕事も説明していきます。

接客

接客ではまず、お客さまに声がけして好みや要望を聞き出します。

よく着る服やどのようなシチュエーションで使うのか、その人にあわせて質問するのがオススメです。

お客さまとの会話を楽しみ、自然なコミュニケーションをとるとよいでしょう。

ニーズを把握したら、それに合う商品を提案して、お客さまの反応を観察していきます。

お客さまが選びやすいように、複数の商品を比較したりトータルコーディネートで提案するのも接客におけるテクニックです。

商品やお店のブランドの案内

新商品のご案内やセールのお知らせなど、お客さまにハガキやメルマガで案内する場合もあります。

アパレルのコレクションは春夏と秋冬の年2回に分けられ、トレンドを取り入れた新商品を作るのです。

新商品の発売にあわせた割引フェアや新作コートの受注会をおこなうお店もあり、こういったお知らせをしていきます。

近年はメルマガやアプリのメッセージを利用するケースも多く見られますが、ハガキに手書きのメッセージを添えて郵送するお知らせも。

コーディネート

本社から送られてくるコーディネート指示書をもとに、商品の組み合わせを考えます。

トップスとボトムス、インナーとアウターなどの素材や色、シルエット、ディテールを考慮してコーディネートします。

女性らしいものが好きな方にはフェミニンな合わせ方をすすめたり、お仕事で着られる洋服を探している方にはオフィスにふさわしいコーディネートを提案するなど、ニーズに合わせることが大切です。

ほかにもお客さまが持っている服に合わせたり、そのときのトレンドを意識してコーディネートを考えていきます。

レジ業務

お客さまが商品を購入される際のレジ業務も担当します。

お店で独立したレジがある店舗は、商品のバーコードを読み取ってレジに入力すれば金額が計算される仕組みです。

百貨店やデパート内にある店舗では、電卓で計算してお客さまからお金を預かり、フロアのレジ係りまで持っていきます。

どちらもやり方も金銭の受け渡しが間違いないよう、慎重におこなうことが不可欠です。

クレジットカードで精算する場合はレシートにサインをいただいたり、暗証番号を端末に入力してもらいます。

店内清掃

アパレル接客の仕事では店内清掃も欠かせません。

常にきれいなお店を心がけて、床にモップをかける、商品棚を拭く、鏡を磨くなどの清掃をします。

「おたたみ」と呼ばれる、商品をきれいにたたむ作業もあり、お店によってたたみ方のルールが決められている場合が多いようです。

お客さまにとって気持ちよくお買い物ができる環境を整えることも、仕事のうちなのです。

新商品の入荷検品

新商品が入荷したら検品作業をおこないます。

納品書と入荷した商品を見比べて、商品の種類や色、サイズ、数が合っているかを確認する作業です。

また商品にキズや汚れがないかチェックもします。

在庫整理・品出し・商品整理

店舗は接客をおこなう店頭と、表からは見えないストックがあります。

ストックはバックヤードともいい、在庫を保管する場所です。

店頭で商品が売れると、ストックから在庫を持ってきて品出しをします。

商品が売れるたびに品出しすることが基本ですが、セールなどでは売れたものをまとめてストックに取りに行く場合も。

ストックにある在庫が乱れていないか整理する「在庫整理」や、店頭で種類ごとに商品を並べておく「商品整理」もアパレル接客の仕事です。

規模の大きな店舗では、「ランナー」と呼ばれる在庫整理と品出しを専門におこなう人も存在します。

ディスプレイメンテナンス

ディスプレイは一押しの商品を宣伝したり、お店のコンセプトを示す役割を持ちます。

アパレル接客の仕事では、ディスプレイが乱れていないかチェックするのです。

お店が売っていきたい商品をPRできるため、店長やマネージャーが販売計画に沿ってディスプレイを決めるケースもみられます。

セールなどの声出し

セールに行くと、ショップスタッフにより元気のよい声出しが聞こえるお店も多いでしょう。

セールやバーゲンでは多くのお客さまが来店し、とても混雑します。

そのため大きな声を出してアピールするのです。

タイムセールや試着室の待ち時間を案内するために、声出しする場合もあります。

アパレル接客の仕事の雇用形態は

仕事を探すときには、雇用形態も重要ですよね。

アパレル接客での雇用形態の特徴をみていきましょう。

正社員

アパレルで正社員として働くと新人研修を受けたり、トレンドや商品について勉強会に参加する場合が多くあります。

シーズンごとに本社で開催される展示会に行き、いち早く新商品を見てお店での販売戦略を考える必要も。

シフトを作成したり、後輩の教育や売上げ数字を計算して本社に報告する仕事も正社員の役割です。

正社員は昇給や賞与があったり福利厚生が充実していることが、魅力といえるでしょう。

店舗やブランドの異動があり、サブ店長や店長、マネージャーなど昇格してキャリアを積めます。

営業管理やプレスといった、接客ではない職種に異動するケースもまれにあるようです。

契約社員

アパレル業界では、販売スタッフを契約社員として採用する企業も多くみられます。

勤務する期間やシフトの時間、給与などの条件を決めて契約を交わします。

契約社員は接客を専門とする人が多く、店舗間の異動はありますが、職種の変更はありません。

実績を出せば給与がアップする可能性もあり、契約社員を経て正社員として雇用されるチャンスもあるのです。

派遣

派遣でのアパレル接客は、あらかじめ決められた時給でスタートします。

販売成績がよいと、時給が上がっていくようです。

働きたい時間や日数が決まっている人は、シフトが融通できる派遣社員での就業も選択肢のひとつといえるでしょう。

お給料の相場は?

アパレル接客のお給料の相場は、正社員で月給17~22万円です。

残業代やインセンティブ、ボーナスを含めて年収240~320万円前後が相場でしょう。

店長職やマネージャー職へ昇進すると、年収400~500万円程度にアップできます。

契約社員の場合は、正社員と月収は同じくらいでボーナスがないケースが多いようです。

派遣社員は時給1,000円程度がスタート時の相場で、次第に上がる場合も。

また、アパレル接客ではそのお店の洋服を着て仕事をします。

社員割引は使えますが、ある程度は自分で負担するため、その分が給与から引かれることも想定しておきましょう。

アパレル接客で必要なこと

お客さまに商品を買ってもあるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

アパレル接客では、コンビニエンスストアとは違い、お客さまのニーズに応じて商品を提案しなければなりません。

ほかにもアパレル接客ならではの、重視すべきポイントを紹介します。

ファッションセンス

お客さまは販売員のことをとてもよく見ています。

ファッションセンスのよい人から買いたいと思うのは当然の心理です。

おしゃれな人がすすめてくれるほうが、説得力を感じますよね。

じっさい、販売員が着ている商品のほうがよく売れるというケースもあります。

コミュニケーション能力

アパレル接客において、コミュニケーション能力は大切なスキルです。

最初に声をかける際のファーストアプロ―チから始まり、お客さまのニーズや好みを聞き出します。

自然なほめことばや世間話しを交えて接客すると、お互いの緊張もほぐれてよいでしょう。

ほかのお店を見比べるお客さまも多いため、押し売りはオススメできません。

自分らしい笑顔を忘れずに、会話を楽しむつもりで接客するのがポイントです。

接客業の経験

飲食業やアクセサリーの販売など、なにかしらの接客業をしたことがあれば有利といえます。

接客経験があると、お客さまに対する気遣いが身についていることが多いからです。

未経験でも出来る?

アパレル接客は未経験でも、チャレンジできます。

先に述べたように、ほかの接客経験があれば活かせますし、コミュケーション能力があれば歓迎される仕事です。

なによりも「ファッションが好き」「お客さまの役に立ちたい」という思いが重視されます。

アパレルの仕事をするメリット

アパレルの接客について、内容は理解できたでしょうか。

次にアパレル接客の仕事をするうえで、よい点やメリットをみていきましょう。

流行・トレンドをいち早く取り入れるようになるのでおしゃれになる

ファッションは流行やトレンドの情報が欠かせません。

パリコレなど海外の有名なコレクションを分析したり、街で流行っているものを調査して接客に取り入れる場合もあります。

常に最新のトレンドに触れられるため、おしゃれに詳しくなりますよ。

髪型・ネイルが自由

髪型やネイルは自由にできますので、明るい髪色にしたり華やかなネイルにしている人も多くいます。

そういった部分もおしゃれの要素として、積極的に流行を取り入れるとよいでしょう。

ファッションに詳しくなれる

アパレル接客をしているとファッションに詳しくなっていきます。

トレンドもわかりますし、コーディネートをたくさん考えるため、着こなしの引き出しも増えるのです。

そのお店の商品を安く購入出来る

お店の商品買う場合は、従業員割引を使って購入できます。

割引率はさまざまですが、6~7割引きなど半値より安く買えるお店が多いようです。

自分の提案した商品を買ってもらうとうれしい

お客さまに提案した商品を、気に入ってもらえるとうれしいですよね。

買ってもらえると売上げになり、お客さまと信頼関係が築けた結果でもあるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

おしゃれな人に囲まれて仕事をするので、センスに磨きがかかる

アパレルで働く人はファッションが好きだったり、じっさいに服飾の勉強をしてきた人が多くいるのです。

そういった人々に囲まれていると、アドバイスをもらえることもよくあります。

またおしゃれな人を参考にしていると、自分のファッションセンスも磨かれていくメリットも。

接客マナーが身に付く

接客をしているうちに、お客さまへの言葉遣いや立ち居振る舞いなど、接客マナーが身に付きます。

とくに百貨店はマナーの専門家による講習を開催するなど、マナーを学ぶ機会が多いようです。

アパレルの仕事を選ぶ時のコツ

アパレルの求人はたくさんあるため、何を基準にして選んだらよいか、迷ってしまいますよね。

そこで、探す際に抑えておきたいコツを紹介します。

CMや広告などをよく出している名の知れた大手のアパレル会社を選ぶ

アパレル企業はさまざまあり、小規模の会社だと人手不足できついシフトを組まれてしまう場合もあります。

大手のアパレル会社であれば、ある程度の人員は確保されていますし、福利厚生も充実しているようです。

CMをよくみかけたり、名前を知っている会社がひとつの基準になるでしょう。

きちんと休みをもらえる会社を選ぶ

アパレルのお店は土日も営業しているため、シフト制の勤務です。

きちんと一定の休みを考慮して、シフトを組んでくれる会社を選びましょう。

5連続を超えた勤務を禁止していたり、月に一度は連休を取るなどルールが決まっている会社もあります。

残業代が基本給に含まれていないか確認する

接客が長引いたり忙しい時期には、残業も発生します。

残業代が基本給に含まれるかどうかで、給与に差がでますので、しっかり確認しておくことがオススメです。

残業時間の目安もわかるとよいでしょう。

ノルマ無しの会社を選ぶ

アパレル接客は売った分が自分の販売実績としてカウントされます。

ノルマを達成するために残業したり自分で買うなど、大変な思いをすることもあるでしょう。

そのためノルマ無しの会社を選ぶのが賢明といえます。

ただし、お店ごとに売上げ予算に応じて、個人の目標が設定されている場合も多くあります。

目標に向かって、販売戦略を立てていくことも大切なことなのです。

自分が着たいと思えるブランドの会社はやりがいも大きい

アパレル接客はお客さまに商品を提案する仕事のため、自信を持ってオススメできる洋服を扱うブランドだと、やりがいも大きいでしょう。

勤務中は自社の洋服を着ることもあり、自分が好きなブランドであれば、毎日好きな洋服を着られてうれしいですよ。

アパレルの接客をやる前に知っておくべき事

アパレルの接客をしたい!と思って求人を探している方に、知っておいてほしいことを5つ挙げておきます。

最近は海外のお客さまが増えている!簡単な英語を話せるといいかも!

日本製の洋服は生地の質がよく、縫製がていねいなため海外のお客さまからも人気があります。

接客で使える簡単な英語を話せると、対応の幅も広がりますよ。

おしゃれで華やかな仕事だと思いきや、重労働もある!?

品出しや商品の検品などは、たくさんの洋服を一度に持ちあげたりすることも。

これが結構な重さなので、体力勝負な一面もあるのです。

おしゃれな仕事の裏には、重労働もあることを想定しておきましょう。

接客でも商品の管理や慣れてくると新人さんの指導など常に状況把握が必要になってくる

はじめは接客だけをおこなっていても、次第にお店全体を見渡して仕事をすることが必要になります。

商品がきちんと店頭に出ているか確認したり、新人さんの接客にアドバイスしたり、状況を把握する力も問われます。

労働時間は長め

アパレルのお店は百貨店で朝9時~夜21時まで営業し、駅ビルやショッピングモールでは朝11時~夜22時までといった長めの営業時間になっているケースが多くあります。

シフトの早番・遅番で調整しますが、労働時間は長めです。

閉店した後にミーティングや勉強会を、おこなっているお店もよくみかけます。

土日祝日は基本的に出勤

アパレルの来店数が増えるのは、やはり土日祝日です。

書き入れ時のため、基本的に店員は休めません。

休み希望を出せば調整してくれますので、理由があって土日に休みたい場合はシフトが決まる前に申告しておきましょう。

平日はお店やテーマパークなどが空いているメリットもありますので、休みをうまく活用してくださいね。

アパレルは学ぶ事が多い仕事、経験しておくと役立つ事も多く、やりがいのある仕事です!

アパレル接客はお客さまとのコミュニケーションを大切にしているため、相手のニーズを聞き出すスキルが身に付きます。

提案力や状況把握力、マナーも学べる仕事です。

なにより自分の接客でお客さまが商品を気に入って買ってくれたときが、やりがいを感じる瞬間ではないでしょうか。

自分自身もスキルアップしつつ、お客さまに感謝してもらえたら最高ですね。

そのためにこの記事で紹介した内容を参考にして、自分に合ったアパレル接客の求人を見つけましょう。


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

紳士服バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

紳士服屋は、今まで大手の紳士服店がマーケットを台頭していましたが、ここ最近はスーツをオーダーメイドもしくはセミオーダーで作る人が増えてきているため、大手以外の紳士服店も街中で見かけるようになりました。紳士服は、カジュアルな服に比べてあまり通う頻度は高くないため、紳士服の仕事やバイトがどういうことをしているのか知っているようであまり知っていません。紳士服屋のバイトは、時給が高いのかどうか、どんな仕事内容なのか、どういう仕事内容かなど気になるところは色々あるかもしれません。紳士服屋のバイトの実態について今回はまとめてみました。紳士服屋バイトの仕事はどんな仕事?紳士服屋のバイトの仕事は、店内の接客や

紳士服求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

紳士服屋の仕事は、大手チェーン店など馴染みのある店舗の仕事を見ているとなんとなく想像はつきます。紳士服屋は、ショッピングモールやアウトレット、路面など様々な場所に店舗を構えていて、同じチェーン店でも立地場所により客層や売れる商品、お客様のニーズや傾向が変わってきます。紳士服の業態形態は、今までのように既存製品を豊富に陳列した大手チェーンのような業務形態だけでなく、最近はオーダーメイドやセミオーダーの紳士服も人気を集めてきています。紳士服屋の仕事は、同じように思えるかもしれませんが、業務形態により微妙に異なってきます。今回は、紳士服屋の仕事について色々と紹介してきます。紳士服屋の仕事に興味がある

アパレル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル営業の仕事に興味を持つ人は少なくありません。実際にアパレル営業の仕事を探していたり、一度はアパレル営業の仕事を諦めて他業種に就職したけど、やっぱりアパレル営業の仕事をしたいと考えて転職活動をしている人がいたりします。また、好きなブランドをもっと色んな店舗に広めたい、好きなブランドの会社で働いてみたいとアパレル営業の仕事を目指す人もいます。アパレル営業の仕事は、どんな内容なのか、どんなアパレル営業の求人があるのかなどについて今回は紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。アパレル営業求人にはどんな種類があるの?アパレル営業といってもどんな種類があるのか知っていますか?アパレル営業には大

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても様々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業も沢山ありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識をつけるためにリサーチしたり等と努力をすることも多々あります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちを汲み取って応えてあげられるかどうかが重要です。アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したいとなれば、店長を目指す人も多いです。仕事は主に接客とレジで