アパレル業界、言葉は良く聞きますが実際はどんな仕事なの?と思う人も多いと思います。

実際の仕事には販売員からバイヤーやプレス、パタンナーや品質管理など色々な種類があります。

初めて仕事をする方も、現在他業界で働いているけど転職したい方にも「アパレル業界の仕事って?」「向いている人ってどんな人?」をわかりやすく説明していきたいと思います。

アパレルの仕事はどんな仕事?

アパレルとは「衣服」を意味する言葉で、ざっくり言うと「服を作ったり販売をしたりする仕事」です。

仕事は「企画」「製造」「卸売」「販売」とに分けられ、それぞれに特化した会社やSPAと呼ばれるような全てを自社で一貫して行う会社があります。

他にも「広報」や「スタイリスト」などの仕事があります。

どのような仕事に従事したいかは人によると思いますが、衣服を扱うことが全ての仕事において共通しています。

アパレルの大まかな仕事内容

仕事内容は様々ですが、時代や流行を捉えどのような衣服を作るかを考える企画職、企画が考えた色やデザインを形にする製造、作った衣服を小売店などに流通させる卸売、卸売から購入した商品をユーザーへ届ける販売職とがおおまかな内容です。

その他にも宣伝をしたり売るためのイベントや企画を考える仕事があります。

アパレルの仕事はどんな人に向いている?

一番重要なのはファッションが好きということです。

他は我慢できてもファッションにかけるお金だけは我慢ができない!というような情熱を注げる人には天職です。

服が好きであること

日々の洋服に気を使い、スタイリングを考えて持っている服を着回せる。

洋服はもちろん靴や鞄、アクセサリーなどを何十着も何百着も持っているような服好きであるほど向いています。

流行に敏感で研究熱心

アパレルには流行があり、流行には周期があります。

流行を研究し、時代にあったスタイリングができるような研究熱心さが必要です。

明るく笑顔を絶やさない

前向きで明るく、常に笑顔を絶やさないような方は販売員に向いています。

そういう方は人当たりが良く、お客様にも警戒心を持たせません。

体育会系

アパレル業界は体育会系のような上下関係が厳しい部分があります。

学生時代に部活動などで経験している方であれば違和感なく受け入れられるでしょう。

我が強い

上下関係は厳しいですが仕事では思っていることをきちんと伝えられないといけません。

ファッションに対する考え方を持っていて、それを正確に伝えられる人は向いています。

良い意味でのエゴイストやナルシストですね。

あとは基本的な常識を理解しているのであれば問題ありません。

上記は極端かもしれませんが、実際に働いてみると当てはまる方に多く会います。

一つも当てはまらなくても働いているうちに新たな自分を発見することもあると思います。

アパレルの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

本当に色々な仕事があるので経験は多ければ多いほど良いです。

今まで他業界で働いてきた方も多いので安心してください、経験が役立つ時はきっとあります。

接客

どの業界でも接客業の基本はあまり変わりません。

販売でも飲食でも接客経験があるのならば大いに役立ちます。

また、働いていたお店での仕事は接客だけではないはずです。

アパレルでも同様に接客以外の仕事も多いので経験していれば違和感なく受け入れられます。

体力

非常に体力を使います。

販売員の仕事だけでなく卸売の営業職、パタンナーなどデスクワークが多いと思いきや取引先や外での作業などで出かけることも多いです。

体力に自信がある人は根性もありますね。

PCスキル

他業界と同じく日々の売上入力や資料作成、POPを作ったりチラシを作成したりとPCを活用する機会も多くあります。

今までデスクワークしかしたことが無い方でも資料作成の経験や電算の経験があると良いでしょう。

妥協しない

企画や製造、営業には決して折れない妥協しない心が必要です。

思ったことを形にするには何度も繰り返す反復作業が必要になりますので妥協しては商品ができません。

研究者のように妥協せず、突き詰めていく根気が大事ですね。

チームで何かを成し遂げたことがある人は経験していると思います。

アパレルの仕事で働くメリットとは?

活きたスタイリングを学べる

今まで自分で考えてきたスタイリングも仕事となり、提案する立場になれば変える必要もでてきます。

多くの人の心に響くスタイリングを学べ、基本を学ぶことにより自己研鑽にも繋がります。

マナーを含めシーンに合ったスタイリングを教えてもらえるのは大きなメリットです。

色々な人との出会い

働いていると色々な業界や人種と会う機会があります。

他業界の方との交流により新たな発見があることも。

刺激を受けることで自分を高めることができるでしょう。

コミュニケーション能力の向上

高いコミュニケーションスキルが身に付きます。

相手の話を聞き要望にあった提案ができるようになったり、初めてあった人でも躊躇せずに会話をすることができるようになります。

販売員であれば特に相手を思いやる気持ちが求められますので自然と身に付くようになります。

商品の偉大さがわかる

働いていると定期的に服や靴、鞄などを購入していき物はどんどん増えていきます。

その中でもずっと残るもの、消耗していき捨てていくものとに分かれていきます。

ずっと残るものには理由があり、これからも定番として残っていくことでしょう。

10年使えるものは10年経たないとわからないように商品のすごさを知ることができます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

販売員であれば卸営業や企画、広報の仕事などに転身する方が多いです。

そうでなくても後輩を指導する立場になり、店長や複数店舗を管理するエリアマネージャーになったりとキャリアアップの道は多くあります。

年功序列ではありませんが、長く働いた経験は後輩や部下に伝えていきましょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

他業界に転職することになっても経験は大いに役立ちます。

アパレル業界で働いていた方は対人能力に優れていると言われていますので人と関わる仕事が一番向いています。

営業の仕事をしていた方は折衝能力にも優れますし、企画や製造の仕事経験がある方は他業界でも同様の仕事に就くことができます。

モデルやタレント

自分のセンスが認められスタイリストになる方もいますし、個性を発掘されてテレビで活躍するタレントや容姿を認められてモデルになる人もいます。

個性を十分に発揮でき、磨ける業界ですので存分に活かしてください。

自分にあったアパレルの求人の選び方や注意点

どこで働くかは迷うところですよね。

行ったことがあり好きな商品を扱っている会社が一番良いとは思いますが、求人情報からの選び方を書き出してみます。

【選び方①】雇用形態から探す

どんなところかわからないから不安・・であればアルバイトから始めてみるのも良いでしょう。

お試しであれば派遣や契約という手もあります。

最初から社員希望であれば最終的なキャリアを見据えた上で選びましょう。

【選び方②】職種から探す

販売員が求人では多いです。

アパレル業界は慢性的な人手不足なので色々と選べると思います。

企画や製造は経験者でなくてはなかなか難しいですが年齢的な問題があるので20代であれば可能です。

製造希望は服飾などの学校を卒業しているのが望ましいです。

営業は未経験でも可能です。

ただしやる気を重視されますので熱意を伝えましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

近年アパレル業界を席巻しているのはファストファッションです。

チェーン展開をしている店舗が多く、スタッフ数も多いので入りやすいですが全国に店舗があり出店も多いので異動があることを念頭に置いてください。

また、安定はしていますが自分の好きなことを形にするのは難しいかもしれませんね。

個人経営の会社は意見を伝えやすく、思いを形にしやすいですが良くも悪くも売上に大きく左右されますので安定はしていません。

設立年数や実績が書いてあれば重視しましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

アパレル業界の給与は低いと思ってください。

販売員は大きな会社でない限り人手不足から完全週休2日も難しいでしょう。

企画や製造、営業は土日祝日休みのところが多いですが、小売業も行っている会社であれば販売応援に行かざるを得ないこともあります。

【選び方⑤】エリアから考える

通える範囲で選ぶのはもちろんのことですが残業も考慮した上で選んでください。

繁忙期などは終電近くまで作業に追われることも少なくありません。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

好きなブランドが店舗を持っていれば良いのですが、なかなかオンリーショップは無い場合が多いです。

セレクトショップなどで扱っていればそちらを考えてみましょう。

アパレルの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

挨拶

当たり前のことですが挨拶は非常に重要です。

明るく、元気な声で挨拶ができなければ基本ができていないとお客様に言われてしまうこともあります。

クレームにも繋がる部分なので注意してください。

素材やディティール

メーカー希望であれば商品の品名や品番だけでなく、その商品の素材やディティールなどを細かく知る必要があります。

最低限の機能素材の特徴ぐらいは頭に入れておきましょう。

習慣

アパレル業界は情報に敏感です。

市況や流行などを知るため情報収集は欠かせません。

普段から繊研新聞や時事ニュースなどを見る癖をつけておきましょう。

アパレルの仕事で働くデメリットとは?

お金がかかる

服好きの方にとってはデメリットにならないかもしれませんが、非常にお金がかかります。

シーズンごとに発売される新商品、時々の流行商品など常に欲しいものが目の前にあります。

アパレル業界に身を置いている以上は流行や最先端の商品を身に付ける必要があるので買うことが多く、出費がかさみます。

流行は周期しますので長く働いていれば似たような商品をすでに持っているので買い足す必要が無くなってきますが、最初はきついかもしれませんね。

平日休み

世の中の人が休みの時が稼ぎ時なので基本的に土日祝日、会社によっては夏も年末年始もありません。

夏休みは9月10月、年始の休みは1月下旬と考えておくとショックが少なくて済みます。

結婚している方や子供がいる方は週末に休めないので辛いかもですね。

他にも給料が安いとか会社によっては自社ブランドを購入し、着なくてはいけないとかもありますが割愛させていただきます。

上記2つがアパレル業界で働く誰しもが感じることではないでしょうか。

アパレルの仕事はどうやって探す?

求人情報サイトを探すのが一番早いです。

勤務地や給料、待遇などを検索できるので希望に合った職場を探すことができます。

良く行くお店や好きなブランドの会社があるのであれば会社のHPを見てみましょう。

HPに募集要項が無い場合は直接電話して聞いてみるのも良いですね。

載ってなくてもタイミングによっては入れる可能性があります。

アパレルの仕事で転職すると年収は上がる?

個人経営の会社からチェーン展開の会社へ転職すれば多少は変わると思いますが、同業界、同職種であればそれほど年収は変わりません。

勤続年数やキャリアでも変わりますので在籍している会社で実績を作ってからの転職がおすすめです。

まとめ

アパレル業界の仕事や職種についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

私は販売員から営業、企画まで経験をしましたがどれもそれぞれ魅力がありました。

働いている環境の中でいかに楽しみや興味を持てることを見つけるかが長く働く秘訣かと思います。

販売員は自分の思う、提案したスタイリングが一式売れた時。

営業は次シーズンに流行る!と思った商品が当たった時。

企画は商品が売り切れた時や好評だった時などは非常に嬉しかったことを憶えています。

職種についてはどれが良いということはなくまずは興味がある職種に就き、働きながら考えてみると良いと思います。

皆さんがアパレル業界に身を置き、良いも悪いも経験しながら成長していくのを陰ながら応援しています。

enjoy!


関連キーワード

アパレル仕事