アパレル業界は給料が安い!?

これから働こうと考えている方や転職しようと思い色々調べるとアパレル業界の給与水準は低い、なんて聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

でも実際はどうなの?他と比べて安いの?福利厚生は?休みは?などなど疑問にお答えしていこうと思います。

※ご紹介するのはあくまでも相場です。

会社によっては高かったりもっと低かったりする場合がありますのでご理解いただければ幸いです。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの給料の相場はどのくらい?

それでは早速ですが、まずは実際の相場を見てみましょう。

正社員で新卒入社した場合

小売業

17~23万円ぐらい

会社によりますが、当然全国規模のチェーン店のような大企業であれば多少良くなります。

小売業界は市場としては横ばいで変わらずですが低価格でファッション性の高いものを販売するような、いわゆるファストファッションの出店増加を主な要因として売上規模が拡大傾向にあるため売上金額は伸びています。

メーカー(製造)

17万~22万ぐらい

製造業(メーカー)に関しては主に中国での人件費が上昇傾向にあり、製造コストが大きく上がっているため厳しい状況です。

自社のECを強化したり、直営店を出したりと色々な手を考え状況を打開しようとしているところです。

初任給だけで考えると低いように思いますが、実際は残業代や昇給、ボーナスや福利厚生などを考慮して判断した方が良いでしょう。

上記金額はあくまでも「目安」としてお考え下さいね。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合の給料水準は現在いる会社の給料がベースになりますが、それほど変わることはないでしょう。

ただし、実績を残しているのならば交渉次第では上がる可能性があります。

パート・アルバイト

地域の最低時給~¥1,000程度となります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

ボーナスに関しては年2回のところが多いです。

昇給

昇給は年1回、会社の業績にもよりますが¥1,000程度~のベースアップとなります。

当然業績が悪ければ昇給も厳しくなるでしょう。

各種手当

各種保険や住宅手当、育児手当、商品の割引販売制度を取り入れている会社もあります。

割引販売制度に関しては原価で購入できる場合や定価から20%OFFなど様々です。

給与が高い人は何が違うの?

勤続年数によるものが大きいですが、役職制度を設けている会社が多いため「勤続年数+役職手当」となります。

スキル

販売スキルが一番重要視されます。

商品知識に加えて販売するためのイベントやセール企画、ディスプレイなどでの商品訴求もできると良いですね。

意外と重宝されるのがPOP作成スキルです。

要点をまとめたPOPは奥が深く、POP職人は評価が高いです。

役職

会社規模によりますが、一般的に販売員だと主任から係長クラス。

店長になると課長クラス。

エリアマネージャーや本社での本部勤務などになってくると次長や部長クラスになることが多いです。

当然役職が高いほど手当も多くなります。

勤続年数

成果主義に変わりつつありますが、まだまだ年功序列のところも多いため勤続年数が多いほど給与水準が高い傾向にあります。

地域

首都圏や大都市圏など人口が多いところに店舗が集中します。

地方はショッピングモール型の店舗が多く見られます。

給与水準は最低賃金が高い分都市圏の方が高いです。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

アパレルの給料の決まり方

学歴

アルバイトから社員に採用されるケースが多いですが、正社員としての給料ベースは高卒と大卒で変わります。

ただし、アルバイトからの採用の場合は働く姿勢や現時点での仕事内容などを考慮してくれることもあります。

アルバイトの場合

アルバイトの場合は時給制です。

時給×総勤務時間(月)となり、日の勤務時間は実働8時間(休憩1時間を除く)となります。

交通費や各種保険などは会社規定によるところが多いです。

シフト

月単位でのシフト制を採用している会社が多いですが、アパレル業界は慢性的な人手不足もあり自由度は低いです。

土日はもちろんセール時などの繁忙期は休みがなかなか取れないこともあります。

社員の場合

月極めの給料がベースとなりますが、歩合制を採用している会社もあります。

歩合制の場合は基本給+歩合となり、ノルマ達成できなければ歩合は付きません。

売上ノルマは個人目標となりますが個人で設定するのではなく会社より設定される場合が多いため厳しい数字となることもあります。

顧客を持ち、販売スキルを磨かないとなかなか給料は上がりません。

アパレルで給料をあげるためにやるべき4個のこと

毎年の昇給があれば何もしなくとも給料は上がっていきますが、昇給は全員が一律ではありません。

個人評価によって変わってきますのでできることを考えてみましょう。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

個人の評価は自己評価→上長の評価→会社の評価の流れで決まっていきます。

自己評価は書面の場合と面接の場合がありますので売上や利益貢献などをアピールしていきましょう。

スキルアップを図る

販売員としてのスキルアップは販売力に他なりません。

インバウンドの来客が見込めるのであれば言語力を磨き、来客数が少ない店舗でリピート率が高いのであれば多くの顧客を獲得するための会話力を磨きましょう。

商品の知識はもちろんスタイリングの提案なども接客的に行うことで客単価の向上も期待できます。

売上を上げる

よく言われることですが売上=客数×客単価です。

客数が少なければ単価を上げる、単価が低ければ客数を上げる努力が必要になります。

客単価を上げるには?

  • 購入点数を多くする
  • 一品単価を上げる

客数を上げるには?

  • 新規顧客を獲得する
  • 購買頻度(再来店頻度)を上げる

シンプルですが上記の方法しかありません。

難しく考える必要はなく、それぞれの2点を考え実行していく必要があります。

思い切って転職する

給料を上げるために転職するのも一つの手ですね。

特に同業界であれば経験を活かした転職ができ、ベースアップに期待ができます。

転職先の選び方1:転職サイトに登録

転職サイトに登録するのが一番の近道です。

2、3種類の転職サイトに同時登録しておくと探しやすいと思います。

メリット

スカウト機能が付いている場合が多いため個人情報を登録しておけばスカウトの可能性がある。

また、転職エージェントなどを利用することができ希望の職種や給料、勤務地などに近い所を紹介してもらえる場合がある。

デメリット

転職が決まるまで時間がかかる。

エージェントを間に挟むためどうしても時間がかかります。

また、エージェントにより紹介できる会社に幅があるため当たり外れが多くあります。

転職先の選び方2:取引先などに相談

お店に出入りする取引先の営業マンなどに相談するのもアリです。

仲の良い営業などであれば親身になってくれ、そのまま相手先に転職、なんてことも。

メリット

転職先を良く知っているため働きやすい。

興味がある会社に入れる可能性が高い。

デメリット

現在の会社に必ずバレます。

転職活動中と周りに知られるため多少なりとも働きにくくなる可能性があります。

「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給料をアップさせるための求人の選び方

給料を上げるための求人選びはシンプルです。

それは「経験を活かした仕事」を探すことです。

給与相場が今よりも高いところを探そう

募集要項は大体が”〇円~(経験などを考慮)”と記載されています。

当然現在の給料より多い所を探しますが、面接などで「〇円以上は欲しいです」とはっきりと言ってしまっても良いと思います。

交渉になるので確実に上がるわけではありませんが希望の給料に近づく可能性は高くなります。

賞与や昇給制度をチェック

賞与がきちんと支給されているか、昇給はどのくらいの頻度であがるのかなどは記載事項だけではなかなか詳細がわかりません。

気になる場合は直接聞くしかありませんので面接時に聞いてみましょう。

残業代はちゃんと出る?

残業代は月極の給料に手当として含まれている場合とそうではない場合があります。

「〇時間以上の残業代を含む」と記載がある場合は確実にその時間程度の残業があると考えてください。

それ以上の残業時間となったとしても残業代はそれ以上でない場合が多くあります。

「残業代は別途支給」と記載がある場合は残業した時間分はプラスしてもらえます。

交通費や福利厚生は?

交通費は確実に欲しい所ですね。

ほとんどの会社は支給となっていると思います。

ただし「〇円まで」となっている会社もあるので自宅からの交通費を計算しておきましょう。

福利厚生は会社により様々です。

上場企業や全国に店舗があるような大きい会社の方がしっかりとしています。

詳細は各会社に確認するしかありません。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

毎年の昇給によって

新入社員やベテランの差別なく全社員が年一回昇給します。

額は¥1,000~¥8,000程度ですが基本給のベースアップなのでとてもありがたかったです。

金額の差は店舗の売上と個人の能力によって決定されていました。

一番良かったのは¥0が無かったことですね。

最低でも¥1,000のアップがあるので特に不満の声も少なかったかと思います。

異動によって

入社2年目で店舗から本社へ異動となりました。

店舗での企画立案に成果が伴ったのが理由の一つですが、もともと入社時の面接で営業本部を希望していたのが通った形となります。

これにより単店での企画から全店舗の企画などをしなければいけなくなり、役職がついたことで給料は上がりましたが責任も重くなりました。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月給に関してはそれほど差はなく福利厚生次第ですが、残業時間によってはアルバイトの方が手取り額が高い場合もあります。

年収に関してはボーナスがある会社であればその分高くなります。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

現在は変わってきていますが、基本的には終身雇用で定年を迎えるその日まで毎月給料が支給されます。

また、福利厚生や住宅手当、家族手当など給料以外での金額支給のほか退職金がある会社もあります。

会社を辞めた際は失業保険もありますので色々な面で保証されています。

ただし、会社の一員として会社に何かあれば責任を取らされる場合もありますし、内容によっては家族に影響がある可能性もあります。

派遣

販売員には派遣の方が多くいます。

自分の都合でシフトが組め、販売のプロとして派遣されているためアルバイトより給料も高いです。

時間で契約されているため残業もなく、仕事内容は細かく契約されているため余計な仕事もありません。

ただ、会社の都合で突然契約が終了、なんてこともありますので安定しているとは言えません。

契約社員

月単位か年単位で契約しているところが多いと思います。

SEやマーケティング、パタンナーなど専門家として雇われている場合が多くあります。

また、派遣と同じく仕事内容は契約によって決められていますが正社員となる前のトライアル雇用として契約している場合もあります。

契約終了後は会社との話し合いによって継続するかどうかが決められます。

アルバイト

シフト制により働く時間や日数、休日などを自分で決められます。

仕事内容は正社員と変わらないことが多く、場合によっては雑用ばかりのことも。

アルバイトから正社員というのが王道の流れですね。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

その会社で扱っているブランドやコラボレーションなどの企画が好きな方、「製品を世の中にもっと広めたい」や「もっと良いものを作りたい」などの志向を持っている方は正社員でなくてはできないことなのでおすすめです。

給料も安定してもらえますし、福利厚生やボーナスの支給もあります。

契約社員

色々なことはできないけど販売力だけは自信がある、デザインやパターンなどが得意。

など専門的な知識や技能があるが会社には縛られたくない方にはおすすめです。

契約内容を交渉できる場合が多く、経験を積みキャリアアップを目指す方も多くいます。

給料は会社の求めることにどこまで近づけるかで変わってきます。

専門的であればあるほど給与水準も高くなります。

アルバイト

まずはお試しで働いてみたい、その会社の雰囲気や働きやすさを感じた上で考えたいなどの方へおすすめです。

趣味に時間を使いたい方もシフト制であれば自分の時間を確保できます。

給料は時給制となるので働いた分しかもらえません。

派遣

派遣会社に登録している方が基本となります。

会社の雰囲気に合わないなどの相談も派遣会社に話せますので会社を移ることもできます。

時給制のところが多いかと思いますが給与水準は高いため色々な会社で働いてみたい方へおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アパレル業界の給与水準は決して高くはありません・・が低くもありません。

希望の金額に届くかどうかは自分の努力次第!

とも言えますのでできることから始めてみましょう。

好きなブランドやお店に飛び込んでみるのも良いと思います。

好きな方が長く続くと思いますので。

良い会社に出会えることを祈っています。

enjoy!


関連キーワード

アパレル求人

アパレル求人についてもっと深堀りした情報を見る

海老名のアパレルバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県海老名市は現在開発が急速に進められ、住みやすい街としてもお出かけ先としても人気の街です。そのような海老名においてアルバイトを考えている方にお勧めなのがアパレルでのアルバイトです。ららぽーとをはじめとして商業施設が多く存在する海老名においてはメンズ、レディースのアパレルブランドが充実するようになりました。今回はアパレルバイトの求人ややりがいなどをご紹介します。海老名のアパレルはどんな仕事?アパレルの仕事として想像されるのが接客の仕事ですが、裏方での仕事もそれと同等か、それ以上に重要です。商品ストックの補充やマネキンの着る服を考えることもあります。バイトの大まかな仕事内容バイトの仕事内容と

東京アパレル求人の特徴や、人気なブランドやショップ、年収・時給相場、求人の選び方のコツを紹介します

東京でアパレルの仕事をしたい!と、求人を探している方はいませんか?しかし探してみるとさまざまな募集があり、どうやって選んだらよいのか迷ってしまいますよね。「東京のアパレル求人はどんな募集があるの?」「人気のブランドで働きたい!」「年収はどのくらいが相場なのか気になる」「求人を探す時に注意することは?」この記事ではそんな悩みを持つ方に向けて、東京のアパレル求人を探す前に読んで欲しい情報をまとめました!求人の特徴や種類を知って、自分に合った職種をみつけましょう。年代別の人気ブランドも紹介していますので、働くお店選びの参考にしてください。理解しておきたい年収の相場も、チェックしておくとよいでしょう。

アパレルバイヤー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

アパレル業界には販売員の他に「バイヤー」という職業があります。仕入販売を行っている会社の商品仕入を任されている人がバイヤーと呼ばれ、なんだか格好が良い名前ですが具体的な仕事はなんでしょう?普段はどんな仕事をしているのか、どうやってバイヤーになったのかなど知りたい人もいると思うので解説していきたいと思います。他の業種にもバイイングを行っているバイヤーはいるのですが、今回は憧れる人も多いアパレルのバイヤー求人にフォーカスしていきます。アパレルバイヤーのおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容バイヤーとは商品を買い付けることを専門にして仕事をしている人のことです。他の業界でも買い付け担当は各会社にいます

メンズアパレル求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが皆さんファッションは好きですか?好きにも度合いがあると思いますが、好きを仕事にできたら最高ですよね。今回はアパレル、特にメンズアパレルの求人について募集内容や疑問について解説していきます。メンズアパレル求人にはどんな種類があるの?求人の種類はアルバイトから正社員まで様々です。期間契約や派遣などの種類もあります。また、勤務地や事業形態も色々あるので簡単に説明していきます。メンズアパレル求人の募集でよくある施設や事業形態のパターンファッションビル渋谷などにあるいくつかの店舗が入っているファッションビル。ファッションに関わるお店のみが出店しています。外資系ファッションブランドや国内ファッシ

名古屋アパレル求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

名古屋は政令指定都市で人口は約230万人。日本でも5本の指には入る大きな経済規模の大都市です。また世界有数のモノづくり都市圏でもあります。自動車産業が有名な名古屋ですが、実は同じくらい「繊維産業」も有名なんです。そんな街、名古屋。名古屋でのアパレル求人のお仕事は一体どのようなものなんでしょうか。その特徴をご紹介します。名古屋アパレル求人のおすすめ募集内容の特徴おすすめの名古屋のアパレル求人にはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつかまとめさせていただきます。短期アルバイトまずはアルバイトに関するおすすめの求人です。夏や年末などのバーゲンの時期、こぞって名古屋の大型デパートがバーゲンセール

古着屋バイトのメリットや、そこで身に付く力とは?

古着屋の店員って、いつもお洒落で個性的な服を着てますよね。自信たっぷりでキラキラしていて、自分も古着屋の店員のお仕事をしたら、あんなに自信たっぷりに振舞えるのかな?そう感じる人も多いのではないでしょうか。服が好きな人がチャレンジしたいと感じるアルバイトとして、古着屋の店員さんがあります。いったい古着屋の店員さんのお仕事とはどういったものでしょうか。古着屋ってどんなところ?古着屋は新品ではない服を、定価より価格を安く設定し販売する場所です。もちろんヴィンテージ商品の場合、プレミアがついて定価より高くなることも大いにありますが・・・。しかし、古着屋と一口に言っても、実は色々な種類があるんです。商品

アパレル販売が上手な人の9個の特徴とその力を活かしたキャリアプランとは?店長を目指すべき?

アパレル販売と一口に言っても色々あります。綺麗な仕事と思われがちですが、裏作業もたくさんありますし、個々で接客についての勉強や洋服の知識を付けるためにリサーチしたりと努力をすることもたくさんあります。商品を売るだけでは顧客様獲得にはなりませんし、お店のファンを増やすこともできません。商品を売ることも大事ですが、どれだけお客様の気持ちをくみ取って応えてあげられるかが重要です。「アパレル販売」が自分に向いているか診断するにはこちら →アパレル販売とはどんな仕事?アパレル販売はショップスタッフとも言われます。キャリアアップとしては店長やエリアマネージャーです。接客を極めたい、新人スタッフを育成したい

アパレルの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ファッションやトレンドが好きな方は、アパレルの仕事をやってみたいと考えたことがありませんか?アパレルといえば「販売職」として働く方が多いため、百貨店やショッピングモールなどのショップで販売をやりたい!という方も多いでしょう。アパレルの仕事はどんな人が向いているのか、気になりますよね。この記事ではアパレルの仕事をひもとき、「向いている人」「向いていない人」について解説していきます。販売職のほかにもアパレルの仕事を紹介しますので、ファッションに関する仕事を希望している方は、ぜひ参考にしてくださいね。「アパレルの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →アパレルの仕事とは?どんな種類があるの?

アパレル年収や給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

一般的に給与が低めと言われているアパレル業界ですがステップアップできる環境もありますし、キャリアを積める制度もあります。しかし、やはりシーズンごとの洋服代やセール時などの繁忙期にはサービス残業しがちです。それでも、個人の評価をきちんとしてくれますので日々の努力が大切です。そういう部分を上司が結果として認めてくれたら自然と給与にインセンティブがつくようになり年収も上がります。それでも転職したいと思うのならば、今より待遇がいい会社やさらなるキャリアアップを目指していきたいと思うはずです。転職で失敗しないよう、転職サイトのエージェントの力を借りながら自分に合った会社を見つけてみてください。「アパレル

アパレル販売求人でよくある募集内容やおすすめの求人を選ぶ時のポイントを紹介します

接客の経験があれば比較的やりやすい環境にあるアパレル販売です。たくさんの洋服や小物に囲まれますので華やかです。アパレル販売求人について事前にインターネットで情報を集め、働いてみたいブランドや場所があったら直接店舗に行き雰囲気をつかんでみましょう。アパレル販売求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容接客業務が主体となります。勤務時間の多くを占めますので重要な役割です。そして接客後はどの店舗も接客からレジ対応まで一貫して行っています。会計時もイベント、セール案内をするチャンスです。接客はお客様ありきなので、常に笑顔で接客していくことが求められます。裏作業として店内清掃、商品の在庫管理、商品整理な


アパレル求人に関するコラム

アパレル店員とはどんな仕事?仕事内容や理想と現実、給料など、経験者があるあるを解説します

アパレル店員の仕事の具体的な内容はご存知でしょうか?また、雇用形態ごとの違いや勤務時間、ノルマについてなど疑問はいろいろあるかと思います。実は奥深いアパレル店員の仕事について今回は解説していきます。アパレル店員の仕事ってどんな仕事をするの?アパレル店員の仕事は、店頭に立ってお客さんに洋服の販売をするお仕事です。お客さんに似合う商品をアドバイスしたり新商品のおすすめをしたりします。お客様におススメの商品を伝えやすく、訴求しやすくできるように、お店のレイアウトやディスプレイ、自身のコーディネートなどを組み合わせます。アパレル店員の役割とは?お店ではこんな役割を担っています社員、アルバイト、派遣では

アパレルを辞める理由は何が多い?8個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

ファッションやお洒落が好きな人にとって、アパレルのお仕事はとても魅力的ですね。でも、一口にアパレルのお仕事と言っても種類は様々。デザイナーやパタンナー、バイヤーにショップ店員など、とても種類が豊富です。そして、せっかくアパレルの仕事に就いたのに、転職を考える人もいます。今回は、何故アパレルの仕事を辞めてしまうのか、その理由に付いてご紹介したいと思います。アパレルを辞める8個の理由とは?筆者もアパレルのショップ店員を経験したことがあります。私はアルバイトだったので、お店の方針で正社員以外は勤務時間が短くなると言われ、やむなく転職しました。アパレルの仕事を辞める理由とはどのようなものがあるか、挙げ

アパレル店長の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

アパレルショップの店長の仕事内容とはどんなものがあり、どういうやり甲斐や楽しさ、辛さを持っているのでしょうか?経験者である筆者が、実体験をもとにズバリお教えします!これからアパレルショップの店長を目指すひとや、いま駆け出しの店長さんたちの参考になれば幸いです。当然ひとくちにアパレルショップと言っても、メンズ、レディース、ヤング、アダルト、カジュアル、フォーマルと、当然いろいろなカテゴリーはありますが、ここでは全てに共通するであろう普遍的な部分のお話をさせて頂きます。アパレル店長の仕事には10個の業務があるそれでは、実際のアパレル店長の仕事内容を紹介していきます。リサーチまずは地域の競合店の様子

アパレル営業が上手い人の9個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

アパレルの営業がしたい!という方が多いか少ないかはわかりませんが「自分が好きなブランドの服や雑貨が置いてあるお店が少ない」と思うことありませんか?営業とはその「好きなブランド」をできるだけ多くのお店へ置けるように日々努力している人達です。これからアパレル営業とは?について細かく解説していきますので是非読んでみてください。アパレル営業とはどんな仕事?アパレルの営業と言っても他業界の営業とそれほど違いはありません。会社でブランドを作ったとして、売る場所が無いと困りますよね?自社ブランドだけではありませんが、扱っている商品を売る場所を作りに行く仕事を営業職と言います。アパレル営業の大まかな仕事内容扱

アパレル業界が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆様はアパレル業界にどんなイメージをお持ちでしょうか。最先端の洋服や靴やバッグを身に着け、常にお洒落で華やかな業界だと思う方も多いでしょう。憧れている方もいるかと思いますので、今回はアパレル業界が向いている方の特徴や仕事を始めるには?などについて解説していきます。アパレル業界が向いている人の7個の特徴とは?まずはアパレル業界の仕事に向いている人について考えてみます。業界内でも色々な職種がありますが、向いている人には共通した特徴があるようです。コミュニケーション能力基本的には接客業なのでコミュニケーションは必須です。販売員であれば初対面の方と話をする機会が多いので、自然に会話できる方が良いでしょ