商社の仕事は、新卒生や就活生にとても人気で特に商社の総合職は、海外赴任や海外出張のチャンスがある仕事のため、日本だけでなく世界とつながれることから人気の高い仕事になります。

募集要項などをみていると選考に関しては人物像をみて選考する旨を記載している商社もありますが、基本的には優秀な学生が集まりやすいため、毎年熾烈な採用争いをしなければ商社で働くことができません。

ただ、優秀な学生だから必ず採用されるかというとそうではないのが商社の採用試験です。

今回は、商社の仕事についてスポットを当てて商社の仕事のやりがいや商社の仕事に向いている人、向いていない人などについて紹介していきます。

商社ではどんな仕事するの?

商社の仕事は、各会社により強みや得意とする分野・国が異なりますが基本的には何か必要なものを買いたい人と何か売りたい人を繋げる仲介役を買って出たり、新興国が発展していくサポートをしながら将来的に経済発展した際のリターンを得るための投資をしたり、政府が力を入れる分野の仕事をサポートしたりと一言で言ってしまえば何でも屋さんです。

また、商社は、自ら製品の在庫を抱えて製品を製造することはしません。

あくまでも売れそうなもの、流行りそうなものを見つけて購入し、そこに自らの取り分を加算してニーズのある会社に販売しています。

商社の業務別の大まかな内容

ここ数年、商社の中でも部署として様々分野に携わっているケースとカンパニー制度を導入して分野毎にカンパニーとして組織を形成するところに分かれてきました。

最近のトレンドは、カンパニー制にして小さな組織をそれぞれ形成していくことなので、ここではカンパニー制にしている商社の仕事内容を例にして紹介していきます。

繊維関連

繊維関連に特化して繊維に関わる部署を集めて組織しています。

アパレル部門やマーケティング部門などを設置してアパレル関連の会社に買い付けたアパレルを売る部署、営業のような部署もあれば、市場調査をし、流行りそうな商品や売れそうな商品を仕入れたり、売ったりする部署もあります。

仕事内容

主な仕事内容は大きく分けて3つです。

買い付け、販売と市場調査になります。

買い付けは国内だけに留まらず、海外の会社へ買い付けに出向くこともあります。

既存の取引先から購入することもあれば、新規開拓した購入先から購入することもあります。

国内外の取引先の要望に応じて柔軟に買い付け先を選択肢、会社に利益があるように調整する役割も担います。

販売は既存の取引先に商品を卸すことです。

もちろん既存だけでなく新規開拓した販売先に卸すこともあります。

最後にマーケティングは、売れそうなものやこれから流行りそうなもの、日本にまだ流通していないけど海外で流行っているものなどを中心に市場調査をし、売れるかどうか売れたとしても利益がどれだけ出るかなどについて調べていきます。

食品関連

食品関連に特化している部署やカンパニーがあります。

通常の食品メーカーの場合は、営業や生産、品質管理、物流部などの部署がありますが、商社の場合は、部署にせよ、カンパニーにせよ、扱う食品をもう少し細かく分けて担当しています。

例えば、食肉関連、野菜関連や水産関連と分けたり、もしくは農産関連として野菜全般を含む農産物、コメや小麦などをまとめて担うチーム、畜産関連にして乳製品や食肉などを扱うチーム、そして水産関連として海鮮や海藻などを取り扱うチームなどに分けています。

もっと細かく分けているところは、調味料関係やコーヒーなどの飲料関連、油関連や卸す先担当の流通部門などがあります。

仕事内容

食品関連の商社の主な仕事は、食品の買い付けと流通です。

基本的には卸の仕事なので、お客様の要望に応じて国内外より仕入れて販売することが仕事になります。

食品関連の場合は、扱う食品により部門が細かく分けられていて、調味料と食品でも部署が異なります。

例えば、テレビでよく見かけるボジョレヌーボーなどは解禁日に合わせてフランスから輸入してきていますが、この輸入を担当するのは商社の仕事です。

各取引先から扱う予定本数や希望の仕入れ本数を加味しながら現地の販売会社や現地の商社から毎年買い付けをしてきています。

機械関連

機械関連の仕事は、自動車業界向けや航空業界向け、船舶業界や宇宙開発など生産に携わることです。

とはいえ、商社なので直接生産に関わることはありません。

しかし、生産に必要な部品を購入するにあたり、商社が製造会社やメーカーに変わり、国内外から必要な部品を調達します。

商社によっては特定の会社に対して専門部隊を用意して取引を行っているケースもあります。

仕事内容

機械関連の仕事は、国内外で買い付けた部品を取引先に売るもしくは取引先が必要としている部品の購入を希望した場合、取引先に変わって最適の部品を探したり、調達したりを担います。

商社の仕事に向いているのは?

商社の仕事内容を紹介したところで商社を目指している人や商社への応募を検討している人にとってどんな人が商社に向いているかとても気になるところです。

商社に向いている人はどんな人なのかここではいくつかの特徴をピックアップして紹介していきます。

ここで紹介する商社の仕事に向いている人の特徴はあくまでも一部ではありますが、実際に商社で活躍している人の多くに共通することではあります。

コミュニケーションスキルが高い人

商社は、社内外でコミュニケーションを多く摂る必要がある仕事です。

実際に製品を作らない、製品をストックしないからこそ製造会社やメーカーなどに問い合わせたり、担当する業務よっては国内外の製造工場などへ出向き直接買い付けをすることもあります。

買い付けたらそれで終わりではなく、買い付けた商品をいかにコストを抑えて搬入するかも課題になります。

言い換えると商社は購入して販売する製品は売りたい会社と買いたい会社をつなぐ架け橋のため、常に色々な人と綿密にコミュニケーションしていかなければ仕事が成り立ちません。

そのため、コミュニケーションスキルが高い人は、商社の仕事に向いています。

好奇心が旺盛な人

商社の仕事で特に投資関連を扱う部署やファッション関連の部署で活躍したいのなら好奇心が旺盛でないと務まりません。

投資関連は、新興国でこれから発展するであろう国や今、発展してきている国に対して投資を行いますが、テレビやニュースでよく報道されるからといってじゃあ投資をしようということはできません。

様々な情報を収集して様々な角度から分析して投資するかしないかを判断しなければなりません。

つまり、好奇心が旺盛な人の場合は、知りたい欲が強いので細かく調べたり、分析したりすることができますので商社の仕事に向いているといえます。

フットワークが軽い人

フットワークが軽いことは商社の仕事に向いているといえます。

商社の仕事は、フットワークがとても大切です。

躊躇していたり、迷っていたり、足踏みして判断を迷っていると他社に取られたり、決定した頃には流行りが終わっていたもしくは他社によってマーケットを抑えられてしまいます。

フットワークが軽い人に共通するのはすぐ行動を起こすことです。

もちろん闇雲に行動を起こすことではなくちゃんとした分析や理論に基づいて行動するのですが、フットワークが軽い人は一連の流れの判断が早く、行動に移すまでのタイムラグがありません。

柔軟性がある人

商社の仕事は、在庫を持たないため、いつ何が起こるか予測できない部分もあります。

例えば、売れるであろうと思ったアパレル商品を多めに輸入したら売れなかったということもありますし、逆にあんまり売れないだろうからと少なめに仕入れた商品が爆発的に売れたりすると調整が必要になったり、代替え案を用意しなければならなかったりします。

マニュアル通りの結果にはなりませんし、予測不可能なことが起こる可能性もあります。

その都度、行動に移せなかったり、代わりの策を用意できなかったりではお客様からの信頼がなくなってしまいます。

柔軟性がある人は、臨機応変に対応することが可能なので商社の仕事に向いているといえます。

分析力が優れている人

商社の仕事で特に投資関連やアパレル関連は市場調査や分析が大切になります。

どの国がこれから発展していくのか、どの国がこれから成熟していくのかなどを様々な情報と共に分析しなければなりませんし、アパレル関連の場合は、今年の春に流行るものは何かや冬に流行るものをは何かなどを前の年から考えたり、予測したりしなければなりません。

分析力が優れている人は様々な情報を元に一つの結論だけでなく、多角的に市場を見て判断することができるため、商社の仕事に向いています。

逆に商社の仕事に向いていない人の特徴は?

先ほどは商社の仕事に向いている人の特徴を紹介しました。

やはり次に気になるのは、じゃあどんな人が商社の仕事に向いていないかではないかと思います。

ここでは商社の仕事に向いていない人の特徴についてまとめました。

人と接することが苦手な人

コミュニケーションが大切な仕事スキルの商社で、人と接することが苦手な人やコミュニケーションができな人は、商社の仕事に向いていません。

社内外で様々な人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めることが多い、商社の仕事は、人と接する機会も多く、誤解や誤認を防いだり、相互理解が正しいのか確かめあったり、ニーズをくみ取ったりするためにはコミュニケーションがとても大切です。

人と接することが苦手な場合は商社の仕事に向いているとはいえません。

柔軟性がない人

商社の仕事は、不測の事態や緊急事態が起こります。

予めきちんとした分析を元に準備していたとしても何かしらの問題は発生してしまいます。

その度に臨機応変な対応が求められますが、柔軟性がない人は、臨機応変に対応することができない可能性が高いため、商社の仕事に向いているとはいえません。

フットワークが重い人

フットワークが重い人も商社の仕事に向いていません。

マーケットの情報をいち早くキャッチして他社より早く動くことで会社に売り上げや利益をもたらす確率が高くなる場合、他社がやったことないような仕事や初めて携わる仕事の場合は二の足を踏んでしまいがちです。

しかし、確たる情報としっかりとした分析を元に判断した場合は、すぐに行動しなければチャンスを失ってしまいます。

フットワークが重い人の場合は、すぐに行動することができない可能性があるため、商社の仕事に向いているとはいえません。

商社の仕事で身に付くスキルや経験は?

商社の仕事をすることで身につくスキルは何なのでしょうか?

商社の仕事をしてみたい人や商社の仕事に興味のある人からしたら商社で働くことでどういうスキルが身につくのか知りたいところです。

ここでは商社の仕事で身につくスキルなどについて紹介していきます。

コミュニケーションスキル

商社の仕事をすることで身につくのは、コミュニケーションスキルです。

社内外の様々な人とコミュニケーションする機会の多い、商社の仕事は、コミュニケーション能力を高めることができます。

また、日本語だけでなく、海外に携わる部署の場合は、英語や中国語などの他言語のコミュニケーション能力も高めることが可能です。

ビジネスマナー

商社の仕事は、特に営業の場合、取引先やお客様だけでなく仕入先やサプライヤーと打ち合わせをすること機会が多いため、ビジネスマナーを身につけることができます。

専門知識

商社は各部門や各カンパニー毎に扱う商品が異なります。

言い換えると一つの分野に特化した専門的知識を身につけることが可能です。

例えば、自動車系に特化した部署の場合は、自動車だけでなく自動車部品に関しての知識などが身につきます。

商社で勤務することは専門知識を身に付けるチャンスでもあります。

その後のキャリアについて

商社で働く上でどのようなキャリアアップや将来的なキャリアがあるのか、ここでまとめてみました。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

商社内でのキャリアアップの場合は、同部署内で役職につくことが考えられます。

係長や課長、次長、部長などの役職としてキャリアップするケース、他部署へ転籍するケースなどがあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

商社の仕事をしていてよくあるのは、お客様のところで気に入られてそのままお客様のところで働くケースです。

例えば、営業力を買われて営業マネージャーとしてのポジションを用意してもらって転職したり、語学力や行動力を買われてお客様の現地法人へ転職するケースなどがあります。

まとめ

今回は商社の仕事や商社の仕事に向いている人・向いていない人にスポットを当てて紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

商社の仕事は、実際に物を作るわけではありませんが、色々な分野の人と関わることができ、大きな案件やチャレンジできる環境にあるため、やりがいのある仕事が多くあります。

商社の仕事に興味を持った人はぜひ商社の仕事へ応募してみてはいかがでしょうか?


関連キーワード

商社求人