商社の仕事にはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

厳しそう、忙しそう、などたくさんのイメージを思いつくと思います。

そして、これから就職する人、転職してみようとする人に商社求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて紹介していきます。

商社での仕事にはどんなものがある?

まず最初に商社の仕事はどのようなものがあるのかご紹介していきたいと思います。

大きく分けて二種類の仕事の役割があります。

一つ目が「営業」、もう一つが「事務」です。

この二つが商社の仕事になります。

他のどの会社となんら変わりませんので、簡単にではありますが説明をしていきましょう。

会社を支える売上のキーマン、営業

どの仕事もそうですが、営業の売り上げがあってこその会社の存続だと私は思っています。

「営業なくして会社は成り立ちません。」と私は主観的に思っています。

私の主観はさておき、まずは商社の仕事の一つは営業です。

主にやるべきことは新規開拓と既存の拡張です。

物を売るのはこのためにやるべきことの一つです。

もちろん売り上げをあげることノルマや目標設定がありますが、それをクリアするためにはこの二つが重要となります。

逆に新規開拓と既存の拡張をしっかりと行っていれば、ノルマや目標は簡単にクリアできるでしょう。

商社営業の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

商社の根本をしっかりと支えてくれるありがたい存在、事務

私は営業をやっておりますが、事務の方の助けなくして営業は成り立ちません。

営業が成り立たないイコール会社が成り立たないのです。

それほどに事務は重要な仕事でもありますし、大切な存在なのです。

営業が前線で仕事をしているのならば、事務は後衛で補助として活動しています。

書類の手伝いや売上処理、納期確認など様々な補助のスペシャリストなのです。

これにより営業は基本事務の方に頭はあがりません。

上がっても上げません。

商社の色々をサポートするその他の仕事

その他という表現はどうかとは思いましたが、ここに集約したいと思います。

基本的に売り上げに直接的に関わらない仕事の人です。

たとえば総務部、経理部、人事部などの会社の仕組みを管理してくれる方々です。

このような部署の人は特殊な知識が必要な場合があります。

例えば経理なら簿記が必要などです。

新人の場合はそんなに知識は必要ないと思いますが、転職を考えている人はその辺りの「求めらえるスキル」は確認した方が良いでしょう。

営業や事務を違う部署から管理をしてもらい、提出漏れや書類に不備がないかなど本当に細かいことをしてくれます。

そして、厳しいです。

営業の私から見ると恐怖でしかありません。

ですが、ここの部署の方々は厳しくしないと会社全体に迷惑がでてくるのです。

最近コンプライアンスがとても厳しい世の中になっています。

そこの最終確認をしてくれていますから厳しいのは当然です。

簡単にそして私の主観が入った仕事の説明をしました。

おそらく、どの会社も一緒だと思います。

営業がいて事務がいてそれをまとめてくれるその他部署があるのです。

この仕組みを知っている人はそのままでいいですが、これから社会を知っていく人は是非覚えておいた方がよいと思います。

また別途で会社の仕組みを勉強してみるのも良いかもしれません。

商社求人でよくある募集内容とは? 

商社の仕事内容を説明したところで、次はよくある求人内容に触れていきます。

私も転職組であるので求人サイトは良く見ました。

そこで求人サイトのよくある募集内容をお伝えできたらと思います。

良い悪いではなく、こういうことが書かれてますよという内容です。

会社名

これは掲載している会社によって変わってくると思います。

募集している会社名を書いている就職・転職サイトもあれば、会社名を伏せて業界だけ書いているサイトもあります。

おそらくこれは就職サイト運営会社と募集している会社の取り決めだと思います。

会社名で決めてほしくない会社もあれば、有名な会社だと社名を出すだけで応募が集まります。

名前を出すだけで圧倒的に有利なときもあるわけです。

あとは純粋に求人条件で比べてほしいという、就職サイト側の意向の場合もあります。

就職サイト運営側も社名だけで人の応募が偏ると、他の会社からクレームがくるときもあります。

なので、公平にするためにも社名を出さないと決めている場合もあるのです。

選ぶ人からしたら名前が出ていた方が安心はするとは思いますが。

給与相場

最近の就職サイトは年収例で書いていることが多いです。

年収を書いた方が多くもらえるように見えます。

そのためしっかりと自分の中で月収に変えて計算をしましょう。

月の給与+賞与も入っているはずです。

月の給与が低くて賞与が高い場合もあります。

その場合はちゃんと確認をしていくようにしましょう。

参考として手取りの計算で月25万を12か月で300万、そして賞与が二か月分が二回の計算で350万です。

20代の人でしたらこれくらいの基準をもっていただけたらよいと思います。

30代の人は400万からを目指すのも良いと思います。

月収で書かれている場合はいくら~いくらと書かれていると思います。

逆にこの場合は年収に計算して確認してみても良いと思います。

最低と最高の金額の確認をしてみてください。

入社してみてこんなはずではなかったと思わないようにしましょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間はあまり変わらないように思います。

基本は9時から17時45分か18時まででしょう。

確認するべきことは残業です。

月平均でどれくらいの残業があるのかです。

おそらく少なめに記載しています。

ここからは予想の範囲内にはなると思いますが、これはサイトだけでは確認できないので、実際に聞いてみましょう。

業界にはしては少なすぎる場合などもあります。

ですが、最近はコンプライアンスは働き方改革などで残業がかなり少なくなっているのも間違いないです。

なので、あまりネガティブに考えすぎなくてもよいと思います。

必要なスキルや資格、経験

商社の中でどのポジションに入社を希望するかによりますが、そこの仕事に関係する資格や経験があると有利なことは間違いないです。

中途採用で入る人は少し影響が出てくると思います。

全く経験がないと言ってしまうと、明らかに経験者と比べられて苦しくなってくるので、全くないとは絶対に言わないようにしましょう。

どこかしらで経験しているまたは似たようなことを経験したことがあると伝えましょう。

例えば営業職をするとして今まで飲食業で働いていたと仮定しましょう。

その場合営業活動をしたことはなくても飲食の仕事においてお客様とコミュニケーションをとっていた、またはおすすめのメニューを勧めていたなど、直接物を売ったことのあることがなくても人とコミュニケーションを取れること、メニューを勧めていたなど間接的でもいいので営業に関連することを伝えましょう。

これを言うことでかなり印象は変わります。

あと、そのような経験を昔にしていたので、そのまま昔の出来事と言わないようにしましょう。

昔=今はできないと思われてしまうことを防ぐためです。

表現としては経験があります、またはできますという表現をしましょう。

今もできますよと印象づけることが大切です。

全くのウソをつけという話ではありません。

伝え方や伝わり方はたくさんあります。

なので、少し工夫すること、見方を変えることで表現はかなり変えれるのです。

営業の話を例にして出しましたが、これはどの職種も一緒ですので意識してみてください。

あと、営業の人に限りますが運転免許は持っていた方が良いです。

営業では車の運転は必ずやってくると思ってください。

なので、持っていない方は至急取得するようにしてください。

全体的にはPCの経験はあった方がよいと思います。

今の仕事はどの職種でも大抵PCを使用します。

なので、特殊な操作ができなくても基本的なところをなんとなくできていることが重要です。

そのためには普段からPCを使って何かをする習慣をつけたらよいと思います。

例えばネットで何かを買う場合やSNSをする場合もスマホで行うのではなく、PCから行うなど日々のやることをスマホからPCに変更するだけでだいぶ違います。

商社のおすすめ求人のポイント、選び方や注意点

ここでは商社を選ぶことに関してのおすすめポイントまたは注意点を書いていこうと思います。

ですが、これはあくまでも私の基準で書くので参考程度にしてみてください。

その仕事に経験がない人や少ない人は

未経験者の人に対しては未経験大歓迎という言葉はかなり魅力的に感じると思いますが、私的にはこのフレーズはあまり好きではありません。

仕事内容はともかく、そこに意識を取られてしまうような気がします。

実際に聞いてみないとわかりませんが、未経験大歓迎は気にせずに選んでいきましょう。

未経験だからこれを選ぶしかないと考えるのは少し違うと思います。

自分のしたい仕事をちゃんと選ぶようにしましょう。

逆に経験者しかNGという会社もありますが、これも一度確認してもよいと思います。

チャンスはあると思います。

さすがに業界経験者のみは少し難しいと思います。

金融系はこのような感じが多いです。

確かに知識が必要ですし、働き方も少し違ってくるので、ここにチャレンジしたい方は似た業界で経験を積み、チャレンジしてみるとよいと思います。

希望職種に経験がある方は

自分の好きな希望でどんどん応募しても良いと思います。

その場合少し強きでいくことをおすすめします。

これはハードル高いと感じてもどんどんチャレンジしていきましょう。

例えば事務の方によくありますが、PC経験の中で「Excelのマクロやピポットテーブルの基礎知識がある人募集」は実際に完璧にできなくても構わないと思います。

少し見たことがある操作したことがあればOKだと思います。

なので、今働いている会社で試しに使ってみたらよいと思います。

これで経験があることになるので。

よく完璧にできなければダメのように受け取る人もいますが、実際にそんなことはないです。

働いてみるとマクロの一部しか使っていなかった、ピポットもそんなに頻繁には使わないなんてことはざらにあります。

なので、特別意識し過ぎることはないと思います。

職場の最寄り駅は重要!

私は特に感じます。

家から職場まで近いと朝がゆっくりと過ごすことができます。

そのため、会社の最寄り駅は絶対に確認します。

そして、最寄り駅から徒歩でどれくらいなのかも必ず確認します。

できれば家の最寄り駅から会社の最寄り駅まで30分以内、会社の最寄り駅から10分以内が理想です。

1時間以上かかると遠いと私は認識しています。

あと、最寄り駅が栄えている場所だとよい嬉しいです。

仕事帰りに色々と寄り道することができますし、休日でも会社までの定期券があるのでただでいけるからです。

なので、職場の最寄り駅を意識することをおすすめします。

年間休日

商社を選んでいく中で年間休日はとても大切です。

商社はメーカーと違い会社や取引している顧客によって休みが違います。

少ないところは少ないですし、あったとしても一般の人とズレたところで休みを取る必要があるときがあります。

なので、おすすめとしては年間休日122日以上、そして土日祝の休みです。

たまに月に一度の土曜日出勤がある記載がある会社がりますが、その時は代休をどこかで取ることはできるのかをちゃんと確認しましょう。

給料

先ほども書きましたが、年収であれば350万以上と選択基準として選んでいきます。

少なくても320万くらいにします。

最低の給料としては20万以上はほしいですし、欲張ってよいと思っています。

もし、賞与は関係ないという人であれば手取りで給与20万円の一年で268万円からでも良いとは思いますが私は賞与もちゃんとほしいので、350万円を基準に見ています。

以上簡単におすすめを書きましたが、実際はみなさんがどのよう働き方をしたいかです。

私はどちらかというと、働く内容よりかは働く環境を充実させたい派です。

働く内容にこだわる人にとってはあまり気にしない人もいると思いますので、みなさんそれぞれが本当にどうしたいのかを基準に動くと良いかと思います。

商社の求人についてよくある疑問 

こちらでは求人についてのあるある疑問に答えていきたいと思います。

未経験は大丈夫?

私自身は大丈夫だと思っています。

商社によってシステムは違いますし、働き方も違うので基本はゼロからのスタートなので、そんなに気にする必要があるとは思っていません。

しかし、先ほどもお伝えしましたが特別な知識や経験があるところは少し難しいので、そこは注意してほしいです。

残業が多い?

商社によりますし、職種にもよると思います。

一概には言えませんが、時期などで残業が多い時もありますし、業界によっても違うと思います。

そこは確認する必要があります。

ですが、最近はコンプライアンスの強化などで残業をより少なくする動きが強くなっているので、他業種に比べて突出して多いということはないと思います。

あとは自分がどれだけ残業をなくしていく努力をしていくかだと思います。

どういう人が採用されやすいですか?

正直、能力や知識がある方が採用されやすいと思います。

ですが、面接の際の印象もとても大切です。

いくら経験があってもコミュニケーションが取りにくい人は採用されないと思います。

逆に知識、経験が浅い人でもコミュニケーションが取れる人ややる気がある人、熱意のある人は採用されると思います。

会社は一緒に働ける人を探しています。

そのため、一緒に働ける印象をつけた方が勝ちます。

なので、知識、経験で劣る人はコミュニケーション能力を磨くと良いと思います。

福利厚生はどのようなものがありますが?

こちらも商社によります。

規模や業界によって違いはあると思いますが、全くないことはないと思います。

基本的なものはあると思いますし、労働組合もあると思います。

そこは確認していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ざっと書かせてもらいましたが、お役に立てたでしょうか。

商社に関してはかなり幅が広いのでたくさん悩んで考えてもよいと思います。

逆に言うときっとみなさんに合う商社はあります。

なので、「~だからできない」のではなく、「どうすればできるのか」という考え方をもって就職にチャレンジしてみください。

そうすればきっと良い結果が付いてくるはずです。

みなさんのご健闘を祈ります。


商社求人についてもっと深堀りした情報を見る

商社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

商社の仕事は、新卒生や就活生にとても人気で特に商社の総合職は、海外赴任や海外出張のチャンスがある仕事のため、日本だけでなく世界とつながれることから人気の高い仕事になります。募集要項などをみていると選考に関しては人物像をみて選考する旨を記載している商社もありますが、基本的には優秀な学生が集まりやすいため、毎年熾烈な採用争いをしなければ商社で働くことができません。ただ、優秀な学生だから必ず採用されるかというとそうではないのが商社の採用試験です。今回は、商社の仕事についてスポットを当てて商社の仕事のやりがいや商社の仕事に向いている人、向いていない人などについて紹介していきます。商社ではどんな仕事する

商社への転職を成功させるために!狙い目な会社の2つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

商社は大学生の就職先で人気が高い分野です。商社は、自社で何かを作るというよりは様々な分野に携わっていて幅広く事業展開をしている会社です。日本で有名な大手商社は、伊藤忠、三井物産、丸紅などがあります。どれも名だたる日本の商社ですが、得意としている分野が異なっています。そのため、商社にチャレンジするのなら商社といってもどの分野に興味があって、どういうことがしたいのかを考えておかなければなりません。今回は、商社についてまとめてみました。商社の職種や転職するためのポイントを紹介していきます。商社の仕事に興味を持っている人や商社に転職したい人などぜひ参考にしてみて下さい。商社にはどのような職種の募集があ