保健師とは保健センター、保健所、医療機関などで働く人間を指します。

そもそも保健師とは何かというと、地域活動や保健指導などを行い病気の感染防止や予防、健康増進を促す地域看護を行う仕事です。

よく保健室の先生ではないのか?と質問されることが多いのですが、保健室の先生ではあるのですが多少異なる部分があります。

保健師を考えている人、また看護師資格を取得されている方は是非保健師の仕事内容についてチェックしてみてください。

保健師の大まかな仕事内容

保健師の大まかな仕事内容に関してですが、保健師は地域もしくは病院内などの保健指導や健康管理を行います。

看護師の資格を持っているので看護師の業務を行うことは出来ますが、予防注射や怪我などの応急処置という感じですね。

看護師は病院内で患者の世話を役割がありますが、保健師は子供への虐待の疑いがある家庭や認知症やその他の難病者の家庭を訪問して相談に乗ったり健康増進についても指導する役割があります。

看護師も社会で果たす役割は大きいのですが、保健師は予防医療であると思ってください。

予防医療は怪我や病気を未然に防ぐため、社会に大きく貢献している仕事でもあるのですよ。

保健師の仕事は大きく3個の役割に分けられる 

保健師の仕事は大きく3個の役割に分けられます。

学校保健師、行政保健師、産業保健師ですね。

ただ学校保健師の場合は他の2つと異なり、看護師資格や保健師の他にも必要なものがあると思ってください。

学校保健師

学校保健師はいわゆる保健室の先生のことになります。

これを言うと一発で理解してもらえることが出来るかと思います。

誰もが学生時代保健室に行ったことがあるので理解が出来るかもしれませんが、大体保健室の先生というと怪我の手当てをしてもらったり、体調が悪い時に寝かせてもらうことが出来たという風な記憶があるでしょう。

間違っていませんが、生徒や職員全員の健康管理を行う仕事であると思ってください。

よく朝礼の時に今月はうがい手洗いをしっかりするようにと言われたことはありませんか?

あれは保健室の先生が考えているんですよ。

その他にも教室に通えない子供がせめて保健室に来れるようにしている保健室学級なるものが存在しました。

子供の精神的なケアも行っているという感じですね。

ただし他の保健師とは異なり、保健室の先生は養護教員免許が必須となりますのてその差があると考えておきましょう。

行政保健師

行政保健師というのは、各都道府県にある保健所や保健センターで働くスタッフのことを指します。

実は行政保健師は公務員扱いになるんですよ。

市民の健康をサポートする役割だと思ってもらえるとよいかもしれませんね。

こちらは公務員試験に合格しなければいけません。

産業保健師

会社などにある医務室の先生のような役割になります。

こちらは会社で働くスタッフの健康管理やストレスなどの対策等の環境改善に取り組む役割ですね。

スタッフが元気に仕事が出来るように健康管理を行うのが産業保健師なんですよ。

近年か過労による精神的な病で自殺をされる方や、また休みを頻繁にもらう人間が多くなっています。

時々ストレスチェックなどを行ってメンタルケアが出来るようにもして行っていますね。

学校保健師の3個の業務

学校保健師の仕事についてお伝えしていきましょう。

小・中・高・大・専門や短期大学などにいる保健室の先生ですね。

業務としては急病患者の介抱や応急処置、生徒・職員全員に健康増進や病気の予防に関するアドバイスを行う仕事です。

またテレビなどでよく見るような学生同士のいじめなどや、生徒が先生に行うセクシャルハラスメントやアカデミックハラスメントなどのメンタルヘルスケアに関してのニーズも高まっています。

生徒・教員全員の健康管理

学級だよりなどで保健室の先生が、インフルエンザに気を付けようなどの張り紙をしているのを見たことはありませんか?

病気などの予防に関する知識は全て保健室の先生が考慮し、作成しています。

時期によって病気や何に気を付けなければいけないかというのは知らない人が多いのですよ。

私は元々医療系の職業についていたのである程度は知識はありますが、一般の人は全く知りません。

例としては春はノロウイルスなどの感染症が流行っており、下痢嘔吐がとても酷い時期です。

そもそもウイルスの感染経路、またどういう対策が必要かも知らない人が多いため指導を行うという感じですね。

教員はともかく、子供はあまり危機感を理解していない子が圧倒的に多いので、学級だよりなどのプリントを親御さんに渡して気を付けてもらうように心がけてもらうというのも学校保健師の仕事になります。

急病患者や応急処置

自分の子供の頃ってよく保健室の先生にお世話になりませんでしたか?

急病患者や応急処置でお世話になっていた方も多いでしょう。

小学生や中学生の場合は怪我で保健室に担ぎ込まれるなんてことはしょっちゅうあります。

学生時代男子がよく殴り合いの喧嘩をしたりふざけて遊んでいたら怪我をしてしまったなんてことはよくある話です。

たださすがに応急処置程度しかできないため、深い傷の場合は病院に搬送という形になります。

看護師免許はあるものの医者ではありませんので、病状を聞いてこの病気だと判断することが出来ないのですよ。

心の健康管理

学校には様々な生徒がいます。

近年ニュースでよく見るのがいじめにより自殺までする子供ですね。

ニュースに出ているのはほんの一部であり、実際は自殺までではないけど教室に行くのが怖いという生徒もいるのです。

自分の学生の時いじめってありませんでしたか?

いつの時代も学校になじめない生徒というのはいるものです。

まだ保健室に登校しに来ているのであれば救いはあるのですが、保健室ですら来てくれていない生徒も多いんですよ。

いじめだけではなく教員がセクハラをしていたなんていう事件も多発していますからね。

この件に関しては刑事事件にも関係してくることもあるので、気を付けてみておかないといけません。

行政保健師の2個の業務

行政保健師の仕事は地方公務員という役割が一般ですが、まれに国家公務員として働いているスタッフもいますよ。

こちらは市民全体であるため老若男女問わず、全員の健康をサポートするのが役割となります。

仕事内容に関しては新生児がいる家庭への訪問や妊婦さんなどの保健指導、乳幼児健診や風疹ワクチンなどの予防注射なども携わっているのです。

これは子供がいる人でないと分からないことでもあるのですが、最近では子供の虐待がとても多いため私の住んでいる地域では新生児がいる親御さんにストレスチェックなどのアンケートを実施しています。

地域のケアシステムを構築

地域のケアシステムを構築させ、心身ともに健康になる方法を考えていくのも仕事の1つです。

高齢者や身体障害者などにもサポートを行い、毎日過ごしやすいようにシステムを構築していくことでニュースで見るような事件を未然に防ぐこともあります。

特に新生児なの場合は本当に精神的に参っている人間も多いため精神的なケアも行っていることも最近は多くなっているのです。

単純に体だけのケアではなく、精神的なケアも行っているという形ですね。

健康づくりのための教室を開催

健康造りのための教室とはどんなものか?ということですが、メタボリック予防教室や正しい運動の仕方などを他の人に指導していきます。

実は健康づくりって結構勘違いされている人が多いんですよね。

ほとんどの人は自分勝手な判断で勝手にこれは健康に良いと思っている人がたくさんいました。

特に昔みのもんたさんがやっていた思いっきりテレビという番組が放送されていた時代が酷かったという話を聞いたことがあります。

テレビによりこれが健康に良いという思い込みをしてしまう方もいたため、大変だったという話でしたが現在はやらせも発覚しているため話半分で聞く人も増加しているんですよ。

そのため何が健康に良いか分からなくなってしまったという人もおり、そういう人のためにも教室を開きまた自主的に健康になるためにはどうしたら良いかという人もよくいます。

また妊婦に対して沐浴指導などを行うこともあるのです。

産業保健師の3個の業務

産業保健師の場合は企業で働く大人が対象となります。

こちらは学校保健師と近い仕事なのですが、まだコミュニケーションが他の所よりも取れやすいかもしれませんね。

従業員が50人以上いる企業には必ず産業保健師を在住してもらうようにしているので、全ての企業に産業保健師がいるわけではないのです。

健康診断結果のデータ整理・分析

各スタッフの健康診断の結果を保存しデータ整理や分析を行います。

そのためパソコンなどを使用するので、ある程度使えるようにしておかないといけませんよ。

健康診断の分析などを何するのかということですが、看護師や医療系に携わっている人間は血液検査の値を見ただけで何が悪いのかということを理解出来ます。

検査というのは正直なもので、メタボリックや生活習慣病などの疑いのある人間に対して指導をしなければいけません。

保健指導

健康診断以外にストレスチェックなどを行います。

近年過労が多発しているブラック企業があまりにも多いため、そのせいで死去される方も多いのです。

それを未然に防ぐのが産業保健師の役目なんですね。

ストレスチェックなどで危険信号を察知し、医師の診察を受けるように促すのも保健指導の1つです。

環境改善

環境改善というのはストレスチェックなどで判明した原因に対して、改善案を出すという所ですね。

過労に関しては上司なども責任があるため、これを改善しろと直接いうことは出来ないのです。

健康診断などのデータに関しては個人情報であるため他の人に言うと、個人情報流出となってしまいます。

それ以外にも職場の衛生的に環境が悪い部分もあるので改善するように仕向けるのも1つの仕事です。

保健師の仕事の良いところ

保健師の良い所をアップするとやりがいや面白いポイントはありますね。

色んな人と仲良くなれる所や自分のためにもなるという所でしょうか。

意外と働いてみないと分からない所もあるものです。

やりがいを感じるポイント

自分も健康に気を付けることが出来る、そして色んな人に感謝をしてもらえるという所ですね。

予防医療の役割は、その病気の怖さを理解している方でないと中々理解してもらうことが出来ません。

感謝してもらえるのが当たり前ではないのですが、でも嬉しいものなんですよね。

自分も気を付けることが出来る

人の振り見て我が振り直せ、とはよく言ったものですね。

他の人に対して健康増進や予防を指導する前に、自分自身がしっかり健康管理しておかないといけません。

これ本当によくあるあるな話なんですけど、全く健康を管理してなさそうな人間に対して偉そうに言われたくないんですよね。

実際あった話なのですが私の家の近所にクリニックがあるのですが、その先生がお相撲さんのようにでっぷりと太っているんです。

風邪でお世話になったのですが、その先生から健康管理に気を付けてと言われた際あなたには言われたくないと思ってしまいました。

私以外にもたくさんの人がそのように思っていたそうですよ。

別に痩せてないといけないという訳ではないのですが、ある程度健康には気を使わないと指導する立場としては残念に思われてしまいますから注意している人結構います。

色んな人に感謝してもらえる

予防医療であるため色んな人から感謝してもらえることは出来ます。

ただ感謝してもらえるにしても、予防であるためその病気の怖さを今一つ理解されていない方が圧倒的に多いですね。

身内がその病気だった、また自分自身が危険にさらされたという人であれば病気の怖さを理解しているため、色んな人から感謝してもらえることができます。

また病気に関する予防だけではなく、メンタルヘルスケアも行っていくため、そういう面で支えになってくれてありがとうと言ってくれる方もいるんですよ。

面白いポイント

面白いポイントとしては、色んな人と接することが出来るでしょうか。

また病気に関する知識を高めることもできます。

医療系に関しては常に同じではありませんので、毎日刺激がある仕事でもあるのです。

色んな人と仲良くなれる

色んな人と仲良くなれるというのは少しオーバーかもしれませんが、市民と接するため色んな人と知り合いになれたり中には仲良くなってくれる人もいます。

他の人の健康指導を行う内に慕ってくれる人も出てくるのです。

こういうのってとてもありがたいことなんですよね。

知識を高めることが可能

病気に関する知識はまずなによりも知識を高めなければいけません。

感染経路や病気の症状、それに対する対策なども必要なのです。

病気というのは年々増えていくもので、それに対抗できる薬物はまだ開発されていないものもあります。

常日頃から自分が気を付けてさえいれば、病気にかかることなどないのです。

特に生活習慣病でなってしまう病気程恐ろしいものはありませんし、また運動や食生活などで気を付けていれば解決できます。

まとめ

看護師になっている方がとても多いのですが、保健師に関してはトップクラスの成績や限られた人間でないとなれません。

自分1人でやらないといけない場面も多く、ベテランでないと出来ない仕事なんですよ。

主に女性ですが男性の保健師も増えてきています。

保健師は常に先読みが必要な仕事であるため難易度が高いのですが、自分に何が出来るかまた将来的に予防医療はどういう面で役に立つかをも考えると必要な仕事でしょう。


関連キーワード

保健師仕事

保健師仕事に関するコラム

保健師で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

日本は古来「終身雇用制度」が当たり前の国でした。しかし、現在ではその制度が崩壊しつつあり、それに伴って転職をする人の割合も増加しています。それは比較的安定していると言われている保健師であっても同様です。転職の理由は人によって様々ですが、自身のスキルアップのため等のポジティブな理由から、いわゆるブラック企業から逃げ出すためのネガティブな理由もあります。特に後者の理由の場合、転職者は次の職場では絶対に同じ轍を踏みたくないと考え、慎重になっている事でしょう。転職者の強い味方として「転職エージェント」という物がありますが、今回は保健師が転職を考えた時に転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、お

保健師と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

働き方改革が叫ばれている昨今、女性も社会進出する機会が増えてきました。しかし、女性が仕事をする上で頭を悩ませる問題に「子育て」があります。まだまだ女性が子育ての中心と考えられている日本において、女性が社会進出するためには子育てと仕事が両立できる事は魅力です。今回は女性の割合が多い保健師の仕事が子育てと両立しやすいと考える理由について書いていきたいと思います。保健師って子育てと両立しやすいの?仕事は世の中にたくさんありますが、その中でも保健師は子育てと両立しやすい仕事と言えます。保健師は、乳幼児から高齢者まで幅広い年代の方を対象として支援をします。支援対象者の中には子育て中の方も含まれており、保

保健師の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

保健師の面接はどのようなものなのか。面接って独特な質問をされることがあるのですが、中には答えにくい質問をされることもあります。保健師の面接もそうそう難しいことはないそうですが、ただ人柄を見られるため笑顔や印象は良くするように心がけましょう。保健師の仕事内容保健師は大まかに言うと保健室の先生の仕事というと理解しやすいかと思います。大体そんな感じですね。急病人の介抱や怪我人の応急手当、地域や子供たちやその職場で働いている方の健康管理や保険指導を行う仕事になります。保健師の採用面接で聞かれる3個のこと保健師の採用面接で聞かれることについてお伝えしましょう。これがかならず出るという訳ではないのですが、

保健師の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う3個の理由

保健師の将来性について、一般的にニーズがあるのか分かりにくい職業であるため分かりにくいという方も多いです。結構マイナーな職業であるため、他の人に将来性あるの?と聞かれたら戸惑う方も結構います。保健師の将来性は現在の殺伐とした世の中において必要があると思っておきましょう。保健師の仕事内容は?保健師の仕事内容は自分の職場の人のケア、また来た人の精神的なケアも行います。場所によってやることがちょっとことなりますね。ドメスティックバイオレンスや子供の虐待などの相談業務、インフルエンザなどの予防対策、身体障害者への自立支援や妊娠されている方への沐浴などの指導教室を開いたりしています。保健師をずっとやって