ここでは大学生のバイトでおすすめしたい仕事を紹介します!

3年前まで大学生だった私が、実体験や周りの評価を元に厳選し、おすすめポイントも含めて紹介しています。

また後半には大学生からアルバイトを始める人に注意してほしいアルバイトにおけるポイントを紹介しています。

新大学生となってまだアルバイトが決まっていないそこの君も、もうアルバイトをしている人も1度この記事を読んでみましょう!

そして応募してみましょう!

大学生のアルバイトでおすすめしたい仕事13選

大学生のアルバイトでおすすめしたい仕事を紹介していきます。

まず前提として、大学生の基本は勉学です!

きっとこの後もしつこく書かれていますが、勉学に支障が出るような働き方はオススメしません。

そのことを踏まえた上で読んでみてくださいね。

進学塾のチューター

新しく大学生活を始めた人にはもってこいのアルバイトです!

1番の理由としてあげられるのは、新大学生が受験生にとって一番の理解者になれるからです。

大学4年生でも話は可能ですし、気持ちはわかってあげられるでしょう。

しかし、受験してからの期間が一番短いのは新大学生です。

きっと受験期の過ごし方など色々と教えてあげられますし、高校生からみればお兄さん、お姉さんのような存在なので頼もしい存在になります。

進学塾によっては時給が良いところもあるのでぜひオススメしたいアルバイトです!

塾によってはそのまま能力を買われて大学卒業後に社員登用されるかもしれませんよ!?

飲食店のアルバイト(ただし24時間営業以外)

飲食店のアルバイトは社会性や1人暮らしができるくらいの料理力をつけるにはもってこいのアルバイトです!

飲食店のアルバイトは昨今ワンオペ業務などで店舗運営自体が改善されてきているので、少し前よりも労働環境はよくなりました。

ただまだ24時間営業などの店は残っているので大学生は深夜勤務などをして大学に行けずに単位を落とすなどのことがないようにしましょう。

受信専用のコールセンター

受信専用のコールセンターをオススメする点を挙げるとすれば、電話対応が学生のうちからうまくなるという点とパソコンの技術が格段に上がるという点です。

基本的に耳から情報入れ、それをパソコンに打ち込む作業になるので社会人になって電話対応するときにかなり差が出ます。

そして働く場所にもよるのですが、電話が鳴らない時間はかなり暇です…。

時給は暇な時間も出るので、座っているだけでOKな日もあります。

営業電話をする義務があるコールセンターに間違えて入ってしまうと大変なので、必ず「完全受信専用」と書いているところ以外は応募しないほうが良いでしょう。

派遣のアルバイト

学業に専念したいから空いている時間に働きたいという人にオススメです。

派遣のアルバイトは働く場所も日程も選べますし、登録会場で1度登録するだけで違反を起こさなければいつでも働くことができる方法です。

しかしデメリットとして駅からかなり離れた工場などが派遣先のメインになるのでだいたい1日拘束されます。

もらえる給与は高く、その場でもらえることもあるのですが時間的な拘束が強いので自分の時間をしっかり管理できる人に向いているでしょう。

個人経営の居酒屋

単に居酒屋と言えども、チェーン店の居酒屋は明け方の5時まで働かされることもあるので、狙うなら個人経営のお店を狙いましょう。

そのようなところであれば、大学生という身分を理解し、無理のない程度に働かせてくれるところが多いです。

また、個人経営の居酒屋には昔からの常連が多いのでアットホームな雰囲気の中で働くことができます。

スポーツジムのインストラクター

体を動かしながら健康的に稼ぎたい、将来はスポーツトレーナーを目指したい人にはおすすめのアルバイトです。

インストラクターになるには研修がたくさんあり、大変な部分もありますが将来のビジョンが決まっている人にとってはただで研修を受けることができて学びも深まるので良いこと尽くしです!

ただスポーツジムは24時まで営業しているところがあったり、大学の勉強以外にもアルバイト先の勉強もしなくてはいけないことができたりするので、計画性をもってアルバイトをする必要があります。

看護助手

将来看護師を目指す人にとってはおすすめのアルバイトです。

看護助手を経験していると入職する前から看護師の仕事がわかるのでかなりお得です。

しかも患者との接し方や優先順位のノウハウも学べるので看護師としても仕事は他の同期よりも少し楽になるでしょう。

ただ、平日ではなく土日に募集をしているところが多いので土日がつぶれてしまうことは覚悟のうえで応募するべきでしょう。

オフィスの事務職

業務内容としては伝票内容をPCに起こしたり、書類の整理、その他雑務がメインになります。

それほど難しい業務はありませんが、パソコンで行なう仕事なのでパソコンのスキルがないと難しいでしょう。

また計算ミスや記入ミスをすると会社に損害をだしてしまう可能性があるので、細心の注意が必要です。

パン屋のアルバイト

パン屋のアルバイトは朝早く出勤することが多いのですが、学校に向かう時間を考えてシフトを組めばバイト終わりにそのまま学校へ行けるというメリットがあります。

場所によっては朝ごはんの代わりにパンを持っていってもよいところもあるみたいですよ!

学校が終わってからのアルバイトは憂鬱になるときがありますが、パン屋でアルバイトをすればだいたい17時以降は自由の時間になるので、友達とご飯に行ったり買い物にでかける時間も確保できます。

朝も早起きなので生活リズムが崩れることも少ないでしょう。

テーマパークのスタッフ

テーマパークの店員はとにかく元気よく笑顔が大事です。

人を笑顔にしたいと思う学生さんや、テーマパーク自体が好きという人にはおすすめです!

学校終わりの夜からのシフトを募集しているところもあるので、学校終わりでも可能です!

髪型や装飾品に厳しいところもありますが、そこまで難しい業務などはないので気軽に始められるアルバイトでしょう。

治験

治験のバイトは時間の拘束は長いものの高額の給与がもらえるアルバイトです。

開発された新薬の効果や効能を確かめて有用性があるかどうかを見るアルバイトで、入院するタイプと通院するタイプに分かれています。

治験は新薬の効果や副作用などを調べる仕事なので、自分の体にも影響が出る可能性があります。

給与が高額なだけに危険も多いのですが、一発で稼ぎたい健康な人であればやっても構わないでしょう。

エキストラ

テレビ番組やCMなどのエキストラもアルバイトで募集しています。

またバラエティなどの観覧者として参加して給与をもらうパターンもあります。

いま流行りの有名人に会うことができたり、芸人さんと絡むこともできるときがあります。

ほとんどが単発の仕事なので、自分の好きな時間に仕事をすることができます。

しかし、シーンの撮り直しなどで放っておかれることもあり、時間的拘束が長いです。

また交通費などを支給されない場合があるので、応募するときは気を付けて選びましょう!

本屋のアルバイト

本が好きな人や本に携わる仕事をしたいと考えている人にはおすすめです。

デパートの中にあるような大型書店ではレジの業務が中心で、あまり他の業務を任されることはないのですが、経験を積むと書籍の注文や棚作りと整理、新書籍の管理などの責任ある業務を任されます。

店舗にもよりますが、本を割引価格で購入できる店舗もあります。

また新刊をいち早く入手できるなどの嬉しい特典もあります!

しかし、書店の仕事は基本的に立ち仕事です。

デスクワークとは違い、長時間の立ち作業は膝と腰にかなりの負担をかけます。

また新刊の書籍が入った重たい段ボールを運ぶこともあるので力仕事も加わります。

本のことを聞かれるので知識も必要ですが、今は検索できるパソコンが常備されているところがほとんどなのでそこまで心配する必要もないでしょう。

大学時代のアルバイトで気を付けること

ここからは大学生のアルバイトで気を付けることを紹介していきます。

大学生は自由な時間が多いのでついついバイトに専念してしまう人もいます。

しかし、アルバイトでも気をつけないといけないことがあるのです。

年間で108万を超えないように

学生のうちのアルバイトは年間108万を超えてしまうと親の扶養から外れてしまうという大きな落とし穴があります。

親の扶養から外れると親が払う税金が高くなってしまうので、注意しましょう。

年間108万ということは月に9万で抑えることが基本になるので心がけておきましょう。

昼夜逆転に注意

大学生のアルバイトで夜中まで働く仕事についてしまうと大学に行く時間に寝るということにもなりかねません。

そうなってしまうとせっかく大学に入った意味がなくなってしまいます。

次の日が休みであれば話は別ですが、それ以外の日は夜勤などのアルバイトは控えましょう。

貯金大事

アルバイトで貯めたお金をどう使うかは個人の自由ですが、大学4年にもなると就職活動というのが待っています。

就職活動中にアルバイトはほぼできないのでお金は減る一方です。

大学4年になってお金を貯めようとしても遅いので今のうちに月5000円くらいの貯金はしておきましょう。

貯金を続けていれば就職活動が終わった後の遊びにも貯金が使えるかもしれませんよ!

掛け持ちはしないほうが良い

よく掛け持ちをしている人を見かけますが、学生のうちは効率が悪いのでやめましょう。

2つの仕事を同時に覚えながら大学の授業も受けるなんてよほど器用な人じゃないと難しいでしょう。

掛け持ちはフリーターがやるからこそ効率が良くなるのです。

学生のうちは学業と1つのアルバイトで充実しますよ!

人間関係を大事に

アルバイト時代の人間関係は貴重です。

社会に出る前に様々な世代の人と話すことできます。

また、大学を卒業すると同時にアルバイト先を辞める人たちがほとんどでしょう。

その時に気持ちよく辞められると社会人になっても良い思い出として残ります。

ぜひ、人間関係を大事にしてくださいね!

無理な仕事は断ろう

近年、社員からのパワハラで学生アルバイトが無理な労働をさせられていたというニュースや事件を見かけます。

そのような店舗は全国でもごく一部だとは思うのですが、もし無理なシフトを組まされたり労働時間以上の労働をさせられそうになったら必ず断りましょう。

またアルバイトの労働契約書は念のためコピーを取っておくことをおすすめします。

今の環境が大丈夫だったとしても店長の異動や社員の異動で環境がガラッと変わる可能性は無きにしも非ずなので。

たとえアルバイトでも仕事であることに変わりはない。必要最低限のビジネスマナーを

アルバイトでもお金をもらって働いている以上は社会人と同じように最低限のマナーは必要です。

絶対にやってはいけないのが遅刻、無断欠勤ですね。

これだけは社会人として最低の行為なので絶対にやめましょう。

もし寝坊などの遅刻をした場合は必ず連絡を入れて謝罪をしましょう。

全く許してくれない上司はいないはずです。

時間を有効に使おう

アルバイトでお金はたまりますが、その分時間という対価を払っています。

大学生は勉強に最も集中できる最後の場所です。

その大学で得た知識や技術はあなたの財産になりうるかもしれません。

ただアルバイトもいい社会勉強の場でもあります。

アルバイトと学業、そして遊びをうまく三者両立できるように時間を有効に使って素敵な充実した大学生活を送れるようにしましょう!

まとめ

以上が大学生におすすめしたいアルバイト13選の紹介とアルバイトを始めるにあたって気を付けることの紹介でした。

私は大学と専門学校の両方に通った経験を持つのですが、今でも大学でもっと勉強をしておけば良かった、将来をしっかりと考えた選択をすればよかったと後悔しています。

いまはこうして仕事しつつたくさんの勉強をしていますが、全部大学生活でできたんじゃない?

と自問自答している日々を過ごしています。

このような経験を今の大学生にはしてほしくないなと思い、少し情熱を帯びた記事になってしまいました…。

代が生活はよっぽどのことがない限りは1度きりで2度はありません!

精一杯悔いのない大学生活を送ってください!